シャオリン共和国

社会人4年目のシャオリンのブログです。日常生活等について書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

7年ぶりの登山(mixiより転載)

2011-08-16 02:12:53 | 雑記
知り合いの将棋仲間のなちさんから誘いがあって、13、14日と、八ヶ岳山系の赤岳に1泊2日で登山に行ってきました。実に高校以来7年ぶりの登山。
幼稚園~中学校とボーイスカウト、高校時代は山岳部と、登山とは長いお付き合いだったのですが、大学入ってすっかりインドアに染まって以来、すっかりご無沙汰になっていました。
運動不足気味の体で、いきなり八ヶ岳登って大丈夫かな、と一抹の不安も感じながらも、久々の山登りを楽しみに、装備も全部新調して臨みました。


<1日目>
新宿駅前でレンタカーを借りて長野県までドライブ。前日に飲み過ぎたのがたたり、のっけから寝坊して集合に20分ほど遅刻;すみません。
この2日間の参加メンバーはなちさん、初顔合わせとなった山ガールのIさん。Iさんに聞くところによると、登山を始めたのは1年前から。白馬岳を登って以来、すっかり山の虜になってしまったそうで、月2で登っているらしい。最近はこうしたIさんのような「山ガール」も増えているそうです。時代も変わったものですね・・・

八王子からの大渋滞を乗り越え(通常3時間のところが7時間かかった…)、美濃戸口で車を置き、南沢から行者小屋まで2時間ほど歩く。ここで僕が脚の筋を痛めてしまい、赤岳の山荘で泊まる予定を変更して行者小屋で宿泊。足を引っ張ってごめんなさい。事前トレーニング無しで臨んだのは無謀だったか…山を甘く見すぎていました。

山小屋でカレーライスを作って、3人で飲みながらわいわいと食事。楽しい。


<2日目>
4時起床。山の朝は早い。ハンバーグと炊き込みご飯を作って食べる。
この日も脚の筋が相変わらず痛かったため、僕は行者小屋に残って、他の2人は赤岳を登ってから行者小屋に戻ってくることに。冴えない…することが無いので小屋に置いてあった登山漫画の「岳」を読みふけっていました。
3時間ほど経って、戻ってきた2人と合流して下山開始。赤岳鉱泉経由で、北沢を通り美濃戸口へ。脚の筋の痛さも大分回復していたので、2時間半ほどで下山できました。他の2人に聞くところ、岳の山頂(2900m近い)は雲海を見下ろして最高に美しい景色だったとのこと。悔しい…。次回のリベンジを誓う。
八ヶ岳山荘でお風呂に入った後、高速と一般道を織り交ぜながら新宿へ帰還。新宿の韓国料理屋とバーで打ち上げをして解散しました。


久々の山登りでしたが楽しかったです。山登りは登っている時はとてもしんどいですが、山頂に立った時の達成感とか、登山仲間とわいわい楽しく過ごす時間とか、他に代えがたい魅力が溢れていることを思い出すことができました。今回は山頂に立つことが叶わなかったので、次回は登りきれるよう、体を鍛えておかないといけませんね。
なちさんとIさんがこれからもがんがん登りたいと行っていたので、これからもちょくちょくと登ることになりそうです。なちさんとIさんに登山仲間も多いようなので、これから仲間も増えていきそうで楽しみです。
コメント   この記事についてブログを書く
« スピッツ『新月』 | トップ | スピッツ『アカネ』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事