猪突猛進 鈴木研究室へようこそ

関西医療大学大学院 教授である鈴木俊明研究室の紹介や鈴木が日頃考えている教育・臨床・研究への思いを熱く語ります。

最後は思いの同じ人だけで頑張ります。

2020-02-01 14:12:00 | 日記
複雑な気持ちです。でも今はあっさりしています。

私の臨床指導が厳しい 参加したら指摘されるために参加したくない

10年くらい前と比較するとかなり優しくなっているのですがね。

股関節が屈曲していない患者さんを、股関節屈曲しているから問題であるということは、全く良くない。そこを指摘しているので喜んでほしいのですがね。

今までは、多くのセラピストを良くしたいと考えていましたが、諦めました。

私に指導して欲しい方だけを教育することにしました。

まあいろんなタイプのセラピストがいても良いのですが、解剖学や運動学的な解釈は確実に正しいことにならないといけないですね。

昔、有名な大学教授が、ご自分で研修会などを企画して参加してくれる人を真剣に教育するために大学を辞められました。なんかその思いが今よくわかりますね。

理学療法士としてあとどのくらい働けるかわかりませんが、最後は自分の思いがわかる人だけで仕事したいですね。 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 元気で私を支えてくれた皆さ... | トップ | ありがとう 感謝 は私の方... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (時代かも知れませんです。)
2020-02-01 18:48:25
私は鈴木先生の勉強会に参加させていただき、感動しました。
Unknown (suzukitoshiaki)
2020-02-01 18:50:22
ありがとうございました。時代ですね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事