NPO法人シニアSOHO普及サロン・三鷹 代表理事ブログ

NPO法人シニアSOHO普及サロン・三鷹 代表理事久保のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【子ども大学かわごえ】 わくわくする子どもとプロの先生♪

2014年02月23日 11時28分13秒 | 日記
NPOの代表をして丸10年(副代表の1年を加えて)
新しい企画を考えていても、新しい企画を実践しようとしても
なかなか ”心のわくわく感 ”はなかった。

昨日(2014年2月22日)朝からドキドキわくわくしていたわけで。
出かけた先は、川越市にある東京国際大学の某教室。



近づくにつれて、”心のわくわく感”は、はんぱではなく
久しぶりに高揚感と期待感でいっぱいになったのです。

【子ども大学かわごえ】

東京国際大学・東洋大学・尚美大学 川越に拠点のある3大学が協力をして
教授陣の講義を、小学校4年生から6年生までの子ども達に提供しているのです。

運営は、NPO法人子ども大学かわごえ が行っています。

理事長の酒井さんは元商社マン。
ドイツで行われていたこの方式を是非日本に!との思いで導入され、5年間が経ちました。
メールを送らせて頂き、昨日、初めてお会いしました。
白髪の柔和なお顔の素敵なアクティブシニアでした。

学長は 東京国際大学副学長さんです。
川越のお寺さん(由緒あるお寺さんのご住職でお庭で縁日なども開催されている処です)
大学の先生、元教育委員長さんから、元校長先生までが理事になっておられます。

更に凄いのは、特別理事さんが
的川 泰宣さん(JAXA名誉教授)
子ども達は極々普通に、JAXAの話を聞いているのです。

・必ず保護者と同伴で来ること。
・受付などの運営は子ども達がすること。
  (会員証にはバーコードが組み込んでありました)
・子どもを【学生】と呼び、子ども扱いをしないこと。
などなど細かいルールがあるのも事実。

昨日は、大津由紀雄教授(慶應義塾大学名誉教授 明海大学教授)の講義。
~おもしろさとふしぎなことばの魅力~

小学生だからと言って何も気負うことなく、難しい言葉も使い
淡々を講義を進めておられる。



後半は、あいまい図(味方によって、娘さんが見えたりお祖母さんが見えたりする図)から始まり
いくつものことばのつなげ方に進む。

皆さんにも少しご提供

(1) ぼくと  手を  つないでいる  ポチ    ミケ
    (この6単語をつなぐと幾く通りの文章が出来ますか? 絵に描いてみるとよくわかります)

(2) 「時計 持っていますか?」
     道で聞かれた男の人が答えます  
        ◎今、3時ですよ。
        ×はい、持っていますよ。
    
     では、「はい、持っていますよ」と答えて正解の状況はどんな時?
 
◆最後に究極なる質問を子ども達に!
    おんせん  まんじゅう  「おんせん」という言葉が前。
     では、順序を変えてみましょう。

    まんじゅう  おんせん  「まんじゅう」という言葉が前。

    どんなことが考えられますか、どんな絵になりますか、
    絵(画用紙)に書いてみましょう!

    子ども達の発想の面白さ、絵に描いてみること、
    大津教授がひとりひとりを見てまわること。

 

    最後に書いた絵に、教授が見てサインとコメントを入れてあげていること。

 

今日参加されたご家族の夜の団欒で、きっとこんな会話がされていることでしょう。
「お父さん、まんじゅうおんせん って聞いてどんなこと考える?」とかね。

寒い雪の残るキャンパスを、わくわくした暖かい気持ちで後にしました。
酒井理事長さんが心を込めて作り上げ、継続をされている「子ども大学かわごえ」
酒井理事長さんから、新しく作る時には、応援するからね!
暖かくも励ましのお言葉を頂戴しました。

1年以内に、みたかに創ろうと決めました。応援してください♪
  
◆ 子ども大学みたか ◆  

The Children's Univercity of Mitaka

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 祝!市民協働センター10周年 | トップ | (独)福祉医療機構2013年度事... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事