=お先にどうぞ=

ありきたりの日常

2月は、、、

2018-02-10 | 日常

こんばんは♪

目の前にお皿にのった八朔(はっさく)があり
食べたいけど、指が汚れるので
ブログが終わってから、、、ハハハ(乾いた笑い)


今朝は相方が午前四時すぎに起きて
五時半には千葉のほうにゴルフに行った

ここのとこ天候不順で2回もキャンセルになっているが
キャンセル料は最近とらないそうで

ゴルフが終わって戻ってきたのが午後4時前
お早いお帰りで!?

メンバー手続きもいよいよ面接が終了し
今日はメンバーフィーでまわれたのだとか

別会社の人がメンバーで強力に推しがあって
入会することにしたそうだ(会員になる=購入)

で、いつものメンバーだけど
ひとり欠けていて、ご近所さんなんだけど
このところ体調がおよろしくないらしい

もうすぐ会社を譲って会長におさまり
ゴルフ三昧がしたいのだそうだ
後継者は奥様「よっしゃー!」の気合入り
頼もしいね

気持や気合はいつもそうありたいものだ

私なんて「調子に乗っちゃって!」の真逆←はぁ?


さっき、気になっていた横須賀軍港めぐりにphotoをアップしたが

古い岡山時代の動画などもみていた
Youtubueにあげるか?と
思ったけど

めんどくせぇーー!となり、やめた(あかんやーーん)

土日は千葉新習志野で新春スイムレースをやっている
2月ってこんなに寒かったっけ?

いや!いつだったか、雪で電車が動かなかったから
この2日間はマシなのでは?

(過去の)大阪の新春スイムはそういうことはなかったような気がするが
最近は、関西も気温が低い、九州でさえ

北陸は言うまでもない!

北陸から出張してきた人が
自分は車が出せたが、奥さんの車はダメ
あっちでは、四駆でなきゃ、、、ともっぱらの評
(その方はBMWで馬力があるのだとか)

やはり水泳もオン・オフシーズンはあるような氣がする

言い訳でしかないんだけど?


2月はいろいろメモリアルデイなのだ
良いことも残念なことも含めて

人生、生きてりゃ、いろいろあるわサ???←はぁ?





近所にあったイタリアンのお店
テラス席は犬OKで
大事にしてもらった




岡山ドッグビーチ
今はもうないけど、、、



フリスビー岡山支部
ここも無くなったっけ(^^;

コメント

横須賀≪軍港めぐり≫2017.12.23

2018-02-10 | 小旅行、見学・見物など

今さら?ですが、フォトチャンネルをアップしました

12/25以降、そういう時間も無くて、、、気持の問題かな?

画像はほんの一部ですが、同じようなものが多いので
ピックアップしました


横須賀≪軍港めぐり≫
コメント

『登山の哲学』竹内洋岳著 (Eight-thousander14座登頂者/日本人初)

2018-02-10 | 本の話

『標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学』竹内洋岳著、NHK出版新書、2013.5.10/11.30(電子版)刊


一気に読んでしまったので、もう一冊読むかなぁ?
思案中

所さんの『笑ってコラえて!』(2017.2/7放送分)の途中から見て
《洋岳》の名前だけ覚えていたのを頼りに検索

電子書籍をDLして読んだ
300円なのだ!

巨大雪崩に巻き込まれ、片肺が潰れ、背骨が破裂骨折し
チタンシャフトで一年固定するも

リハビリで一年後に同じ場所に戻ってくる話以外にも
九死に一生を得るシーンが書かれている


読みながら、
子供の頃に毎週のように海や山に連れられて過ごしたことを
思い出した

と言っても、標高350mほどの地元の山だったが
飯盒炊爨(はんごうすいさん)のため
結構な重さの荷物を準備し

山中(川辺)で昼食を作り
ロッククライミングし、トレッキングなど

知らず知らずのうちに鍛えられていたのかな?と

夏は海で日がな一日
遠泳の得意な父とは別行動となったが
週末は、自然に触れつつ楽しく過ごした、、、ような

ふと甦った
何故、あんなに海へ山へと連れていきたかったのだろう???

それはともかく
《楽しむ》ことが大切、と

竹内氏も書いている

組織登山から公募隊制登山やプライベートへ
酸素ボンベや重装備から無酸素・軽備登山へ

辛いのは辛いわけだけど
キャンプなどで工夫して過ごす様子が書かれている

それで登山に気持ちが向くかというと
それはないけど、、、

子供の時に読んだ冒険家《アムンゼン》のことが
出てき(書かれてい)たのが少し嬉しかった

最後の方に、子供達の登下校の列に
車が突っ込む事故について触れてある

なるほどなと唸る

集団登下校は良くも悪くもあり
時代と共に対応していかないといけないのかもしれない

もう随分古い、、、私達世代からあったもの、、、
縦列は確かに前の人の背中しか見ないかも

登山でも、渋滞するような人気スポットは
ただひたすら前の人の背中を見て、
後ろについて歩いていくだけ
景色を楽しむ余裕もない







コメント