=お先にどうぞ=

ありきたりの日常

ベンチ使用感

2014-07-20 | 筋トレ、ストレッチ関連



家トレ2回目

腹筋なさすぎで、なかなかベンチに沿って仰向けになれない!
おきられなかったら?腰がギクッときたら?など、嫌なイメージ先行

スポクラでシットアップベンチは使用したことがあるが、いつだったかも忘れるくらい。腰痛懸念。

ようやく仰向けになったところで、自然とドローインになる原理に納得
水中では浮いていてさほど意識はないが、体を支えるのはやはりこの姿勢なのだなと。

あとは自重チューブ。体重が重しになるチューブトレ。ただしバラエティー不足な気がしなくもない。

レッグエクステンション、アームカールもストッパー次第で強度に変化がつけられる。逆レッグカールもあり。これはあまりしない動きなのでいい。広島のクラブにはあった。

あれは臀部によかったような気がする。臀部筋は鍛えにくいが飛び込み特にバックプレート付きになってからは重要と、最近買った水泳コアトレーニング本に書いてあった。

臀部筋がないままに飛び込みばかりやってパンパンに固くなってしまう選手が少なくないそうだ。それが腰痛の原因にもなるのかな?ほぐしたり揉んだりしておかないとね!

翌日に肘痛、首痛、腰痛気味

もっとも、昨日はスポクラでクロストレーナーを10分1.5kmこなしたし、それかも。エアロビックモード2回転。ハンドバーを押したり引いたりの集中モードがある。

ところで別に購入していたマットが僅かに寸足らず気味
もう1枚必要?

必要なマット寸法を参考に書いていてくれたらいいのに。マシン寸法から推測しろということかな?

複数ストッパーや調整可能箇所など、6000円代にしてはいけてる。
が、ガクンとかガタンとか一人の時になったらどうしようという不安は拭いきれない。

せめて手が届く場所に携帯?ワンコじゃ、顔を舐めるくらいしかしてくれないし、どうせ飽きてすぐどっかに行っちゃう。

そういうことも含んで(想定して)の家トレ、ほどほどに?
まだ目標回数なんて!設定はほど遠く無計画このうえない。

やりすぎで、出張に障らない程度にとは思っている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベンチ 組み立て完了!

2014-07-18 | 筋トレ、ストレッチ関連
組み立てというほどじゃないし、折り畳んで立てておけるから、場所をとらない。マットは別売りで、若干寸足らず。


決め手は背もたれかな。座れる。

チューブ付き。



ちゃち(お粗末)ながらレッグカール、アームカールもついてるし?



試用してみました。腰、注意しないとね!

フィットネスクラブで腹筋や背筋はしないので、家トレ、、、できるかな?

「場所とって狭くしないで!」から「暢気、お気楽」と散々嫌味を言われちゃいました(汗)

腹筋割れたら何も言わなくなるかな?割れるわけ無いけど、、、?



写真のようにほとんどやってみました。

水曜日のレッスンで、いつもコーチに「腹筋!」とパンチいれられていたのが影響してる?

軽いダンベル運動もできるかな?(期待しすぎーーーー!)

これから食べたら腹筋!玄関開けたら2分で腹筋!?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『スポーツ栄養学』鈴木志保子著、ベースボールマガジン社、2008.5.26

2014-07-17 | 本の話


※今日は、本業のほうでパソコン2台を駆使し?"にらめっこ"していました。
ありがたやUSB。ジャンル別に1個確保が効を奏しまして楽勝?
いえ即集中&スムージー(汗)スムースsmooth!

さて、タイトル本。書店立ち読みで購入。2014.1.30時点で13刷、たいしたものですな!

第1章栄養素と食品の基礎意識、
第2章身体のしくみ、
第3章エネルギー代謝、
第4章コンディショニングのための栄養、
第5章競技力向上のための栄養、
第6章世代別に見るスポーツ栄養の考え方と栄養サポートとのかかわり方

わかりやすいです。

以前、ダルビッシュ有選手が、普段見せない素顔や愛犬と戯れる様子をTVで見たのですが、サプリメントやプロティンなど大量備蓄して、体重管理などかなりストイックに自己管理しているようすでした。

それに日本なら容易く手に入るような『○○が手に取るようにわかる』的な読みやすいレベルの本で栄養その他健康管理について、読書というか自己啓発をしていて感心しました。

今日何かひとつでも吸収する(読むこと)で、明日、一歩でも進む(変わる、成長する)自分がいる、というような前向きな言葉を聞いて、読むレベルや内容というより、今、自分ができる最善のことをする、それがプロとしての課題や責任であり、プライドを保持する源泉になっているのかなぁと考えました。

つい惰性で過ごしてしまいがちな時こそ、自分に【喝!】ですかね?

そりゃあいつもいつもモチベーションを維持できるわけではありませんし、うだるような暑さに負けてしまいそうになる。易きに流される。

やる気がでてこないのは、【隠れ脳梗塞かも?】なーんて、TVで特集していて、ドキッ?としたり(汗)

さて、冒頭、タイトルの本ですが、完読したわけではなく、じわーっと読んでいきます。

ちなみに最近購入した料理&素材関係はこちら





デパ地下サラダ、おいしそうですよね!
月刊献立本の類も買いますよ。

料理は二十代で毎週仕事帰りに料理学校に寄って、その習い事が一番合っているんじゃない?と言われたりしました。一番長かった習い事はピアノかな?

カワイ楽器の講師グレードをとったというか、講師採用試験に合格した方が先でした。
次に長い(しつこい)のがスイミンングかしら?

最近、献立もマンネリ気味でしたが、今日は冬瓜(とうがん)があったので、"冬瓜スープ"にしました。鶏ガラや豚スペアリブ調達なしで、味はいまいち、それなりでした。

どんなに料理に凝って栄養を考えても、病気になる時はなるし、バランスだとか有機だとか、繊細かつ緻密に取り組めば報われるとはかぎりませんよね?

人は(その人が)食べたものでできていると言っても、それだけじゃない?環境ホルモン、飲料水、ストレスetc.不老不死はあり得ないし?

と、言ってしまえば身も蓋もない。

あくまでも参考、参考!

だいたい本業で20頁くらい書く時は(中身にもよるけど)、書籍50冊は参考にしますけど、終わりなき、、、で、時間制限つけないと。資料集めと本読みで終わりかねないので、ええい!と見切り発車は大切と考える今日この頃。産みの苦しみはもう少しの間続く予定です!
※ジャンルはスポーツでも栄養&料理でもなく、あくまでblog画像にあるジャンルは趣味の領域。書くまでもないけど?

なので、泳げない、スポクラ行けない、頭のお皿=乾く?

実は器用じゃない、、、ハハハ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『水泳 体幹トレーニング』小泉圭介著、2014.6.16、マイナビ

2014-07-10 | 本の話
既に3刷(7/22刊)目
小泉圭介氏の体幹トレーニング本を購入するのは2冊目

Amazon在庫は豊富なようですが、e-honでは1週間以上待ちました!

冒頭の解説から納得で、反る膝のことや怪我なく安全に、というところが大変ひきつけられました。読むところ満載で楽しみぃー!

後半には、飛び込みで強化する部分など自宅でもできるトレーニング多数というかほとんど。

道具(用具)として揃ってないのはベンチかな。
シットアップベンチは買っていいと言われているけど、チョッと迷う。水平タイプかスロープタイプ?か。

こういうのも安価になりましたよね。

"家飲み"ならぬ"家トレ"やりますか!?

自宅クロストレーナー欲しい!けど、機能性低いからやはりジムかな?

毎日続けることで
ケガ防止につなげたいですね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加