被災地は今

2013年06月29日 06時41分37秒 | 旅行

市場経済は市場の動向によって変動します。円安、株高傾向で大手企業のいくつかが、特に車関係では利益が最大級に上がっているそうです。企業利益が上がり、その利益が従業員に正当に反映され、消費が増え、景気が回復するという循環を意図する経済政策が、現政権のとっている方法なんですが、まだまだと言うか中小企業にまで浸透してきてはいないようです。何か良くなるムード作りはマスコミ等の宣伝等で先行しているようですが、円安による輸入関連はむしろ悪くなっているところがありますので。先行きの不安定感は拭えない気持ちがあります。

昨日は終日静養って感じでした。最近は疲れを貯めるとなかなか回復しない傾向にありますので。

今の時代の今を見ておかなくてはならないと言うことで被災地の今を、長男が2泊3日で行ってきましたのでその写真を紹介します。

東日本大震災から2年3ヶ月が過ぎました。多くの家屋があったところは無くなったままです。商店街が仮設で営業しています。被災地を支援する政策はどこまで進んでいるのか気になります。家屋が無くなり人が住まなくなっているかっての街の自然は寂寥としている感です。昔見た「渚にて」という映画のシーンがふっと浮かびました。

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 継続記帳指導担当者会議 | トップ | 昼食を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事