コッツウォルズの空の下 スウェーデン報「まあ、見てね」

イギリスとスウェーデンの日常を画像で送ります。
スウェーデン情報は、かなり過去のログを開いてくださいね。

イーストなしのパン

2008-11-30 17:29:09 | 食べ物

自然食派の知人が、イーストを使わないパンというのを教えてくれました。
イーストを使うと発酵、つまり腐らせるのであまり良くない・・・らしい。
ただこの製法の大変なことは
前回作ったドー(焼く前のどろどろの材料)の一部をとっておいて
次に作るときに混ぜる。
イーストと同じような役割をする菌が死なないうちに
次々と作り続けなければならないというわけ。

しかも、硬くておいしくない。
とういわけで、
私は、一回で、菌をあえて死なせてしまいました。

だって、前に作ったパンを家族のだれもよろこんでくれなかったんだもん。
コメント

残った教会

2008-11-26 18:46:11 | 観光

喜怒哀楽関連画像。
喜怒哀楽を読んでいただくとわかるようにゴットランドは教会と
教会の廃屋の町。
これは、残った教会です。

ハンザ都市なのですが、
商人たちの宗教心ってすごいなと思います。

やはり商売を成功させるには
実力以外のものに頼らなきゃいけないのかしら???
コメント

りんご鑑定士

2008-11-25 19:23:34 | 

喜怒哀楽関連画像。
ゴットランドでは、りんご鑑定士を見ました。
お客さんが持ってくる林檎の種類を説明したり、
育て方を教えたり・・・
そんな人がいるのもすごいと思いましたが、
引きも切らずにやってくるお客さん・・・
なんなの。この高関心度!!
コメント

犬のサロン

2008-11-20 19:26:05 | 生活

喜怒哀楽関連画像。
ゴッドランド島に渡る船の中には
ペット同伴用のキャビンがあります。
さすが、ヨーロッパ。


わたしは、子どもたち以外に飼っている動物はいませんが
こっそり、動物同伴キャビンをのぞきに行っていました。
見てください。
この犬の堂々とシートの上に寝ている姿。
コメント

タールの壁

2008-11-19 23:42:11 | 生活

喜怒哀楽関連画像。
ゴッドランド島の家は、家を長持ちさせるために
タールで外壁を塗っています。
拡大して撮影するとこんな感じ。

この色が、町の統一感をかもしだしています。

ところでタールって発がん物質じゃなかったっけ???
コメント

ゴッドランドのあさもや

2008-11-19 03:39:57 | 観光

喜怒哀楽関連画像。
喜怒哀楽を読んでもらうとわかるのだが、
とんでもない時間についてフェリー(一日一便のくせに)のために
こんな美しい風景を見ることができました。

サイコー・・・って、負け惜しみ??
コメント

ゴットランドの町

2008-11-16 23:39:24 | 観光

喜怒哀楽関連画像。
ゴットランド島は、スウェーデンに行ったらぜひ寄っていただきたい。
中世の雰囲気が残った素敵な島だ。

ただ、ちょっと不便なので、駆け足旅行の人には無理かも。
これは、丘の上から町並みをみたところ。

良さが伝わるかなあ。
コメント (2)

氷河期の崖

2008-11-12 00:07:46 | 風景

氷河期の崖。

鋭角な感じがいかにも氷で削られたみたいに見えますね。
コメント

アッカ

2008-11-07 07:18:05 | 風景

なんのことはない、雁です。
スウェーデンの古典的名作「ニルスの不思議な旅」で
ニルスを乗せて飛ぶメス雁のなまえが
アッカなので、こんなタイトルにしてみました。

雁の群れは、先頭の一羽から三角形の編隊を組んで飛びますが、
横から見ると平たい編隊ではなく
少しずつ、後ろの雁が上を飛ぶ立体的な編隊なのだそうです。

そうすると、前の雁の気流で後ろの雁は省エネ飛行ができる。
だから、辛いのは先頭の雁。そこで、疲れると、後ろに下がって、
交代しながら飛ぶのだそうです。

自分が飛んでいる(生きている)だけで、
他の人の役に立っているんですね。


コメント

バイキングの帽子

2008-11-05 09:46:48 | グッズ

バイキングというとすぐにイメージするのが
角が付いた帽子(兜?)
と髭面。

お土産物屋さんに売っていました。
昔の武将って、髭面が多いけど、
あれは威嚇?
それとも、防御?

生活には不便だと思うんだけど。
でも、ファッションって、手間のかかるものだからね・・・

コメント