TS station

主にジャニーズのことについて書いております。目指せ!毎日更新!コメント大歓迎~。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どの秋??

2009-09-30 23:42:50 | Weblog
《読書の秋》《芸術の秋》《食欲の秋》・・・


秋にはさまざまありますが、皆様いかがお過ごしですか??


私は只今《読書の秋》でございます(//∀//)


友人から借りている『ROMES』にハマりそう(*/ω\*)

10月から大倉さんとヤス君がやるドラマの原作で「おもしろいよ~」と言われて読んだら・・・。

読み出したら面白くなってしまいました。

通勤のお供にしているのですが、最寄りの駅に着いてしまうのが惜しく思うほど、ハマってます(´Д`)


『少年時代』も珍しく読破したし、なんだか最近【本】が読めるようになったのは年齢のせいかしら(笑)


それとも原作だから、読めるのかしら(笑)


前は絶対に活字がダメな人間だったのに・・・。


ちなみに、この『ROMES』を読破したら次はちょっとレベルアップして『人間失格』に挑戦しようと思ってます!!


そんな《読書の秋》です。


しかーし!!


明日から10月♪♪


坂本さん主演ミュージカル『ALL SHOOK UP』が始まれば、私は《芸術の秋》になりま~す゜+。(*′∇`)。+゜




そー言えば、本日山下君ソロコンの案内のハガキが来てました。

Σ( ̄□ ̄;)
なぜ、ハガキがピンク!?

と、若干突っ込みたくなりました(笑)
コメント

DREAM BOYS 27日(夜)

2009-09-27 23:21:32 | Weblog
私にとって最初で最後ドリボで~す゜+。(*′∇`)。+゜

本日2階席での観劇でした。

開演前のピエロ。
ちゃんと1人のピエロが2階席にまで来て、チラシ配ってました。

2階にまでピエロが来てくれるなんて凄い(οдО;)


気になったポイントだけ報告でーす↓↓

【1幕】

●橋のシーン

船に乗って、ユウヤが登場。

めちゃくちゃ片言日本語でしゃべり出すユウヤ。
中国人っぽい感じ。

最初は、気付かぬ振りをするカズヤ。

次第にカズヤも片言の日本語で話始める。

ユウヤなんて水であろう部分を普通に歩いて、橋の上に登って来て「そこは、歩いたらおかしいだろ」とカズヤに注意されてました(笑)

カズヤ「ここ長くなったら、後がキツいんだよ」

と、言うも片言トークの爆走は結構続きました。

そして、客席を見て・・・

カズヤ「今日は何かいつもと違うんだよ。男の人がいるんだよ」

と、紹介されたのは聖君。

カズヤ「その隣が空いてますが、安田君がいるはずだったんですが」

Σ( ̄□ ̄;)ヤス君、まさかの遅刻!?

そんな時にヤスが来たらしく・・・。

カズヤ「もうとっくに始まってるよ。遅刻だよ。」

どうやら、N○Kで遅れたそうです。

カズヤ「せっかくライト当たってるんだから、立ちなよ」

て、言ってくれたけど2階後列の私からは姿を確認することは出来ませんでした(_´Д`)ノ~~

しかも、あまりの片言トークがはずみ、マコトさんが完璧待ちぼうけ。

やっと、マコトさんがきっかけの台詞を言おうと入ってきたけど、笑ってしまい・・・いちど後ろに下がり気を取り直して、次へと進めました。


●ベンチのシーン

ギターを弾いているところに、ナオキと少年が来るところ。

今回のナオキ役は今野君なんですねー。

かなりカズヤは、ちびっ子3人に振り回されてました(^O^)/

ちびっ子3人のうちの1人はヨシノ君と言う子みたいです。

カズヤはヨシノ君に向かって「なんでお前はそんなに肌が白いんだ。どんな化粧品使ってんだ。」と問い詰める場面も。

確かに色白の子でした。
そしてついにはカズヤに《ホワイティ》て呼ばれてました。

ヨシノ君が台詞を言うと・・・

カズヤ「ヨシノ!お前、これでいいのか!?今日が最後なんだろ?もっとはっちゃけなくていいのか!」

ヨシノ君は今日が最後のドリボ出演日だったみたいですね。

そして、ちびっ子3人のもう1人はクリタ君と言う子みたいです。

ひょんなことから、ナオキ役の今野君が「クリタ」と名前を呼ぶと・・・。

カズヤ「クリタって言うのか!?」
今山君「今、知ったの?」
カズヤ「だって、少年Bって書いてあるんだもん」


かなり自由に言いたい放題、やりたい放題の3人に

カズヤ「さっきから、袖でスタッフが時計をチラチラみてるけど大丈夫?」

と、いう場面も(笑)


【SHOW TIME】


●『ミソスープ』の時。

手越君が歌ってるよこから、余計な言葉を投げ掛けるすばる君とカメ。

途中からカメとすばる君が歌う時になったら、今度は手越君がまずはすばる君の脇腹を触り、笑ってしまうすばる君。
次にカメの脇腹もお触り。

なんとも、グダグダな『ミソスープ』でした(笑)


●『ズッコケ男道』の時。

すばる君が「ワン・ツー」とカウントを言うと、横から塚ちゃんが登場。
すばる君が持っていたマイクを取り上げ、塚ちゃんのワンマンショーと化してました(´∀`)

最後は、マイク片手にバグ宙はさすがです。

「よし!」と決めて、マイクをすばる君に戻す塚ちゃん。

すばる「全然“よし!”じゃないから」


【挨拶】

●カメ1人の挨拶の時は、ちょっとグダグダでした。
●手越君の挨拶は、途中までちゃんと挨拶してたと思いきや、最後の最後でまた中国人の片言が出てきちゃってました。

●すばる君のは面白かった。

すばる「あと2回ですか!?ずっとやっていて、いっつも思うんですが、1回くらい勝ちたい!」

カメ「勝ったら、サーカスやって下さいよ」

すばる「いや。もれなく、勝ったらそこで幕が降りて終わりです(笑)もの凄い短いことになりますが。いっつも、勝とうと思って出てはくるんですよ。」

いや~、是非ともチャンピオンが勝つ回があるなら見てみたいよ(´Д`)

もう一つのストーリーとして、是非見てみたいわ~(笑)



気付けば、あと2回なんですね。

今年のドリボも終わってしまうのかと思うと悲しいですね(ノд<。)゜。
コメント

TOKIO LIVE TOUR OVER 30`s WORLD in武道館2日目

2009-09-25 20:12:17 | Weblog
あっという間に2日目゜+。(*′∇`)。+゜

2DAYSなんてあっという間です(´Д`)

【前半】

●『yesterday`s』後のちょっとした3人のトーク

長「今日でTOKIOが通算50回武道館で公演したことになります」

ついに武道館50回目の公演なんですね(´∀`)

すると太一さんが。

国「僕もちょっと言っていいですか?」

急にどうしたかと思えば・・・。

国「今日、巨人優勝が優勝しました。もしも、これが土曜だったらビールかけに参加する予定だったのに。今日は帰ってから家でビールかけしようかな~」

客席から「中日負けた」

長「“中日が負けた”て言ってるよ」
国「まー、中日が負けたから巨人が優勝したからね」
長「まっ、いいじゃないの。今日は記念すべき50回記念ってことで」

長「Over 30`s Chair持って来て~。僕達の椅子は、Over 30`s Chairって言うんですよ。皆さんのは普通の椅子ですけどね」


【MC】

注意:順不同です。私の思い出した順になっております。

●松岡の物真似メドレー

『何度も夢の中で繰り返すラブソング』の後。

長「本当に何度も何度も歌ってましたね」
国「ひょっとしたら“何度もひつこいよ”て言ってるかもね」

松岡さん清志郎さんの真似しながら「“何度もひつこいよ」

長「永ちゃんは?」
松「永ちゃんはこうだよ」
―矢沢永吉さんの真似をする松岡さん―

長「じゃあ、山中は?」
松「ばか!ここで俺の高校の友達の真似してどうするんだよ!せいぜい、藤堂がゆってぃってことくらいだよ。言っていいのは」

松「HEY!HEY!HEY!で吉川晃司さんの真似させたけど、あの時は似てなかったよな~」
山「松岡の方が似てるんじゃないの?」
―吉川晃司さんの真似をする松岡さん―
山「まっ、本人がこれをしているかは別だけどね(笑)」
松「そう言えば今日日中、サウナに行ったら吉川晃司さんに会ったんだよ。“あれ、今日ライブじゃないの?”て言われた」

●ワイドショー

国「今日、たくさんテレビに映ってたね」
松「俺、誰か何かしたのかと思ってビックリしたよ」
山「こら!」

山「新聞も見た?だいたい、最後みんなで手を繋いでるところが使われてるんだけど、どの新聞もみんなリーダーあごだけなの(笑)」
国「なんか新聞によっては一人一人の年齢が書いてあるのね。長瀬くらいなら、まだいいけど、俺とかはもう恥ずかしいね」


●50回記録報告フライング話

松「そうだ!お前(長瀬)なんであのタイミングで“50回です”て言っちゃうんだよ。ステージに3人しかいねぇじゃねぇーかよ!」
国「だよね(笑)俺もおかしなタイミングで言うな~って思ったんだよね」
松「俺とリーダーなんて出て行くわけにいかないしさ。パッと見たらリーダー、カール巻いてるし。仕方ないから、衣装着替えながらリーダーと握手しちゃったよ。そしたら衣装さんも“良かったわね~”てうなずいてたよ」

●太一無念!悔やまれたビールかけ

松「しかも、なんでいきなり“巨人優勝しました”なんだよ。何?ビールかけ行く予定だったの?」
国「もしも、優勝が土曜日だったら、番組でそのままビールかけ会場に行くはずだったんだけど、今日だったから行けなくなっちゃったんだよ」
松「そんなにしたいなら、後でここでやってあげるよ」
国「ここで・・・キーボードだけはかけないでね。ベトベトになっちゃうから」

●ヒガシからお年玉をもらうリーダー

松「リーダー必ずお年玉もらうよね。しかも、Hey!Say!JUMPとかいる前で平気でもらってるからね」

年末には必ず東山さんからお年玉をもらうリーダー。

松「あなたはむしろあげる側だからね」

メンバーから「頼むから40までにしてくれ」と言われてました。

茂「だって“お年玉欲しいやつ並べ”てゆーから」
国「それはヒガシ君からのメッセージだよ」
松「“わかってるんだろうな、城島”ていう」

●まさかの小栗くん!?

昨日は、後輩が見に来てくれたと言う話をしていると太一さんがいきなり。

国「そんな中、今日は小栗旬君が来てます」

お客さんは一気に「えー!」て言いながら、関係者席をチェック。

国「そんな訳ないじゃん」

(οдО;)騙された・・・。

国「だいたい接点ないし。どこで知り合うんだよ(笑)」
松「だよねー。ビックリした~」
国「凄いね。みんな一瞬で後ろみたからね(笑)」

●昨日の太一の最後の挨拶

松「昨日のあなた(太一)の挨拶はなんなの?“チョメチョメして~”とか言ってさ。しかも、今日お母さん来てるんじゃん!今日言えよ!」

●石原プロ!?長瀬

松「長瀬はドラマは?」
長「華麗なるスパイね。来週最終回かな」
松「あれ見てると、お前石原プロの新人ですって言ってもわからないよなー」

長「この間、前室で高田純次さんと話してて“昔、ファイト一発やってたよね?”て言われたの。徳重さんと間違われてたの」
松「そう言われれば似てるよな~。そのうち石原プロに入ってるんじゃないの(笑)」

●松・茂一人っ子組

山「高田純次さんと接点あるよねー」
松「また俺とリーダーだけないじゃん」
国「2人だけ一人っ子だしね」
松「いいじゃねぇかよ。別に」
国「頑張らなかったんだね」
松「おい!またそう言うことを。止めろよ(笑)」

●名前の由来

松「リーダーだって、茂って言うのは吉田茂さんからとったんだよな。吉田茂さんのように立派になって欲しいって思いがあるんだよ」
国「そうなんだ!てか、出てくる人が年代感じるよ(笑)」

リーダーの名前を力説した松岡さん。なんで、松岡さんリーダーの由来なんて知ってるの(笑)

国「松岡は?」
松「俺?俺は、北海道にショウヘイって言う土地があって、そこのショウが昌って字でそこから来てるみたい」
国「違う。違う。なんで松岡なの?(笑)」
松「そっち?知るかよ」

【後半】

●松岡さん見せ場(笑)
リズムに合わせて前に出て来てノリノリでした(//∀//)

しかも、ドラムのスティックを持ち出し、前でクルクル回してました!

お見事(´∀`)

そして、ドラムに帰り際、そのスティックを投げて入れようとしたけど、失敗・・・。
たいこの部分に辺り“ボン”とΣ( ̄□ ̄;)

ドラムに戻った松岡さんが一言。

「失敗したぁぁ~~!」


一方、太一さんはアフロヘアーとこの回はサングラスが追加されてました(笑)

●『do!do!do!』の前に長瀬君が言いました。

長「うちの国分からの要望ですが、関係者の方も立っちゃって下さい!さっ、さっ!」

関係者を立たせましたよ(o^o^o)

長「ほら、ケンタロウさんも、ゴウダさんも」

ケンタロウさんは《男子ごはん》でお馴染みのケンタロウさんだったそうです。

ゴウダさんは《ガチンコ》のプロデューサーだった方みたいです。

この回の『do!do!do!』はとにかく長かった。

昨日はお客さんで「♪do!do!do!」て言わせるところが呆気なかったけど、今回は気合い入ってました。

「アリーナ!」
「1階!」
「2階!」

と分けてやる場面も(^O^)/

さらに、それは「関係者席!」「ズッキーホーン!」にも及びました(´∀`)

関係者にもやらせちゃうなんて、さすがTOKIOライブ(笑)


【アンコール・挨拶】

挨拶ですが・・・。

茂「なんか演奏していて、常に客席との距離が近いな~と思ってました。それは、みんながそばにいてくれたからなんだな~と思いました」

リーダーのクサイ台詞入りました(・∀・)ノ

えー、ここからTOKIOの暴走が始まりました(汗)

長「1978年11月7日、母○○と父○○はチョメチョメして、生まれました」

と始めれば・・・

国「1974年9月2日、○○と○○がチョメチョメして、生まれました。えー(リーダーの台詞をパクろうとして)今日はみんなとの距離が近いな~と感じました。・・・ここまでしか覚えてません!(笑)」

やっぱ今日も太一さんが言ってしまったと思えば。

松「1977年1月11日、両親がチョメチョメして俺が生まれました。俺が生まれたきっかけは、チョメチョメの前の食事が豪華だった為、避○具を買えなかったからです。皆さんどうか子作りは計画的に(笑)」

と、凄い挨拶をぶちかます松岡さんΣ( ̄□ ̄;)


山「おい。真面目に挨拶しろよ~」

やっと戻るかと思えば・・・。

山「えー、1972年1月10日○○と○○がチョメチョメして、○○(兄)チョメチョメ、達也チョメチョメ、○○(弟)チョメチョメで3人も生まれました」

やっぱ、山口さんもやっちゃいました(_´Д`)ノ~~

いちを真面目なこともちらほら言ってたんですけどね。
太一さんはいつものように「カッコつけられるのはここだけだと思いました」とか。

でも、いかんせ「チョメチョメ」の印象強すぎ(笑)

最後はまたメンバー手を繋ぎ(//∀//)

山「リーダー、今日はちゃんと顔が見えるようにね」

リーダーは自然と真ん中に行き(//∀//)

「We are TOKIO!!」

【Wアンコール?】

アンコール終了後、「TOKIO」コールは場内に響き渡りました。

声が届いたか!?再び登場゜+。(*′∇`)。+゜

長「思い起こせば1994年9月21日、ジャ○ーとメ○ーがチョメチョメして」
松「もう、止めろよ!絶対怒られるよ~」

また、やっちゃいましたね(爆)

客席は「もう1曲」と熱望したのに、挨拶のみで終わってしまいました(´Д`)

オーラスではないにしろ、武道館ラストだからもう1曲欲しかったです(涙)
コメント

TOKIO LIVE TOUR OVER 30`s WORLD in武道館1日目

2009-09-24 18:54:30 | Weblog
やって来ました!!
久々のTOKIOライブ゜+。(*′∇`)。+゜

いつみてもシンプルなステージ。
花道なし、トロッコなし、リフターなし!
TOKIOライブのセットがどんどんシンプルになって行くのはきのせい?
さすがバンド(´∀`)

今回はドラムが真ん中に置いてありました。

モニターは、丸。
しかも魚眼レンズみたいな写り方で、スタンドだとちょっとみずらいかも(汗)

【前半】

●アンコールでお馴染み『城島Song』が前半にあるとはΣ( ̄□ ̄;)

なんか変な感じ(笑)
しかも、ちょっとリズム違うし、若干スローな感じなので乗り方が手探り状態でした( ̄~ ̄;)

●途中で松岡さんとリーダーが退散。

長「ちょっと松岡君とリーダーがいませんが、この3人で1曲やりたいと思います」
国「リーダーは今、点滴打ってるから」
長「ライブ中なのに(笑)」

そんなおふざけトークが入りつつ、

長「ちょっとOVER 30`s CHAIR持って来て」

どうやらこの時座る椅子には《OVER 30`s CHAIR》と言う名前があるみたい。

楽屋で何となく生まれたアレンジだと言う『ラブラブ・マンハッタン』

●『yesterday`s』の後にちょっとした繋ぎのトーク。

『yesterday`s』はTOKIOの転機となった曲と言ってました。

そして、今年亡くなわれた偉大なる音楽スター・忌野清志郎さん。

長「僕らにも楽曲を提供して頂き、僕と松岡は直接お会いしてお話する機会も頂きました。きっと今日は来てくれてると思います。だから、みんなで歌いましょう!『何度も夢の中で繰り返すラブソング』」


【MC】

注意:順不同です。話していたことをとりあえず、思いついたことを書いてます。

●さすが長瀬!

松「長瀬がライブいろいろと考えてくれたけど、すげぇよお前!6曲くらいやったらドラムとじじい(リーダー)を休ませるなんて」

松「お前やっぱわかってるねー。あそこのあたりで丁度リーダーの髪が乱れてくる頃だから」
茂「そう。逆毛立ててたからね」

●やっぱりライブは春?

話は「ライブはやっぱり春がいいのかな?」と言う話に。

山「春の方が桜とか綺麗だよね」
松「『花唄』とか歌ってね。でも、リーダーの歳になると春より秋の方が好きでしょ」
茂「そうやねー。なんか落ち葉がヒラヒラ落ちて哀愁がえぇね」
国「あと敬老の日があるからね。昨日は祝ってもらったの?」
茂「祝ってもらはへんよ~。あっ、でも昨日は15周年だから祝うか」

●TOKIOライブ武道館公演数

松「TOKIOが武道館でライブやるのって、明日で50回なんだって」

知らんかった(´Д`)

松「だから今日は49回目なの」

て、ことで本日は「イブだね」「前夜祭だ」と言ってました。

ちなみに武道館使用回数No.1は誰?と言う話になり。

松「それは我らが永ちゃんでしょー」
長「○○回でしょ」
(↑何回か詳しく言ってたけど忘れました。確か100何回かです)
松「だって俺、ここに5回くらい永ちゃんのライブ見に来てるからね」

―永ちゃんのマイクパフォーマンスをしようとする松岡さん―

長「ちょっとやってよ」
松「いやいや、俺永ちゃんじゃねぇーし」

国「でもさ、他の人のコンサートでここに見にくるじゃん。なんか、オレらもあそこに立ってるんだな~って思わない」
松「思う!」
国「ねぇー。(お客さんに)皆も思うでしょ?」
客「・・・」
国「あっ、立ったことないの!?(笑)」

●司会がいた!?幻ライブ

TOKIOライブの初期のお話。
TOKIOがローラースケートで走っていた頃。
ライブなのに司会がいたみたいです。

松「内海先輩がね!ライブなのに司会がいるって凄いよね」
国「それだけトークがダメだったってことでしょ」

今じゃ、想像出来ないよ~(´Д`)

国「今じゃそれが主な収入源だからね」

●今日はマッスーとHey!Say!JUMP(全員ではない)

マッスーとHey!Say!JUMPが来てくれていると紹介がありました。

紹介されるとファンはザワザワ。

スタッフさんがわざわざ照明を当てて、ファンがそこを見始めると。

国「ここがステージだよ!こ・こ・が!」
松「スタッフさんもわざわざこっちのステージを暗くして、向こうにライト当てちゃってるよ」
茂「でも、そこのジャニーズ席見やすそうやな~」

●太一のお母さん嵐のチケットを狙う。

楽屋でスタッフが「嵐のチケットは本当に取れないんだって!」と電話していたそうです。

松「俺らの楽屋でするなよなー」
国「でも本当に嵐のチケットは取りにくいからね。俺も“ねー、嵐のチケット取って”て母親に頼まれたからね」
松「何?太一君のお母さんは嵐ファンなの?」
国「うちは“嵐は楽しいらしい”と言う噂で興味本位程度のレベルらしい」


●お客さんのリアクションが古い

松「この間、ひょんなことからたざまさしさんのコンサートに言ったんだけど、MCで話てる内容がたいして変わらないからね。お客さんの反応もたいして変わらないし」


●Hey!Say!JUMP兄さん

山「俺らも3回も移籍したねー」
松「今じゃ、Hey!Say!JUMPの俺達下だよ」
国「Hey!Say!JUMP兄さんだよ」

レコード会社に入った順番で言えば、JUMPの方が先ってことで。

誰かが「岡本兄さんって呼ばないと」

と、言うと・・・。

松「待って!岡本兄さんはちょっと間際らしいよ。本当に岡本兄さんはいるからね(笑)」


●リーダーの新番組

松「リーダーもね、新しい番組が始まりますよね?」
茂「そー、脳活みたいなね」
長「え、リーダークイズとか答えるの?」
茂「いや、司会者だから」
長「誰とやるの?」
茂「アナウンサーの内田さんと」
国「セクハラとかしゃダメだよ!」
茂「するか!しかも、人妻や!」
山「じゃあ、人妻じゃなかったらするのかよ・・・」
松「今のリーダーと兄ぃのやり取り、さすがだね。今リーダーが“人妻や”て言ったら、兄ぃがすかさず“じゃなかったらいいのかよ”て。CMも2人で♪暮れ~の元気な・・・て和むんだよね。その5分後ぐらいに兄ぃの“ファイト!一発!”て来るとギャップが凄いよね(笑)」

●リーダーの背中は40歳

やっぱり、背中を見るとリーダーは40歳だよねー。と話してました。

松「なんか背中だけみるとリーダーと兄ぃはアリスみたいだよね」
国「ちなみにどっちがどっち?」
松「そりゃ、リーダーが孝雄さんで、兄ぃが○○(もう一人の方)だよ」


●パーカッションはポール

サポートメンバーで参加してくれている、パーカッションを紹介。

松「ここでサポートメンバーを紹介します。パーカッションの・・・なんだっけ?・・・あっ、ポール!」

どうみても日本人のポールさん(笑)

松「どうみても日本人でしょ。本当は柳田さんって言うの。でも、なんか紹介の時に“ポールって紹介して下さい”て言われて(笑)でも、全然“ポール”て出て来なくて、何故か“ワシントン”って出て来ちゃって」
長「“紹介します。誰だっけ?”は凄いね(笑)」

【後半】

マボファン必見!?
唯一、マボがドラムを手放す!?

曲の繋ぎで、パーカッションのみになった時に、松岡さんがノリノリで前え出てきてリズムに合わせて独特の振りを(笑)

そんな松岡さんに気をとられていると、アフロヘアーのかつらをつけた太一さんが登場Σ( ̄□ ̄)!!

笑いもとれたところでラストスパートでした!

『トランジスタGガール』
TOKIOで暴れ曲の定番ですね(//∀//)

終わりがなかなかのくどさですよ(笑)

【アンコール・挨拶】

●アンコールで、来した!
タオルぶんぶん振り回す曲ヽ(´▽`)/『SONIC DRIVE!』

太一さんは、キーボードそっち抜けで左右に走り回ってました。

山口君がベース弾いてる後ろで、ジャンプしてTIMの炎のポーズを1人でやったり(笑)

歌っている長瀬君の前を通る時は、申し訳なさそうに腰を屈めて通る太一さん。

もー、かなり一人ではっちゃけてました(´∀`)


●やっぱり、今回も作ったんですね(//∀//)
松岡さん専用の紫タオル。
しかも、バスタオルの大きさでベースが紫の文字が黄色。

かなり素敵。
いつも思うが、松岡さん使用のタオルが欲しい!

ツアTは今回、白と黒の2種類で、長・国・山が白いツアTで、松・茂が黒いツアTでした。

さらに私の見間違えでなければ、松岡さんのツアT。犬のサングラスが普通はピンクなのに紫だったΣ( ̄□ ̄;)

またまた松岡オリジナル作っちゃいましたか!?

●最後の挨拶

太一さん、まさかの下ネタを交えた発言にメンバー失笑(笑)

国「1974年9月2日。お母さんとお父さんがチョメチョメして僕は生まれました!」

まっ、いちをチョメチョメ発言を使いオブラートには包んだのかな(汗)


何はともあれ、久々のTOKIOライブ最高でした!
コメント

TOKIO☆15th Anniversary

2009-09-21 04:13:23 | Weblog
HAPPY BIRTHDAY

TO

TOKIO゜+。(*′∇`)。+゜


15周年おめでとうございます!!


残念ながら、921にお会いすることは出来ませんでしたが・・・。


明日のライブは心して盛り上がります(´∀`)



いつまでも仲良し5人、いいバランスの取れた5人でいて下さい。



次なる目標は、20周年。

夢じゃない!

見えてるよ~≡3


ステキな15周年の年でありますように。。。
コメント

ちょっ!Σ( ̄□ ̄;)

2009-09-17 22:21:40 | Weblog
TOKIO事務局メール見て、絶句!!


《カメラ・録音機器・ジェット風船のお持ち込みはご遠慮下さい》


えぇ~~(οдО;)

ジェット風船ダメなの~!!!

あんなに毎回恒例でみんなで飛ばしてきたじゃん(_´Д`)ノ~~


なんで、一体なぜ??


あれなきゃ、TOKIOライブじゃないよー(ノд<。)゜。



ジャニーズウェブのコンサートグッズみたら、確かにジェット風船がなかったよ・・・(Тωヽ)



気になるグッズは、【ワッペンセット】と【OVER 30`s DOG(ぬいぐるみ)】ですかね。


ぬいぐるみは相当気になります(´∀`)

まずは、実物みて考えます!!
コメント

NEWファンクラブ

2009-09-15 22:03:47 | Weblog
カミセンでバタバタしている間に、ついにHey!Say!JUMPのファンクラブが発足゜+。(*′∇`)。+゜


やっと出来るんですね~。

ここまで来たらYou&Jみたくまとめてになるのかな~って思ったらちゃんと単独でFCが出来ましたね。


「早速、入会!」て思ったけど、まだやってないやΣ( ̄□ ̄;)


と、言うか・・・今まで保護者の氏名・誕生日・続柄なんて書く欄ありましたっけ??

発足当初に入ったことがないので、わかりませんが(汗)私は初めて見ましたよ。

保護者が必要と思われる方だけ(よは、未成年ってことですよね??)でいいらしいのですが・・・。

親に内緒で勝手にFC入会を防ぐためらしい・・・。

こりゃ、驚きました!



なんかJr.情報局会員は会員番号書くみたいですが、JUMPのFC入ってもJr.情報局は継続出来ますよね??


落ち着いたら入会しちゃう予定です(//∀//)



そして、Hey!Say!JUMP冬コン決定\(^O^)/

夏は、ま~ったくノータッチで終わってしまったので冬コンは行きたいと思ってます。


年明けの横アリはJUMPが使うんですねー。

もー、冬コンが動き出す時期ですかΣ( ̄□ ̄;)


気になる年末年始の東京ドームも決まってきますかね。

やっぱり今回もNEWSかな~。
コメント

We are Coming Century Boys LIVE TOUR 2009 in札幌2日目―FINAL―

2009-09-14 21:12:55 | Weblog
ついにラストだよ~(_´Д`)ノ~~

始まる前の5分前のお姉さんの場内アナウンス。
終わったと思ったら「ラスト!!!」と一瞬の声が('∀'●)

これは三宅さんですね。
もう一瞬にして、気持ちも高まりました↑↑

内容、かなり飛んでいる部分が多いですが(汗)
報告です!

【挨拶】

「みんなのところにも行くかもしれないよ~」
↑↑
これでもしや!?客席トロッコあり!?て思いました。ちなみに1日目は言ってなかったので。


健「今日はもう帰りの飛行機の中はこんな状態(脱力)だね」
↑↑
それだけ悔いがないように盛り上がってくれるってことですよね(//∀//)


健「今日は1ステップ、1ステップ大切に踊りたいと思います」
↑↑
もう見納めなんですねー。このセットリストで見れるのは最後って考えると悲しい(Тωヽ)

岡「今日はみんなで1つになりましょう!あれ、くさいこと言った?なんかカミセンだとくさいこと言っちゃうんだよ」
剛「カミセンの時だけなんだ」

【MC】

健「もう半分だよ~」
剛「あっという間だよね」
健「俺らはまだまだ全然出来るんだけどねー」

岡「昨日はスタッフと一緒に食事しましたね」
健「今日はスタッフはばらしがあるからね」
岡「130人くらいいましたね。でもこの会場には400人くらいのスタッフがいるんですよ」
健「柵を一生懸命支えてくれてるのも、僕らのスタッフですからね」
岡「そんなスタッフに拍手をお願いします」

●これはお蔵入り!?

健「札幌は住みたい街の上位にいますよ」
剛「じゃあ、そろそろマンションでも借りますか!?」
健「坂道が多いと住みたくなるみたいだよ」
岡「そうなの?」
健「タモさんだって坂道好きじゃん」
剛「でも坂道って面倒じゃん」
健「坂道ってスーパーボール転がしたくなるよね・・・ごめん。このくだりなかったことにして」
剛「スーパーボールのくだりね(笑)」

●ソロ曲の裏話!?

岡「やっぱりシャワーのシーンは盛り上がってたね~」
健「あれはどうなの?」
客「ふぅ~!ふぅ~!」
健「なんか、みんな“ふぅ~”て言い慣れてきたよね。男が女の裸みて嬉しいのは当たり前じゃん。それと、同じで女が男の裸みても嬉しいのかな」
岡「今回のソロは“愛”がテーマですからね。剛君が電話待ってて、健君がシャワーで、俺はお出かけしようかな~って」
健「岡田に脱がされましたよ」
剛「なんか“ハー、ハー”言っちゃってね」
健「“ハー、ハー”なんて言ってないよ。“スー、ハー”だよ。てかあの吐息ってあれだけ別撮りだったんだよ。マイクに向かって“ハー、ハー”って言ってるの。笑いそうになっちゃったよ」

岡「後は剛君だけだね。シャワーシーン。俺はおけつまで出しちゃったからね」
剛「俺はいざと言うとしか出さないから」
岡「いざと言う時?」
剛「そう。例えば命の危機とか。“すいません、すいません。命だけはどうか”て言う時にお尻をみせる」健「どんな場面だよ」

剛「俺も話しますと、あの電話、実はずっとスタッフの子の恋愛相談を受けていたんですよ」


剛「なんか岡田のはかつあげされてるサラリーマンにしか見れないよね」
岡「えー。あれは俺が盛り上げてるって感じなんだけど」
健「いや、絶対サラリーマンが2次会行こうぜってなってからませてるっていうね」
岡「そんなんじゃないよ。おかしいな~」
健「でも、ずっと思ってたんだけど俺のソロは痴漢の歌なんだよ。だって、“すれ違うだけで体温”“あがるような甘いTension”だよ。絶対、電車かなんかの痴漢の歌だよ」
岡「違うよ~」
健「いや、最後だから言っちゃうけど、みんな痴漢の歌だと思って今度聞いてみて」
岡「あれは、近付けないっていう。だから、シャワーの時も壁1枚置いてあるんだよ」
健「あっ、そうだったの」
剛「待って!今まで知らなかったの!?無謀だな~」

●剛君の舞台

剛「岡田は蜷川さんとお仕事してるよね?」
岡「したね。前に『エレクトラ』と言う舞台でね」
健「オレステスでしょ」
岡「(笑)よく覚えてるね」
健「大竹しのぶさんとのやつだろ」
岡「大竹さんは化け物だね(笑)舞台やる人は凄いよね」
健「なんかないの。アドバイスみたいな」
岡「アドバイスか~。舞台たって、あれっきりなんでね(苦笑)」
健「お前はドラマだよな」
岡「そう。ドラマ、ドラマでね。あっ、でも大竹さんから1つ教えて貰ったのは、大竹さんがいつも緊張した時にやるやつで、まずだら~んとしてだんだん状態を起こすの。そうすると地に足が付いてる感じになっていいんだって」
健「へぇ~。どうやるの?」
―岡田さんが説明―
健「あっ、なるほど」
岡「(剛君に)わかる?」
剛「わからないよ。だって地に足ついてるじゃん(笑)」
―と言いながらもやる剛君―
剛「地に立った!」

岡「でも自分の中でこういうの1つ持ってるといいよね。あと、大竹さんは口にティッシュをたくさん詰め込んで叫ぶんだって。たぶんティッシュを詰めるのは周りに迷惑にならないようにかな~。」
剛「家でセリフ覚える時って口を枕につけてやらない?」
健「やらない」
岡「俺も別にやらない」
剛「あれ?枕を当ててやるから、枕がよだれで・・・」
健「やらないな」
剛「だって声響くから、ご近所に“森田さん家の剛君おかしくなっちゃったのかしら”とか思われたら」
健「意外に真面目なんだねー」
剛「あれ?俺だけ?じゃあなかったことにして。なんか、もっと“そうそう”てくると思ってたから」

●ペンライト企画

岡「最後だからビシッと決めたいね!」

これも最後なんですね(涙)
初めは変化があったけど、最後はすっかり固定。

岡「みんな意外に忘れるから気をつけてね」

白を点ける時は、カミセンは真ん中の花道を中央ステージに向かって歩いている最中なので。

岡「この時(白を点ける時)そこを歩いて移動しているので、たまに点けるの忘れて見入ってる人がいるんでね」
健「ちゃんとやってるか1人1人こっちからチェックするから」


青をふる時は白を隠して欲しいと言うことで、お手本健ちゃんが隠した場所は、隣に立ってた岡田さんのポッケ。

岡「青の時は白をどこかに隠して下さい(健ちゃん岡田さんのポッケにイン)・・隣の人のポッケでもいいですしね(笑)」


●グッズ説明

健「アメニティグッズの中には種が入ってますんでね」
岡「種は、僕らでこれがいいんじゃないかと決めました。オープニングで落ちて来た花が咲きますんでね」
健「あっ、言っておくけどあんな大きくないからね」
岡「あれは大きいですからね。ここぐらい(カミセンの胸あたり)までありますからね」

ここでペンライトに戻り流れ星の話。

岡「あっ、さっきのペンライトの最後流れ星はみなさん拝んで下さい。。。拝む?。。。お願いですね。お願いして下さい。最後だからねー。何にしようかね~」
健「“剛があと5センチ伸びますように”」
剛「あと5センチね。あと5センチあったら世界変わってたかな~。すいませんが、それでお願いしてもらっていいですか(笑)」
岡「それ~。やっぱり最後だし“コンサートが無事終わりますように”は?」
剛「そっかぁ~」
健「そうだよ。みんな覚えてるかな?6年前の時、大阪城ホールで剛が突然ステージから落ちたの。またあんなことが起きたら大変でしょ。だから、これにしよう!」


●スタンバイ

いつものように岡田さんと健ちゃんは階段を上がる。
上につくと健ちゃん。

健「俺、今日はここにいようかな~」
岡「早く着替えて。ここね、2人が着替えるのが遅ければ遅いほど1人でしゃべらなくちゃいけないんだから」
健「じゃあ、今日はゆっくり着替えてきま~す」

岡田さん一人トーク(//∀//)

岡「何しようか?」

岡「え?関西弁話して?」
―関西弁で話す岡田さん―

岡「あとは?」

岡「ん?好きって言って欲しい?」

―「好き」と言う岡田さん―

岡「何?何?カリ?」

お客さんはカリを要求(笑)

岡「カリはいいよ」

それじゃ、と回し蹴りを要求。

岡「回し蹴り?」

ついに、岡田さんの回し蹴りが見れました゜+。(*′∇`)。+゜


【後半】

ラストだからか、昨日なかったスタンド客席のトロッコが!?

ただここの会場では、トロッコが途中で交差するのが困難なのか、バクステ側からメインステに向かってトロッコを移動させてました。

よって、メンバーがまんべんなく行けた訳ではありませんでした(´Д`)が、気持ちに感謝!
岡田さんは普通に花道をうろうろしてました。

●『ファイト』前の挨拶

しゃべり出した岡田さん。
初っぱなからΣ( ̄□ ̄;)

岡「今回コンサートやるにあたり、6人で・・・あっ、3人で」
健「えー、最後の最後でぇ~」

●Wアンコール

『Be with you』の時にモニターにΣ( ̄□ ̄;)

6年ぶりのカミセン全国ツアー
みんなのおかげで楽しかったよ。
また会おうね。

歌が始まったら、メンバーの映像に変わってしまいました。

最後のハグ。

メンバーが終わった後、メンバーは3人肩を組んで「これはみんなとだからね~」とハグしている風にして「ありがとう」と言ってました。


●トリプルアンコール

「最後にとっておきなものを用意しました。きっとみんなも満足してくれると思います」

『ROCK THE HOUSE』

しかも、ちゃんと振り付きでした(・∀・)ノ


曲が終わった後も会場には「もう一回」コール。


健「もう曲がないんだよ~。ネタ切れです。最後に僕たち1人ずつ挨拶したいと思います。じゃあ、僕から」

こうして始まったメンバーの挨拶。

みんな6年ぶりのカミコン出来て良かったと言ってました。

剛君は、剛君の番が来て話す時にちょっとためらいの間が(´Д`)
目はウルウル(ノд<。)゜。
剛「自分勝手な言葉かもしれないけど、みんなを6年間待たせたのは無駄じゃなかったと思う」

↑↑
この言葉、私の中で妙に印象に残ってます。

挨拶の順番は、健ちゃん→剛君→岡田さんでした。


本当に本当に終わってしまいました。

モニターに出た【また会おう】の言葉を励みに、新たな気持ちで頑張ります!


本当にお疲れ様でした。
コメント

We are Coming Century Boys LIVE TOUR 2009 in札幌1日目

2009-09-14 18:53:05 | Weblog
ついに最後の地となった北海道公演。

もう2日もたっているので、かなり曖昧の記憶を辿っております。

雰囲気だけでも(笑)

【挨拶】

岡「カミセンが北海道にやってきました!」
客「いえーい!」
岡「ちゃんと後ろまで見れますからね」
健「福岡も良かったですが、札幌の会場も見易いね」
岡「もっと盛り上がりが欲しいな」
客「いえーい!」
岡「もっと!」
客「いえーい!」
岡「もっと!」
客「いえーい!」
岡「久々に“もっと”やりましたよ」


岡「もう、なんで札幌を最後にもって来たのかわかりますか?・・・みんなに会いに来るためですよ」


岡「健ちゃん、札幌のみんなに報告することはありますか?」
健「え、う~ん。こんなみんな盛り上がってるなんて、余程(気持ちが)高揚しているんだね」


【MC】

岡「地元の人っている?」
客「は~い」
健「北海道の人は寒いせいかお肌が綺麗だよね」
岡「なんだっけ?何とか美人って言うよね・・・札幌美人?」
客「秋田美人」
岡「秋田美人?違うよ」
健「ここ秋田じゃないし。(お客さんに)秋田でしゃばるんじゃないよ!」

何故か喧嘩口調の健ちゃん

健「東京は雨だったけど、こっちは止んでますね~。なんか、夜と明日が雨なんだっけ?」
客「明日は雨」
健「本当に?絶対?そんなあなたに当てられちゃったら、お天気お姉さん商売上がったりだよね~」
岡「(笑)商売上がったりって・・・」
健「あなたは気象予報士なんですか?」
剛「ちょっと、たまらないでしょ。たまたま言っただけなのに、こんなにせめられちゃ」

剛「広島から始まったツアーもついに最後になりましたね」
健「お、普通に話戻したよ」
岡「最年長だから」
健「せっかく北海道きたんだし、どっか行く?旭山動物園は遠いから、やっぱりすみれでしょ」
岡「あそこは?花田牧場だっけ?・・・あっ、花畑牧場」
健「義剛さんのでしょ。ムツゴロウさんってどこいるんだろうね。今はすっかり義剛さんが浸透しちゃったよね。」

●またまた覗き

岡「Mステとか見てくれてればわかると思うけど、シャワーを覗いたりしてくるのね。で、今日は健君が覗いてきたんだよ」
健「やっぱり、シャワー浴びてたから覗いてあげないとって思ってね。でも、本当に彫刻だよな。お前こう(足をクロスして)やって浴びてたよ」
岡「いや~、あれはね。あっ、誰か来たな・・・てわかってとりあえず隠したんだよ。あのね、14年間一緒にいるじゃん。不思議なんだけど、誰が入ってきたかわかるんだよ。何も言葉を発してなくても。凄くない?だから、もう開いた時に健君だな~てわかったから、とりあえず守ったの」


●剛君の台本事件

岡「剛君は舞台やりますよね。何だっけ?“森田は眠ってる”」
剛「違うよ。“血は立ったまま寝てる”だっけ?あっ、“血は立ったまま眠っている”」
岡「台本読んだんだけどさ~。メンバーの台本読むの好きで」
剛「あっ!お前だろ!台本の裏にひらがなで《もりたごお》て書いたの!」
岡「それは知らないよ。言っておくけど、俺じゃないから」
―目線は健ちゃんに―
剛「お前か!?」
―健ちゃんニヤニヤ―
剛「おい!ふざけんなよ!」
健「名前書いといてあげたんだよ。落としてもいいように」
剛「落とさないよ。だいたい、なんでひらがなで《もりたごお》なんだよ。せめて、《ごう》にしてくれよ」
健「いちを鉛筆で書いといてあげたんだよ。消せるように」
剛「だったら書くなよ!」
健「いや~、侵害だな。親切心なのに」


●フィリピン武術カリ

岡「SPも映画が来年公開されます」
剛「日にちはいつなんですか?」
岡「秘密です!大人の事情で」
健「撮影は始まってるの?」
岡「うん。始まってるよ」
健「だから、岡田の水玉が楕円形に見えるんだ」
岡「え~(笑)」
健「もう楽屋では、こっちでは回し蹴りで、こっちではゴルフの素振りが行われてるからね」
客「(回し蹴り)見た~い」
健「回し蹴り見たいって。て、ことは剛の素振りはいいってことなんだ(笑)」
客「(素振りも)見た~い」
健「一層のこと逆でやってみれば。岡田がゴルフで剛が回し蹴り(笑)」
岡「俺がやってるのはカリって言うやつなんだよ」
健「フィリピンだっけ?」
岡「そう。フィリピンの武術なの。師範にね、なろうかと。そしたら教えたり出来るからさ、みんな習いに来てね」
健「師範になるの?」
岡「なれたらね。日本ではまだそんなに浸透してないんだけど、ハリウッドとかじゃカリがアクションで使われてるんだよ。今習ってる先生が凄い人でハリウッドとかでも教えてるの」
客「やってー」
岡「えー。あのね、これ本当はえぐいんだよ。ナイフとか持ってやるからさ。日本では危険だからあまりやっちゃいけないみたい」
健「じゃあ、なんでお前さっき“教えてあげる”とか言ってるんだよ。ダメじゃん」
岡「そうなんだけど、えぐいからたぶん引くと思うんだよね。ナイフとかだからさ」
健「ペンライトで」
岡「えー、本当、引かないでね。例えば・・・」
―実験台は健ちゃん―
ちょっと護身術みたいな感じで一瞬で仕留める感じ。
健ちゃん思わず「痛い」

剛「普通に“痛い”て言ってたし(笑)」
岡「で、本来ならこれがナイフだからね。刺す形なんだよ。あとね・・・」
―また健ちゃんに技を―
健「切られたよ~」
岡「これもナイフで切り付けるみたいなね。こんなんだよ」

●ペンライト企画

今回も、いつもと同じです。
岡田さんが、最初点ける色の説明で、
岡「青、白、何色?自分色」
剛「・・・何言ってんの?」
健「大丈夫?カリからおかしいぞ」

Σ( ̄□ ̄)“自分色”てなんですかね(爆)

おかしい岡田さんは、またまた、2回目の『手のひらのUNIVERSE』で白を点けると言う説明で、

岡「♪手のひらのユニファ~ファ~♪」
―じわじわ笑いが―
健「何?手のひらのファ~ファ~って。これから歌うんだよ。大丈夫?」

ちょっとカリのくだりでおかしくなってしまったか!?

●スタンバイ

次の曲のため、位置につこうと移動するメンバー

健「今日は長く話したね。今までで一番長いんじゃない?」
剛「でも中身ゼロね」
健「それ間違ってない!!」

残った岡田さん。

岡「あっ、最後流れ星流れるからお願いして。適当じゃないよ。今、適当って(笑)ちゃんとね。“剛君と親しくなれますように”とか“健君が大人になりますように”とか・・・。いやいや健君は大人ですよ。季節とか詳しいしね(笑)“柚子湯入れよ~”とか言ってくれますから」


今回、奇跡の花道横゜+。(*′∇`)。+゜

カミセン可愛い・・・と思ってしまいました。
花道来た時は、過去最高の近さだったかもしれません(//∀//)

トロッコなしでした。

結構、まんべんなくスタンド席トロッコを出動させてましたが札幌1日目はありませんでした。
コメント

KOICHI DOMOTO CONCERT TOUR 2009 in横浜1日目

2009-09-12 00:55:49 | Weblog
仕事で間に合わないと言う理由で諦めかけていた光一さんのソロコン。

でも、奇跡!?

外での仕事が出来、定時より少し早く終わるけど帰っていいから手伝って!と言われて、私は「間に合う」と思い、行けちゃいました゜+。(*′∇`)。+゜

【挨拶】

●光ちゃん「今回立ち見までありがとうございます。あと、そんなところまでお客さんが入ってくれててね」

今回かなりステージ横までお客さんを入れてました。

光ちゃん「そこじゃ、お尻しか見えないでしょ?」
と言って、横のお客さんの方を向くと・・・
お客さん「キャー」
光ちゃん「うるさい!」
今度は逆の横。
お客さん「キャー」
光ちゃん「うるさい!」
そして、正面を向くと。
お客さん「キャー」
光ちゃん「黙れ!」

光ちゃん「まだ振り向くだけで歓声を貰えるんだね~。あのね、去年後輩がやってたSUMMREYを見に行きましたね。まぁ~、黄色い歓声が。黄色い歓声ってこういうことを言うんだと思いましたよ。しかも、こう噴水見たく水が出てるわけですよ。“あれ?似たようなのみたことあるな”なんて思ったりして。そしたら、まだ入ったばかりの子達が踊ってるわけですよ。俺もやったな~なんて思ったりして。10代の頃から応援してくれてる方っていますか?」
手を上げるお客さん
光ちゃん「て、ことは皆さんも同じように歳をとってるんですね(笑)」

●まだ最初のトークなのにしゃべる光ちゃん。
途中早口になり気味になり・・・。
光ちゃん「何?ちょっと話すのが早い?わかった、じゃあゆっくり話わ。(ゆっくり)それでねー。ダメだゆっくり話と剛みたいになっちゃうよ」

●光ちゃん「30になって、ツアーの日程見て回数をみて“あ~スタッフも年齢を考慮してくれたんやな”て感謝してたら、あれよと言う間に追加で倍の公演数になっちゃったんだよ。横浜アリーナもまた1ヶ月後くらいに帰ってきますからね。まっ、今日見ていいなって思ったら、10月も来て下さい。もしも、もういいやって思ったら仕方ないですね。チケットは嵐のファンの子にでも渡して下さい(笑)いやいや、そうならないように頑張りますよ」

●光ちゃん「今回、後輩も頑張ってくれてますからね。米花と町田と辰巳と越岡と福田とあと1人(笑)」

え~(´Д`)光一さん、松崎君ちゃんと呼んであげて~。

光ちゃん「次の『Awaken Yourself』と言う曲では、ちょっと彼らにも参加してもらおうかと思って、途中から一人歌います。俺が勝手に選んでマイク渡します。いやだねー。俺だったら絶対やだよ~。でもそんなイヤなことをやらせちゃう俺(笑)彼らも頑張ってますので、歓声宜しくお願いしますね。あっ、でも俺よりも大きい歓声だったら、俺がすねちゃうから」

●光ちゃん「『Falling』の最初のポン、ポンってイラっとしない?俺、イラっとするのね。聞いてもイラっとするくらいだから、見てもイラっとさせてやろうかと思って作りましたから。もう『Falling』の時はイラっとして下さいね(笑)」

【前半】

●『Awaken Yourself』

問題の指名されたのは、“もう1人”と紹介されてしまった松崎君でしたヽ(´▽`)/

●光ちゃんが初めて作った曲(すいません、タイトルが私にはわかりません・汗)

歌いだして早々。
「♪もうこれ以上♪歌いません!」

「そうです!これは3年前に歌わないと決めたはずなのに」

再び歌いだす。
「♪もうこれ以上、欲しいもの♪あります!」

「やっぱ、欲しいですよね」
と、手拍子を要求。

と思ったら「違う!それじゃ、甘い!」

と、言いだし拳を下から上に突き上げて「ソイヤ!ソイヤ!」と言ってと指示。

再び歌いだす。途中でソイヤ!の声が消えかかると「最後までやるんだよ」

お客さんは最後まで「ソイヤ!」の掛け声でした(笑)

●『僕は思う』

「これも歌いたくなかった曲です。もうやけで可愛く歌います」

スクリーンには若い、光ちゃんの写真(//∀//)

最後にはオーディションの履歴書の写真も見れました。

●『No more』

「ここで、光一君のステージをお借りして米寿司をやろうと思います」

ここでスタンバイとして、一度暗転。

「凄いな~。暗闇は。光がないわけだから・・・」
光について語りだす。

「皆さんからは暗くて僕が見えないと思いますが、僕からはみんなペンライトつけてるから顔が不気味に映ってます!」

「ちょっと一旦みんなペンライトオフってみて!おぉ~!点けてみて!嫌いじゃないな~」

スタンバイOKで明かりがつくと、魚のかぶりものをしたバック達。

曲終わりには、1人1人いじられて、みんな「ぎょ」て言ってはけて行きました。

【MC】

●光ちゃん「さっ、お座り下さい。ここから約1時間半F1講座でもしましょうか」

Σ( ̄□ ̄;)
来ました、来ましたよ(笑)光一さんのF1講座。
ちょっと説明して・・・

光ちゃん「あれ、飽きてきた?それでは、さっきも少し触れました光の不思議についてお話しましょう」

光の説明が・・・

光ちゃん「例えばこれ。(衣装のズボンを見て)何色や!?何色って言うんや!あっ、じゃあこれ腕ね。白っ!?しかも、粉吹いてる・・・乾燥肌だからな」

若干話がズレて終了。

光ちゃん「じゃあ次は、宇宙の不思議について」
お客さん「えー」
光ちゃん「じゃあやめます」
お客さん「してぇ~」
光ちゃん「なんだよ!よくさ、“○○って不思議ですよね~、これってどう思います?”て聞いてくるから、“お、興味あるんかな”て思って俺が話始めると5分くらいで“あ~、ふーん”って、お前から言ってきたんやろ!って。みんなも同じ。散々“話して~”とか言っておいて、話したら“もういいよ”とか言うやろ。みんな一緒や」


●光ちゃん「やっぱり、女性はこんな話よりも犬の話とかの方がいいのか?」

来ました、来ました(笑)
光一さんご自慢のパンちゃんの話。

光ちゃん「どうせ“急に犬なんて飼って女の影響よ、絶対”なんて思ってるやろう。そうや!女や!」
お客さん「えー」
光ちゃん「母と言う名のな。まっ、母ちゃんが買ってきたのを横取りしたんでね。さっき、宇宙の話をしましたが、まさに宇宙一可愛い!」

モニターにパンちゃんの写真が出ると・・・。

光ちゃん「も~、なんなの。あの手、あの耳、あの目・・・も~全て可愛い。今は楽屋でお留守番中」
お客さん「連れてきて~」
光ちゃん「いや~、無理だよ。パンが始まる前に“お前もステージに出るか?”て言ったら“私はそんなに安くはないのよ!”て言うてたよ。“CDに私の写真勝手に載せて!あれだって本当は嫌だったのよ!”とも言うてた(笑)」

光ちゃん「まぁ~、パンもついに避妊の手術をしましてね。まだ手術して日が経ってないので、ここに連れてきて驚いて(傷口が)パカッてなっても大変なのでね。今は安静にさせてます」

パンちゃんの話はこれにて終了。

●光ちゃん「ま~、さっき履歴の写真と思われる写真が出ましたねー」
お客さん「もう一回、もう一回」
光ちゃん「そんなすぐには出ないよ。いいやん。今の俺を見てな。出ます?」

モニターにもう一度履歴の写真が!

光ちゃん「社長もようこの写真で呼ぼうと思ったよね。まずめちゃくちゃハイウエストだし。それと、なんでバックが赤カーテンなんや」

●光ちゃん「最近、一番興味を持ってるのが遺伝子なの。俺らは親の遺伝子を引き継いでいる訳じゃん。で、親はその親の遺伝子で、その親はさらにその親からで、どんどん受け繋がれて来ているわけですよ。ここで、俺は思ったんだよ。じゃあこの世の中に、全く新しい遺伝子って言うのは出来ないのか!って」

光一さん、かなり熱く語ってました(笑)

●「ステージなんて不思議の塊だよね~」と光一さん。

光一さんの不思議話は止まらず・・・。

光ちゃん「この世に直線は存在しないんだよ。凄くない」
お客さん「そうですね」
光ちゃん「完全な球体なんてないんだよ」
お客さん「そうですね」
みたいに、ちょっとタモさん化してました(笑)

●光ちゃん「一人で25分も話してしまったよ~」
お客さん「もっと」
光ちゃん「俺が話しだすとなんかの不思議の話を永遠しだしちゃうよ」

【アンコール】

アンコールが終わった後も「光ちゃん」コールが続き、出て来てくれたら・・・。

「みんながアンコールを求めてくれたけど、曲がないよ~。アンコールがあったら、答えてアンコール出来るくらい曲を作りたいと思います」

みたいなことを言って、歌なしで「バイ、バーイ」の声にお客さん「えー!」でした(_´Д`)ノ~~

「頑張って曲作るから」と言い、意地でもやらずお客さんの「えー」と言う声を背に光一さんは、はけて行きました。
コメント