Plumの思い出日記

愛馬クォーターホースのsweetplumと一緒に過ごした16年間の思い出&希少癌と難病患者の独り言

六一〇ハップが

2008年11月30日 21時21分29秒 | Weblog

六一〇ハップが生産中止に追い込まれてしまったとか。
馬の皮膚病の治療なんかによく使っていたのに。困る人が多いんでないかい?
http://<WBR>www.ni<WBR>kkansp<WBR>orts.c<WBR>om/gen<WBR>eral/n<WBR>ews/p-<WBR>gn-tp0<WBR>-20081<WBR>126-43<WBR>3539.h<WBR>tml

自殺者が使ったから日本ドラッグストアー協会が加盟店に販売自粛を要請したそうだが、要請解除の通達も徹底されず買いに来た客に会社が倒産したとか製品がなくなったなんて言っていた店まであったとか。

これは誰の責任なんだろう?
勿論自殺願望者にいい加減な知恵を与えた奴が筆頭だが、他人を巻添えにして自殺を図る浅はかな自己中な奴らもだし、安易に販売自粛なんか要請しておきながら解除通告もろくにしないドラッグストア協会もだ。

世の中に危ないものなんていくらでも売っているだろ?

包丁やら鋸、鎌、チェーンソーや金槌だって本来の使用用途以外なら凶器になるが、犯罪に使われても誰も販売自粛なんかしないだろ?

こんにゃくゼリーにしても他に喉に詰まらせる食べ物として、餅やご飯やらを詰らせて死亡する例の方が圧倒的に多いというのに、こんにゃくゼリーだけが危険だと云われたのも同じだ。

全く・・・・。日本ってあほな国なんやなーとつくづく情けなくなった。

武藤鉦製薬は六一〇ハップしか生産販売していないというのに。80年もの歴史があった製品なのに。

カスタマーサポートの為に暫らくは業務を継続するけど、その後会社自体の業務を終了するらしいから、必要な人は今のうちに武藤鉦製薬に連絡した方がいいね。

コメント (2)

小春日和の思い出

2008年11月29日 12時21分35秒 | 愛馬

今日は穏やかに晴れて暖かい、小春日和ってやつだな。

こんな日はM乗馬クラブに居た頃なら走路にplumを放牧してやったものだ。周囲200mほどの走路は殆ど使われることもなく草が生い茂っていた。ここからはクラブは見えず、馬場の端っこがわずかにちらりと見える程度だったから、淋しがり屋の馬は放牧なんてとんでもないことだったが、plumはいたって平気で草を食べるのに夢中になっていた。とくに走路の真ん中は砂もなく草地だったから、暫らく様子を見てクラブへ戻り、一時間位後で様子を見に行ったらまだ夢中で草を食べているなんてこともよくあった。

でも、たまに早くお家へ連れて帰ってよ~と訴えてくる時もあったっけな。こんなふうにね。

この時は走路周囲の草刈りをして、鎌とバケツを先に置いてからplumを曳いて帰ろうと思っていたのに、珍しくplumが啼いて訴えてたんだな。殆ど啼かない馬だったのに珍しいことだったから、左手に持ったバケツに鎌を入れ右手で曳き綱を持って連れ帰ったけど、足取りの軽やかだったこと

あと、走路のそばに高圧電線の鉄塔を建てることになって、工事関係者が沢山作業をしていた時、先に放牧していたplumがおじさん達にビビったのか帰りたいしぐさをみせていた。

連れて行くのは用事を済ませてからにしようとその場をちょっと離れ、迎えに行ったら工事のおじさんが「いくらなだめても駄目だった」と言っていた。珍しく私を呼んでいたらしい。

知らないおじさん達がいて余程不安だったんだね。ごめんよ~でも、私を呼んでいたことを聞いて嬉しかったな~

11月26日はplumを自馬にした記念日だった。会社から電話してちゃんと運ばれてきたことを確認して、帰りにクラブに寄ってplumを見て、改めて可愛いと思った。もう、18年も経ったんだな。あの日から15年余りを一緒に過ごしていたのか。もっと、もっと、一緒に居たかったな~。

 

コメント (4)

馬着って・・・

2008年11月22日 20時20分20秒 | 愛馬
plumは殆ど冬は馬着を着せていた。それが当たり前だと思っていたから。
貸し馬屋にいたときはみんな着せていなかったから、plumも着せずに二冬を過ごした。冬毛が伸びでふかふかで気持ちよかった。海が近いところだったから北風が強くて寒くても、風邪もひかず元気に過ごしていたよ。
でも、次のクラブに移ると馬着は必需品だったから、やっぱり周囲に合わせて着せるようになった。それに、ここに来て初めて毛刈りもした。乾きやすい=手入れが楽だからって人間の都合なだけで、馬にとっちゃ迷惑この上なかっただろうな。

山梨へ夏休みの避暑に行ったときに、隣の厩舎に入ったあるクラブの馬達は、夏だというのに馬着着せていた。いくら天気が悪くて気温が低めとはいえ、夏に着せてるなんて信じられなかった。
スタッフの情報によると、そのクラブの馬達はひ弱なんだとか。大事にし過ぎでしょ。

大体人間と馬が快適だと思う気温には10度くらいの差があるらしい。だから寒くなると馬はみんな元気になるのか。冬の気温が馬にとっては人間の感じる秋頃の気温ってことか?
毛刈りされた馬は自前のコートを剥がされてるから厚い馬着を着せてやる必要があるけど、刈っていないのに着せるのはありがた迷惑なのかも?

むかーしの話だけど、吹きさらしの厩舎で背中に雪を積もらせた馬に(毛は刈ってない)馬着も着せずにいるのをみたときは「馬着あるんやったら着せてやってよむかっ(怒り)」って全頭に着せてまわったっけかな。

馬着も昔は裏がボアで抜けた毛がついて重くなるし、洗いにくいし大変だったもんだけど、軽くて暖かいものが普通になってきたなー。
特に、RAMBO馬着は高いけど優れモンだと思うな。あれは暖かい。馬房内でブラシ掛けるときに脱がすと寒いだろうから、お腹の帯を外して裾をめくって自分も中に入ってやったことがあった。その時こんなに暖かいんだ~って驚いたね

ムテキに買って送ったRAMBO馬着、今年は着せてくれるかな?
コメント (2)

調教すると・・・

2008年11月19日 00時05分23秒 | 愛馬

毎日楽しみに読んでいるblogがある。

mixiのコミュに「庭で馬を飼う」というのがあって、最近信州の方で自宅に厩舎を建て愛馬を引き取った方が自分のblodを紹介されていた。で、早速覗きにいったら、その方のblogに北海道で馬を飼っているという方からのコメントが載っていた。

リンクしてあったので訪問してみると、牛舎の一部で3頭の馬を飼っていて、毎日牛たちと一緒に放牧して畑のわき道で騎乗しているという。未調教の馬を買ってきて自分で鞍付けから調教しているのだ。米国のカウボーイのように馬に乗って牛を追い込んだり、正にカウガール!凄い人だね。

新馬調教もすごいけど、昨日の記事は馬装を解いてそのまま馬を待機させているというのにまた驚いた。

西部劇の馬達は手綱を垂らしておくだけでその場から動かずにじっと主の戻るまで待機しているわけだけど、どうやってそんな風にしつけられるんだろう??

犬の躾さえろくにできない私には到底真似できないな。

http://plaza.rakuten.co.jp/stockhorse/diary/

コメント (2)

ムテキの窮状?

2008年11月17日 00時20分13秒 | 愛馬

ヤエノムテキの掲示板で、今ヤエノムテキが厳しい選択を迫られているという非常に気になるコメントが載っていた。

http://yaenomuteki.bbs.fc2.com/

既に種付けもここ3年間はないし、日高SSでずっと暮らしていけないことになるんだろうか?ん~~~。気になる。

 

 

 

コメント