部屋と小春と私

アイドルと趣味のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アクセルかわいいよアクセル

2009-12-11 | 音楽
             

1962年アメリカはインディアナ州の田舎で生まれ落ち1987年に世界を取った
少女漫画から出てきたような美少年ニワトリのような七色のダミ声と王道メンヘラちゃんでさぁ大変
バンダナを取り入れた斬新なファッションは米国中を旋風し米国のみならず日本のWANDSや秋葉に飛火し
誰もが長髪にバンダナを巻いたけどもどれもこれも本物には到底及ぶわけもなく偽物は駆逐され
「そりゃそうともあの声は誰にも出せないからさ」と言われるようにアクセルちゃんは
It's so easyでの別人のような低音からSweet Childの伸びのある美しい中音まで自在に奏で
はたまたJungleではキチガイのような高音をあげたかと思えばRocket Queenでは細くて繊細な音を出す
ただのカラオケ屋じゃなくてピアノも弾くし作曲までしちゃったりして半裸にパンツで走り回った次の日に
エルトンジョンとNovember Rainなんかの超絶名曲を弾いちゃうあたりやっぱり天才なんじゃないかと思うと
公演前の楽屋で機嫌良くしてた5分後に突如帰り出しドーム公演をドタキャンセルすれば
隠し撮りのファンに殴り掛かり、スタッフにイラつけばステージからダイビングドロップキックを浴びせ
興奮したファンが物を投げれば演奏を演奏を中止し投げたファンが出てくるまで演奏しないなんて平気でやる
そんなくせドラッグはしないクリーンなやつで逆に他メンバーにドラッグやめないと脱退させると脅したうえ
精神不安定な原因は義父からの性的虐待だと全米の大スターの身でありながら超有名雑誌でカミングアウト
雑誌では飽き足らずライブ中に『てめえらガキはやれロッケンロールだとかやれコカインが最高だとわめくが
そんなもんもう大事なことじゃねぇ、退行セラピーで分かった事は義父が俺にチチくるのを見て見ぬふりした
母親は許さねえってことだファック』などとガンズに憧れるキッズやアクセルに恋心の女ヲタを一刀両断し
今でこそ虐待に理解があるが時は92年、性的虐待を表沙汰にするなんて狂ってると周りからも腫れ物扱いされ
そんな孤独なアクセルちゃんを包んでくれた恋人エリンちゃんと幸せな家庭を築くかと思った矢先
有名になる前のNirvanaを以前から注目しダサい帽子まで被って応援してたのにことごとくコバーンに無視され
ガンズ&メタリカ&ニルバナジョイントツアーという大提案もコバーンに断られブチ切れたアクセルちゃんは
92年MTVアワードでニルバーナに挑発された後、直接コバーンコートニーに喧嘩を吹っかけ
『FBIなんてたかが知れてるいつでもかかってこい』
と当時のアクセルの地位を考えると冗談が嘘かわからないようなことを口走るものの
世間が手のひらをかえしコバーンを迎え入れ、四面楚歌のアクセルちゃんは虞美人エリン宅に深夜押し入り
『汝を如何せん』どころか『いますぐ結婚してくれないと死ぬ』とメンヘラの鏡のようなことをやってのけ
結婚したはいいものの元カノの顔を腕に彫るぐらい熱しやすくて冷めやすいアクセルちゃんが続くわけもなく
その傍らバンドは空中分解、精神崩壊したアクセルちゃんはいまさらグランジに歩み寄るわけにもいかず
引きこもっちゃったんだけどすぐにカートも死んじゃってグランジも下火、時代はHIP HOPへと移りゆく中で
なぜかトチ狂ったようなファッションを披露し、思いっきり叩かれてふて寝のアクセルちゃんに
ローリングストーンズ誌が『時代はガンズを必要としている』なんて応援された日にゃやるしかねぇと
全く方向性の見えない中、やっとこさ精神を安定させ新しいガンズをめざすアクセルちゃんが
17年ぶりのアルバムとワールドツアーやるってゆうんだから行くしかないってことでチケット買ってきた


  



追記
台湾コンサのためLA空港にきたアクセルちゃんをパラッチが襲撃でブチ切れてつかみかかったって
こりゃアジアツアー不機嫌でだめかもしらんね






コメント (8)

We're just children of tomorrow

2008-08-05 | 音楽
We're just children of tomorrow , hangin' on to yesterday
''人は昨日を引き摺りながらも明日を目指していく''

EuropeのPrisoners in Paradiseの一節。

Europe?知ってる!Final Countdownが有名だよね!
「イッツァファイナールカウンダァーン!」ってマヌケな曲だよね??
なんで一発屋バンドなんか紹介してんの?ウケるッw

とか思ったやつ。
お前ちょっとこいよ。ここ座れよ。いいから。
俺が3時間かけてEuropeの曲レクチャーしてやるから。5つ区切りで一から説明してやるから。
ジョンノーラムとキーマルセロの比較してやるから。
ジョーイテンペストの声質について泣くまで教え込んでやるから。
ったく。これだから素人は。

あのなぁ。ヨーロッパ。あいつらガチ。
ヴォーカルのジョーイテンペスト。あれが一番ガチ。
バラード歌わせたらあいつ以上に泣かせる歌手HR/HM界にいねぇから。
あれやばいって。演歌。こぶし。まじで。
歌うわけ。踊るわけ。声が。
「いや歌手は歌うよ」ってツッコんでるけど。違う。
喉から出た声が自立して歌うわけ。勝手に。まじ。
俺が名付けるなら

「北欧が生んだ80年代最高のメロウで泣かせる湿度99%のメロディメーカー兼ヴォーカリスト」

こう付けたいね。自信を持ってお届けするんだわさ。

ここまで煽り倒すと逆に聞きたくなってくるんだろ。分かってるさ。
それで、このPrisoner in Paradiseという曲。世間的には知名度低いんだわ。
F1'93総集編のEDに使われたらしいけど知らないよね。
いやぁ正直いうと俺も最近まで知らなかった。存じなかった。
だって至高の名曲「carrie」を越える事はないと思ってたんだもん。
んなもんで聞いたらどっこい引いたね。あまりの完成度に。
引きながら泣いた。引きながら泣くってどんなだよ。まいいや。

それで、このクソ名曲は死ぬ前に聞いて欲しい。
というか俺はあんまり教えたくないこの曲を。知られたくない秘密にしたい。独占したい。
だが今日は特別に教えちゃう。よかったね。

じゃあどの編がヤバいかをポイント別に見ていこう

Prisoners in Paradise

1.イントロ

静かなバックにセリフから始まる。徐々に高まるギターの壮大さに心拍数が上がった所で
一気になだれ出るバンドの音圧に圧倒されつつジョーイのマイク突き上げに失神。

2.Aメロ

爆発的なまでのイントロから一転、悲しげなピアノ伴奏に不意をつかれた所で
ジョーイの声に心を奪い去られそうになりながら歌詞の悲しさに心打たれる
2番Aメロではギターのキーマルセロの溢れ出る泣きのメロディに驚嘆

3.Bメロ

フライング気味に泣き出しているギターを皮切りにドラムベースキーボードが入音
力強いジョーイの歌声と目線に痙攣寸前の体 サビが待ち遠しくてたまらくなる

4.サビ

らめぇぇえええええとばかりにサビ突入
以外と普通なサビに拍子抜けするも、それはただの前フリであった
ゴスペルのような重奏コーラスに期待しつつ本サビへ
いったん間を置いてキメフレーズを叫ぶジョーイにメロメロ
再び熱いイントロの流れに失禁

5.ギターソロ

これぞ北欧これぞヨーロッパと言わんばかりの泣きまくりギターに
ハートブレイクしそうなヴィブラートが貴方を襲う
後半のユニゾンは拳突き上げ

6.アウトロ

鼻水も涙も止まらない貴方へ畳み掛けるように美しいコーラスとサビが共鳴する
そして一瞬の静寂の後、ジョーイが決め台詞


We're just children of tomorrow , hangin' on to yesterday


死んだわコレ
コメント (2)

バラード自論

2008-07-29 | 音楽
あのな、いっとくけど歌手ってのはバラードで全てが決めるんだよ。
どんな激しい曲を書くバンドだってバラードがあって初めてトップに立つんだよ。
激しさだけを追い求めるやつらは所詮、その程度のバンドなんだよ。
ハロプロもポップさを追い求めるのはいいけどよ、ちょっとそっちが多すぎるだろ。
静と動、生と死、愛と憎。これを両立してこそ、なんだよ。

でな、ちょっと聞けつんく。最近バラード少ねえよ。足りねぇよ。
俺は求めてんだよ。失恋で裂傷を負ったブロークンハートに染み込ませたいんだよ。
Buono!のアルバムも軽くバラードあったけどよ。ああいうのは(demo)って入れとけ。
間違いなく完成してないから。未完だから。

そんな俺でも「これは」って思えるような曲を聞いたわけだよ。
「雨の振らない星では愛せないだろう」ってやつ。夏ハロで初めて披露した曲なんだわ。
まだCDになってなくて、ライブ音源だけを聞いたんだけどよ。
これいいよオイ。ひさびさにいいよ。やるじゃんつんく。

でな、ちょっと言わせてくれ。まだCDになってないから言わせてくれ。
これドラムぶち込もう。2番のAメロからブチ込んどこう。おもいっきりブチ込もうよ。
Motley Crueの「Home Sweet Home」とかBad Englishの「When I See Your Smile」とかの
1番目はピアノ伴奏だけでサビでドラムが入ってくる黄金パターン使っちゃおうよ。
あ、間違えないように言っとくけどドラムは余計な手数入れなくていいから。
AメロBメロはバスドラムとハイハットとスネアを単調に力強く8ビートで叩けばいいから。
そんでサビ前に気持ちよくタム回しとシンバル叩いとけばいいから。

まさか無いと思うけど電子音でビート刻もうとか思わないようにな。
ドラムだから。絶対ドラムだから。ピアノに電子音は100年後も絶対合わねぇから。

そんでギターソロもブチ込もう。泣きのギターぶち込もう。久しぶりに邦楽界を泣かせよう。
生まれてきた奇跡とか神の慈悲とか地球温暖化とか閉塞社会の現状とかそういうのひっくるめたギターソロぶち込もう。
ギターソロの入りにいきなり1弦25フレット3音半ベントで国民失禁させようよ。やっちゃおうよ。
前半に「激」「憎」を表現した攻めのギターで中間は「愛」「優」をビブラート効かせてゆったりと表現しようよ。
ラストに「希望」とか「奇跡」を神秘的な音色で畳み掛けようよ。伝説つくっちゃおうよ。

んでライブではマーシャル5段積みしちゃおう。3階建てビルぐらいのマーシャルの壁つくっちゃおう。
ツアーメンバーも呼んで生で演奏しちゃおう。生の緊張感から生まれる一夜限りの奇跡を起こそう。
そんでカラオケ音源に慣れちまったヲタに生の音色ぶつけちゃおう。マーシャルアンプから流れ出る音圧で圧倒しちゃおう。
脇からじゃなく目から汗を出させようや。生きる喜びを与えようや。な。そういうことも大事だろ。

まぁ、こんなところです。
正直CD音源を楽しみにしてます。



コメント