goo

下根子桜(6/16、完全に変だ)

《1 完全にこのハリギリは変だ》(平成30年6月16日撮影)

《2 というのは、一部が皮が剥げてその正体を晒し初めていたからだ》(平成30年6月16日撮影)

残念だが、枯れ死するのは最早時間の問題だろう。そして、
《3 その隣のケヤキもご覧のとおりやはり変なままだ》(平成30年6月16日撮影)

《4 ちなみに羅須地人協会跡地入口のケヤキはこんな具合で普通に元気》(平成30年6月16日撮影)

《5 ところが気付いた、入口のケンポナシも同様に変。葉っぱの付き方が病的》(平成30年6月16日撮影)

《6 ちなみに、高台の東南の隅のケンポナシはこんな感じで元気》(平成30年6月16日撮影)


 これで明らかになったことは、賢治詩碑のある台地のハリギリの大木は最早生き返ることはなさそうだということだ。木の地肌を無残にもさえもさらけ出し始めているからだ。そしてその両脇のケヤキも変だが、ちょっと離れたケンポナシもこの変なケヤキと同様な症状を呈している。
 2年程前から呈し始めているこのハリギリの大木の異常が、最早それだけに留まらずに、隣のケヤキの大木にも、そしてかなり離れているケンポナシの大木にも伝染していると言えよう。病巣はどんどん広まっている。
 一刻も早く抜本的な手を打たないと、羅須地人協会跡地の大木は皆、早晩ハリギリと同じような結末を迎えそうだ。賢治の拠り所であったあの高台の大木の幾本かが、今瀕死の重態に陥りつつある。

【参照資料】
①〝下根子桜(後編、8/10)〟の《18 ハリギリの大木半分以上が枯れていた》(平成29年8月10日撮影)
②〝下根子桜(10/29、前編)〟の《23 ハリギリ》(平成28年10月29日撮影)
③〝下根子桜(8/21、その他2)〟の《28 ハリギリ》(平成27年8月21日撮影)、《29 〃 》(平成27年8月21日撮影)
④〝下根子桜八景(6/16、#1)〟の《19 このでっかい木はハリギリのようだ》(平成27年6月16日撮影)

 続きへ
前へ 
 ”宮澤賢治の里より”のトップへ戻る。
 この度、『本統の賢治と本当の露』(鈴木守著、ツーワンライフ出版、定価(本体価格1,500円+税))を出版いたしましたのでご案内申し上げます。

 本書は、「仮説検証型研究」という手法によって、「羅須地人協会時代」を中心にして、この約10年間をかけて研究し続けてきたことをまとめたものです

 現在、岩手県内の書店での店頭販売やアマゾン等でネット販売がなされておりますのでどうぞお買い求め下さい。
 あるいは、葉書か電話にて、『本統の賢治と本当の露』を入手したい旨のお申し込みを下記宛にしていただければ、まず本書を郵送いたします。到着後、その代金分として1,620円(本体価格1,500円+税120円、送料無料)分の郵便切手をお送り下さい。
      〒025-0068 岩手県花巻市下幅21-11 鈴木守
               電話 0198-24-9813
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 賢治記念館の... 賢治記念館周... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。