goo

ツクバネウツギ

 胡四王山のツクバネウツギについて報告する。
 ツクバネウツギ(衝羽根空木)はスイカズラ科、ツクバネウツギ属の落葉低木で、林の中に生えている。
 なお、胡四王のものは正式には「ウゴツクバネウツギ」であり、接頭語の「ウゴ(羽後)」がつくということである。

《1》(平成20年5月14日撮影)

《2》(平成20年5月14日撮影)

《3》(平成20年5月14日撮影)

《4》(平成20年5月14日撮影)

《5》(平成23年5月23日撮影)


《6 果実》(平成23年7月22日撮影)

5枚の蕚片を残した果実がツクバネに似ているので、ツクバネウツギの名が付いたとのこと。


 ”胡四王山に咲く花”のトップに戻る。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« オオアラセイトウ エゴノキ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。