あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

教育課程部会 児童生徒の学習評価に関するワーキンググループ(第3回) 配付資料

2018-09-07 06:05:33 | 教育関連情報
教育課程部会 児童生徒の学習評価に関するワーキンググループ(第3回) 配付資料を紹介します。 ここから http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/080/siryo/1406428.htm 1.日時  平成30年4月17日(火曜日)15時00分~17時00分 2.場所  文部科学省 3F1特別会議室 3.議題  児童生徒の学習評価 . . . 本文を読む
コメント

どまつり2018 「甲斐◇風林火山」

2018-09-07 05:56:41 | どまつり
第20回 にっぽんど真ん中祭りを出演チーム毎に紹介します。 今日は、「甲斐◇風林火山」です。 過去で4回の参加で、連続4回のファイナル出場している実力派チームです。 ファイナルシード決定戦の演舞です。 「死のグループ」グループ9のメンバーは・・・ あしたもハレヤ!   井原水産&北星学園  どっと   天狗ぅ   笑゛   朝霞なるこ遊和会   「甲斐◇風林火山」  凰  夜宵 結 . . . 本文を読む
コメント

どまつり2018 北海道大学"縁"

2018-09-07 05:47:25 | どまつり
第20回 にっぽんど真ん中祭りを出演チーム毎に紹介します。 今日は、ゲストチーム 北海道大学"縁"です。 どまつり出場17回目。 最初は驚きました。 私の最も好きなチームの1つです。 ファイナルシードのゲスト演舞です。 名物赤ふんは今年も健在。 パターンは、毎年それほど変わりません。 ファイナルのゲスト演舞です。 . . . 本文を読む
コメント

9月7日の社説は・・・

2018-09-07 05:40:25 | 社説を読む
台風の次は地震です。 朝日新聞 ・ 北海道地震 まず人命救助に全力を ・ アフリカ支援 中国は誰を助けるのか 読売新聞 ・ 北海道震度7 電力インフラが直撃を受けた 毎日新聞 ・ 中高生ネット依存が拡大 現状を放置してはならぬ ・ 北海道で初の震度7 全道停電はなぜ起きたか 日本経済新聞 ・ 北海道地震で露呈した電力供給の弱点 ・ 将来見すえた自民総裁選に 産経新聞 ・ 北海道地震と停電 . . . 本文を読む
コメント

『社会科 授業の基礎基本』-12-

2018-09-07 05:25:11 | 社会科指導あれこれ
星野成実先生の『新任教師の仕事 社会科 授業の基礎基本』(小学館)を紹介します。 今回は、Part2 社会科のQ&A より  評価規準は何に留意してつくったらよいですか  まずは、学習指導要領を読み込むことでしょう。 これを4つの観点で、あるべき姿を示したのが、「評価規準」です。 国立教育政策研究所が、参考例として示してくれています。 まずは、これが基本になります。 http:/ . . . 本文を読む
コメント

授業で役立つ指導の技術-12-

2018-09-07 05:18:12 | 授業で役立つ技術と考え方
《 うまく使おう、フラッシュカード 》 (フラッシュ)カードは効果がある。 集中させることができ、板書に使えばキーワードとしての押さえにもなる。 配置によって、構造的に理解しやすくできる。 また、時間の節約にもなる。 写真のように、よく使う用語はあらかじめ作っておくとよい。 考えるヒントにもなる。 一方、公開授業だけ突然使い出すのは逆効果。 子どもの信頼をなくす。 子どもは . . . 本文を読む
コメント

記憶力を高める30の方法 -28-

2018-09-07 05:15:27 | 教師のための指導法
シリーズ記憶力を高める30の方法を紹介しています。 元サイト  http://www.happylifestyle.com/article/155 について、論評します。 第28回は、ガムをかむと、 眠気が吹き飛ぶ。 これも私は賛成できません。 いかがでしょうか? かむことによって脳が刺激され、脳へめぐる血の量が増え、活性化されます。 眠気が吹き飛び、物事に集中できるようになり . . . 本文を読む
コメント

『超訳 ブッダの言葉』-1-

2018-09-07 05:09:21 | 哲学の窓
今日から『超訳 ブッダの言葉』(Discover)小池 龍之介 編訳 より、日本人にもっとも大きな影響を与えているはずの思想家、ブッダの言葉を紹介します。 「日本人にもっとも大きな影響を与えているはずの思想家」と書きましたが、ブッダは直接書物を残していません。 すべて、弟子へ語った言葉(小乗経典・原始仏教経典)です。 また、それを広めるために、多くの解説(大乗経典)がなされました。 しか . . . 本文を読む
コメント