鈴木しんいちの愛川町レポート(日本共産党の愛川町議会議員 鈴木しんいちの議員活動と日常を紹介しています。)

鈴木信一は、愛川町に住んで47年。2015年10月の町議選で初当選。愛川町議会議員として、町民の願い実現に奮闘中。

中津第2号公園をみんなできれいに利用しましょう。

2018年07月06日 | 愛川町

  第2号公園に設置された啓発看板(6月30日)

 先日、中津第2号公園にゴミが散乱していたので拾いながら気が付いたことを公園を管理する都市施設課に(6月25日)要請しました。
内容は①ベンチのペンキがはがれて汚いのできれいにすること。汚れているとゴミが捨てられやすくなります。とくにベンチ周辺にはゴミが多い。②「愛川町のキャラクター、あいちゃんの絵を付けて、『公園はみんなで気持ち良く使えるようにゴミは持ち帰りましょう』の啓発看板を新設すること。
さっそく、ベンチにペンキが塗られ、啓発看板が設置されました。看板には、あいちゃんの絵と「ゴミの持ち帰りにご協力お願いします」の文字。
みなさん、きれいに利用しましょうね。


北極冒険家 荻田康永さんの講演会は満員

2018年05月20日 | 愛川町

会場に入口の看板

防寒服とテント(後ろ)

 5月20日、日本人初の南極点無補給単独徒歩を達成した愛川町出身の冒険家、荻田康永さんの講演会がありました。会場となった町文化会館は立ち見が出るほどいっぱいでした。写真と動画をスクリーンに映しながら話をする荻田さんは、話が面白いだけでなく人を引き付ける魅力を感じました。「恩返し」とは自分が受けたものを返すことだが、「恩送り」とは自分の体験を多くの人に伝えることで社会貢献ができるとの話は良かったですね。これからも挑戦は続くようですが、愛川町初の町民栄誉賞受賞者ですからね。今後の彼の活躍を、愛川町民の一人として期待し応援したいと思います。


5月13日愛川町平和行進に40名を超える方が参加しました。

2018年05月16日 | 愛川町

 原爆被災者の会を先頭にデモ行進

 5月13日(日)、今年も核兵器廃絶を願い愛川町平和行進を行いました。今年の平和行進はデモ行進の演出に力を入れました。プラカードは愛川町の「平和に町宣言」の文言から引用しました。そして誰もが参加しやすいようにウチワには「平和がいいね」の文字。音楽も若者が選曲してくれたので反応も良かったです。出発式にはピアニストの田巻真理さんの伴奏で大合唱。40人を超える人が参加しました。みなさん、お疲れ様でした。


5月11日、第7回愛川町議会意見交換会が開催されました

2018年05月12日 | 愛川町

 

第7回、愛川町議会意見交換会が5月11日に町文化会館で開催されました。町民のみなさんからは貴重なご意見ご要望が出されました。第2号公園の環境整備やトイレの改修などについては私も以前、町の担当課に要望していましたが、再度現地を確認し対応します。

なお、一般質問の在り方については手厳しいご指摘がありました。私も反省しつつレベルアップを図るよう努力したいと思います。みなさん、貴重なご意見ご要望ありがとうございました。


愛川町平和行進は、いよいよ一週間後(5月13日)です

2018年05月06日 | 愛川町

 ローソン

 セブンイレブン

  今年の平和行進は5月13日(日)に行います。午前9時半から愛川町役場庁舎前広場で出発式をおこないます。行進コース沿線のコンビニにもポスターを張らせていただきました。ポスターは役場本庁舎内、文化会館、中津公民館、半原公民館など15か所に張ることができました。

 今日は平和行進コース沿線の住民にヒバクシャ署名をお願いしながらチラシを配布しました。核兵器を無くすために一歩でも二歩でもご一緒に歩きませんか。


広報あいかわにブラックバイト特集・・・3月議会一般質問で提案

2018年05月01日 | 愛川町

 ブラックバイト特集

 広報あいかわ

 

 今月の広報あいかわに、ブラックバイト特集が掲載されました。

 毎年、バイト先からキャンペーンと称して店の商品を買わされ、結局はひとつも売れずに廃棄処分している若者の実態を明らかにしながら、ブラックバイトを無くすために3月議会一般質問で取り上げました。ブラックバイト根絶の為に行政が果たす役割として広報するように求めたところ、早速、本日発行の「広報あいかわ」で2ページを使い大きく特集してくれました。若者のみなさん、一人で悩ます相談しましょう。


ざっくばらんに語る会(議員活動報告会)を開催しました。

2018年04月22日 | 愛川町

 資料を見ながら話を聞く参加者

 報告する鈴木信一議員

 

 4月22日(日)、議員活動報告会をおこないました。当日は真夏を思わせる暑さのなか、40代から80代までの12人が集まりました。

 第1部では、3月議会一般質問で取り上げた「女子中生徒の制服にスラックス導入について」と「ブラックバイト等をなくすために行政が果たす役割について」を報告させていただきました。

 第2部は、町の第7期介護保険事業について説明しながら、そもそも介護保険制度とは何か、制度の仕組みを含めて説明しながら一緒に考えてもらいました。

 参加者からは「少ない年金から天引きされる」「これ以上の負担は困る」などの意見や、介護保険制度を利用した経験者からは「この制度によって救われたが、より良い制度にするために考える必要はある」との発言もありました。アンケートには「本日、出席して説明等を聞き、特に議会の状況等も詳しく知ることができました」「今日は参加させていただいて良かったです。また、よろしくお願いします」などの声が寄せられました。


くらし・まちづくりをざっくばらんに語る会を開催します。

2018年04月18日 | 愛川町

みなさん、今度の日曜日、午後2時から桜台児童館で議会一般質問の報告会を開催します。くらし、まちづくりをざっくばらんに語りましょう。資料代100円です。今、その資料作りをしています。


この国は今、大変な事がおきています。

2018年04月18日 | 愛川町

イラク日報に「戦闘拡大」

命がけで報告していた日報を「ない」と言う事自体、許しがたいのに、そこに書かれた内容は「非戦闘地域で安全な場所」どころか戦場そのもの。現場で戦死者が出なかったのは奇跡と言うべき。しかし、帰国後に54人の自衛隊員が自殺していると言います。アベ政権は一刻も早く退陣させないと大変な事になりますよ。

いや、すでに大変なことが起きている。


横須賀水道半原水源地跡地で第2回「お花見のつどい」が開催されました。

2018年04月11日 | 愛川町

 みらいあいこさん

 市川さんのかっぽれ

 小野澤豊愛川町長

 あいちゃん

 地元のシンガーソングライターの、みらいあいこさん。4月4日、半原水源地跡地で開催された「お花見のつどい」に歌と司会で出演しました。

  この場所は水源の役割を終えたことから横須賀市から買い上げ、愛川町の観光産業連携拠点として位置づけているところです。小野澤町長や小島議長もあいさつに来られました。

  このほか、地元の方が歌やハーモニカ、踊りで会場を盛り上げました。愛川町のゆるキャラ、あいちゃんも来ました。