越後湯沢へ

2015年07月22日 09時51分06秒 | 旅行

越後湯沢へ日帰り小旅行をしました。10時過ぎに母が「ショート・スティー」に行き、その後急いで大宮駅へは長男の車で。11時22分発「新幹線トキ号新潟行き」に乗り込みました。

自動券売機で往復二人で22,440円です(この出費を抑えたく検討したのですが仕方がなくです)。それでも指定席は取らずに自由席で。時間帯のせいか車内は空いていて座れます。大宮駅から熊谷、本庄早稲田、高崎、上毛高原を経て越後湯沢駅へ。約1時間で到着。

連休明けでもあり駅構内は空いていました。

すぐさま、「ぽん酒」館へ。500円でコインと100円でキュウリを購入。お酒を5種類、キュウリを齧りながら舐めて。その有様、デジカメの不具合で写って無かった。

以前の記憶でとっても美味しかった「大寿司」へ。午後2時近かったので他に客はなくのんびりと昼食を。お酒も何種類か。「美味しいです」、でも、今回体調も万全ではなく味覚が少し劣っていたのか前回食した時のあの感動はなかったけど。ここの寿司は全て「たれ」が付いていますので基本的に醤油を付ける江戸前風では無い。でも今回その「たれ」が塩分中心なのか、自分の舌が若干、味覚がないのか。寿司はそういう意味では難しい。食べ方と作り方の感覚というか微妙な感性が一致してこそより美味なのでしょうから。総体的には十分美味しい。でも、次回機会があったら今度は人気投票1位の駅中の寿司屋さんとか2番目の寿司屋さんとかも行ってみたい。「大寿司」さんは人気投票3位だと分かりました。でも、「越後湯沢」の寿司屋さんといえば私の中ではやっぱり「大寿司」というイメージかな。

帰り道すがらのお酒屋さん。今回は「ぽん酒館」近くで酔いながら購入しましたが次回はここが良いかも。駅中店には置いてなかった「朝日山」の看板が好ましく感じた。

丁度、1年前にきた時と同じ場所に「燕」が子育てしていました。

帰りは17時発のやはり「新幹線トキ号」で。この時間では座席指定は無くても大丈夫と分かりました。1時間かからずに大宮に戻りました。越後湯沢の街に居たのは4時間余りですがそれなりに楽しく過ごした。ここで連れ合いとは別行動。この後「女子会」だそうで、元気です。ほろ酔い気分でバスに乗り帰宅。

今夜食は近くの「スーパー」で購入して。昼過ぎから寝るまでの間十分酔っ払いでした。すっかり堪能。そして、抗生物質の薬はもう止めにしました。

今朝も快晴です。8時頃から20時頃まで気温は30度を越えるそうです。体力がないと負けそう。

 

ジャンル:
私が作家・芸術家・芸人
コメント   この記事についてブログを書く
« 暑くて非行動的で | トップ | ただただ暑い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事