昼食を

2013年06月30日 07時05分42秒 | 日記

昼食を取りに上尾市境にある「木曽路」に家族で行きました。93歳になった母もいっしょです。短い距離の歩行なら手を引いて杖でなんとかなります。ここは何度か来ていますが、一階の車整理の方もすごく気を使ってくれて、入口近くに駐車させてくれたり優しいさがあります。テーブルもスペースが程よくありますのでゆったりとできます。かなりの数の従業員の方がいます。30代以降のと思われる女性が多いです。このように仕事をする場所を提供しているお店は好感が持てます。

帰りは食料品スーパー「イマイ」によって果物購入がいつものパターンです。母が店内に入るにはやはり車椅子が必要です。

ほんの少しですけど購入しました。「デコポン」は季節としてはかなり最後の方というか、ちゃんと保存してたのでしょう。「りんご」も最近は一年中食することが可能になりましたが、保存が上手くなったのでしょう。「プラム」はこれからがシーズンですね。

「7月から食品など次々値上げ、円安、原料高騰で」という見出しの記事がありました。施策としてそうゆう政策を選択したのですから当然のことでなんですが、それを上回る収入増がいつから実現するのですかね。

それに最近、人に優しくない国々に囲まれているようで嫌ですね。当然、国民的感覚ってのは国によって違うのでしょうけども、国間のことはルールある対話によって理解し合わないと先が展望してこないですよね。この国に住んで生活している外国籍の方がこの国の悪口をいうのを聞くのはとても嫌悪感を感じます。もし、日本人が外国に住んで、その住んでいる国のことを悪し様に貶したら、その国に住むなよって言われますよね。歴史的に色々な経緯があるのは解りますが、我々の歴史認識が間違っているって一方的に言ったって(それは其々の言い分があるんでしょう)、住んでいながら、貶すことはないやね。それも悪意で。

私は日本のことは日本人(日本国籍を持つ人という意味です)が決めるべきものという考えですので、国政の参政権は外国籍の方は無いという考えです。小さな単位の自治においてはそこに住んでいる方で決めるべきかなって感じです。この辺は異論のある方もいるようですが。如何でしょう。

緋色の「ポンポンダリア」です。こんなに色が強いと結構、孤独感が感じられます。

ジャンル:
日記
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 被災地は今 | トップ | 緑が濃く »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
申請書 提出しましょう (NAKA)
2013-07-09 21:20:09
 経営革等支援機関の申請書は完成したんですね。良かったですね。関東経済産業局へ提出しましょう。認定書をいただけるのは、2か月先と言いますから、早めに提出しましょう。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事