アイデアの商品化って~どうするの!

自分の考えたアイデアが商品になって、市場に出たらどんなに夢が広がるだろうか!アイデアをビジネスにする面白講座です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アイデアの商品化って~どうするの!

 | Weblog
Weblog / 2007-01-11 10:40:51


   アイデアはビジネスになります 
              
           

  
自分の発想からうまれたジャンルを問わない全ての
「気まぐれ発想~アイデア」も、立派な知的財
産であることを認識して下さい。発想の価値観
などは後の課題であり、発想次元での問題では
ありません     

どんな些細なアイデアであってもそのアイデアにどん
な価値が潜んでいるかは、誰にも解りません。
アイデアの情報開示は権利保護を完了してから
するのが懸命です。権利保護が確実にされてい
ないとアイデアが盗まれても、つまり権利主張
の根拠がないと云う事になるのです。


              
アイデアも不動産と同じ価値観で捉えて見ると理解し
易いかも知れません。土地の権利が登記されて
いなけれ、自分の所有物であっても自分の土地
であると主張できないことと同じ認識です。視
点を変えてアイデアの価値を見れば、どんな発
想から生まれた些細なアイデアであっても、市
場に浸透し生活必需品レベルにグレードアップ
すれば、とてつもない大金がアイデアの発案権
利者に舞い込んでくる権利なのです   

ここで大切なことは高度な発明&工業所有権に属す
る特許権等の権利だけを連想しないで下さい。
アイデアの保護は特許権に属する技術判断とは
違いますから、難しく考える必要はありません
。知的財産とは、大きく分けて4分類されてお
ります。
工業所有権~特許権・実用新案権・意匠権
                     ・商標権 
著作権~著作人格権・著作権・著作隣接権 
不正競争防止法~周知表示・著名表示
     ・商品形態の模倣・営業秘密・品質誤認 
その他関連法~ 商号権・種苗法・回路配置権
                  ・氏名権&肖像権
              
    と、なっております。


    
難しいことは専門家や企業の担当部署に任せてお
けばいのであって、大衆発明の分野では、即に
必要なことではないのです    


  
この講座は誰にでもできる簡単な権利確保と権利
のビジネス化方法ですから、特許云々は考える
必要はありません。知識レベルが上がれば、自
然淘汰され知識として定着しますから、焦る必
要はまったくありません。難しく構えないで気
軽な気持ちで学んでください      


   
発想から生まれたアイデアの商品化は、資金リ
スクを覚悟で、自分で実行するのも方法ですが
、リスクゼロでの商品化で最も簡単明瞭な方法
は、そのアイデアを求める企業にアイデアの権
利を売れば良いのです。売ればいいとの文言表
現は安易簡単ですが、どんな良いアイデアでも
闇雲に売り込んでは、企業はまったく取り合っ
てはくれません。
相手にされないばかりではなく、努力して作成
したアイデア資料さえも読んではくれないばか
りか、そのまま未開封で、送り返されるされて
くるのはよくある事例であります                     
           

                      
私の大金GET体験ですが、平成16年5月頃、アイデア
資料送付ルールを守り、礼儀礼節を弁えて送
付したアイデア提案書が、数ヶ月後に「検討
するので来社し説明をせよ」との回答が届い
たのであります。この企業は日本を代表する
一流企業のM社でありましたが、その後採用
決定され、商品化されました。作品の権利譲
度金と毎月のロヤリティコミッションが販売
が続く限り、無期限で払い込まれるのであり
ます。文字通りの大金が私に舞い込んだのは
言うまでもありません。アイデアビジネスは
、基本を学べば超
ビックナな安定収入が得られるビジネス
なのです      

                  
          
               
次回は、企業が相手にしてくれるアイデアの売り込
みノウハウを掲載する予定ですが当プログへの
書込み時期は未定です。アイデアビジネスに関
心と興味がある方は必見です。お暇な時に、ア
イデアビジネス研究会のホームページ

      http://www.hpmix.com/home/energy7005/

を熟読されるのも良いか思います。役立つ資料
を活用してアイデアを商業ベースに乗せ、企業
の活性化に貢献して下さい。貢献イコール大金
GETが保障されているのが、アイデアビジネスの醍
醐味なのであります
      



コメント