昼食を

2013年06月30日 07時05分42秒 | 日記

昼食を取りに上尾市境にある「木曽路」に家族で行きました。93歳になった母もいっしょです。短い距離の歩行なら手を引いて杖でなんとかなります。ここは何度か来ていますが、一階の車整理の方もすごく気を使ってくれて、入口近くに駐車させてくれたり優しいさがあります。テーブルもスペースが程よくありますのでゆったりとできます。かなりの数の従業員の方がいます。30代以降のと思われる女性が多いです。このように仕事をする場所を提供しているお店は好感が持てます。

帰りは食料品スーパー「イマイ」によって果物購入がいつものパターンです。母が店内に入るにはやはり車椅子が必要です。

ほんの少しですけど購入しました。「デコポン」は季節としてはかなり最後の方というか、ちゃんと保存してたのでしょう。「りんご」も最近は一年中食することが可能になりましたが、保存が上手くなったのでしょう。「プラム」はこれからがシーズンですね。

「7月から食品など次々値上げ、円安、原料高騰で」という見出しの記事がありました。施策としてそうゆう政策を選択したのですから当然のことでなんですが、それを上回る収入増がいつから実現するのですかね。

それに最近、人に優しくない国々に囲まれているようで嫌ですね。当然、国民的感覚ってのは国によって違うのでしょうけども、国間のことはルールある対話によって理解し合わないと先が展望してこないですよね。この国に住んで生活している外国籍の方がこの国の悪口をいうのを聞くのはとても嫌悪感を感じます。もし、日本人が外国に住んで、その住んでいる国のことを悪し様に貶したら、その国に住むなよって言われますよね。歴史的に色々な経緯があるのは解りますが、我々の歴史認識が間違っているって一方的に言ったって(それは其々の言い分があるんでしょう)、住んでいながら、貶すことはないやね。それも悪意で。

私は日本のことは日本人(日本国籍を持つ人という意味です)が決めるべきものという考えですので、国政の参政権は外国籍の方は無いという考えです。小さな単位の自治においてはそこに住んでいる方で決めるべきかなって感じです。この辺は異論のある方もいるようですが。如何でしょう。

緋色の「ポンポンダリア」です。こんなに色が強いと結構、孤独感が感じられます。

コメント (1)

被災地は今

2013年06月29日 06時41分37秒 | 旅行

市場経済は市場の動向によって変動します。円安、株高傾向で大手企業のいくつかが、特に車関係では利益が最大級に上がっているそうです。企業利益が上がり、その利益が従業員に正当に反映され、消費が増え、景気が回復するという循環を意図する経済政策が、現政権のとっている方法なんですが、まだまだと言うか中小企業にまで浸透してきてはいないようです。何か良くなるムード作りはマスコミ等の宣伝等で先行しているようですが、円安による輸入関連はむしろ悪くなっているところがありますので。先行きの不安定感は拭えない気持ちがあります。

昨日は終日静養って感じでした。最近は疲れを貯めるとなかなか回復しない傾向にありますので。

今の時代の今を見ておかなくてはならないと言うことで被災地の今を、長男が2泊3日で行ってきましたのでその写真を紹介します。

東日本大震災から2年3ヶ月が過ぎました。多くの家屋があったところは無くなったままです。商店街が仮設で営業しています。被災地を支援する政策はどこまで進んでいるのか気になります。家屋が無くなり人が住まなくなっているかっての街の自然は寂寥としている感です。昔見た「渚にて」という映画のシーンがふっと浮かびました。

 

コメント

継続記帳指導担当者会議

2013年06月28日 12時13分55秒 | 研修

昨日は「継続記帳担当者会議」で税務署へ行きました。これは、概ね新たに仕事等を開始し、自身で記帳事務ができるようになるように助言やお手伝いをする制度です。希望のあった者の自宅或いは事業場所に訪問し、記帳可能になるように我々税理士が一緒にお手つだいします。本年は件数が比較的に少ないようで24名の支部会員が集まって説明等を受けました。

今年の私の担当は料理店でした。7月に入ってから当人へ連絡を行い、来年2月頃まで計4回の記帳指導等行います。旨く教えられるといいのですが、この業務、自分にとっても勉強になりますので頑張りたいと思っています。

今日は「鯛幸会」ですが、どうも体調がイマイチですので、無理しないよう思案中です。

コメント

梅雨の日

2013年06月27日 07時03分18秒 | 天候

空梅雨気味だと思っていると雨になったりします。相談仕事が一括り済んで少し気合が抜けた状況にはなりそうでしたが,Oさんの処に資料を受け取りに行きました。農家ですので雨が降らないと野菜に影響しますので、梅雨は梅雨らしくあって欲しいとの事でした。その通りです。

Oさんの処のクチナシと玄関に飾ってあった紫陽花です。三枚目は菊の三本大作りの苗です。これからというか既に秋の開花に向けて丹精込めて作り上げています。今年も見事な大菊花を咲かせることでしょう。とても楽しみです。

最近、金融・開発・建築業者等が頻繁に訪問してくるとのことです。確かにこの辺ですと住宅開発に狙われそうです。がOさんは極めて堅実な方でして、アパート立てて借金背負ってというのはどうしても気性に合わないとのことです。自分の代ではそうしたくない。農業と駐車場経営で十分との事。困ったら、土地の一部を処分してという考えです。近辺では同じように土地の所有者が、業者に言われた通りに行って苦労している例がたくさんあるようで今の暮らしで十分との考えです。現在のような先が読めない時代ではそれはそれで貴重な考えかもしれませんね。時流に急かされて下手なことに手を出さないというのも一つの信念ですね。

私たちの業務の立場では相談を受ければいろんな業者との接点は持てるしある程度のフォローは可能とは思いますが、本人の意向を第一に考えていくべきと思っています。

さて、JT産業から、サンプルのタバコが送られてきました。タバコ産業も結構厳しいと思います。いろんなところから色々な意味で今は悪役扱いになってきていますから。

そうなるとへそ曲がりの私としては応援したくなるのですよね。

東日本大震災から2年3ヶ月ほどが過ぎましたが、依然として避難生活を余儀なくされている方々が大勢います。そんな中で、この災害の復興のための予算が流用されているという記事が引きも切らず報道されています。なんなんですかね、この行政行為。返還させるって当たり前ですよね。確かに災害のためには使われているのでしょうけど、この予算は東日本大震災のために使われなくてはいけないのです。

今年から復興特別所得税(25年間)と、復興特別法人税(3年間)が始まりました。一般会計に入りそこから東日本大震災の復興のために使われるのですが、そのはずでしたがになるんですかね。そんな政治が良いわけがありません。ちゃんとして欲しい。当たり前の要求ですが。だから政治に対して不信感が募ることになるのです。くどい様ですが復興特別所得税も復興特別法人税も東日本大震災の復興ための資金として創設された新税ですから。預金の利子からだって復興特別所得税が引かれているんですよ。

コメント

勉強になった

2013年06月26日 06時24分37秒 | 仕事をして

昨日の支部での「税務相談」もどうにか無事に務められました。当初5件でしたが来ない者が有り4件でしたが、でも、始まるまでは緊張しますね。1件目は「譲渡所得の基本的な事項」の質問でしたが、注意すべきはその資産の所在地が東日本大震災と関係がある場合も考えられるケースですので特例該当かもしれません。そこのところをよく調べることを指摘しておきました。もう一つは「夫婦間における居住用不動産の贈与の特例」でこのケースは書籍等で充分調べておきましたので説明が出来たと思います。更に「相続税の改正(H27、1、1から)」についてでしたが、土地家屋の評価や居住用小規模宅地の特例を主に改正相続税法の話をしました。一番考えたのはもう一件の相続案件でしたが、どうやら代償分割による遺産分割協議が一番好ましく感じたのですが、いろいろありますのでそれは相続人間の話し合いがどうなるかです。この件では代償による金銭の授受は何時までかという所で悩みました。時間もなくいつものように白石先生に電話でご教授願いました。助かりました。戻ってからWEB等で調べましたがどうも明確な回答ってないもんですね。そうなると法の主旨から思考しなければならないのでしょう。

やはり緊張していたのですね。外出したのにブログ用の写真を全く撮ってこなかったです。その余裕が無かったです。

ですから、仕方がありません。「紫陽花」、「ひまわり」、「薔薇」で宜しくご勘弁を。

終わってホット虚脱していましたら、相談途中に吉田悦実先生からコーヒーの差し入れが有りましたと渡されました。美味しく頂ききました。ありがとうございました。この商売、結構、孤独なところもあるのですが、やはり、相互助け合いというか、仲間意識というか、協力が大切ですし、そうゆう付き合いを沢山していきたいと思います。嬉しかったです。吉田先生とは私がまだ地方公共団体の税務勤務時代に法解釈における実務上の取り扱いなどを尋ねこともあったりで、かなり以前からの顔見知りです。

帰ってきて、一息入れてからですが、理解不足、勉強不足なところを検証し自己研鑽していきたいと思います。緊張と実力不足でグッタリしましたが、これも刺激になります。よって前向きに行きたいと感じています。ここのところ体調も低調でしたが、少し、ファイトが溢れてきました。

コメント

勉強してました

2013年06月25日 07時09分53秒 | 勉強

税務相談に向けて勉強しました。事前に質問要旨が送付されて来ましたので、それに回答できるようにです。でも質問要旨といっても感覚の違いもあり、以前の経験ですと実際には全く違うことであったりもします。ですから想定しての勉強です。なにせ基礎知識が浅いものですから、考えていると次から次へといろんな想定質問が浮かんできてしまい、終いにはこんがらがった糸状態になり、頭が疲れてしまいます。

あとは誠意をもって対応していきたいし、不明なところは煙に巻くようなことは絶対に避けて、持ち帰ってでも正確な回答を出したいと思っています。

今日の向日葵です。直ぐに鉢中の土が乾いてしますので夕方にはバケツの水につけるようにしてます。本当は植え替えた方が良いのかもしれませんが。

小さなサボテンが脇から子を吹いてきています。常に水浸し状態にさえしなければ本来的に丈夫な適応性の強い植物です。

シャクナゲも来年の花芽を形成しだしました。気難しい樹木ですが居場所が合うと毎年咲いてくれます。

午前中もう一度お浚いをしてから税務相談に出かけます。

 

コメント

慰霊の日

2013年06月24日 07時50分11秒 | 季節

6月23日は68回目の慰霊の日です。沖縄ではこの日に組織的な戦闘が終わりましたが、なお刷り込まれた自決などにより、命を落とす人が多かった。軍民で約20万人がなくなりました。この戦いで沖縄の人々は生涯消え無い深い痛みを負うたのです。そして今なも、米軍基地問題では多くの負担を強いられています。

沖縄にはまだ行ってないのです。広島、長崎への原爆投下による戦争の大きな傷跡は訪ねましたが、あと、どうしても沖縄に必ず行きたいと思います。歴史の中で同じ日本人で、沖縄に居住している方々には昔も今も負担を敷いているように感じています。だから訪ねてお詫びと感謝と交流の絆を深めたいと感じています。

梅雨の中休みのような空模様でしたので久し振りに見沼田圃沿いを歩きました。

さいたま新都心が望めます。燕が電線に。いろんな草木が咲いています。「甘草」と「ネムの木」と「何だこれはって感じの木」と「ノウゼンカズラ」ですかね。

紫陽花も色々です。

歩くと汗をかき気持ちがさっぱりすっきりとします。午前中は税務相談対応用の学習をしていましたが、まだまだ実力不足です。だから不安感が消えません。

東京都議会選挙の結果が出ました。自・公の圧勝、民主の惨敗。共産、みんなが伸ばし、維新は石原前知事と橋下代表がかなり力を入れていましたが結果は現有議席を減らしました。この結果はどのように分析ができるのでしょうか。ただ、投票率が43.5%というのは過去2番目に低いという。都民は政治への関心がこの程度なんです。でも、自分に降り注ぐ政治による、つまり政策による結果には半分の方は無関心ということでもないのでしょうが。

コメント

世界遺産登録

2013年06月23日 06時54分40秒 | 日記

富士山が世界文化遺産に登録されます。そして三保松原も一体として。富士山が綺麗です。飛行機から見てもやはり感動しますし、日本の象徴的な美との思いです。中国大陸上空から、ゴビ砂漠を見て不毛の大地が大きくて広くあるなーって気はしますが、感動という意味で富士山が見えるとすごーくわくわくします。

でも、富士山に登っていませんし、もう、体力気力的にも無理な気がしますが関東に住んでますから、結構冬なんぞは遠くに見えるときがあり、やはり、見えたー気分がいいってことになります。

これは台湾旅行の時に撮った写真です。

でも、長い地球の歴史の中でこんな富士山を見る事ができる我々の時代は幸せなんでしょうね。でもこれ人間が作為的に作れたわけではないのです。むしろ、自然を汚したり壊したりは人間はしてきてますけど。

今日の綺麗です。三番目の紫陽花同じ枝で分かれて色違いなんです。自然は不思議いっぱいです。

早朝に起きてサッカー・コンフィデレーションカップを見ました。日本はブラジル、イタリア、メキシコと予選A組で全てに勝てなかった。でもそれが今の実力でしょう。それでも一歩ずつ強豪国に近づいてはいると思いました。成長はしているのですから、これからも続けていつか近い将来追いつき追い越し頂点に登って欲しいです。

コメント

陽が射しています

2013年06月22日 11時03分27秒 | 季節

ここの処、曇り乃至は小雨の天候が続いていましたが今朝は青空が見え、日が射しています。向日葵が似合います。

昨日は東京の芝税務署に申告書の提出に行ってきました。行きは傘をさすこともなかったのですが帰りは降り出しました。東京駅付近ではかなりの降りで、埼玉県に入ると止んでいて、大宮では小雨と場所により異なっていました。支部へも報告書をもって行ったり、半日は外出していました。

夕食は知人が来ましたので餃子飲み会のようになり結構お酒も入りました。

このお酒38度の原酒焼酎です。冷凍庫で冷やし、とろりとした味わいでなかなか旨いです。が、やはり酔う酔う。

ところで「死亡消費税」というのが話題になっています。3日に開かれた政府の社会保障制度改革国民会議で言い出された新型新税です。『死ぬと同時に遺産から消費税と同様に一律の税を徴収するという案です。日本の個人金融資産の75%は60歳以上の人が、個人保有の不動産の75%は50歳以上の人が保有している。高額の相続には多くの相続税がかかるが、控除制度が有り、大部分の人は相続税を払う必要がない』そこで、全ての老人からも税金を捕ろうという、云わば、なりふり構わない税収拡大のための案です。試算すると65歳以上の世代が平均寿命を迎える今後15年間で税率が5%なら50兆円、10%なら100兆円の課税となりそうです。で、国民の財産は大きく減らされ、国には途方も無い金額が入るという事です。まず先にこの国のあり方論から展開しないとね。国民が望む国のビジョンは何か。ここのところ税関係の話は唯唯税収確保に躍起になっているような思いも感じますが、如何でしょう。

 

コメント

実務勉強会へ

2013年06月21日 07時51分21秒 | 勉強

昨日は午前中は曇り空でしたので傘をささずに実務勉強会へ出かけました。おおみや市民会館大ホールが会場で、バスを降りて10分弱の歩きでしたが、大宮区役所から会場までの様子が随分と変わっていました。高層マンションがたくさん建っていて、そのため開発行為に伴う協力で道路が広がってきてます。それは今日行われる市民会館と県の合同庁舎は取り壊され後には大宮区役所ができる予定とのことです。そのための計画の一環に取り込まれているのでしょう。で市民会館はというと大宮駅東口の再開発(名称はどう言ったら良いか判りませんが)による建物の中の公共施設部分に設置されそこへ移動するそうです。

大宮市民会館は旧大宮市民には色々なイベントで馴染みが深い場所ですが私にとっても懐かしく感じる建物です。

埼玉県税理士協同組合の実務勉強会は「平成25年度税制改正の実務ポイント」宮森俊樹氏が講師を努めます。内容は表題通り、税制改正の実務勉強です。平成25年度税制改正はいろんな経緯が含まれています。民主党政権時代の平成23年度税制改正が内容はともかく、ことごとく野党(主に旧与党の自民・公明)の非協力により骨抜きにされましたがそれがほとんどそのときの原案通りにというかむしろそれ以上の改正になっています。消費税増税法案然り、相続税の基礎控除の4割減、税率構造然りです。

講師作成の資料はとても良い資料です。参考書として活用できます。中身の濃い講演でした。午前中の消費税改正に伴う経過措置についてはとても良く理解でしました。午後の終盤近くの金融税制は難しくてとてもスーっとは理解できませんでした。言い訳になりますが会場の照明は暗く、小さな文字がよく読めなしい、それに金融資産の少ない私には興味度も低いしです。帰りは雨。カバンに入れていた折りたたみ傘が役立ちました。

時間を作って再度この資料を基に勉強です。でも一人で参考書を読みながらより、講師の話を聞きながらのがずっと効率的ですが、なにせボリュームが多すぎました。

西日本は記録的な短期集中的雨量と報道されていますが、関東では降ってはいますが雨量総量は少ないようです。このままでは水不足が心配な状況です。

今日はこれから法人申告書の提出に東京へ出かける予定です。電子申告すれば良いのになぜか新米の私にはまだ、電子申告では不安なのです。それに支部へ先日の「税務相談」実施の報告へ行きたいと考えています。

税制改正の動きを講師から聞いていると、これから益々、税収確保の動きは進みそうですね。増税法案やマイナンバー法案などで、国などの公共団体は社会福祉・社会保障関係の原資としても税収などはどうしてもたくさん確保したいし、かと言って庶民は収入が減っている中、実質使える資金を確保したい、つまり税金等の負担はなるたけ少なくして欲しいしと思うし、なにかどん詰まり感がありますね。これは将来の展望が明かるく見えていない為ではないかな。展望が明るく見えているなら苦労に耐えられるのですが、そうでないと不安、不平、非協力へ傾斜しがちになりますよね。早くスカットしたいのですよね。

コメント