直通特急の臨時停車

模型製作・鉄道写真を主としたブログ

阪神電車1000系「なんば線開業10周年記念ラッピング列車」(車内)

2021年04月16日 | 列車・車両観察(その他)
2021年4月15日 神戸三宮にて撮影



妻面側から

乗務員室仕切り

乗務員室側より

ラッピング編成だからと言って特別な広告はなさそうですね。
コメント (2)

2021年4月15日 海岸線撮影

2021年04月15日 | 鉄道撮影記(2021年)

元町に来ていたので、海岸線に・・

ホームは明るいですが、やはりそれ以外は暗いです。
まだまだ腕がないので、まっくらな写真に。

夕方ラッシュともいえる時間ですが、人はまばらでした。

最近とも言いにくいですが、発車案内がフルカラーの物に交換されているのを見ると、開業して随分経つ路線だなぁと思います。

そんな海岸線は開業20周年。
一部の編成に記念ヘッドマークが取り付けられています。

赤字路線で、この先も心配事があるかもしれませんが、これからも市民の足として走り続けてほしい路線です。
コメント

223系京都鉄道博物館ラッピングを作る3 先頭車工作

2021年04月13日 | 223系京都鉄道博物館ラッピングを作る
牛歩ですが、少しずつ工作は進んでいます。
今回は先頭車にスポット当てて工作しています。

いつかやってみたかった室内のグレードアップを図ります。
DENSYA.ME製の室内ステッカーを使いました。
クハ222にはトイレがあり、それ用のステッカーも含まれます。
まぁ大変でしたね。。いかんせん数が多いのです。

海外の方が製作してるためか、説明書が中国語ぽかったりしてますが、十分きれいに貼り付けることができました。

車体側の工作ももちろん行います。
前回、手すりなどを撤去の上、再塗装を行っています。
トレジャータウン製「207・223系手すりセット」で手すりの別体化。

乗務員室は前述のステッカーは含まれてないので、簡易的にでも再現します。
仕切りの化粧板を茶系で塗装。
223系も製作時期が長いため、化粧板の色を始めとする微々たる差があります。
恐らく製作のW18編成は、この系統の色と思うのですが・・

種別の普通は前面窓の裏張り。
行き先と列車番号は余りものを貼り付け。
この京都鉄道博物館のラッピングは普通・播州赤穂行きで、よく見たので、この組み合わせにしました。
なお列車番号は余りものなので、実際運用で使用されていた番号ではないので、悪しからず・・

乗務員室の加工、このような感じです。
車掌台の着色。M/C台から行き先表示に延びる棒の撤去。
サンバイザーは真鍮線を曲げて再現しました。
このほか、ヘッドライトのクリア「金・銀色」で目力アップも図っています。

最初の写真にもありましたが、クハ222にはトイレが設けられているので、バルティローズのトイレタンクを設置。
車端部は少し寂しい感じだったので、よいアクセントですね。



最後にTNカプラーに交換

以上の通りでまとめておきました。
写真には写ってないですが、前部の編成番号を貼り直して、先頭車の改造は、ひとまず区切りをつけます。
コメント (2)

2021年4月11日 OsakaPointラッピングを撮る

2021年04月11日 | 鉄道撮影記(2021年)

朝に仕事を終えて、御堂筋線なんば駅にきました。

狙いの30000系のラッピング電車。
四つ橋線に30000系が導入されたら、こんな感じですかね笑

なおラッピングされてるのは、なかもず側の1号車だけという、独特なラッピングですね。

別の編成も走っていたので中津で撮影。
ホーム柵が付いてからは、初の撮影となりました。
レアな新金岡行きを撮影して撤収~
コメント

和歌山電鐵2270系 2274F「日本動物愛護協会ラッピング電車」

2021年04月06日 | 列車・車両観察(その他)
2021年3月27日 伊太折曽~吉札にて撮影



2274 ←和歌山

2704 貴志→
コメント (2)