なんとなく平穏に

2013年07月31日 07時39分37秒 | 天候

平穏な夏の一日。大したこともせずに一日が終わり、風呂に入り汗を流し、晩酌に酒飲んでテレビ見て休むという当たり前の日々があり、きっとこれは平和な幸せっていうのでしょう。

録画していたもう一つのテレビ番組「八重の桜」を見たりして、そしたら先々週も選挙特番なんて見ていたので二週続けて見てないことが判明し、取り合えずやっぱり古いほうだけを見ました。新政府樹立の前の旧守派というか、徳川にあくまでも忠義、忠節を尽くした会津藩が描かれていました。歴史は今になって語れば、時を隔てた時に考えれば色々な事が考えられますが、その時代では皆が懸命に生きていたのでしょう。滅びの美学を感じる部分がありました。 その後に起こるいろいろな事件がありますが、この時代の「時代の流れ」は途方もなくめまぐるしく進んだと思います。そして、現在の時もきっと激変する時代になるかなって感じもします。

日本史の中では武士の時代が終わりに向かい、自由民権運動が起こる前の世界を見たときの驚きを、何とか負けないように頑張った時代でもあり、まさに富国のための錯誤しながらも国を意識した時代かな。だからまだ、個人の自由とか、平等という概念までは至っていない時代かも。この辺の位置づけはもっと日本史を世界史の中での日本史と位置づけ勉強しないと正しい理解に到達できていない自分がいます。

さてさてサボテンの「ランボー」がまた咲きました。今年何度目になりますか。4回目ですか。まだまだ蕾を付けてますので咲きそうです。

こっちは常に咲き続けています。丈夫で元気が取り柄です。

そうそう昨日は誕生日であり、恒例の合わせたかのような「大宮の花火」の日であり、そのほか祝い事もありましたので「一ノ蔵」を飲みました。全く旨い。その他、黒糖焼酎もしこたま飲みまして、若干まだ、酔いが抜けいませんが、午前中にはOさんの処へ税務関係資料を預かりに行きます。

 

 

コメント

録画映像

2013年07月30日 07時53分43秒 | 鑑賞

蒸し暑い梅雨のような一日でした。雨は朝からほとんど降り続けてますが、集中豪雨ではなくどちらかといえばシトシトでした。

そんなわけでというか退屈して、録画していた「半沢直樹」を見ました。金融機関に1年半ほど勤務してましたので金融機関というか銀行の表の顔と裏の内部の違いはなんとなく分かります。といっても短い期間でしたので知ったかぶりはできませんが。当時から銀行は行員間での競争社会です(銀行間ではかなり熾烈ですが。だって平成元年の日米構造協議で日本は銀行の数が多すぎるといわれてそれから、合併合戦のような体で、結果現在の数になった処です)。競争して切磋琢磨してなんていうのも理論構成上は無いわけでは無いが、表のきれいごとでして、実態は足のしっぱり合いと考えたほうが当っているような。競争といえば国家公務員のキャリア組も典型的ですよね。同期の出世頭が事務次官になれば、それ以外の人は退任していきますもの。だから、就職先というか天下り先というか、職場が必要ですもの。だって、自分と家族の生活がありますから。

そんなことも含めて公務員改革というのかもしれませんが、この公務員改革は金、人減らしの変な方に向かっている気もしますが、この辺はいろいろ奥が深いんで正確に伝えるのは困難。

銀行は本線から外れると(全てではないでしょうが)出向という形なりで融資先の企業等に行きますね。ともに新鮮な優秀な職員なり行員なりの確保のため確率された形態と認められていたのでしょう。組織の論理でして、人間的では無いかもですよね。

話がずれずれですが、戻して、「半沢直樹」見ていて率直に面白い。ピンチがあって、誰かに助けられて(ここで日頃の行いというか、誠意というか俗にいう根柢の処で正義が勝つ事象が現れます)、持ち直して、またまたピンチで。これは次回も必ず見ないとって気になります。

栗がだんだん確実に実を大きくしています。

「白粉花」です。以前はどこにでも見かけましたが、最近は少なくなってきたように感じます。この花丈夫で咲く時期も長いし、花弁をもっと大きく改良したらヒットすると思いますが。「松葉ボタン」や「ポーチュラカ」も初期の頃の花と見違えるほど改良されているのですが「白粉花」は未だ手付かずなんですかね。

名前を挙げましたので「ポーチュラカ」を

「株式等の配当所得及び譲渡所得等の申告や課税方法」についてちゃんと勉強しなくてはって気になりだしてまづは資料集めから。でここでどうも疲れが。よって、いったんクールダウンで本日終了。

 

 

 

 

コメント

汗かくために散歩

2013年07月29日 07時25分23秒 | 散歩

暑くってだるくって運動不足で体力低下になってとこの悪循環を断ち切るべく散歩をしました。それぁすぐ汗かきます。塩分、コレステロールを体内から排出して体にスポーツドリンクを取り入れ少し体が軽くなった感じです。

この時期の散歩は途中太鼓の音が聞こえます。たぶん盆踊りのけいこでしょう。ドン、ドン、ドン・・ドドンがドン・・ドン、ドン、ドン・・ドドンがドン。てな感じで近くに行くと太鼓の淵をたたく音も聞こえますが、大太鼓の音はかなり透ります。そして蝉の声、ニイニイ蝉、あぶら蝉、日暮らし蝉、ミンミンゼミと聞こえてきます。

片柳地区はよくこの柿の樹が植えてあります。小さな柿で以前酔っぱらっての帰り道、樹から捥いで口にしたら大変でした。かなり赤く熟していたのですがものすごい渋さで、更にその渋はなかなか口から消えませんでした。この柿は昔、この渋を取るために植えられたそうです。紙に渋を塗って丈夫な和紙にしたそうです。最近見ないけれども蝋紙みたいな感じです。で、その渋のニーズが種々な要因で廃れ、柿の樹だけは今でも見られるというところです。

見沼田圃越しのさいたま「新都心風景」。さいたま市は自然もたくさん残っています。

「津和野」等中国地方でいまだかってない規模の1時間に138ミリ降るというという短期間での集中豪雨で災害が発生とのニュースが入ってきてます。まづは命が大切です。避難等適切な選択できることを祈っています。

散歩から帰ってきたら雷が遠くで聞こえましたが今のところさいたま市では「空雷」です。

今日は少し勉強しました。といっても「週刊税務通信」を読んだくらいですが。その後、平成25年度税制改正で金融商品関係の改正(平成28年1月1日以後の・・・ですが)がありますので、まずは今の制度からって国税庁ホームページから上場株式等の譲渡等を索引して、さあ頑張るかって思ったのですが、何せ、自分の興味が薄いところですので散歩に行ってしましました。

サッカー東アジア杯男子、頑張ってもらわなくては。飲みながら応援ですからNHK大河TV「八重の桜」も「半沢直樹」も見られません。DVD録画を頼まなくては。いまだにこの作業自分でできませんので。今日こそ気持ちよく寝られるように、いや興奮して寝られなく位の華麗な勝利を期待。 昨日は不機嫌でどうも言い(書き)すぎた気がしてごめんなさい。

散歩途中の花達

「ムクゲ」、「ムクゲ」、「萩」、「わかんない花」です。

サッカー男子、勝って優勝。おめでとう。まあ、守って守ってカンターの得点という、ランキング上位のチームが取る作戦ではなかったですけど、海外組がいない中、どんな試合でも勝利する事がアジアでの試合では重要です。柿谷や、昨日は出なかったけど大迫等、点取る事がができる選手が出てきたのは喜ばしいです。 韓国での試合でしたが、また、政治スローガンや日本の初代首相を暗殺した者の顔を掲げたようで、いい加減にせいや、その行為が世界中で、評判を品位を下げているということに何時まで気がつないのだろう。 だから、勝ってよかった、おめでとう。

コメント

火事が近くで

2013年07月28日 07時20分28秒 | 日記

家から300メートル程南方で住宅火事がありました。火災救急の音声とともに煙と焦げた臭いが感じられます。住宅の密集する所で、消防職員等の必死の尽力で延焼は防げたようですが、燃えてしまった家の方にとっては取り返せない悲惨な事態です。2階部分が焼けていました。全焼扱いにはならないかもしれませんがだから使えるかというとそんな事はないと思います。つい2・3週間前にも東側100メーターの所でも火事があり、農家の納屋のような建物で、その時はあっという間に炎が上がり、大きな炎が立ち上がるののが見えて丸焼けでした。その時は炎と煙と臭いと黒い燃えカスがたくさん降り注ぎ、消防の方が懸命の消火作業をしても炎の力を抑えきれず燃えきってしまいました。原因はまだ判明できてないようです。

10数年前には4軒先で火災がありましたし、6年ほど前には我が家でもエコキュートの水漏れ工事中に送電線に火が付きちょうど風呂場に通じる洗面所と洗濯機が置いてあるところの外壁がもえて、大変な思いをしました。それでもそこだけで何とか済みましたのでそれ以上の大事に至らず不幸中の幸いでした。

地震・雷・火事・・・・と昔から云われています。災害は気を付けても不可抗力として起きてしまう事があるし、起きてしまえばと人力・人智を超えたエネルギーを災害としてまき散らします。

起きない事が一番ですが、万が一の場合、税法では所得税部門に関しては災害減免もしくは雑損控除を受けることができます。住民税でいえば納期未到来の分は減免対象ですし、雑損控除を受けますと、翌年度の住民税にも反映できます。しかし、被った損実を考えるとほんの僅かな救済でしかありませんので、起きない・起こさないに勝ることはありません。

今、27日の19時過ぎですが、やっと、ここら辺でも雨が降ってきました。東北地方等では集中豪雨になっているようで床上浸水等の被害が発生していますが、この辺は高台になりなすので水害でのそこまでの心配は考えにくいところです。今はかなり激しい雨音が雷を伴ってに聞こえだしました、あと2時間早ければよかったのにって感じます。

さて、サッカー女子東アジア杯日本-韓国戦。負けてしましました。実力は上位なのに負けました。なんでだよって感じです。スポーツですから、友好国同士であれば切磋琢磨して、それぁー勝負は時の運もあり、負けることだってあるし、頑張った相手をたたえる位の気持ちになります。が、現在、何かとスポーツにも政治行動を持ち込み反日敵対意識の強い国に勝てなかったのは本当に悔しいです。委縮するなよ。相手は別格な国じゃない、普通のランク下のチームじゃないかって戦えばいいんですよ。かって男子戦での事ですが、日本で日韓戦が行われたとき、時の大統領は選手に負けたら玄界灘をわたって帰ってくるなって鼓舞したそうです。だから死に物狂いで戦い勝ったようですが。なんか、スポーツの持つ大らかさ、清々しさがないのですね。今日は男子の日韓戦。今回こそは華麗なテクニックと実力で圧倒して圧勝してほしいです。  日韓定期戦が復活するというような記事が小さく載っていたのを目にしましたが、無理に復活させる必要はないのでは。嫌な思いをするだけですよ。スポーツに政治を持ち込み政策的意図をもって行うのって。

コメント

蒸し暑い一日

2013年07月27日 07時06分10秒 | 天候

薄日が差す程度の晴れではないのに蒸し暑い一日でした。それでもって夕方は遠くでゴロゴロ雷が聞こえるのに降りそうもないのです。早く降って少しでも涼しくなり、水不足も解消になればいいのですが、最も被害が発生するほどの局部的集中豪雨なんてのは困りますが。

午前中区役所支所へ行きました。早い時間でしたのでとても空いていました。受付係の職員は接遇がありますが、奥の方は渋い顔というかつまらなそうな顔つきで何の仕事をしているのかなって感じですが。地域住民が寄る場所ですから明るい職場という雰囲気が好ましいと感じますが(これって先輩としてのアドバイスですが)、どうも最近公務労働者もつまらなそうで、きっと不満ややる気が出てこない状況に置かれているのでしょうね。住民票と印鑑証明を取得しました。アパートを借りる者があり、身元保証人として必要になりましたので。住民票や戸籍関係受付の仕事を30年ほど以前に4年間従事した経験がありますが、今はすべて電算化で良いんだけど、何か重みというか、味がない気がするのは古い部類の人間になっているんでしょうか。

印鑑証明なんて制度は他の国にはあるんですかね。何かと役所の権威づけというか、責任とかを負わせているようで、こういう制度って、時代に沿ぐわない気が致しますがいかがでしょうか。

途中咲いていた、「ムクゲ」と「サルスベリ」です。百日紅が咲くと夏だなって思います。あと、夾竹桃も夏ですね。

平成25年度税制改正の勉強すればいいのにどうもダメでした。ただし、「筆ぐるめ」の住所録はだいぶ進みましてあと少しで完成します。前日は「ビール」と「ハイボール」と「梅酒ロック」をしこたま飲みましたので今日は「ジンライム」をって考えています。つまみはナッツ類がいいです。

夏ですからそしてもう一旦退職してからの業務ですから、そこはそれなりに無理のない程度の仕事をって気でいますが、それでももう少し、業務展開しないといけないなって感じています。

 

コメント

例会で勉強

2013年07月26日 07時51分51秒 | 研修

「ニイニイゼミ」と「アブラゼミ」朝から必死になって鳴いています。もう少し、余裕のある鳴き方でいいのかなって気がするのですが、うるさいほど鳴いています。

昨日は税理士会月例会に参加してきました。

税務署の人事異動もあり、ペーパーが配られました。いろいろと仲が良かったというか、税理士開業すると現職の職員との個人的飲食は禁止されてますので最近は飲めないのですが、Tさんは今回留任でした。良かったのか、本人のためには異動のほうが良かったのかわかりませんが。平成14年、15年とちょうど三市合併、政令市移行等でもう大変だったころ、その頃は職員みんなが疲れ切っていましたが、その頃、所得税に関して何かを教えていただいた方が戻ってきました。憶えていてくれているかはわかりませんが。機会があれば話をしたいですが。

さて、例会の研修です。今回は「平成25年度税制改正(税制改正大綱まとめ)」という表題でした。この手の大きく銘打った研修は3回目となりますが、内容は法改正等についての研修ですから同じとなるのですが、講師により、重点・視点がすこしづつ異なってきますので、何回受講してもそれぞれに勉強になり知識獲得のためになります。右側の本はここんところやたら税額計算が複雑になった住民税についてで一応出身なので、聞かれてわかりませんとは言えませんので、その時のために毎年購入してます。ちょうど古くからの知り合いの(株)ぎょうせいの「生田」さんに頼んでいた本です。

さて、そのあとは飲みました。結構、帰りは早かったと思いますが、帰ったときは酔っていて、よーくは記憶にございません状況。同じ時に旅行の会でも飲み会が開催されていまして、残念ながらそちらは欠席となりましたが、朝、携帯見て、着信があったことを知りました。携帯の着信も気が付かないほどでしたかね。

最近はよく「ハイボール」をたのみます。づっと以前の学生だった頃でしょうか、飲みましたが、その後はウイスキー水割がもっぱらでした。TVコマーシャル等で再人気が煽られまして、流行となりましたが、流行に弱いというか、軟弱というか、柔軟性があるというか、で、結構おいしく飲んでますからいいか。

 

 

コメント

梅雨みたいに

2013年07月25日 07時11分40秒 | 天候

ぶり返した暑さが引っ込んで午前中から雨模様でしたが、それでも東京都世田谷区などのような集中豪雨的雨にならなくてちょうど梅雨のような降りでした。

そんな日でしたから、かなり快適になってきたパソコンをいじってました。「筆ぐるめ」の住所録、作成してはいるのですがなかなか進みません。気合が入ってないからですね。仕方がないです。

この金魚草、年に何回も開花します。たぶん、真冬以外は結構な寒さでも開花します。金魚草の種類でもあまり豪華な種類ではないのでしょうが、咲くから重宝です。

最近、目をそむけたくなる事件が続いています。広島の16歳少女殺害事件、山口の5人殺害事件。私は今の処とてもこの事件の詳しい内容や動機等に目を向け耳を傾けたくありません。あまりに酷過ぎて、とりあえずまともな感性では対処できそうもありませんので。今のところは封印です・・・・・・。身近に起きていたらそんな事言ってられないのでしょうが。今のところはうんざり気味です。

そういえば、「花菖蒲」の季節は今年はなかったのだろうか。見沼区片柳に「菖蒲園」があるのですが、今年は忘れられたように、菖蒲が見ごろとかの話題が聞こえてきませんでした。散歩コースを少し入るとそれがあり、開花の時は見物者がいるはずなのに今年は気が付きませんでした。残念な事に。

25日は税理士会例会に行きます。そのあとたぶん懇親会ですね。税務署も異動がありましたし。毎年の心機一転と感じる事象があることは良いことなんだろう。

 

コメント

研修を受けました

2013年07月24日 06時53分57秒 | 勉強

関東信越税理士会の2103全国統一研修会埼玉会場ということでソニックシティー大ホールで「平成25年度税制改正における主要項目の実務上の留意点及び営業経費における法人税・消費税法上の留意点について」を嶋協講師による講義を聞いてきました。9時半受付で16時半までの長丁場でした。

平成25年度税制改正は平成24年11月自・公バージョンですが、特徴の一つは経済政策としてのものであり、それはいわゆるアベノミクスとして影響するのですがもう一つは自・公・民での三党合意した件の積み残し部分です。

  ※平成25年1月24日自・公より発表、1月29日閣議決定に訂正します。(H・25・7・27)

東日本大震災からの復興を前進させるための税制免での支援はもちろんですが、大きな背景には国の歳入に占める税収の割合が低く公債金に頼ってきた今までの政権運営のつけを解消しなければならないというところでしょうか。わずかの期間の民主党政権時にも全くと言っていいほど改善されませんでしたが、それより以前の自民党(公明含み)政権時代から引き継がれてきています。

今回の改正を網羅的に講義していただき、勉強になりました。これを復習すればいいのですが、一人で参考冊子を読んでもなかなか頭に入らないのですよね。でも頑張らなくてはいけないですね。

なんたって、現状は普通国債だけで国民一人当たり約589万円、4人家族で約2356万万円の借金です。他に建設国債や特別国債もありますし、地方自治体も各々市債もあります。

マア、税制改正は税哲学より、こんなにまで経済政策に利用されているんですね。今回の講義はそこのところの視点で把握していました。税制改正については個々の部分は機会あるごとに研修がありましたので、再度講義を受けることにより、より理解が進みます。消費税については私の理解力が乏しいのでこれから勉強しなくてはって気づかされた処です。

興味を感じた一つに「交際費等の損金不算入制度」の時代とともに変遷してきたところの講義でした。25年度改正では「交際費等の損金不算入制度における中小法人にかかる損金算入の特例について、平成25年4月1日から平成26年3月31日までに開始する事業年度について、定額控除限度額を800万円(現行600万円)に引き上げるとともに定額控除限度額までの金額の損金不算入措置(現行10%)を廃止するとありますが、条文では1年間限定なんですね。個人が収入減でお金が消費できないのですから、せめて企業が使うようにして小売店舗や飲食店等の景気回復に貢献してもいいのではないかって感じますがいかがでしょう。バブル時代のような羽目外した交際費の役得的浪費はないでしょうから。

「紅秀峰」という岩手県産「さくらんぼ」です。大きい甘い絶品です。親しい友人から頂きました。御礼。居住している埼玉県外の友人から、本当においしいものが入手できまして大喜びです。そうそう、パソコンが損傷していた時には福岡の親しい友人からの明太子も、でももう食べてしましました。とってもダブルで御礼です。以前にもブログしましたが、埼玉の名産で喜ばれるものは何かっていつも悩むところです。季節ものでは「梨」かなって感じですが。今少し時期が後になります。

日本の果物ってもう芸術品の域にあります。TPPで壊滅されないようにしないと。「さくらんぼ」だって、アメリカンチェリーの脅威にさらされるのですから。それでも、畜産業よりは対抗できる日本の果物農業は発展してるのかもって気もしますが。

 

コメント

暑さが戻った

2013年07月23日 07時27分13秒 | 天候

ここの処、猛烈な暑さからは解放されていましたが、今日あたりから大分と暑くなりました。思えば通常は今ごろ梅雨明けの年もあるのですからこれからが夏本番です。

さて椿の挿し木をしました。椿は土用挿しと言って、新梢が固まる今頃が適期です。挿した種類は「グラン・ドスラム」、「ギリオヌッチオ」、「ダッチェス・オブ・スーザ―ランド」、「ジュリア・フランス」、「中部見驚」、「西王母」です。7割ぐらい活着すれば成功でしょう。私の場合は根づいても一年はそのままで2年後に鉢あげします。それから二年後ぐらいには蕾を付け開花となります。なんか先の長い話ですね。

「ペチュニア・センパフローレンス」は梅雨時にもっとも輝くと思うのですが今年は梅雨らしい雨がなくちょっと疲れ気味に咲いてます。

宮城県の親しい友人から頂きました。「一ノ蔵」です。とっても美味しい酒です。封を切るのが楽しみです。やはり、何かしらの祝い事時に飲みましょう。御礼です。埼玉県の名産は何が良いかいつも悩みます。最近は「埼玉の梨」がいい気がします。が、もう少し時期が先になります。お待ちを。

メールアドレス帳作成しました。だんだん思い出してきました。以前はライブメールに変える前はアウトルックを使ってましたから。あとは「筆ぐるめ」の住所録ですが、これは時間がかかりそうです。

23日は終日「平成25年度全国統一研修会」をソニックホールへ研修に行きます。テーマは「平成25年度税制改正における主要項目の実務上の留意点及び営業経費のおける法人税・消費税法上の留意点について」です。もちろん有料ですが、安価ですが、経費となります。

午後、神奈川県の友人から「税理士資格取得」の申請を国税審査会に提出するので、書類関係を教えてほしいとの連絡を受けました。私は平成13年に申請取得しましたが、その時は岩手県の高橋さんにすっかり教わりましたが、結構、忘れて仕舞ました。でも、職場の後輩に申請書類のコピー等を渡してあるのを思い出し、夕方、電話して、その書類一式送付依頼しました。現在ある区のナンバー2の座に付いてますが、昨日は選挙開票事務の責任者として遅くまで勤務して帰れたのは明け方3時を回っていたとのことで、当然に相当疲れ切っている様子でした。そのような苦労ってのも案外知られていないけれど公務労働者にあります。

資格を取得してから、地域の税理士会に加入申請して始めた開業可能になります。これは県単位の税理士会に書類が備え付けてあります。そうそう思い出しました。各税務署の総務課には審査会の申請書類があったと思います。書類が届いてから神奈川県の友人には連絡しましょう。

 

コメント

投票日

2013年07月22日 07時31分37秒 | 日記

主に年賀状作成ソフトとして使用していた「筆ぐるめ」の住所録がハードウェアの損傷により飛んでしまいましたので住所録の再作成に着手しだしました。今回は一つのグループごとにバックアップを作成しながらですが、どうやらドキュメントの「筆ぐるめ」の中のDatabaseの中にもできています。そのほかドキュメントにも作れてますのでなんだかダブっているような感じがして、どうも変ですけど慎重を期して継続します。まだ5分の1ぐらいですのでまだまだ作業が続きます。

このサボテンも次々つぼみをつけて咲きます。

16時近くに投票に行ってきました。ガラガラでした。現職時代は選挙事務は一通り全ての事務を行ってますので、暇もつらいんですよね。名簿対照係、投票用紙交付係、庶務係、職務代理係、管理者と30年以上行いました。前日には投票所の会場作りをして当日は6時半には集合して20時まで投票受付をして時間ピッタリに閉め、投票箱等を開票会場まで運んでと一日がなんと長い時間勤務したことか。また開票事務も一通りしました。現在はほとんど即日開票ですから、開票は別の開票の担当が行うようになりますが、以前は翌日でしたので開票事務にも従事したりしました。

それにしても投票率がどうなんでしょう。低そうですけど約半分ですか。それだけ選挙に期待してないってことですか。それは政治にというか政治家にというか、どうなってしますんですかね。どう解釈すべきなんでしょう。

そうそう、黒豚のトンカツを食しました。柔らかくてとっても美味しかったです。食べ過ぎそうですがまだまだたくさんありますのでせっせと味わわなくては。

これはほんの一部です。

金柑が花を一斉に付け出しましました。金柑はいつの間にか一斉につぼみをつけ咲いて、結構たくさん実を附けますが、観賞用ですね。小さいので、甘くても食べるとまではいかないです。

選挙結果が出ました。「自民党」が圧勝です。与党の「自・公」で安定多数となります。これで所謂ねじれが解消した訳ですから、政府の出す政策法案は必ずと言ってよいほど迅速に通過することになります。よって、自民党の政策が今後の日本の政策として強力に推進されていくことなのでしょう。消費税増税、憲法改正、原子力発電等推進、TPP参加、円安・株高のアベノミックス経済方針などなどですが、そういえば選挙演説などではあまり争点として議論は深められて無かったようにも感じましたが、良識の府という位置づけされている(?)参議院選挙だからですかね。投票率は約50%強というところですが、国民が選択しました。あと、少ない当選者の党としては「維新」が比例区で結構とってます。「みんな」も躍進しました。「共産」も改選前から比べると躍進なんでしょう。でも、「自・公」の圧倒的強さの前では霞んで見えます。そして「民主」は凄まじいまでの凋落でした。党としてあまりに何層もの意見の違いがあり、党内でも考えがバラバラの寄せ集め党の感がありましたからね。

コメント