歩いて体調管理

2018年12月08日 08時41分26秒 | 散歩

思ったより気温は上がらずでしたが、例年の12月に比べればまだ温かいかな。午前中は入力作業をしてました。通帳関係は手持ちは終わりましたので次からが現金勘定を領収書から入力する予定です。

何かと飲む機会が増える師走です。ですから歩けるときに歩いてと思い散歩に出ました。歩きながら出来るだけ頭を無にして、でも考えるともなく考えたり。国の今の有様が何とも審議の場でそれを無視或いは回避なんだよなってなんとも先行き不安を感じたり。でも歩くことは良いなーって思ったり。

山茶花です。二枚目のそれは散歩の度に見る度にこの「山茶花」はいいなーって思います。近くに咲いている侘助系椿です。

「皇帝ダリア」と菊の花。もう菊は終わりそうです。「つわぶき」も終盤です。

これも散歩時にいつも眺めます。この時期に咲く桜です。桜も多様性の要素を持っているようです。

紅葉に感動を覚えます。

此方は「黄葉」の銀杏です。居住地付近では銀杏が主役に躍り出たって感じに。そして足元は銀杏の絨毯。

早咲き椿の西王母の実生の「西王妃」です。

未明に「改正入管法」が成立したとのことです。多くの国民が寝ている深夜及び未明にです。法律の体をなしてないとの批判がある法案です。成立してから政令等で整えるそうです。具体的な内容に国会審議は不要とのことですかね。又民主主義が蔑ろにされ破壊が工作されている様な気が。国民の多くが危惧の声を上げていることに対し答えないで、多数派を占める方たちが審議を隠してしまってですね。多数派のパーティーを支えている方たちも本当にそれで良いと考えているのだろうか、或いは思考はしないと決めたのですかね。こんなことが多すぎる。

今朝は送りに駅まで車を走らせました。土曜日ですので比較的道路は空いていました。運転しながら目についたのは駅までのメイン道路の街路地の銀杏が一斉に「黄葉」し、落葉しだしたことです。綺麗です。落ち葉の片づけが大変なのは判りますが、この、この時だけの風情を心に刻み、少しだけの感動でもそれを味わ得たことを率直に喜びたい。

空気が冷たくなりました。灯油を購入してこなくては。

 

 

ジャンル:
報道ニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 雨で大気が冷たくなった。 | トップ | 花を見て心たおやかに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散歩」カテゴリの最新記事