恋華(れんか)

恋華のブログ。ストロベリー・パニック&涼宮ハルヒの憂鬱などのアニメを応援してます。

ストロベリー・パニック 第20話「告白」

2006-08-16 13:10:05 | ストロベリー・パニック


第20話「告白」

(概要)
静馬さまの過去を知り、自分との間に、果てしなく広がる溝を感じた渚砂ちゃんは、自らの想いが届かないと絶望する。
静馬さまも、渚砂を傷つけたこと、過去からの立ち直りができなかったことにより、再び心を閉ざしてしまった。
理由は分からないまでも、落ち込む渚砂ちゃんをなんとか元気づけたいと思う、千代、蕾、籠女ら、下級生たち。
皆、笑顔の渚砂が好きだからだ。
千代ちゃんらは、渚砂が元気になるようにと、あれこれ、頑張るが……。



エトワール選が近づき、学校は盛り上がりを見せている。
あちらこちらでエトワール選の噂がされている。
誰がエントリーするのか。
誰にエントリーしてほしいのか。
スピカでは、天音さんと光莉ちゃんの噂も広がりを見せていた。

そんなとき、秋の風は冷たい…


渚砂ちゃん、カラ元気を振りまく。
静馬さまのショックを引きずりながら…
その様子を心配する、玉青ちゃん。
そしてもう一人渚砂ちゃんの異変に気づく。
それは、籠目ちゃん。


一方、静馬さまも心を閉ざてしまう。


渚砂ちゃん、夕食もあまり食べない…
そんないつもと違う渚砂ちゃんに、千代ちゃんたちが気づき始める。


夜、ピアノの前で静馬様との思い出に浸る渚砂ちゃん。

そこに籠目ちゃんが、渚砂ちゃんを心配してやってくる。
「どうしたの?」
「どうして泣いてるの?」
「ずっと泣いてたね。」


泣く崩れてしまう渚砂ちゃん…
玉青ちゃんが、部屋まで渚砂ちゃんを運び休ませる。
みんなは。
「さっきまであんなに元気だったのにどうしたんですか?」
みんな渚砂ちゃんのことが心配。

玉青ちゃんは
「みんなの想いはきっと伝わると思います。」
「今夜のところは…」
といい、みんなを部屋に戻らせる。

翌日、渚砂ちゃんは学校に登校する気持ちになれず休む。
夕方、湖畔で黄昏れる・・・
そして、別荘のキーを投げ捨てようとするが、投げ捨てることができない。

渚砂ちゃんの心は、かなり痛みきってます。


籠目・檸檬・絆奈ちゃんは、どうしたら渚砂ちゃんを元気にできるか千華留さんに相談する。
「美味しいものを作ってあげればいいんじゃない。」
と千華留さんは提案。
籠目ちゃんたち三人は、その提案を蕾ちゃんと千代ちゃんに話す。

「でも…そんな単純なことで…、いくら渚砂さまが食べるのが好きでも…」
千代
「そうですね。渚砂さまはお腹がいっぱいになれば元気になります。」

『渚砂さまならありですね』
渚砂ちゃん、ある意味後輩ちゃんから舐められてますぜ。
でも、渚砂ちゃんのことを良くわかっているということか…


なに作る?
やっぱり甘いものですかね。
ケーキ?
季節感のあるもの。

モンブラン!!
それそれ!!山みたいに大きいの!!

でも、私たちにつくれる?
「・・・」
クッキーですかね…
みんなで、クッキー作りを頑張る!!


夜になっても全く復活しない渚砂ちゃん…
そんな渚砂ちゃんが心配でならない玉青ちゃん。

渚砂ちゃんが、玉青ちゃんに口を開く…
出てきた言葉は…。
渚砂
「私、ミアトルに来なければよかった…」
「ミアトルに来なければ静馬さまに会うことも、こんな気持ちになることもなかったのに…ミアトルに来なければ…」

玉青
「そんなこと言わないでください!」


「ちょっとだけ話を聞いてください。ある女の子の話を・・・」
「数年前にいちご舎に入った1年生のお話しです。」
「その子には、なぜか同室の子がいませんでした…。なかなか同室の女の子は現れません。その子は、早く同室の子が来てくれないかなと、ずっと待っていたんです。きっと毎日が楽しくなるだろうって…。でも、もう一人の子は結局来ませんでした。」
「3年後、ミアトルに編入生が来ていちご舎の同じ部屋になるという知らせが来たのです。」
「そして、その子はやってきました。」
「その子が来てからは、想像していた以上に賑やかな日々でした。それに、その子の周りにはいつも笑顔と明るさがあふれてます。みんな元気を貰って笑顔になれるんです。」


渚砂
「玉青ちゃん・・・」

玉青
「ありがとうございます、なぎさちゃん。あなたが来てくれて本当によかった。」
「だから、ミアトルに来なければよかったなんて言わないでください。」


「なぎさちゃんは、大事な方の笑顔を取り戻せなかったかもしれません。でも、それ以上の笑顔を周りの方にくださったんですよ。」
「元気を出してください。みんなが願ってます。」
「みんな、なぎさちゃんのこと好きなんですよ。」

そこで、玉青ちゃん部屋の扉を開けると…
みんな渚砂ちゃんのことが心配で盗み聞きしていたようです。

「元気出してください!」
「笑ってください!」
「こんなことしかできませんけど…」
「クッキー焼いてきたんです」


「みんなありがとう」
渚砂ちゃん、みんなの思いに元気を取り戻していく。
みんなが焼いてくれたクッキーでお茶会を開催。
みんな、よかったね渚砂ちゃんにみんなの想いが届いて。


「みんな…いいえ、わたしはあなたのことが…好きなんです。」

渚砂ちゃんは、少しずつ元気を取り戻しつつあるが、静馬さまは…
そんな渚砂ちゃんは、最終的に静馬さまと玉青ちゃんのどちらを選ぶのでしょうか?
楽しみですね。


次回
第21話「花のように」




ランキングサイトに参加しました。

押してくれた人に感謝。







コメント   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | ゼロの使い魔 第7話「ルイズ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ストロベリー・パニック」カテゴリの最新記事

26 トラックバック

ストロベリー・パニック 「告白」感想 (ここには全てがあり、おそらく何もない)
【10秒で分かる、今日の『すとろべりー・ぱにっく』】 ダウナー系のエトワール 空元気の渚砂 籠女の活躍指摘編 籠女の活躍クッキー編 玉青の告白はいい話 でもその後寝込み襲撃 ういうい、んでは「ストロベリー・パニック」を見ての感想なんかをたま ...
ストロベリー・パニック 第20話 『告白』 (私の中の宇宙、それはこの世の果て・・・)
ストロベリー・パニック 第20話です^^ 告白 前回分は、DVDで補完しようかな・・・と思いながら 視聴していました。 流れ的には、置いてけぼりにはならずに済みました。 TBを送ってくださった方に、でっかい感
ストロベリー・パニック 第20話 「告白」 (angel notes.)
ここのところワケわかりませんが妙に楽しくなってきてシムーンレベルに期待出来るようになっているストパニなわけですが今回も面白かった。 ショックを受けた女キャラはこういう時9割の確率で空元気という相場ですがや
ストロベリー・パニック 第20話「告白」 (移り気な実況民の日々)
 渚砂が泣いていた頃……玉青は……
ストロベリー・パニック!・第20話 (たこの感想文)
「告白」 深雪が語った静馬と花織の過去。二人の過去を知った渚砂は、その事実、さら
ストロベリー・パニック 第20話 (LUNE BLOG)
玉青ちゃんに、ごきげんよう。
ストロベリーパニック 8月15日付 第20回「告白」 (第23軍日常報告)
ストロベリーパニック8月15日付 第20回「告白」 今回はイチゴ舎に帰ってきて意気消沈どころか、ネヴィリル並に引篭もろうとする渚砂をみんなで慰め、元気付けようとする話だ。 近頃、引篭もりの代名詞がネヴィリルだな。
アニメ ストロベリー パニック (アーリオオーリオ ドゥーエ)
「告白」 メソメソ、ウジウジ。 こんなのナギサちゃんじゃないですわ。 静馬に弄ばれる形となったナギサ。 結局、野望は失敗に終わり。 静馬とナギサは絶縁状態に。 タマオ「シロウトめ!間合いが近いわ!」
ストロベリー・パニック 渚沙を元気づける話 (TAKUWY BLOG)
Strawberry Panic!ストロベリー・パニック!(通常版) 特典 三校合同入学案内(画集)付き
Strawberry Panic ストロベリー・パニック 第20話 『告白』 感想とか (りせっとはかく語りき)
玉青ちゃんいったー!! 寝ている渚砂に告白しながら唇を奪いやがった!! でもあくまで寝ている相手にってのが玉青ちゃんらしくもあり、切なくもあるなぁ、、、 次回以降もやはり渚砂×静馬サマはガチみたいなんで、玉青
【アニメ】 ストロベリー・パニック 第20話 「告白」 (JOCH-AM アニゲ日記)
【ハイライト】 OP→だから処女じゃいられない♪→渚砂ハイテンション→玉青センサー発動 →強引に湖へ→夕食残す→エロワールの噂→痴呆→クマー少女→ →私、泣いてるの?→CM →欠席→温暖化と蜜蜂→会議→それを捨て
ストロベリー・パニック 第20話「告白」 (GirlsLove Blog)
深雪が渚砂に静馬の過去の話をした次の日。渚砂は朝から元気いっぱいに振舞います。それを見た蕾などの下級生たちは、渚砂様はいつも元気だね、という感じで笑い合いますが、玉青はやはり心配です。 一方、静馬も元気が無いようです。授業にも出ず、花織との思い ...
ストロベリーパニック 第二十話「告白」 (隠れヲタク的日々日常)
後輩ズがかわいかったww 慕われる先輩っていいね(´ー`) しかし渚砂の認識って・・・(^∀^;) 食いしん坊キャラ? 感想↓
「ストロベリー・パニック」#20 告白 (今どきアニメ♪)
= 静馬さまと接しない日常 = 今となってしまうと何か違和感を持ってしまいますね、19話もあると洗脳されるw ---- 玉青視点から学園ではそろそろエトワール選で盛り上がってきています。 そして六条さんが渚砂に過去を打ち明けているところを聞いてしまいま ...
ストロベリー・パニック第20話「告白」 (パプリカのアニメ鑑賞よた話)
ストロベリー・パニック公式サイト アニメ・パプリカ 初めて籠女を見た、傘事件のときは、かなりヤバイ奴だと思っていたけど、その後、お笑い担当などでの登場辞に徐々にその能力を発揮。 今回、お笑いではなく、その力を使うことができました。 静馬の ...
ストロベリー・パニック 第20話 (パズライズ日記)
今回は渚砂がショックで塞ぎ込んでしまうお話でした。 静馬は渚砂以上に酷い状態で、2年前の話はお互いを悲しませただけ。 でもそんな渚砂を元気付けようとする下級生達の奮闘ぶりは、微笑ましかったです。 いよいよエトワール選が目前で、あたりはその噂で ...
下級生チーム、最後の晴れ舞台!? (YAMA’s Blog)
残り話数からするに、そんな雰囲気がプンプン。 蕾だけは、もう一花咲かせてくれそうですが…。 花織の一件の翌日、妙にテンションの高い渚砂。 「渚砂様から元気を取ったら、何も残らないわ!」 などと、蕾から無礼な事を言われる始末です。 しかし、玉青と ...
(アニメ感想) ストロベリー・パニック 第20話 「告白」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
ストロベリー・パニック Special Limited Box 4 初回限定版 木の葉舞い散るこの季節、エトワール戦が近づき学園内はこの話題で持ちきりです。しかし、秋の風はこんなにも厳しく冷たい・・・。深雪から、もう一人のエトワールについての真実を聞かされた渚砂、表 ...
(アニメ感想) ストロベリー・パニック 第20話 「告白」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
ストロベリー・パニック Special Limited Box 4 初回限定版 木の葉舞い散るこの季節、エトワール戦が近づき学園内はこの話題で持ちきりです。しかし、秋の風はこんなにも厳しく冷たい・・・。深雪から、もう一人のエトワールについての真実を聞かされた渚砂、表 ...
『ストロベリー・パニック』第20話 (球根栽培法)
 あれから数日、“渚砂”はつとめて元気に振る舞うことで周りに迷惑をかけまいとしてきたが、下級生の“白檀籠女”にそのことを指摘され、堰を切ったように涙が溢れてきてしまう。うってかわって鬱状態に陥ってしまった“渚砂”を助けようと、下級生の面々は学校 ...
ストロベリー・パニック 。。。。 第20話 告白 。。。。 意味深なタイトルですから それなりの内容を想像したのですが 渚砂ちゃんのル (幻影現実 私的工廠 ブログ)
お茶会のシーンは 外せないと思っていましたが、立ち直りの演出に使いましたか。 なるほど、なるほど。。。。 篭女ちゃん ぼーっとしているようで なかなか鋭いです。 普段 ぼーっとしているだけに 他の人には 気づけないところを 感じるのかも。 ご意見番 ...
ストロベリー・パニック 第20話「告白」 (明善的な見方)
玉青ちゃんが可愛いすぎる!!! ぶっちゃけ、玉青がエトワールでよくねぇ?
ストロベリー・パニック 追記18 (Geallza’s Power)
= 第20話 「告白」 = '''渚砂&玉青の話も、最近重いのが多くなってきました・・・''' (この時間帯の更新は久し振り(笑)) [[attached(1)]] あいさつをしながら、皆の間をさっそうと駆けていく渚砂。 「渚砂お姉さま、朝か ...
ストロベリー・パニック 第20話「告白」 (AGAS~アーガス~)
脚本:ふでやすかずゆき 絵コンテ/演出:しのだよしの 作画監督:加納みずほ やっぱエトワールが前に出てこないと、話が暗くならず面白いですよね。 静馬がヒッキーになってたのはワラタ。 まー花織の死に対して、今までヒッキーにならなかったのが不思議 ...
ストロベリー・パニック 第20話 『告白』 (天青石 ~Celestine~)
皆で傷付いてる渚砂を励ますお話。 渚砂はまだエトワールショックから 抜け出てません。 篭女ちゃんは 元気ぶってる渚砂の心が実は泣いてるのに 気がつく鋭い子みたい。 さすがにぬいぐるみとお話できるだけあるな。 困った時の千華留様頼り。 美味 ...
ストロベリー・パニック第20話「告白」 (アニメのせまくてあさい森)
 ストロベリー・パニック strawberrypanic■今回は鬱回でしたがなかなか印象に残る回でした。何が印象に残ったかというと玉青のシャワーシーンですが。■それにしても玉青といい夜々といい、百合の失恋は重いですね。男が振られる姿とか女が振られる姿とか、そう ...