11月の気温ではないような

2018年11月11日 07時02分22秒 | 日常の暮らし

夜に雨が降ったから「パンジー」が元気です。結構水分を欲しがる草花です。

朝の「飛行機雲」。でも、この後は消えてしまって雲が続かなかったから上空が温かいのだろう。

温かい晩秋でした。11月なのにこんなにも温度がぬるんでいては何となく気だるい感じも。居住地以外はそうでもないのかも知れませんが近年の気候は温暖化していると思うのです。宇宙の中でも地球環境が激変しているのかも。あえて杞憂する思いは原子力発電事故での地下に潜って行方知らずのデブリとかは関係ないと言い切れるのかなって事かな。そりゃ、科学的根拠をもってそうでないって断言する専門家がいればよいけどね。

「金柑」と「温州みかん」。金柑は夏に咲いてもう実を付けて熟し始めています。この木は休んでいる期間が本当に短いですから体力が旺盛なのでしょうね。

植え替えた「レウイシア」です。どうやら根付いた感じ。もっと寒くなって花芽が上がってくれると良いのだけど。前期はとうとう咲かなかったから。

余剰苗のハオルチア「オブツーサ」です。こんなにわんさか有ってどうしようって感じも。

晴れて温かかったです。春咲の椿の蕾が膨らんでいます。今咲いている椿です。

パソコンが起動から立ち上がるまで時間がかかる時があるので、朝起きてすぐに電源を入れてますが、今朝もすぐには立ち上がら無くて不安でしたが10分もかからないうちに立ち上がってました。だんだんと真面に成って来ているのかな。昨日中の処理で預かった新規アパート経営の入力も終えてほぼ全容が把握できました。もう大丈夫でしょう一段落です。明日は地域福祉に係る研修会が入ってますが、その合間の今日は余裕があります。天気も穏やかだし久しぶりに散歩に出たいと猛烈な欲求が沸いて来てます。

新聞に、「任命権者に感謝しそのために応えたいし、働きたい」との内容の発言をする閣僚や中央官庁の役人の話が記載されていました。国民のためにこそですよね、この方々が応えるべきなのは。

ジャンル:
報道ニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 晩秋の雨 | トップ | 野辺の菊 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常の暮らし」カテゴリの最新記事