やりたいことは、やり残したことだ。

思いついたことをただ書いているので内容に一貫性はない。

「セブン」

2017-05-16 13:03:36 | 日記

「羊たちの沈黙」は傑作だった。

自分は特にサイコサスペンス映画が好きというわけではないが、

あの映画は名作だったと思う。何度も観てしまった。

実話を元にして制作されたそうだが、よくできたストーリーだった。

ジョディ・フォスターもとても綺麗だし。

それにたいして同じサイコサスペンス映画でも「セブン」はいまいちな印象。

この映画も世間では大変好評を得てはいるが、自分は面白いとは思わなかった。

この映画全般に漂う暗ぼったい雰囲気が、わざとらしい感じがする。

最後のシーンは印象的だったが、全体を通すと内容もそれほどないし何より

「羊たちの沈黙」に比べるとスリリングさに欠ける。

ちなみにこの数年後公開された似たような作品の「クリムゾンリバー」の方が

全然面白いと思う。

ただ残酷なだけの安易な猟奇殺人事件の映画は気分が悪くなるだけだ。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「なんと孫六」 | トップ | 5月20日(土)決戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事