Plumの思い出日記

愛馬クォーターホースのsweetplumと一緒に過ごした16年間の思い出&希少癌と難病患者の独り言

DUBAI WC

2011年03月27日 11時12分04秒 | お馬のこと

ドバイWCで史上初の“日本馬ワンツー”、ヴィクトワールピサが優勝。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1548547&media_id=84

まさか、日本馬のワン・ツーフィニッシュとは、信じられませんな。
惜しむらくはブエナビスタが8着という惨敗だったこと。
ブエナビスタは最初から最後方での競馬だったけど、
2着のトランセンドは果敢にハナを奪い
ヴィクトワールピサは最初ブエナと変わらない位置取りだったけど
途中で外に出して積極的に押し上げ2番手に付けていった。
4コーナーを周ってからの追い上げも2頭の熾烈な争いだった。

賞金が最高の5億円だっけ?
その半分くらいは被災した牧場に寄付してくれたなら・・・・・。
競走馬のオーナーなんて元々お金持ちなんだし、全額とまでは言わないから。
なんて、無理だろうなー。どうせ。
だってさ金持ちほどケチだから。

コメント (4)

馬伝染性貧血

2011年03月19日 14時32分02秒 | お馬のこと

宮崎のJRA育成牧場で1頭の感染が確認され殺処分されたそうだ。

いくつかのニュースを見てわかったけど、感染源は一体どこから来るのかと思ったら

殺処分された3歳の乗用馬というのが昨年寄贈された岬馬なんだって。

岬馬は在来種の一種で都井岬にいる半野生馬のことで天然記念物に指定されている。

とすると、都井岬の野生馬の中にも伝貧にかかっている馬もいるんじゃないの?

って心配になるけど、この寄贈された馬は野生の馬じゃなかったのか?

 

伝貧で思い出すのは、クモワカーワカクモーテンポイントのこと。

この時代の検査はいいかげんだったのか誤診であることが裁判で明らかになったけど

誤診にもかかわらず殺処分になった馬もいるんだろうなぁ。

どんな病気なのか調べたら・・・

感染馬の多くは7~21日間の潜伏期の後、41~42℃の高熱を発する。

臨床症状により、高熱が数日~10間持続し約80%が死亡する急性型

発熱の繰り返しにより死亡する亜急性型

繰り返される発熱が徐々に軽度となり健康馬と見分けがつかなくなる慢性型に分類される。

とあった。

慢性型の馬が感染源になって広まってしまうことがあるんだろうな。

だから昔は毎年検査を義務付けられていたけど、長年発生がなかったからなのか

自治体によっては3年とか5年とかに一度でよくなっているようだ。

 

コメント (4)

生き残った馬達

2011年03月15日 20時39分23秒 | お馬のこと

東日本大地震で津波被害にあった大手乗馬クラブの馬が生き残っていた。

冠水した地域の少し高い土地に集まっているようすが毎日新聞の写真特集に載っていた。

URLは http://mainichi.jp/select/jiken/graph/20110312/64.html

30頭近くが助かったそうで、各地からスタッフが救出に向ったようだ。

フジTVのニュースでも流木に後肢を挟まれて動けない馬がスタッフに救出された映像が流れたそうだ。

運がよかったよね。2~300人もの遺体が発見された地域なのに。

海岸沿いのクラブは跡形もなく津波にさらわれてしまったから、この生き残った馬達は

曳き馬で20kmほど離れた系列の事業所まで移すらしい。

20kmも30頭近く居る馬を曳いていくんだよ。何時間かかるの?

曳いていくより、乗って行った方が早くね?一頭に乗って2頭を曳いていけば一人で3頭移動できるよ。

カウボーイだったら簡単にできるんだろうけどねー。

 

コメント (4)

5年とひと月か。

2011年03月06日 22時34分36秒 | 愛馬

昨日はとってもお天気がよくて気持ちのいい日だったけど、

今日は朝だけでどんどん雲が広がってしまった。

それに連れているように体調が悪化していったので3時頃から横になると

夕方まで眠ってしまった。起きても頭が重くて動きたくない気分。

今は頭痛薬を飲んだもののよろしくはない状態。

でも、6日だからやっぱり日記は書いておきたい。

 

一昨年の事故で買い換えた車はそれまでのCAMIとはタイヤの大きさが違う為

スタッドレスタイヤが使えなくなり家の押入れに保管していた。

でも、余裕がなくなってきたので処分しようと思ってヤフオクに出品した。

あぁ、Plumが亡くなった後はひたすら馬着とかキュロットなんかをいっぱい出品してたなぁ。

何かをしていないと落ち込むだけで滅入ってしまうから、とにかく馬具の整理をして

気を紛らわせてたんだなぁ。そのときはそんな風には思っていなかったけど。

いっぱいあった馬着は譲ったり出品したりして、今は真冬用の2枚を残すのみとなった。

これは手放すつもりはなくてずっと置いておくのだ。フトン圧縮袋に入れてある。

出品した記録だけは残っているけど、どんな画像を載せてあったのかもわからない。

タイトルだけであれかー、それかーと思い出す。

中には未使用ものもあったっけ。NZのサジタリアスで買ったなぁ。

この網馬着はシャワーカーテンをレインコートにした裏地に

縫いつけたのをまた解体して出品したら、買ったときと同じくらいの値段まで上がって

中古なのにって、びっくりしたなぁ。

Plumを暖めてくれた馬着たちは今でも誰かの愛馬を暖めているんだな。

コメント (2)

ようつべに

2011年03月05日 22時31分21秒 | 愛馬

すっかり嵌っちゃってるなぁ。

はーとらんど物語のドラマのyoutube動画検索したらmxiのコミュに紹介されていた

フランス語版(吹き替えだった)だけじゃなくて、元の英語版もあった。

これはいいやとずっと検索を続けて観ていると、なんとなくストーリーがわかった。

かなり、原作とはかけ離れてるよ。やっぱりテレビ仕様になってるな。

第一話の録画を観て思ったけど、設定そのものも違っていたのがタイ。

マリオンが亡くなってからハートランドにやってきて、おまけに保護観察中の身ときたよ。

獣医のスコットもマリオンが居なければ今頃は刑務所か死体だなんて台詞があるし

ベンの愛馬レッドも疝痛起こしたりしないし、シュガーフットも衰弱してないし

スーの恋人カールが来て求婚するくだりも全然違ってるし。

それと、いつもエイミーと一緒に居る背の低い金髪少女は誰なんだ?

親友ソラヤも第一話のときと女優さんが変わっているし、なんなの~?

ってか、ひとつ気になるこのソラヤ役の女優さん。代わってからの方ね。

やっぱりカナダ制作のポニークラブのドラマがあったんだけど、11歳位の少女達の物語。

これに出ていた少女の一人とよく似ているけど、別人かなぁ

ちなみに野生馬が出てくるこの回も途中まで観ただけだけど面白そう

大体一本9分程度になっていて5回に分けて投稿されているよ。

born to run part1

 

コメント