連・断・続の部屋  

捨てる過去など何もなく、日々の社会との繫がり、自己の活性化、整理のためにつぶやく。

1年の計は元旦に

2016-01-01 15:42:17 | 日記・エッセイ・コラム
年を取ると、縛られていたものが次々となくなり、
昨年に、恩師が逝去した今年は、行動はすべて自分で起こさなければ、淡々と時間が過ぎるのみ。

年頭にあたっての初詣。
1991年開院以来、名取川をはさんで目の前に飛び込んでくるうっそうとした檜にかこまれた、熊野神社本宮、新宮へ。
2年前はわたくしの両肩につかまりながら、参道を歩き参拝したが、
昨年は、車の中で待機され、私に参拝を託され
今年は、一人で自転車を利用しての初詣。
これからは、ずっと一人。

紀州熊野三宮を信仰する名取老女により分社が許された”熊野三宮”
以前は、体調不良の時は、水に浮かせて飲むと回復すると八咫烏を分けていただいたりもしましたが。
サッカー人気で、三宮が整備され、参詣者が増えてからは、
時代が変わってきたのを実感した今年でした。
今年は、東日本大震災の復興祈念の能<名取ノ老女>の上演があります。
3月25日、26日。前売りは2月9日(PC),10日から。http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/nou/2015/3982.html?lan=j
仙台には、能楽堂が無い。

大震災後、東京は遠いところと思えるようになって。
帰りを待ちわびている先生を思うと出かけられないであったが、今年はふらふら出歩けそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 気が通る | トップ | 紫式部のメッセージ:駒尺喜美著 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事