シャオリン共和国

社会人4年目のシャオリンのブログです。日常生活等について書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新歓コンパ

2006-05-31 23:42:42 | 将棋にまつわる話
将棋部の新歓コンパでした。
新入生4人に加えて、近畿大のあぁてゃんさんも参加。
わざわざ東京の帰りにご苦労様ですm(_ _)m

昨年と比べると、
お店がわいわいとやりやすいお店だったこともあって、
今年の新歓は盛り上がったと思います。。
やっぱりこうでなくちゃね。

1次会・・・飲み
 →参加人員18人。みんなあちこち移動してわいわいできました。

2次会・・・ボーリングor卓球
 →みんながボーリングしている横で翌日のゼミの読書・・・
  しもじ氏の一人勝ち。

3次会・・・徹麻or徹カラ
 →カラオケの待ちの時に翌日の(ry
  ただ、その割にはよく歌っていたような・・・
  カラオケはあぁてゃんさんを中心に回っておられました。

新入生の活発さと、
あぁてゃんさんの有り余る体力に感嘆した新歓でした。
いやー、それにしても、
今年の新人君は意欲的ですね。
その意気で、これからも
どんどん先輩たちに挑んでいって下さい。
まずやることは、詰め将棋解くことからかな~。





余談。
ゼミのテキストはだいぶ読めましたが、
翌朝まで粘りすぎたため、体調を崩して、
結局ゼミには参加できませんでした;
意味無いですね・・・しゅん;(><)
コメント

一段落?

2006-05-30 02:47:51 | 将棋にまつわる話
学生名人戦関係の作業終了。
直に一軍戦の準備もしないとならなくなりますが・・・
これからが理事シーズンの山場でしょうか。

今回の学生名人戦では、
関西地区の結果速報板を多くの方に見て頂けたようで、
何よりでした。
一軍戦での結果も随時掲載していきますので、
結果が気になる方はぜひ。。


____________________

最近、勉強に手がつかないなー・・・
今期は履修している科目が少ないから何とかなりそうですが、
授業の出席率が極端に低下。
昨年はここまでじゃなかったのにな。
やはり授業は出席してナンボですよね・・・

眼前の楽しいことばかりに
目が行き過ぎている感。
もっと先のことも考えないと・・・
コメント

学生名人戦~2日目~

2006-05-28 23:32:24 | 将棋にまつわる話
朝起きたら酒豪時間30分前を切ってて過ぎてて焦る。
ホテルで朝ごはんを食べる時間はありませんでした(><)
前日にお酒が入ったせいかなぁ・・・



この日は北とぴあで準決勝以上の対局。
一局棋譜を取りましたが、
腕時計を見ながらの秒読みをしながら棋譜取りをするのは、
朝ごはんを食べ損ねて頭の回っていない人間にはハードでした。
記録していた対局が早く終わったEE氏から
チェスクロックを貸してもらったので、
それを見ながら秒読みをするようにしてからは、
落ち着いて対処することができました。ふー。


手に汗握る熱戦の結果、
学生名人は福岡大の北川さんが取りました。
北川さんの学名での全対局の記録を取ったEE氏は、
自分が理事長の任期にいる時に、
九州地区から学生名人が出たことに誇らしげでした。いいなぁ。
関西地区は、えびさんはベスト4。
詳細は結果を参照して下さい。


大会終了後、
東京を観光する元気が無かったので、
EE氏と夕食を済ませてから、
(今度は間違えずに)新幹線で帰途に着きました。

疲れましたが、
とても見ごたえのある将棋を間近で見ることができて、
理事冥利につきました。
来年も見学に行こうかな。
コメント

学生名人戦~大会一日目~

2006-05-27 23:09:45 | 将棋にまつわる話
朝6:30に起床。

7:00過ぎにQ3くんを伴って、
2階のレストランへ。
途中から吉井君と須戸君と一緒に朝食を取る。
両人とも早く寝た割には熟睡できなかったようでした。
ベッドが合わなかったのですかねぇ・・・


その後、
関西地区の選手の人たちで集まってタクシーに乗車し、
将棋会館まで。
着いてばたばたと設営が行われてから、
早々に抽選が行われました。
今回は比較的、地区がばらけたようで、
昨年のように早い段階で
関西勢がつぶし合うという事態は避けられそうでした。

僕は和室の一室の大会進行の責任者を担当。
対局時計が昔のもので、
かつ秒読みが人読みだったこともあり、
最初はかなりどたばたしました。
他の選手の皆さんの中でも、
とまどっている方も少なからずいたように思えます。
他の全国大会では
一般的に使われているチェスクロックで大会が行われていますし、
学生名人戦も他の大会で使われているチェスクロックで
行えないものでしょうか?
いろいろ事情があって難しいのかもしれませんが・・・

他の部屋の見回りに行ってみると、
某アマ強豪の方など、
様々な方が観戦に来ていらっしゃいました。
とても重みのある大会であることを改めて実感。


この日の関西勢は、
えびさんがベスト4に進出し、2日目の準決勝へ。
山本君はベスト8。
吉井君と福本さんはベスト16。
Q3くんが惜しくも初戦敗退、
という結果でした。



この日の大会終了後は、
早稲田大の皆さんの飲み会に混ぜて頂きました。
IさんやN君とありえない内容の会話で盛り上がり過ぎたかもw
会話の内容に引いてしまっていたW大の常識人の皆様には、
どうもお騒がせいたしましたw
少々?羽目を外しすぎたようです。


ホテルに戻ってからは本を読む元気も無かったので、
早々に寝ました。
コメント (2)

学生名人戦~前日~

2006-05-26 23:37:37 | 将棋にまつわる話
学生名人戦の運営の手伝いとして、
東京まで2泊3日で行くことになりました。
比較的重要度の低い授業を切って出陣。(ぉ


東京まではのぞみを使って
6時からの理事会に悠々と間に合う予定でした。
が、乗車してからすぐに爆睡したのが運のつきで、
名古屋あたりで起きてみたら、
なんと各駅停車のこだまに乗っていたのでした。
頭悪すぎる・・・・・

とりあえず浜松でひかりに乗り換えて、
タクシーまで動員して、
何とか6時からの理事会に間に合うことができました。
乗車する前にちゃんと電車を確認しないと・・・・



◆理事会で決定したこと&話し合われたこと

・全国大会での第二試合以降でのオーダーの追記は認めない。
 →規約もそれに合わせて改正される。

・学生名人戦と十傑戦の地区ごとの人数枠を見直す。
 →秋に全日委員長が案を提示し、再び検討。

・専修学校生に連盟加盟の資格を認める。
 ただし、大学生に相当する年齢に達している者に限る。
 →規約改正は秋以降。それまでは特例として大会参加を認める。

・王座戦と十傑戦の日程の入れ替え。
 →十傑戦を先にやって、王座戦を後に。
  王座戦できる限り休日で行えるように。


詳しくはまた各大学の幹事の皆さんにもお伝えします。



理事会が終わってから、
九州地区の理事長のEE氏と
西日本大会のことについて話し合っていました。
どうも、団体戦3日は、
遠距離の大学は負担が大きすぎるようです。
それに、毎日杯ができてから、
西日本大会の意義も問われているようですね…
まぁ、今年は昨年と同様の形式で行いますが、
来年以降は大幅に形式を変えることになるかもしれません。

選抜チームだけの参加にして、
団体戦を2日くらいでやってはどうかとの案も出ました。
西日本大会での理事会の席ででも、
また詳しく話し合ってみることにします。




理事会終了後は、
夕食→風呂→選手の人たちと談笑→23時頃に就寝。
翌日からの仕事に備えました。
コメント

東京へ

2006-05-25 23:54:30 | 雑記
明日から学生名人戦の運営の手伝いに、
東京まで旅立ってきます。
帰るのは日曜の深夜ですね。
関西から学生名人が誕生することを願っています。。

次回の更新は来週の月曜以降となります。
コメント (2)

気まぐれで作ってみました

2006-05-23 23:45:12 | 将棋にまつわる話
第1期神将順位戦途中経過の図。

最多対局者と最優秀成績者には、
好きな棋書一冊の購入権を進呈。
コメント

個人戦決勝

2006-05-21 23:46:08 | 将棋にまつわる話
は、市大のえびさんが優勝しました。
立命勢以外の大学の人が個人戦優勝したのって、
実は6年ぶり。
決勝戦は実は新旧の新人王対決。

学名代表者決定戦も同時進行。
一度やった相手が最後に同成績で残ってしまったため、
最終戦で二回目の対局、という事態が発生。
最初は組み合わせのミスかと思いましたが、
過去のデータを調べてみると問題無かったようです。
釈然とはしませんがやむなしか・・・

************************************
金土日は東京に足を運んで、
学生名人戦の運営の手伝いに行ってきます。。
コメント

府大との交流戦

2006-05-20 23:55:16 | 将棋にまつわる話
今日は府大との交流戦でした。
模様を簡潔に書いてみます。

※左側が神戸大、右側が大阪府立大。
括弧内は学年、敬称略。

1R
○崎谷(2)-小坂(4)●
●下地(3)-真島(4)○
○興津(1)-中田(3)●
○森(貴)(4)-山元(3)●
○上瀬(3)-吉岡(3)●
○正司(3)-川北(3)●
●才川(2)-石井(3)○
5-2で神戸大の勝ち。

→大将戦の勝ちがとても大きかった。
えらいぞファットマン。
みんなの横で直球さんに将棋を教えて頂く。
世間の厳しさを教えて頂きましたw


2R
●上瀬-小坂○
○森-中田●
○興津-山元●
○正司-吉岡●
●才川-川北○
●崎谷-井上(4)○
○宮本(1)-内免(2)●
4-3で神戸大の勝ち

→薄氷の勝利。
三将のまくり勝ちがでかい。
僕は若手に出場機会を譲りました。も。


その他。
・お菓子、ジュースを出して頂き感謝。。
・府大の部室は24時間営業で、備品も充実。住みたいー。
・固有の部室がますます欲しくなった。
・昔のいちまさんが写っている写真が置いてあった。
・直球さんは気さくな人だった。
・もりりんさんが府大の院試を受けることを考え始めた。


団体戦二戦やった後は、
せっかくの機会なので、府大と神将の人たちの間で
代わる代わる相手を変えて将棋を指していました。
いやー、楽しかったです。

その後は晩御飯まで奢って頂いちゃいました。
何から何まで、本当にありがとうございましたm(_ _)m

春はBCの入れ替え戦で当たることの無いように、
お互い頑張りましょうw
コメント

ゼミ合宿

2006-05-19 22:49:03 | 雑記
18,19日としあわせの村へゼミ合宿へ行ってきました。
部の合宿のとりまとめをやった経験もあるので、
旅行係を引き受けていましたが、
根っからの心配性なので、
やはり何かトラブルは起きないかと気をもみました。
(幸い、2日間とも何事もなかったです)


一日目は昼から現地に向かって、
体育館でバスケで汗を流しました。
(先生はほぼ40分以上フルで動いていたのに、
こっちは5分走っただけでへろへろになって情けない・・・)

宿にチェックイン後、温泉に行ってから、夕食。
その後は3時間ほどゼミ。
10時過ぎから日付が変わるまで打ち上げ。
(何と誕生日の人がいて、ケーキでお祝いしました)

打ち上げが終わった後は、
ゼミ合宿最大のイベントのディベートに備えて、
班で集まって対策を協議。
2時間ほど話し込んで、
さすがに眠気に勝てなくなったのでそのまま寝ました。

******************************************

二日目は朝食が終わった後、
ディベートを行いました。
首相の靖国神社への参拝を肯定する立場の我々は、
(僕を含めて)国際協調を重視する立場から
首相の靖国参拝に否定的な見解が主流のゼミ内では、
かなり不利な立場。
実際、ディベート中も
いろいろと突っ込まれてかなり苦しかったのですが、
向こうが攻めきれずに終了。
威勢が良かったためか、肯定派が勝利しました。
ただ、ディベートの技術自体はぼろぼろだったので、
この反省を次に生かしていきたいです。


何はともあれ、
一大イベントの一つが終わってほっとしています。
明日は府大との交流戦へと行ってきます。。
コメント

雑誌文献を読み漁る日々

2006-05-17 01:08:10 | 雑記
最近は間近に迫っているゼミ合宿のディベートの下準備で大忙しです。
ほぼ一日中、靖国問題について文献を漁って検討しています。
気持ちにゆとりが全くありません;
心が休まらないので、早く終わって欲しいなぁ。
でも、充実はしています。心身とも快調。

ディベートをやっていて良かったと感じたのは、
自分の考えに反する内容の文章を読む機会になったこと。
あえて自分の選好から外れる文章を
じっくり読むことができたのは大変勉強になりました。
相手の対場の論旨を実際に見てみることは重要ですね。
普段意識してこなかったことなので、いい勉強になりました。

ちなみに、僕は本来は総理大臣の靖国参拝には反対の立場ですが、
今回のディベートでは靖国参拝を肯定する立場になっています。
「外交」を関心時として扱っているゼミで、
首相の靖国参拝を肯定するのは
かなり難しいんじゃないかと懸念していましたが、
一緒に肯定派として議論を展開するゼミ仲間と話し合っているうちに、
いろいろと参拝肯定の理由付けが発見できました。

何とか金曜のディベートは勝ちたいと思います。
自分の本来の考えからは反しますがww

***************************************

話は変わって、
様々な文献雑誌を読んでみて、
靖国肯定派の文章で残念に思ったのは、
「議論すること自体がそもそも馬鹿馬鹿しい」
という論調が多かったことです。
あとは「話しても分からないから中国は黙殺しておけ」
っていうものが目立ったことでしょうか。

こんな態度で現状は変わるのでしょうか?
僕は、自分が正しいと思うのなら、
相手を説得する努力は惜しんではならないと思います。
それに、中国の内部には様々なアクターがあり、
様々な考えを持った人間が存在していますから、
説得を試みて、影響が皆無ということは無いはずです。
すぐに効果が無くても、
長い目で見たら「説得」は
何らかの形で影響力を及ぼせる力を持っていると思います。

まぁ、もともと参拝肯定派じゃないのですが、
肯定派に対しては、
もっとそういったスタンスを
取ってもいいんじゃないかと思いました。


***********************************************


さてさて、また話は変わって、
将棋部のページがリニューアル!
皆さんぜひ一度お越しを~。

ただ、日記のページが寂しいので、
(特に1、2回生陣の)日記書き、コラム書き募集中。
僕も何かコラムでも書こうかな。
コメント

成分分析

2006-05-15 00:00:24 | 雑記
最近流行ってるらしいので、
ここからソフトをダウンロードしてやってみました。。

____________________________________
シャオリンの成分解析結果 :

シャオリンの32%は白インクで出来ています。
シャオリンの31%は勇気で出来ています。
シャオリンの21%は大人の都合で出来ています。
シャオリンの4%は魂の炎で出来ています。
シャオリンの4%は言葉で出来ています。
シャオリンの3%は怨念で出来ています。
シャオリンの2%は欲望で出来ています。
シャオリンの2%は月の光で出来ています。
シャオリンの1%は濃硫酸で出来ています。

_________________

シャオリン 理事の成分解析結果 :

シャオリン 理事の54%は鉛で出来ています。
シャオリン 理事の32%はビタミンで出来ています。
シャオリン 理事の12%は情報で出来ています。
シャオリン 理事の2%は犠牲で出来ています。
____________________________________
シャオリン 将棋の成分解析結果 :

シャオリン 将棋の92%は根性で出来ています。
シャオリン 将棋の6%は記憶で出来ています。
シャオリン 将棋の2%はスライムで出来ています。

______________________________________
シャオリン 学業の成分解析結果 :

シャオリン 学業の36%はアルコールで出来ています。
シャオリン 学業の30%はかわいさで出来ています。
シャオリン 学業の16%はやましさで出来ています。
シャオリン 学業の13%は呪詛で出来ています。
シャオリン 学業の3%は果物で出来ています。
シャオリン 学業の1%はカルシウムで出来ています。
シャオリン 学業の1%はやさしさで出来ています。

_______________________________
該当している部分もありますが、
よく分からないところも・・・
コメント

個人戦本戦&女流戦

2006-05-14 23:29:28 | 将棋にまつわる話
長らく更新していなくて申し訳です。
しかし、一週間も放置していたとは・・・・


______________________________

今日は個人戦本戦と女流戦。
運営の方は、賞状を3つしか持ってこなかったために、
女流戦で3位が2人出たため、
当日に全員に賞状を渡せないという不手際を出してしまう・・・
とりあえず渡せなかった選手の方には、
来週以降にお渡しすることになりました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません・・・

あとは、西日本大会の個人戦出場者の選抜戦を
いつ行うのかで、本来二軍戦の時にやるのを
学名出場者決定戦と平行してやると勘違い。
とりあえず訂正はしておきましたが、
これもうっかりしてました・・・

事前のチェックが甘かったです;
気をつけていきます・・・

___________________________________

理事後輩のQ3くんが、
おおかたの予想を覆して、
なんと学生名人戦への出場権をGETしてしまいました。
現役理事でベスト4まで進出したのって、
ここ最近ではなかったことですね。
彼の学名での奮闘ぶりを見届けてきたいと思います。。

ここ一番というところでの勝負強さとは
何が要素となっているものでしょうか。
事前にどれだけ準備してきたか、も大きな要素ですが、
本番での集中力も大きな要素でしょうね。
Q3くんを見ていると、
明らかに格上の相手にも、
「絶対に勝つぞ」という気迫が遠くから観ていても伝わってきました。
この姿勢が終盤での逆転劇に繋がったり、
格上相手に勝ったりすることに結びついた大きな要因なのでしょう。

僕に欠けているのはこうした姿勢かもしれません。
将棋に限らず、
勝負事にはこうした姿勢を持つことは大事でしょうね。

_____________________________________________
それにしても、
今回は大方の予想がかなり外れる展開となりました。
やはり勝負は水物ですね。
やってみなくちゃ分からないものです。。
コメント

将棋道場へ

2006-05-07 22:21:40 | 将棋にまつわる話
新入生3人を連れて関西将棋会館へ遊びに行きました。
会館には理事の仕事で何度か足を運んできましたが、
道場へ行くのは初めてです。
一人で新入生の飯を奢らないといけないかとビクビクしましたが、
心優しい後輩たちは昼飯代を出してくれました。さんきゅ。

将棋道場で数局指して棋力判定してもらったら、
何と1級の認定を受けました。
個人的には4級くらいかと思ってたので意外。

それはそうとして、
7戦やって3勝4敗。
対抗形はまだしも、相振りはぼろぼろでした;
最近、怪しい勝ち方ばっかりしています。どうか。

GWは遊びすぎた感があります。
しばらくは学業に勤しまないとね。
コメント

最近、夜更かしし過ぎ・・・

2006-05-06 04:29:20 | 雑記
~4日~
親戚宅。
久々にドラクエ4やったら面白かった。

~5日~
友達3人とカラオケ・・・のつもりが、
友人1人の都合が悪くなり、
予定変更であちこち街をぶらぶらすることに。


GWに入ってから羽を伸ばし過ぎて、
あまり熱心に勉強できていません。
何とか時間作らなきゃなぁ・・・

いかんいかん、最近愚痴っぽい(-_-;

*******************************************

今日聞いた友人の話。
他大学のある組織がトラブルを起こしているらしい。
リーダーたるもの、
ルーティーンワークへの業務能力だけじゃなくて、
他者への配慮(気配り)、常識、
組織内の人員との積極的なコミュニケーション
といったものも求められると実感。
TOPがしっかりしてなかったら
組織はあっという間にダメになってしまいますね。

・・・てか、
僕も後ろ指を指されない様に努力しなくちゃなりません。
話を聞いてたら他人事に思えなかった(;・-・
コメント