す ず し ろ

はじまりはガンダムSEED。ネタのない最近は停滞中。気の向くままに、気の向いたときに

PHASE36 アスラン脱走

2005年06月25日 | SEED (感想&考察みたいなもの)
おまちかねのアスラン脱走、もっといろいろ悩んだり、決断により脱走かと思ってたのですが、気付いた時には逃亡者でありましたね。
流れ的には無理はないかな、話としても満足できましたし、いろいろと考えさせられました。
偶然メイリンの部屋に隠れたのが・・・ですが、何も言うまい。
ここでメイリンのアスランのこと好きなんです描写が大爆発したのも、何も言うまい。
(ただメイリンの“判らない”という台詞は、アスランを助けたいという想いがとっさに現れてしまった、自分でも理解できない行動。メイリンの中の良心がそう行動させてしまった。そう感じさせるこの台詞は好きです)
そんな所で悠長に立ち話なんかしているから・・・と思ったのですが、何も言うまい。
メイリン連れて逃げるのは、状況的に仕方なしなんだけど、なんか無理やり”業”を背負わされたなと思えて仕方がない。(今週のメイリンめちゃくちゃかわいかった)
部屋前でのやり取りの後に、ルナマリアを部屋に入れていたら、また今後が違ってきたかと思うけど、姉の性格を良く知っているメイリンだからこそ、断固部屋に入れるの阻止してそう。
格納庫の中でも、議長に対してAAがプラントに来なかった理由を、周りを気にせず話してれば、今後のシンの行動も面白くなったと思うが。
レイがあの時気付かなければ。
なんだか今回は、もしもあのときなど、IF要素が多かった話にも思えます。
誰もが知らないという事実が、アスランの行動を議長の思い通りに肯定します。

しかしさすが、アスラン脱走。表題に名前を使われる事だけあります。
久々の大活躍(笑)信じられない身体能力見せてくれました。
保安部3人を一瞬で倒すわ。レイの気配に気が付いて、メイリン抱えて横っ飛び(少し微妙)、レイの銃だけ撃ち落す。などなど、優秀な所を見せ付けてくれました。
来週は、性能の劣るグフで、新型ガンダム2機と渡り合うという、パイロットとしての優秀さをみせてくれるでしょう。(そのとき同乗しているメイリンの状態は心配ですが、)

スパイ容疑で拘束ですか、まさかあの時の写真をそう使ってくるとは思っていませんでした。お見事です議長、さすがチェス好き、見事な計算です。
AAへの想いが強すぎる。まああれだけキラキラ言ってれば、ダメダメでしょう。
いろいろな想いが、アスランの力を殺している。そのとおり、見事な洞察力です。
キラと出合ったことが不幸ということか、彼もまた。“も”とはもう一人はラクスですか。(議長の中では見事にスルーされていますけど、カガリの出会いの方が影響与えてるのですけどね。)
“いえ、生きています”そう答えたレイに思わずびっくり。コックピットの位置とか話し出したらどうしようと思いました。
まあ、罪状を疑う人は誰一人としていないでしょうね、キラとの会合の内容を知っているタリアとルナマリア以外には。
アスランという人物を、議長以上に知っているタリアが、今後どう動くのか楽しみですね。

シンはアスラン追撃の任で、初めて敵ではなく、戦うのは人間、しかも知己を殺すのだということを認識したのですが、アスランを落してシンがどう考えるようになるのか楽しみでもあります。
通常なら、敵=人であると考えるようになり、憎しみの先の虚無に気付くがパターンですが。どうも今週の議長の話を聞いているとそれも怪しいかなと。
ここまで育った戦士をダメにするようなことはしないでしょう、シンが考え込む前にレイにより軌道修正掛けられるのは間違いありません、先週でもその傾向が見えました。
罪の意識に捕らわれないように、己の行動に疑問を持たないように、敵を敵だと認識させ続ける為に、褒め称え戦場を用意し、戦い続けさせる。このままいくとキルマシーン化させられそうですね。

議長の目指す世界が見えてきました。
あの~選民主義としか思えないのですが。
自分に合った役割を果たす事で、満ち足りた生活を送り、人々が幸せになれる
やっぱり管理社会か(あれっ共産主義vs資本主義になってきたぞ、帝国主義(連合)からの独立戦争(プラント)だったと思ってたのに)
役割を果たしてこその幸せという言葉が、ロゴスが、ステラ達強化人間にしいた事と同じように聞こえるのは何故?
役割というのが議長の為に働く事、戦士に必要なのは戦うための力であって、それ以外の意思はいらない。無理やり意思を奪ったロゴス、自分の意思であるかのように導く議長、やり方は天地の差はあれ、根っこは同じような気がします。
お互い欲しいのは、思い通りに動かせる、強い力を持つ人形。
そのうちに、戦う能力が優れているからと、幼い頃から戦闘訓練を叩き込んで、優秀な戦士を作り上げていくのでしょうか?それが君の役割だとか言って。もともとナチュラルより能力的に優れていますので、淘汰の必要がない分、非人道的行為は少ないと思いますが。

以前アスランに、“名は体を表す”と言いましたが、議長にとってのアスラン・ザラは優秀な戦士、それだけだったようですね。(名は体を表すについては、別に書きたいような気がするけど、書けたらいいな。)
“力だけが僕のすべてじゃない”と力を否定したキラも、力の優れた戦士として見ているようですが、これはどうなのかな?メンデル関係ネタが今後あるとすると、優秀な戦士としてだけで、見てないと思うのですが。
役に立たないものは処分する。アスランの処遇は射殺もやむなしって、即効切捨てですか。シンとは大違いだ。(レイが任された時点で殺す気満々だったのかな)
さて、今後どれだけの人が議長に役立たずの烙印押されるのかな?
(なんだか私の議長観は、とてつもなく暗黒なんですけど・・・・なぜかな?)

ミーアはいい子でした
アイドルを夢見る普通の子でした、ミーアの密告がアスランの議長否定に繋がったとしても、ミーアはアスランを心配しての事なのですよね。本当にアスランの事好きだったんだね。ミーア結構好きかも知れないと思えてきたのですが、今後は、今の地位を守りたくて、議長に良い様に使われて殺されるのでしょうか。このこもかわいそうな子ですよね。

一瞬だけどキサカ登場ヽ(-^∇^-)ノ
待ってたよ~
東アジア共和国の連合艦に乗っての登場(何故だ)
議長に賛同して、妥当ロゴスなんて事は絶対にないのはわかっているのですが。
オーブとの友好国で身を潜めていたとか
あるいはスパイとか
気になるよ~早くしゃべってください。
そしてキラとラクスと一緒に、戻ってきたアスランをぶっ飛ばしてやってください。

AAと合流すると、あれだけ探しても見つけられなかったAAを簡単に見つけられるのでしょうか。AAもキラも沈んじゃいないと、今回はやけに自信満々(あれだけ絶叫したのにね)
その自信は何処から来るのだ?
今回の戦闘といい、アスラン株暴騰の兆しですか?来週落とされるけど。
コメント (2)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« PHASE35 混沌の先に | トップ | 脱走を終えて »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アスランは優秀ですね (すずしろ)
2005-06-26 14:05:18
そうアスランは優秀なんですよね、キラとカガリが絡まなければ(笑)

キラの生存は、視聴する立場からは知ってるけど、アスランの立場では、ほぼ絶望なんですよね。

それでも信じるという事は、ある意味現実逃避なのかなとも思えます。

キラの死という現実を受け入れたら、自分はシンを憎むんでしまう、憎しみの連鎖を断ち切ろうとしてるはずなのに、自らが捕らわれてしまうのが怖くて。

キラが死亡していたとして、アスランが自分の中の衝動にどう向かい合うのか、見てみたかった様な気もします。
Unknown (すずしろ)
2005-06-27 22:15:53
Mokoさん

OPに出てきてから、今か今かと待っておりましたが、やっと登場のキサカです。

1カットだけなのに、ほんの一瞬だったのに、いろいろ思いを巡らせてしまいます。

気になりますね~、早く知りたいですね~。ちゃんと放送してくれるかな?





ゆっきさん

いらっしゃいませ~

今週のミーアとメイリンはかわいかったですよね。

ただ、二人ともフラグが立っている様な・・・

アスメイは・・・あるかもという考えがよぎるので辛いです(アスカガの人ですから)。

でも確かに、それはそれで面白いかも・・・えっ

コメントを投稿

SEED (感想&考察みたいなもの)」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

第36話「アスラン脱走」 (機動戦士銃自由種運命)
デュランダルは新型の機体デスティニーとレジェンドをシンとアスランに見せる。デスティニーはインパルスを遥かに凌駕する性能を持っていると聞かされシンは目を輝かせる。だが、アスランは不信に満ちた眼差しをデュランダルに向ける。レジェンドに搭載されたドラグーンシス
「アスラン脱走」第36話 ガンダムシードデスティニー (ガンダムSEEDディスティニー~初代を語る)
あらためて、一言感想を。 ぶっちゃけ、メイリンちゃん俗にいう 死亡フラグたってませんか・・・ それはともかく、髪下ろしたメイリンもかわいいです♪ (こればっかりだな、私・・・)┐(´~`;)┌ では、話の順番に デュランダル議長のデスティニー&レンジェンドの説明
ガンダム種運命にどんどんもの思い。 (たいむのひとりごと)
PHASE-36 アスラン脱走 議長・・・真っ黒だ。デスティニー・・・シンのだめ
SEED DESTINY 36話 (CODY スピリッツ!)
最近、増長しすぎのシンをアスランが殴ってもやっぱりちゃんとシンをしとめなければ死にきれるもんじゃない!と思っている全国のS-Dファンの皆様!早速感想に入ります。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY #36 「メイリン脱ぐわよ」 (俺のタイムラグ)
へたれアスラン、前回はスーパーエースであるシンを殴ってくれたりと なかなかいいキャラになりつつありますね。 そんなアスランが今回ついに脱走でありますよ! 果たしてへたれからも脱出することができるのか!? だが今回はアスラン脱走がメインと見せかけて 実は
GUNDAM SEED DESTINY (ゼロから)
優秀な戦士は、決して優秀な兵士にならぬもの。 そう、議長の犬になどならぬアスランは 脱走しかない。 アスランのヘタレモードを解き放てるのかメイリン!
第26話 「アスラン脱走」 感想 (大人のガンダム視聴記録)
とうとうこの回が来てしまいました、「アスラン脱走」。このタイトルを知った時、あまりにストレートなタイトルに茶を吹いた。まぁ、これも伝統的なガンダムタイトルなんですけどね。ということで、今回も「生き急ぎ日記」の西村さんの演出です。非常にスケジュールがタイト
ガンダムSEED DESTINY第36話「アスラン脱走」 (Refuge)
動きがあって吃驚な展開でフツーに面白かったデス。 キラがMSで最強ならば、アスランは生身でバトルさせたら最強だね! 相変わらず後先考えないで行動しているけど、ようやく前を向いて走り出したアスラン。やっぱ迷ってない彼のほうがカッコイイです。 キャラ作監は山口
第36話「アスラン脱走」-実は二回目- その① (-SEED・エスカフローネに愛を注ぐ-)
第36話「アスラン脱走」-実は二回目-その① Aパート ●デスティニーとレジェンドの紹介 デスティニーはシンに合わせて作られたもよう。 シンの(戦士としての)成長具合やエースパイロットとしての期待をこめて創られたようですが、
第36話「アスラン脱走」-実は二回目- その② (-SEED・エスカフローネに愛を注ぐ-)
第36話「アスラン脱走」-実は二回目- その② ●キサカ登場 でも何で連合に? 砂漠に帰ってたの? カガリほっぽって? あんたがいない間にカガリが何回泣いたと思ってんの!! 「泣くのもダメです!」
種デス PHASE-36 アスラン脱走 (PAWA-TYPE)
議長「デスティニーには特に君を想定した調整が加えてある。」 シン「俺をですか?」 議長「最新のインパルスの戦闘データを参考にしてね。君の操作の癖、特にスピードはどうやら通常の3倍のようだね。」 議長「君の機体はこのレジェンドという事になるがどう
盛り上がってまいりましたぁ!混沌の先にあったのは更なる混沌だ... (ニッキー)
さてはて面白くなってきました。 もう、レイは真っ黒、議長も真っ黒、ミーア可愛そう、 そして、メイリン可愛いよメイリン! (「○○可愛いよ○○」とか言うまいと思ってたのに・・・) あと今回でしっかり証明されましたね。 アークエンジェル出なくても面白い番組だとい...
メイリン可愛いねぇ♪ (咎人が踊る異界の地にて)
 どんな敵とでも戦ってやるさ。  ステラは敵だったでしょうに。戦えなかったじゃない?もし、生き延びていて敵として現れたら戦えるのか?というとそうじゃないだろうし。シンの言う事って何時も思うけど甘いよね。  新世代のドラグーンシステム!?誰でも扱えるよ
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第36話 (salty blog)
第36話「アスラン脱走」まずは、議長によるデスティニーとレジェンドの説明。デスティニーは、すでにシン用に調整されているらしい。アスランはご機嫌斜め。ロゴスと戦うと言ったのにアークエンジェルを討った議長に、食ってかかる。何故…思いは同じ彼らを討つのか?(アス
種運命 第36話「アスラン脱走」 (Ez8の気さく気ままな日常模様)
期末前でも構わない!ってことで今週のレビューいってみよう。今週はキャプいつもより多めです つーかやっぱα〓のCMかっこよすぎ!凱カコイイよ凱(;´Д`)ハァハァ   議長のMS説明から始まるしかし・・・なんか先週と少し違和感が・・・ぇーと・・・   ぁ
ガンダムSEED DESTINY 第36話「アスラン脱走」 (蒼白な月)
とうとうこの日が来てしまいました!! 「アスラン脱走」 実は心配のあまり(?)前夜は明け方近くまで眠れず、なんで私はアニメのキャラにこんなに振り回されなくちゃならないのよぉぉ! とナサケナイ気持ちでふらふらと所用で出かけ、帰りに渋滞に巻き込まれてあんなに
今週のガンダムSEEDデスティニー (アフィリエイトで目指すは月収100万円)
第36話「アスラン脱走」 議長がデスティニーはシン用に調整してあると説明。 レジェンドは、誰でも扱えるようにしたドラグーンシステムを搭載したと説明。 シンは喜んでいるが、アスランはずっと不満顔。ミーアがそれを見てアスランのことちょっと心配そう。後にミー
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-36「アスラン脱走」 (EL CLASICO)
シンと アスランに 新MS「デスティニーガンダム」と「レジェンドガンダム」について説明する デュランダル議長. 「デスティニーガンダム」は,シンの 最新戦闘データを基に調整された インターフェース搭載の シン専用機体. 議長の お褒めの言葉とこの機体のことで
GUNDAM SEED DESTINY PHASE-36 (kasumidokiの日記)
今週はメイリンとレイが、それぞれ大活躍でした。 アスランが脱走する理由が予\\想していたものとは違い、納得できるものでした。 私はアスランがザフトに居ることが我慢できないから脱走するのかと予\\想していま
種デス36話「アスラン脱走」 (あゆきっくす)
「アスラン脱走」・・・アスランはオトコをみせてくれるのか 期待と、不安でドキドキしながらTVに向かいました・・・ 結論を言わせてもらうと・・・
ガンダムSEED DESTINY 第36話 「アスラン脱走」 感想 (蒼穹のぺうげおっと)
テーマ的にかなり深いところ、核心を突いたところを扱ったりと、様々な意味で非常に面白かった第36話「アスラン脱走」。 議長の言葉を中心に2つの対比が描かれた今回は、バトルエンタメを抜きにした回としては久々にかなり見応えのある内容に満足でした。 やっぱりこのD