電動歯ブラシ

お酒はやめなはれゆうとんのや

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

The Brews について誰よりも深い地点

2008-03-16 | more NOFX
Nofxの曲のクオリティの高さは我々の間では周知の事実ですが、彼らはメッセージを強く伝えたいときは絶対に凝ったことはせず、シンプルな曲に歌詞をのせている。だからこそ誰でも歌える曲になるわけですが、そのなかでも「The Brews」の歌詞が秀逸。ただし日本盤オフィシャルの歌詞和訳や一部の和訳サイトの歌詞では本来のニュアンスがうまくわからないと思うので、今日はBrewsについて誰よりも深みに入ることを目指す。ただし多分に推測が混じってますのでご了承を。

Fat Mikeはユダヤ系の血を引いているらしいとのことなので、ナチに対してはやはり快く思っていないはずだ。当時の西海岸のナチパンクブームにビアフラよろしくファックオフと言いたいところをナチパンクス風の、つまりoiパンク風で最高のパンクを拵えたことが爽快、これぞパンク精神。そういうことなので歌詞中にはナチとユダヤに纏わる固有名詞が頻出してきます。これらの言葉はイディッシュ語という言語でドイツやヨーロッパ~ロシアなどで話されていたユダヤ人の言語をつかっていますが、ご存知のホロコーストによって話せる人口が激減、いまでは半ば崩壊している言語(ウィキペディア参照)。この言葉をわざわざ使っているFat Mikeの心情を考えるとやはりただならぬ感情のこもった歌詞であることはまちがいありません。
The Brewsが曲のタイトルですが最初の「T」を抜いた言葉「Hebrew」ってヘブライ語、つまりヘブライ語を話す者=ユダヤ人ってこと。このあたりの言葉遊び(彼ら風にいうならPun)もさすが。ユダヤ人ゲットーでもナチ・パンクス・ブームの波が来て、ユダヤ人は肩身の狭い思いをしたとは思うが、この歌はゲットーのユダヤ人のその少年達に捧げた歌らしいのだ。NoFX特有のおちょくり方満載の歌だけど、ユダヤ人の少年達を昂ぶらせる歌であろうと思う。たいていの日本語の訳詩は解説を入れていかないとその辺がうまく伝わらない。「We've got the might~」からのラインが最高です。

Friday night we'll be drinkin' Manashevitz
Friday night(金曜の夜)とはユダヤ教でsabbath(安息日)の始まりで金曜深夜に始まり土曜まで続く。Manashevitzhaはユダヤ人がsabbathに飲む典型的なワイン。
goyemとはユダヤ人じゃない人のことで、こと言い方はかなり蔑んだ言い方。
Stompin' shagitz, screwin' shicksas
shagitzはユダヤ人ではない男、shicksasはユダヤ人ではない女
anti swastika tattoos=反カギ十字、つまりナチスのマーク
Orthodox, hesidicはどちらもユダヤ教の要注意なセクト
The fairfaxはカルフォルニアでも多くのユダヤ人が集まっている地区
mashuganasは頭のネジがぶっ飛んでしまっている人のこと
the chosen ones=「選らばれし者達」ユダヤ教は選民思想です。
Chutspahは英語にしても難しい表現みたい。「成功の見込がある」とかそんな感じの意味が近いらしい。
separate our milkplates from our meat
ユダヤ人はミルクと肉を一緒に食べたりしない、らしい。
oiはoiパンクのオイだけど、これもPunらしい。ユダヤ人の「oy」とかけていて、これは「jejus」「geez」とかそういう感じ。


The Brews
Friday night we'll be drinkin' Manischewitz, goin' out to terrorize goyim
Stompin' shegetz, screwin' shiksas, as long as we're home by Saturday mornin'
'Cause hey, we're the Brews, sportin' anti-Swastika tattoos ― Oi! Oi!
We're the boys, the Orthodox, Hasidic, O.G. Ois
Orthopedic Dr. Martens good for waffle-makin', kickin' through the shin
Reputation gained through intimidation, pacifism no longer tradition
'Cause hey, we're the Brews, sportin' anti-Swastika tattoos ― Oi! Oi!
We're the Brews, the Fairfax ghetto boys, skinhead Hebrews
We've got the might, we're psycho meshuggahnas
We can't lose a fight as we are the chosen ones
Chutzpah-driven, we battle then we feast
We celebrate, we separate our milk plates from our meat
We're the Brews, sportin' anti-Swastika tattoos (Oi! Oi!)
We're the boys, the Orthodox, Hasidic, O.G. Ois
Dai Dayenu...

金曜の夜はワインを飲んでユダヤ人じゃない奴らを脅しに行こう
土曜の朝まで俺達が家にいる間、踊ってる男やヤってる女どもを

俺達はユダヤ人だ
ナチマークタトューの奴らをからかってる(Oi!Oi!ってな)
the Orthodox, Hasidic, O.G. Oisのガキなのさ

ドクターマーチンは脛骨を蹴り上げるのに最適だ
脅迫で得た名声、平和主義は流行らないからな

俺達はユダヤ人だ
ナチマークタトューの奴らをからかってる(Oi!Oi!ってな)
俺達はユダヤ人ゲットーのガキ、スキンヘッドのヘブライ人だ

俺達は強い
俺達はぶっ飛んでる
俺達は誰にも負けない、なんせ「選ばれし者」だからな
全て上手く行ってる
俺達は祝祭の時に戦うんだ

祝福しよう!
ミルクプレートと肉を分けよう

俺達はユダヤ人だ
ナチマークタトューの奴らをからかってる(Oi!Oi!ってな)
the Orthodox, Hasidic, O.G. Oisのガキなのさ


※多くの対訳のようにspotin' を「誇示する」とか訳すのが普通で、「おちょくる」という意味にするなら sport with とか sport at という形にしないといけない。しかしナチタトューを誇示する、の歌詞だとユダヤ人のための歌としてはおかしくなるような気がする。

コメント (2)

Hotel Las Americasにて

2008-03-12 | more NOFX
2008-03-13 追記;
すばらしい翻訳をしているブログを張っておきます。
http://ameblo.jp/nicopunk/


これは例のドキュメンタリーでもすこし映っている映像、
たぶんペルーのホテルで撮影されたもので
特に二番目のホテル入り口でのライブが素晴らしい。
二曲目でオーディエンスが大声で合唱するのは『Franco Un-American』
この歌は一部の和訳サイトでは「非アメリカ人のフランス人」などとちょっと意味わからない訳詩を作っているが、「アメリカ人じゃなかったら結局どこにも行く当てはない」という意味のおちょくりながらもプロテスタントなパンクソング。
要はアメリカをはじめとする国や政策を批判する歌であり、
こういう歌がペルーのような貧しい国の人々に響くのは当然だったのだろう。
『Franco Un-American』はペルーに住む彼らにとってリアルな歌だが
むしろ日本にいる側にとってどれほどリアルなのかはわからない。
歌詞が読めないようじゃ話にならないか。
ただノリのいい曲として消費されていくような気もする。
それがこの国のやり方だから。

アメリカ人じゃないなら、どこに行けというのだろう。
Public EnemyとReagan Youthを聴けー。

注)↓上から1、2,3と順番になっています。



↓これが特に!



コメント

from myspace.com

2008-03-10 | more NOFX

http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=29763467


punk!
nofxはMTVには出ないけどTVかDVD用のドキュメンタリーを作っているようです。
myspace.comではトレイラーを見ることができますがこの時点でかなりやばい。
メルビンの顔面直撃で折れたベースや、ファットマイクのホテル前でのゲリラライブ?
どちらもyoutube上には画質は悪いけどすでに投稿されているようです。
DVDでしっかり世に出して欲しい一品。
コメント

Doornails の歌詞がやばい

2008-03-01 | more NOFX
どうやら深い歌のようなので歌詞を朝方に日本語に和訳してみる。
この歌は先に死んでいった友人達について歌っていて
歌詞にでてくる言葉も彼らの残した曲やメッセージに基づいている。
僕が好きなラインは、最後のThis song is for winning losers
It's for lucky substance abusersのくだりです。

Nofx - Doornais

These two shots are for Derrick
For Rifle, not the handgun
For Coffee and Cigarettes
Give It Back

You know, suicide isn't painless
When you leave everyone in pain
Two shots will never go down the same

This beating's for Jimmy
For Ultimate Devotion
For your Mind Of My Own
Bring Out Your Dead

Sedated, flagellated
You were the one most loved and hated
Thanks for all that carpet and your songs

This petron's for Jason
This lager's for Andy
And these doses are for Bomber
And this fix is for Bradley
This ritalin's for Lumpy
And this speedball's for Friday
This nitrous hit is for Lynn and best friend Dobbs

This bowl is for my mom
For drinking more than I did
For posting bail for me in New York

And in Hollywood that first time
And that joint we smoked was the worst time
Cause doing drugs with parents is just wrong

This petron's for Jason
This lager's for Andy
And these doses are for Bomber
And this fix is for Bradley
This song is for winning losers
It's for lucky substance abusers
The ones who left their black marks on us all



この弾丸二つをDerrickに捧げよう
拳銃じゃなくて『Rifle』だ
『Coffee and Cigarettes』に
『Give It Back』に捧ぐ
(※1)

自殺は痛みがないなんてことはない
お前が苦しみの中で皆から去っていっても
この弾の勢いは同じようには失せて行きはしないだろう

このビートはJimmyに捧げよう
『Ultimate Devotion』に
『Mind Of My Own』に
『Bring Out Your Dead』に捧ぐ
(※2)

宥められたり酷評されたりしたが
お前は最も愛されそして憎まれた奴だった
お前に叱られた事とお前の歌すべてに感謝する

PETRONをJasonに
ラガーはAndyに
クスリはBomberに
麻薬はBradleyに
リタリンはLumpyに
スピードボールはFridayに
アシッドはLynnと親友のDobbsに捧げよう
(※3)

このボウルは母に
俺よりも強烈な飲みっぷりに
ニューヨークでの俺の保釈金を払ってくれたことに

はじめてハリウッドにいたとき
マリファナを吸っていたときが最悪だった
親とドラッグやってるなんて悪いことだろ笑

PETRONをJasonに
ラガーはAndyに
クスリはBomberに
麻薬はBradleyに
この歌を栄光ある敗北者たちにささげよう
悪運の乱用者たちに捧げるんだ
奴らは俺達みんなに罰点を残していきやがった

※1.『Rifle』『Coffee and Cigarettes』『Give It Back』も彼らの曲名だ。LagwagonのDerrickはピストルの自殺だったらしく『Rifle』を引き合いに出している。曲名を並べてなんとなく意味がありそう。

※2.Strung OutのJimmyは心臓の病気だった。だからbeatingは曲のビートと心臓の鼓動とをかけてる。『Ultimate Devotion』『Mind Of My Own』『Bring Out Your Dead』も彼らの曲名だが、彼はまさに情熱(Ultimate Devotion)をかけて曲作りをする男だったし彼の心(Mind Of My Own)はファットマイクにとって彼の死そのものをより鮮明にした(Bring Out Your Dead)のだと意味を作ることができる。

※3.PETRONは燃料関係のブランド名、ラガーは酒。JasonはRKL(それともPennywise?)、AndyはLeatherface、BomberもRKL、BradleyはSublime、LumpyはTSOLやDown by Lawのメンバー。Fridayは誰か分からなかったがスピードボール(鎮静剤と興奮剤のクスリ)が好きだった奴に違いない。LynnはSnot。親友のDobbsはわからないがミュージシャンではない人間かもしれない。すべて彼らの好物か、死因に関係のあるものの名をあげている。

ニュアンスとしては彼らが死んでしまって悲しいというよりは彼らのほうがこっちの世界を見限って去っていってしまったという感じ。
深読みだが「自分は取り残されてしまった」という感じが強いと思う。
なぜなら最後のon us allは、assholeにも聴こえ、それは
「ちくしょう」とか「くそったれ」とかそういう意味。
コメント

CLEAN SHEETS / DESCENDENTS

2007-12-09 | descendents研究会



いやーこの曲が好きなんす。
DESCENDENTSは名曲ずくしなんですが泣きのメロディーと青春系(童貞系)では最も好きな楽曲の一つです。『CLEAN SHEETS』っていうタイトルもいいですが歌詞のほうも恥ずかしいくらい赤面の青春です。そして映像を見ても分かるとおりぜんぜんもてなさそうなみすぼらしい4人が演奏しているのも素敵で、エモーショナルで声も最高にかっこいいですねー。うーん。87年かー。ギターの人はハードコアというよりハードロック的ですがBill Stevensonのドラムは本当にキてます。今ほど太くはなっていませんが鋭いオーラが全身からにじみでています。ええのー。

Clean sheets mean a lot to a guy who sleeps on the floor
I wanted your love, and a shelf in your dresser drawer
you tucked me in, stopped my tossing and turning
But I turned back the covers and saw those sheets are dirty

(*)
Even though you'll never come clean
you know it's true
Those sheets are dirty
And so are you

The warmth of a bed to a guy who sleeps on the floor
Was enough to perpetuate all the lies I heard before
I want to hold you, I'll hold my pillow instead
Cause my pillow will never lie or be with a stranger in my bed

Where's the love I was looking for
It's out the door
I'm afraid to see you anymore
so it's back on the floor
Cause those sheets are dirty

Woke up this morning alone on the floor
Thinking about those clean sheets and the way it was before
When I looked in the mirror, I saw your face and thought of the past
But now I know how dirty you are, I took my fist and smashed the glass

Those sheets are dirty
Those sheets are dirty
Those sheets are dirty

和訳(大意)

フロアで眠る男にとって真っ白なシーツは大きな意味がある
俺は君に愛されたかったが
君はドレッサーの引き出しの棚に押し込めて 俺の動揺と錯乱を止める
だけど俺はカバーをめくり返してシーツの汚れを見た

(*)
君が二度と純潔に戻れないとしても君はわかっているんだろう
シーツが汚れたように君も汚れてしまったことを

フロアで眠る男にとってベッドの暖かさは
これまでに聴いた全ての嘘を生き永らえさせるのに十分だった
君を抱きしめたいけど変わりに枕を抱くよ
枕は嘘をつかないし見知らぬ他人になったりしないから(そりゃそうだ)


俺が捜してた愛は何処にいってしまったんだ
それはドアの外か
俺は君にこれ以上会うのを怖がってる
フロアに戻ればシーツが汚れているんだから

今朝はフロアで一人で目が覚めた
真っ白なシーツとそれ以前のことを考えながら
鏡を見ると君の顔と回想が蘇る
でも今俺は君が汚れてしまったことを知ってる
だから鏡をぶん殴って粉々にした

シーツが汚れてしまった
コメント