雲の変化が激しい日

2018年10月18日 07時06分07秒 | 飲み会

午前中は秋日でした。雲の動きが激しい午前中でしたが秋らしい感じ。でも午後からは少し下り坂になったかも。

いずれも午前中の空の雲の動き。

薔薇は開いても薔薇ですね。

郵便局出かけました。レターパックが便利で最近は良く利用してます。

生活資金等を引き出しましたが、印字に利息6円とありました。その内訳は利息7円で税金が1円です。低金利というか今は預金利息など、何も期待できない状況です。これも日銀のいわゆるゼロ金利政策でしょう。そして、市中には国債を基に出回っているお金がよっぽどありますから、国民の預金なんて疎かにされるのでしょうね。先行きが極めて不安な不透明な経済状況です。

雲の動きは見飽きない。

気になるブログ等記事から:

【東京新聞 18/5/16【クアラルンプール共同】マレーシア財務省は16日、6月1日から現行6%の消費税を事実上廃止すると発表した。9日投開票の下院選で勝利したマハティール首相率いる政党連合は政権交代から100日以内の消費税廃止を公約に掲げていた。

 消費税制度は2015年にナジブ前政権が導入し、国民の不満の対象となっていた。マハティール氏は16日、首都クアラルンプール近郊で記者会見し、4月に施行されたフェイクニュース対策法など「報道や表現の自由を抑える法律を廃止する」と説明。令状なしの拘束や家宅捜索を認める国家安全保障会議法なども廃止する。 

同氏の発言はほかにもあった。

私たちが日本からコピーしたかったことは、日本型システムなのです。国を発展させるための政府と民間企業の緊密な関係を、私は「日本株式会社」と呼んでいます。私たちはこの日本から学ぶことで、他の発展途上国に比べて早く発展することができました。マレーシアは、近隣諸国を豊かにすることが、自国にとっても大事なことであると確信しています。けっして、貧しい国を置いてきぼりにしてはなりません。1997年に始まったアジア通貨・金融危機では、これまで私たちが汗水たらして築き上げてきた国の富を瞬く間に失ってしまいました。しかし欧米型の処方箋を用いず、独自の資本規制などを実施することで、ようやく乗り越えることができました。

 いま私は、自分の国に自信をもっています。その一方で、米国型の極端な経済改革を行なおうとしている今の日本では、失業率も高く、国民が自信を失っているようです。最近の日本の若者は、もはやかつての日本人のように献身的ではなくなったと私は聞かされました。(中略)皆さんには勤勉であるという日本人の素質が根づいているのだから、他国の言いなりになるのではなく、自分の考えで行動してほしい。そして自信を取り戻し、日本人であることに誇りを持ってもらいたいと思うのです。「軍国主義はよくないことだが、愛国主義的であることは悪いことではない。愛国主義は国が困難を乗り越える上で助けになる。祖国を守ることと攻撃的な軍国主義は同義語ではない」】

我が国が取り戻すべき、そして必要なのは同氏の意見に耳を傾けることではないのだろうかと思う処です。

さてさて、夜は中国旅行でお世話になった方々が来日しているとのことでささやかでも心の籠った歓迎会に参加。

久しぶりに「じゅらく」へ。近頃はこうして小さな料亭はめっきり少なくなっています。でもここは先代女将の時から利用させていただいてますのでとっても落ち着きます。

チェーン店等と比べ食べ物も手作り感がたっぷりです。

土産に持参していただいた白酒の名酒「五稜液」を久しぶりに飲みました。アルコール度52%です。喉元を通るときの何とも言えないお酒感。ただし、この酒はじっくり頂けば悪酔いはしません。が、相当に強い酒です。

5時から8時まで楽しく懇親を交わしました。

お酒をたくさんいただいた翌朝は果物が欠かせない近頃です。

本日は朝はかなり涼しくなって秋晴れですが予報では後はほぼ曇のようです。午前中に地元の中学校で地域福祉に係る意見交換会。午後は東京に向かい、東京駅から直ぐの定例の店で高校時代の仲間と懇親会です。前回の8月には激腰痛等で不参加でしたのでほぼ半年ぶりの出席と成ります。

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 3時間の業務だけどやはり疲れた | トップ | 気温はすっかり秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

飲み会」カテゴリの最新記事