あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

平成30年度 江南市横田教育文化事業弁論大会

2018-10-22 05:59:41 | 日記
昨日は、平成30年度 江南市横田教育文化事業弁論大会が開かれました。



応募総数約2千人の中から各学校で選ばれた、中学校12人、高校生8人が、「将来の夢」について語りました。
レベルの高さに驚きました。

また、昨年、第11回全国高等学校英語スピーチコンテスト 全国大会 第2位 の、国際教養科 長谷川 心那 さん (現在3年生)が、その時のスピーチを英語でしてくれました。



実は、事前に原稿を見たときに、背中に電気が走ったほどのショックを受けました。

実際に聴いて、すばらしいスピーチでした。

その内容は、ここから見ることができます。
 http://www.bihoku-h.aichi-c.ed.jp/school-future.html#genkou

その一部です。


スピーチコンテスト日本語要旨
 日本は多重国籍を認めていないために、イラン人を父親に持つ自分は、成人後に父親か母親か、どちらかの国籍を、選択しなければならない。多重国籍を認めることは、日本にとっても有益である理由を、文化、経済、平和維持の3点から主張する。

このスピーチは、ひょっとすると国家を動かすかもしれません。

そんな力のある文章です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 10月22日の社説は・・・ | トップ | 頭の回転を速くする30の方... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事