NPO法人シニアSOHO普及サロン・三鷹 代表理事ブログ

NPO法人シニアSOHO普及サロン・三鷹 代表理事久保のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高齢者が語る・・・残さなければならないもの

2014年01月19日 11時26分49秒 | 日記
今、シニアSOHOでは、(独)福祉医療機構の仕事(公募事業)を行っている。

(1)「ききがきさん」「おはなしさん」をつくろう

市民(主に高齢者)が語りたいお話を自由に話して頂き、それをききがきさんと称する人が丁寧に聞き、最終的には文書に残す。
始めて出会った人同士が、お互いを知り、お互いの話に時間を共有する。

これには、松本すみこさんが主宰をしている、「NPOシニアわーくすRyoma21」の「ききがきすと」という手法を講習で勉強させて頂いた。

これは凄い! とにかく凄い!
三鷹の市民の知識のレベルの高さ、経験知の高さに、主催者である私達の方が驚きを隠せなかった。また、お話をしてみたいという希望者が多いことにも驚きを隠せない。

戦争の体験、どう生き抜いて来たか、多くの職場の体験談、はたまた素粒子理論の話、世界を股にかけて活躍をされた料理人の方の話、簡単に出来るジャムの作り方、等など上げればきりがない。
語りたいのです! 聞いていかねばならないのです!

【残していかねばならない】【伝えていかねばならない】 強い思いで心が溢れる。

(2)市民講師をつくろう

お話を伺っていると、「市民講師」が出来る人が沢山おられることが分かった。
最初は座学で顔会わせをして、次には個人対個人で、聞きたいことを聞く。
自分が満足出来れば、それは【良い講座】【満足出来る講座】となる。

iPadを使っている。別にAppleの廻し者ではないけれど、画面が綺麗で速度も速い。
持ち歩きが自由で操作もまあ~簡単。

高齢者にはとても良いICTツールであろう。

◆高齢者をターゲットにした事業は山ほどあるし、これからも山ほど出て来るだろう。
シニアSOHOは、地道にそれでも、
【ビジネス】【元気な高齢者を探しだす】【自立】を合言葉に前に進んでいく、
リスクを恐れず、失敗を恐れずに♪

まあ~これで15年頑張っているから良いでしょう。
さして失うものもないしね(笑)


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2014年をどんな年にする... | トップ | シニアがシニアに教える講座 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事