シャオリン共和国

社会人4年目のシャオリンのブログです。日常生活等について書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いざ、奈良まで

2006-02-05 22:08:06 | 将棋にまつわる話
奈良郡山高校で行われた、
高校最強者決定戦という大会に飛び入り参加してきました。
高校生、中学生、OBに加えて、
顧問やゲストの先生方も含めると、
総勢100人近くが集まった大会です。
詳しくはせたさんのブログをご参照下さい。

そもそも、この大会に参加することとなったのは、
昨年末のウェスタンの会合で、
神将OBのせたさんに
高校生に大学将棋を宣伝するために、
高校の大会などに顔を出したいと
話したのがきっかけとなりました。
ご存知の方も多いと思いますが、
せたさんは奈良の高校棋界に顔が広く、
お力を貸して頂こうかと考えた次第です。
ありがたいことに、同大会についての情報を頂き、
参加させて頂く事になりました。

前日、せたさんから
「大学将棋の紹介もかねて挨拶をしてもらうことになるかもしれないので、電車の中でネタでも考えておいて下さい」と言われて、
かなり焦る。
電車の中ではこのことで頭が一杯。
さて、何を話すべきだろうか?

開会式で主催者の先生方やゲストの方からの挨拶があった後、
僕にしゃべる機会が与えられました。
よし、一発ネタをかますか!と思って、
「奈良県民の皆さんこんにちわ!」と切り出すも不発。
これに動揺してきょどってしまい、
最強校戦と縮図のことについてPRをしたもの、
冴えないスピーチになってしまいました‥
しゅん。
プレゼン力を鍛えないといけないなぁ・・・



大会が始まり高校生たちと指すことに。
初戦の子がゴキゲンと右四間をこよなく愛する子だったらしく、
「くそー、先手引いてしまった・・」とぼやいてて面白かったですw
三間に右四間で挑まれ、駒得になるも二枚飛車で攻められて中盤は難解でしたが、
こちらが受け損ねて負け。

2戦目、3戦目は勝ち。
特に3戦目は相手の決め手を封じつつ、
じわじわと圧迫して勝ちきり、快勝でした。

4戦目からはOBの手合いに駒落ちが入ることになり、
僕は何と6枚落ちで指すことに。
序盤にかなりありえないミスをして、
飛車を成りこまれて一方的に駒得され、
そこから粘って1手差までいくも負け。
先輩をぼこって自信を深めてもらえたら幸いですw

5戦目は中盤まで有利に進めていたにもかかわらず、
途中で間違え、あせったところで時計を切らしてしまう不始末。
自然に指せば勝ちきれたのに・・・
勝負に対する姿勢が甘いですね。今後に生かしていきたいと思います。

結果、2勝3敗。勝ち越したかったな。

1局1局が終わるごとに、
きっちり大学将棋の紹介をしておきましたw
こうした高校で経験を積んだ人たちが、
大学将棋でも活躍されることを願っています。




大会も盛況のうちに終わりました。
とても関心したのは、奈良棋界の方々の繋がりが強いこと。
OBの人たちが、後輩に対して将棋を教えたり、
こうした大会を運営したり・・・
神戸では、なかなかこうした集まりってありませんからね。
大変うらやましく思いました。

今後も、こうした素晴らしい会が続いていくことを強く願っています。
また次回もこうした集まりがありましたら、
積極的に参加していきたいと思います。
僕は奈良県民ではありませんがw

高校生の人たちと指せてとても楽しかったです。




PS:「縮図」はこの日は3冊売れました。
もう少し売り上げたかったところですが、
まぁやむなしですね。
見本として僕の縮図を置いておいたら、
熱心に読んでくれた高校生の人が見受けられたので、
今後の売り上げに期待するくらい。

領収書に記入する高校名を間違えて
訂正されるという不始末をしでかしてしまったのが致命的ミス。
大変申し訳ありません・・・
以後、間違えないように気をつけていきますm(_ _;)m
コメント   この記事についてブログを書く
« 来週から眼鏡っ子になります(ぉ | トップ | 新しいことを行う時には慎重... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将棋にまつわる話」カテゴリの最新記事