連・断・続の部屋  

捨てる過去など何もなく、日々の社会との繫がり、自己の活性化、整理のためにつぶやく。

そこまでやっているのか!東京医大、女子受験生を一律減点…合格者数抑制

2018-08-03 08:37:30 | 日記・エッセイ・コラム

東京医大の合格水増し入学に端を発して、東京医大、女子受験生を一律減点…合格者数抑制 までも、表面化してきた。

私立大学の、裏口入学は、寄付金額の要請などから、必要悪として知る人ぞ知る事実。

文部科学省職員、国家公務員が、権力と、公金を盾に、子息の入学便宜となると……。

派生して出てきた、東京医大、女子受験生を一律減点…合格者数抑制 の根底意識は、長らく大学病院に在籍していた身としては、さもありなんと納得してしまう現実を経験済みです。

個人的な体験として、卒業間近の身近な人からの恐怖と人格否定の体験は、50年近い年月が経てもPTSDとなっているのですが、その原因となっている人は、医学会の権威者として君臨しているという世界でもあります。

助手任用については、恩師が、学外に問題提起をすると、学部長に直訴し、当時の教授に認めさせて、やっと助手になれたいきさつも経験してきました。

その後も、パワハラを受けましたが、今は、女子大学でのびのびとしています。

男尊女卑の背景は、男女機会均等という錦の御旗が掲げられても、権威社会での一掃困難な日本。世界の比較での数値で、下から何番目というデーターが物語っている思います。

 

医師は、労働者としてではなく求められ、美辞麗句の果ての、都合の良い労働時間の規制がなく働くことが当然という風潮。

研究分野では、トップをきることに駆り立てられる。

女性医師は、自分にあった生活スタイルを数倍の努力で要求し続け、

その先に、将来の女性医師が、男性医師と同等の立場が望めるようになることを望みます

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 体と脳のずれ | トップ | 東京医科大学が女子受験者の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事