風が強くて

2016年04月30日 07時32分01秒 | 季節が変わる

雨上がりの朝から終日風が強く吹いていました。それにく空気も冷たい。近くに買い物に出たぐらいで後はもうゴミが目に入るのが嫌で控えめにしてました。雨が上がったあとだからまだ良いので、これが乾いた大地の土埃など巻き込んでいたらそれこそ、閉めていても家の中まで入ってきてザラザラ感が始末に負えないのでしょうけど。

今が見頃の「シャクナゲ」です。

負けずに見頃になった「テッセン」。

こんなに良い天気なので風さえなければいろいろ出来たのに。咲き終わった椿の剪定もしたかったけれど危険で。剪定だって時期を逃せば来春の花数に影響するのですけどね。

ちょって出歩いた時に見かけた「ネギ坊主」。幼い頃、これをバットで打って飛ばして顰蹙買ったっけ。

「シラン」や最近見かける変わった花や昔から有る「矢車草」。春は紫系の花が意外と多いかも。

で、「君子欄」の色が有難いかも。

まだ咲いてます。

此方は中々成長してない「エアー・プランツ」。もう二年以上前に100均一で購入したのですが育て方分からず。

この風の天候では仕方がなくて、預かっている書類の入力作業をして、それなりに捗った。今も風が強く窓の雨戸が音を立てています。

5月の連休とは言っても、介護等もありますし、もう勤務しているの時代ではないので特に何てことないのだけれど何か少しそわそわ感が残っているかな。国会議員が海外視察なんて揃って行くようだけど、国内の国民の置かれている状況はしっかり判った上でなのでしょうねと位言いたくなります。閣僚クラスだけで7億円を使うとか、それ税金だぜ。

本日、今のところ風もなく晴れている。そろそろ毎月の医院へ薬等貰いに行かなくては、土曜だから開業しているはずで、歩こうかな。

 

 

 

コメント (2)

終日雨から今日は一転して

2016年04月29日 07時11分20秒 | 季節

朝から雨、昼間でも雨、夕方も雨でした。そんな日はこんな感じ。

でも、預かっていた資料の入力を一件は終わったし、もう一件は伝票整理して入力する前段階まで行ったし、まあ、仕事らしき事したかなって感じ。

雨に濡れた「テッセン」と椿の木を這い上って行ったそれ。

「温州みかん」の花もちょっと開花を見送ったみたいだ。

「パナマ文書」発覚で「タックス・ヘイブン」に付いて我が国でも少し問題視されるようになった来たかな。でも、ほんの少しだけど、というのは政府筋はほとんど無視ですから。

「悪貨は良貨を駆逐する」なんて言葉を似たような感じで思い出します。なにせ問題は税逃れに利用されているケースが多いと考えられる処です。国際的に協力して税率を一致させるという事も解決策としてあるのだろうけど資本主義の論理では難しいかも。有効的対処にと今ふっと思ったのは、そんな企業等には倫理や社会的使命感とかはお持ちで無いのだから、その企業の商品等を買わない、使わないという方法も、そしてそんな企業には勤務しないというのも一つの方策でしょう。では、そこに口座を持つ個人に対してはどうするかというと、そのお金を使うことが出来なくすることが可能なら有効ですけどそれは難しい問題でしょうね。倫理観をなくした企業・人に対しどのように対処すべきかは難しい問題です。対処する側もそんな輩等にぶつかるには何か心底汚れてきそうで。

人間、善意で生きて行きたいものです。

今日も綺麗に咲いています。

雨の昨日から一転晴れ、でも風が強い。春の大型連休とやらに入ったそうな。定年退職後の身にとってはあまり関係ないと言えるけど、家族連れで旅行に出かける姿など見ていて良いものだ。しかし、今の時代、昔と比べて労働者にとっては勤務時間等のルールや勤務体系、有給休暇などいろんな状況でこの大型連休の意義も異なって来ているのではないかな。資本の論理でまず儲けということか。この新自由主義なるもの、欧州ではその弊害に声を挙げ出した労働者等が多くなってきているけど、我が国ではそうなって来ないのは多数の働く者の味方風で実はそうでない政治パーティーなどにも問題があるのではって感じも。

多肉植物の形が崩れてきたので整枝した。といっても切っただけで、切った部分はしばらくほったらかして乾かして挿し木してそれで完了。

友人が自宅で始めたお食事処の宣伝です。8月には以前、子供が学童保育に行っていた頃父母会で一緒だった仲間と集まる予定。

 

 

コメント (2)

紫色の花

2016年04月28日 10時13分05秒 | 鑑賞

今がちょうど見頃になっている紫色の花です。

この「シャクナゲ」は家に来てもう30年ぐらい経ちますが、最初の頃は何年か花がつかず、ほっといたのですがやがて蕾を付け年々、その数が増えてきました。今年は20輪以上咲いています。枝ぶりも悪いですが、咲けばとっても豪華です。 

この「テッセン」は10年ぐらいでしょうか、毎年咲いてどんどん蔓を伸ばし隣の椿の枝に這い上ってきています。この二つの紫色の花はほぼ同時期に咲きます。

「レウイシア・フィレーリア」は今年、北海道占冠村から届いた苗です。関東での夏越しはかなり難しいのですが、来年も咲かせられるかは1年後に画像を載せられるか否かで。

通りを歩いていて空き地に「筍」が出ているのを見つけました。何年か前には竹やぶでしたがそこを整地してますがそれでも地下茎が残っていたのでしょう。竹やぶを整地するのは大変なのでしょうね。

活けた花もそこに有るだけで心和む感じ。

鴨居のよじ登っている人形です。三田から持ってきました、その三田のマンションもそろそろ手放す方針。

「エケベリア」ですがこの種類は花径をよく上げてくるようです。

昨日、税務申告書類等を毎月見てくれるかどうかの相談の方が夕刻に訪問してくれました。が、決算書類等を見ても適切になされていて、何ら問題を感じない処理でしたので、顧問料を抑えたいという事もあるのでしょけど、聞いた範囲では高くは無く、今税理士を変える必要はないのではと感じまして、ちょっと悩んだけどお断りしました。同業者に嫌な思いをさせたり、されたくないというのもありますが、変な競争等はしたくないのも一因として有りますので。

本日雨。気温も前日より8度も低く、薄手のジャンパーを羽織ってちょうど良い。何日か、ゆっくりしたので今日から少し入力等しなくては。

コメント (4)

何もしないのが静養かな

2016年04月27日 12時18分02秒 | 落語を楽しむ

「レウイシア・フィレーリア」の交配種が咲いています。花が大きいようだ。

もう春も進んで夏に近い方の春かななんて思える程、関東は穏やかに過ぎた。ここ数日、活動したので休む事も大切な事だと感じて昼間はほとんど何もしてない感じ。でもそういうの嫌いじゃないし、なにせ頭も体も休ませるのが結果、健康になるようで、そんな年齢かな。

「テッセン」。二枚目にはイナゴの小さいのが乗っています。

「シャクナゲ」が一気に咲き出してしまう気候でした。

名残花の椿。

「君子蘭」の色が鮮やか。

「デコポン」をいただきました。柑橘類はいろいろな品種ができましたがデコポンはやっぱり傑作かな。食べやすいし旨いもの。

立川談四楼師匠がツイッターで「医師にも見放された末期がん患者が大麻を育て使用、劇的によくなったが逮捕。さて裁判の行方は?・・・・」と呟いています。裁判で有罪になるとしたら私はそんな社会好きじゃないです。なぜって、他者に迷惑がかからない程度に注意し、個人の懸命な生き様を法律で裁くのはその法律の方が不具合になっているのではって感じますが。ただ、詳しい経緯は把握してませんので今ざっと感じた範囲での浅い意見ですが。

さてさて18時。昼の静養時間も終えにしてこれから第14回目になる「和」落語会にいきます。おって追加します。

今回は初めての方が7名早くから来ていましてかなりの混雑。それで結構、途中で話しかけたりで落語家さんも大変で、逆に云えば鍛えられたかなって思い。「小笑」さんが「転失気」と「悋気の独楽」を「金かん」さんは「つる」を噺ました。

終わってからは恒例の飲み会に。和気あいあいですっかり気持ちよく。よって本日も朝「暁を覚えず」でした。

 

 

コメント (2)

良い気候になりました。

2016年04月26日 10時53分16秒 | 季節

関東は春らしく、シャツ上に何か羽織らなくてもちょうど良いかな、駅まで歩きましたが清々しくそしてうっすら額に汗する感じで春です。

京浜東北線王子駅西口です。緑が鮮やかになりました。月一回程度王子駅に近い「珈琲館」で業務連絡をしていますので大分周辺に愛着も。資料を預かりましたので入力もしないといけないのですが少しのんびりしたいという感じ。

大宮駅へ向かう途中の路肩の「ツツジ」と「ハナミズキ」の集合して咲いている空き地。

「シャクナゲ」を一つ活けました。今年はかなり花数が多い。

ほぼ同じ頃に咲く「テッセン」です。なんで違う色にしなかったのか紫系です。

「花束」ですが色合いがシックでいて清楚な感じでこの配色も良いですね。

青空の中で白い鳩も元気が良い、そして自由に羽ばたいて居る様子です。こんな関東ですが、熊本や阿蘇周辺では不自由な暮らしを強いられている方々がいるのですね。その事は忘れないでいます。

本日も一段と春めいています。昨日、晩酌で頂いた「いちご酒」というのを飲みました。ラベル等の書いてあるのを見ると牛乳で割るという。実際そうしてみたら口当たりが甘くて飲みやすく。でも酔いました。本日は地元での「落語会」にいき、その後 、恒例の飲み会になる予定。呑みすぎに注意しないと、やっと腰痛も治まっているのですから。

 

コメント (4)

日曜日は田町の街は空いている

2016年04月25日 10時44分34秒 | 学び

昨日も所用で三田の街に降りました。普段はサラリーマン等で混んでいる街も空いている。食堂等も休みが多い。そんな街の顔の一面が見られてそれはそれで興味深い。「ハナミズキ」が街路樹として目立つようになりました。

だんだん通うのももう少しになるだろうなと感じています。ただ、まだ何回かは来るでしょうが。

なんとなく室内も記録として残しておきたい様な感覚。

今回持ち帰った人形等。そうそう、旅行のキャリーバックを新たに見つけそこに詰められていた服等、丸々廃棄した。

「テッセン」がポツポツ花弁が開き出しました。

さて。日曜日は衆議院議員補選として京都3区と北海道5区の選挙が有りました。所謂、不倫等事実表面化により辞任した為の補選なんてのは元来税金の無駄遣いで語るに落ちるところですが、北海道5区は結果は案内の通りですがどのように理解するかはいろいろでしょう。相変わらずと見るか、J等支持に回った政党の基盤の強さと何を考えているのかとか、敗れはしたものの市民運動の一つの道筋の方向性が少しできたのだろうとか、変わるときはスムーズではないのでしょう。そこには劇的な何かがあってこそ変わるのでしょう。北海道こそと思うけれど北海道だからなのかな。M党は統一した方向性が見えてこないのですが。そういえば、農村部と自衛隊基地が多い地域と勤務労働者等が多い地域では票数の集まり具合が異なっているような集計数字もありますね。

でも、このままで本当に大丈夫なのか。もう限界なのではないだろうか。これほど格差ができているのに方針が変わらないで真綿の締めつけを甘んじて・・・・なんて、そこは・・・・物言えば唇寒し・・・国は形態上残っても民は居なくなったら何の為って感じ。

「シャクナゲ」。今年は蕾が多いけど花が小さめかな。「シャクナゲ」は日本古来種もありますが中国雲南省あたりにも沢山原種と云われるのもあり、主に欧米で交配が進み、それなりに豪華で丈夫になって来てるようです。これも所謂「西洋シャクナゲ」と呼ばれる分類に入ります。

終盤となった椿。

これから夏に向かって主役になるのだろう「ペチュニア」。

本日も業務の関係で王子駅近くにいきます。どうやら天候は大丈夫の様子。暑からず寒からずでちょうど良い気候かな。

 

 

コメント (2)

「シャクナゲ」が咲いた

2016年04月24日 07時09分01秒 | 花・華・花・華

「シャクナゲ」が咲いた。やっぱり早い。季節がどんどん早く回転してきている感じがする。この花木は結構気難しいところがあって百回育てるの投げちゃうので「シャクナゲ」と呼ぶなんて聞いたことがあるのです。でもほっとくとよく咲いたりもします。

ペチュニア系も冬の寒さを耐えられたようで枯れずに花をつけました。

景気対策は一部の大企業だけに恩恵があったようで、そうなると国民生活の視点では失敗です。福祉関係はそもそも消費税率アップでその歳入を全額回すはずなのにそうではなかったし、国民年金保険料は収められない方が多い状態で上げるとか、なんかやることが逆でしょうに。そして今最もいやらしく感じるのは北の選挙戦絡みで南の災害視察にお上感覚で行かれることかな。何でこんな状況が続くのだろう。でも、もう変わる感じがしているし、変わらないと駄目でしょう。人々は質素で誰もが普通に暮らせる平和を望んでいるのです。一握りのとんでも無い大富豪と多くの生活困窮者という格差社会は望みません。

「センべりビューム・ブルーボーイ」がもう成長著しい。こんなに逞しい多肉なのですね。

まだ咲いています。

「君子欄」ほったらかしですが、なんとも咲いていました。

占冠の「イトウアイリスガーデン」のオリジナル交配種が咲きだしました。

昨夏に大きなダメージを受けこの早春にはほとんど咲かなかった「雪割草」がなんとか復活してきたようです。ここを乗り切り夏をやり過ごせば来春は戻るかも。

本日も東京の三田に行く予定ですが、年老いた母が昨夜から調子が良くなさそうでそれが心配です。

コメント (2)

春眠暁を覚えず・・・でした

2016年04月23日 10時23分01秒 | 飲み会

夕方Oさん宅に訪問して資料等受領し、戻ってすぐにバスで月例飲み会へ行き、飲んで情報交換等。そして本日、表題通り「春眠暁を覚えず」でして、だんだん飲んだ翌日の目覚めが遅くなってきた感じ。

昨日飲んだのは「ビール」に始まり「ワイン」、「日本酒」、店を変えて「紹興酒」、「日本酒」と、集まり情報交換してついつい楽しく飲んで食べてと、やっぱり飲みすぎてしまう。画像のことなどすっかり忘れてその画像無し。そういえば何年か前の九州旅行の際、今回崩落したあの橋も通過したななんて話も。未だ収束せぬ震災ですが、高千穂のあの蕎麦屋さんは大丈夫だろうかとか飲みながらも気に掛かり心配。

日本酒といえば、最近「獺祭」が人気ですが、あれは山口県の安倍さんの云々で「俺は嫌いだ」という者もいました。だって、未だに「激甚災害」の指定はしないし、大震災とは認識してない政府ですから、それにボロボロ出てくる失言、というより本音。もう駄目だわって感じ。

昼間読んだ本ですが。とても面白い。

「大手毬」が大分、白くなってきました。

Oさん宅での咲いていた花等。

そしてまたまた「筍」を頂いてきました。今年も筍たくさん食することができました。

残り少なくなった椿花。

「もみじ」が芽を吹き「テッセン」も直に咲きそうです。朝風呂でしたが午前中は今だぼーっと感。

 

 

 

コメント (2)

前回より薄着で

2016年04月22日 07時40分41秒 | 少し活動

久しぶりに東京の三田に行ってきました。前回はまだ厚着してましたが今回はYシャツに薄いウインド・ブレーカーで、だから大分薄着で出かけるようになった。季節はそれなりに過ぎていきます。

エントランスに咲く「ツツジ」。ベランダから見る景色。東京は相変わらず建築が続いてます。

まずは片付けから。ステンドグラスのランプシェード。こういうのは今は流行らないでしょうね。

同じ紙粘土を固めたような犬の人形ですが上から目線や正面目線ではこんなにもイメージが違ってきます。

フクロウのの小物入れと、二枚目はドアーを開けておくための犬が片足上げて用足ししているグッズになっています。

今回初めて不動産業者さんに来てもらい物件の査定等話しました。バブル期の購入ですし、経過年数も有りますから3割程度の評価額です。

季節が移っているのは確かで「温州みかん」の枝に白い蕾が上がってました。

「無いだろう」はダメだということはもう学習したでしょうに。何で、そんなに意固地なのだろうって感じています。「国民の命を守る」その言葉に誠意が感じられないのは言う事と実際とが異なるからでしょうに。それでも今だにその地位に居るのが摩訶不思議だ。

平和をイメージする「白鳩」が飛翔してました。

「黄モッコウ」と「大手毬」の咲く時期です。

大分と花が減ってきました。

「レウイシア・フィレーリア」は花が長持ちです。

本日は朝から気温が高い。夜には旅行会の飲み会が入っているのですが1件5時に来て欲しいという方があり話に内容によっては時間が掛かり飲み会参加は困難かも。それにこの天候、予報では不安定の様子。

 

コメント (2)

春はジグザグに

2016年04月21日 08時04分14秒 | 季節が変わる

「桜」が終わり地面には「芝ザクラ」が咲いています。

「鈴蘭」が咲き出しています。

「ハナミズキ」もその美しさに見とれる様な色を鮮明にしてきました。

「報道が公平かどうかは政府が決めるべきではない」との意見が外国の方から指摘。至極正論だと思う。今、我が国における報道の自由度は極めて低い、そして更に低下している。それが実情なのですね。こんな時こそ国民がそしてマスメディアが奮闘すべきでは。

救援物資等の運搬に従前使用している自衛隊のヘリコプターを待機させ「オスプレイ」の稼働を依頼した政府。現政権の「震災政治利用」との指摘が。全てが万事そういう傾向に見えてくる。TV放映での九州地方の地図上の震度表示。そういえば鹿児島県が写ってこない。「川内原発」に注意を向けないためかなって感じてしまう。

もう花期が終わりに近づいた「椿」。

「シャクナゲ」の蕾が膨らみ始めた。例年より早い。

「テッセン」も同様です。どちらも紫系の花です。

本日曇り空。これから東京へ行きます。帰りは雨かな。

 

コメント (2)