ジミーのひとり言

アウトドアとスポーツの好きなジミーのひとり言をお聞き(ご覧)下さい。

又、カワセミに・・・・・・

2018年10月18日 | アウトドア
 10月に入って半月が過ぎましたがスッキリした秋晴れになりません。明日も雨模様の予報です。しかし、気温は20℃を超えたあたりで一時に較べ外に出るのも苦にならなくなりました。
 このところウォーキングを復活し、少しの時間ですがウォーキングに出かけています。今日も午後から出かけました。いつもの大栗川遊歩道です。ウォーキング中に川の上流から素早く飛ぶ鳥が対岸の葦の幹に停まりました。カワセミです。


急いでネオイチを立ち上げ最大ズームでカワセミをファイダーに捉えます。カワセミの背後からの撮影です。ブレブレですがご容赦ください。


ファインダーの中心にとらえる間もなくカワセミは次のポイントに飛び去りました。撮った画は2枚だけのあっという間の事でした。

⇩今日のカワセミ撮影ポイントは下記の場所です。⇩
コメント

カワセミに会えました

2018年10月08日 | アウトドア
 体育の日の今日は30℃超えの猛暑の昨日から一転し曇天で25℃位の気温です。今日もウォーキングに出かけました。大栗川の遊歩道をネオイチ持参で歩きます。久しく見かけないカワセミを見つけながらのウォーキングです。すると手前側の遊歩道際の茂みから青い鳥が川下に飛んで行きました。一見してカワセミと分かりました。後を追います。


大栗川左岸の遊歩道沿いにはキバナコスモスが咲いています。


久し振りのカワセミです。同じ場所に5分ぐらい停まっていてくれましたので6態連続で紹介します。










残念ながら採餌行動は見られませんでしたが久し振りにカワセミに出会う事が出来、満足しました。


カワセミの撮影に成功し満足して帰路に着きました。
 
⇩今回のカワセミを撮影した場所は多摩市関戸の大栗川左岸です。⇩

コメント

秋桜が咲いています

2018年10月04日 | 花々
 1週間もたたないうちに次の台風25号が日本列島を伺っています。今日は小雨がパラパラと降り出した中、久し振りに多摩川にウォーキングに出かけました。


24号台風から4日目ですが、多摩川は増水しており笹濁りしていました。


河川敷公園に植えられているコスモスは見頃を迎えていますが、台風の影響で倒れかけていますが、健気に起き上がろうとしています。


倒れかけているコスモス達。


定番のピンク色。


秋桜の健気さに見とれます。


秋桜の隣には秋の草花が見頃です。


秋桜の中にポツンと小振りのヒマワリが咲いていました。


雨が強くなったので帰ります。
コメント

「彼岸花」が見頃です。

2018年09月19日 | 花々
 東京は2夜連続して豪雨に見舞われました。ずぶ濡れになられた方もおられたようです。
 一転して今日は朝から晴天です。彼岸花の開花が進んでいるとの情報を得て、「府中市郷土の森博物館」に出かけて見ました。


府中市郷土の森博物館のパンフレットです。


正門入口です。「彼岸花」は正門入って左に進みます。


この場所の彼岸花は年々綺麗に咲き東京では有数の場所になっています。


朱色の中に白色の花も混じっています。


昨夜の雨にも負けず元気に咲いています。


見頃の時期です。


王冠のような形状です。


白色もアップで撮って見ました。


彼岸花の花期は意外に短く見頃は1週間程です。




一面に咲く彼岸花は見事です。


萩も咲いています。


周囲には多数のカメラマンが撮影に没頭してます。






白色と朱色のコラボ咲きエリアです。


満開の彼岸花にすっかり魅了されました。


充分に彼岸花を撮影し帰路に着きます。


園内案内図です。彼岸花エリアは案内図中央です。



コメント

キバナコスモスに集まる蝶

2018年09月17日 | 花々
 9月も中旬になり猛暑が一段落しました。真夏の間は控えていたウォーキングを復活し始めました。いつものウォーキングコースを歩いているとすっかり秋の気配が漂っていました。遊歩道の脇には「キバナコスモス」の群落が花を咲かせていました。


見頃のキバナコスモスに色々な蝶達が集まっていました。










我が家の庭の片隅の彼岸花も開花が始まりました。秋は刻一刻と里に近づいています。
コメント

秋祭りの季節です。

2018年09月09日 | 祭り
 9月も中旬に入り残暑の中にも少しづつ秋の気配が見え隠れしてきました。関東地方以外の日本列島は秋雨前線に覆われ各地で雨が降っています。関東地方は晴れ間が朝から広がり残暑の一日になりました。
 出かけた先の京王線聖蹟桜ヶ丘周辺では近隣神社の秋祭りが行われていました。


万灯を先頭に祭りの行列が続きます。


大きな太鼓は一ノ宮の小野神社の大太鼓です。


小野神社の神輿です。


大勢の方に担がれて神輿渡御が進みます。


小野神社の山車です。軽やかにお囃子が鳴っています。


白狐がお囃子に合わせて踊ります。


こちらは関戸の熊野神社の神輿です。


強い日差しに神輿が黄金色に映えます。


熊野神社のお囃子、山車です。


こちらのお囃子も白狐が舞っています。




神輿は大勢の方に担がれている様子が判ります。


祭りは晴天に恵まれ五穀豊穣を祈念しながら渡御が進みます。

⇩祭りは聖蹟桜ヶ丘駅周辺で賑やかに開催されました⇩
コメント

「第17回稲城阿波おどり大会」が開催されました

2018年09月02日 | 阿波おどり
 9月に入り南の海上に台風21号が本土を伺っています。秋雨前線が本州を東西に横切り各地で大雨の被害が出ています。
 その雨の間隙を縫うように「第17回稲城阿波おどり大会」が開催されました。阿波おどりのシーズンの終盤を迎え夏休み最後の週末となり多くの人出でにぎわいました。
今回もビデオカメラとコンデジを持ち終盤には降雨により傘までさして楽しみました。


第17回稲城阿波おどりの出演連と進行表です。


阿波おどりはPm6時からスタートです。


夕闇が迫る頃演舞がスタートします。


三鷹商工連さんの演舞です。今回の阿波踊りでは最も参加人数の多い連で70名の連員の参加です。


女踊りの皆さんの熱演です。






男踊りの皆さんも頑張っています。


阿波おどりは一般的な盆踊りとは違った雰囲気があります。


阿波おどりの終盤にはこの阿波おどりのジンクスである「雨」が降りましたが、出演連の皆さんの熱気に吹き飛んでしまいました。

⇩「第17回稲城阿波おどり大会」は京王よみうりランド駅周辺で開催されました⇩
コメント

「高円寺阿波おどり」が開催されました

2018年08月26日 | 阿波おどり
 8月最後の週末は猛暑が戻って来ました。ダブル台風の置き土産でしょうか。
 東京高円寺では「第62回高円寺阿波おどり」が25日(土)・26日(日)の両日開催されました。2日間の人出が100万人と言われる規模の3大阿波おどりの一つです。残念ながら小生は所用の為、出かけることが出来ず生のレポはアップできませんでした。
阿波おどりの雰囲気はこちらでご覧ください。尚、記事の一部がスキャナー機能の関係で欠落しています。ご容赦ください。


26日(日)の読売新聞 朝刊 多摩版に「高円寺阿波おどり」の記事が掲載されていましたので転載いたします。
コメント

東京五輪「自転車ロードレースコース」決定!

2018年08月23日 | スポーツ
 東京オリンピックまで2年を切りました。各種競技の詳細が続々と決まって発表されています。
 先日も「自転車ロードレース」のコース概要が発表されました。コースは府中・三鷹・調布の3市にまたがる武蔵野の森公園をスタートし静岡県の富士スピードウェイにゴールするコースです。男子の総距離は244Km、女子は147Kmです。このコースの内多摩市内は11.8Kmのコースが発表されました。今から観戦ポイントやカメラポジションの検討などワクワクしています。


掲載記事は8月23日(木)に発行の「タウンニュース」に掲載された「多摩市内ロードレースコース」記事です。
コメント

「鉄道フェア」と「鉄道写真展」

2018年08月17日 | 鉄道
 久し振りの投稿です。8月も終盤に入りました。商業施設の夏休みの集客イベントが各地で開催されています。今日、買い物に出かけた「京王デパート聖蹟桜ヶ丘店」では「鉄道フェア」と「鉄道写真展」が開催されていました。


デパート2階のセンターコートでは「鉄道フェア」が開催されていました。


運転手なりきり写真用の井の頭線車両のヘッド部の模型がありました。


こちらは9000系のヘッド部です。


年代物のヘッドマークです。


マニアにはたまらないヘッドマーク。


井の頭線で実際に使われた「ポイント制御盤」。


実車に使われているものと同型の警笛。


小さなお子さんに人気の「プラレール」。


子供達に人気の鉄道関連グッズも一杯あります。




子供達は愚図に目を奪われているようでした。


そしてA館とB館の連絡ブリッジ画廊では「鉄道写真展」が開催されています。


3名の写真家さんが多摩地区を走る鉄道の写真展です。


鉄道と風景のベストショットに感動しました。


素晴らしい作品を見ることにより、我が身の技術の向上の一助にしたいものです。
これらのイベントは8月26日(日)までです。興味のある方お出かけ下さい。

⇩「鉄道フェア」と「鉄道写真展」は京王線聖蹟桜ヶ丘駅より0分の「京王デパート聖蹟桜ヶ丘店」です⇩
コメント

「箱根」に行って来ました。

2018年07月29日 | 
 猛暑の連続から一転、台風12号の襲来です。今度の台風はゴルフでいうと何時ものスライス進路と異なり、珍しい超スライス進路です。
 27日(金)~28日(土)に1泊2日の箱根旅行を予定しています。天気予報を見ながら検討の結果、28日(土)は台風の進路を確認しながら早帰りを想定して決行しました.

旅行行程はクルマ組と電車大好き組に分かれて「箱根強羅駅」で落ち合うことにします。
電車組は京王線を利用し小田急線新宿駅を目指します。


京王線新宿駅に降りると隣のホームに7000系車両が停車中です。この車両の下り側の先頭車は車体番号が【7777】のハッピー車体番号の編成です。幸先良い旅をスタートできそうです。


小田急線新宿駅のホームに着くと特急「EXE」の江の島行きが停車しています。我々は10:00発の「スーパーはこね13号」VSEで次発になります。


発車時刻10分前に「スーパーはこね13号」VSEが入線してきました。いよいよ乗車です。このロマンスカーで箱根湯本駅を目指します。


この車両の先頭車と最後尾車に展望席があり、人気です。


箱根湯本駅到着し箱根登山鉄道に乗り継ぎます。


2回ほどスイッチバックを繰り返し強羅駅に到着、昨年もアップしましたが強羅駅に展示されている箱根登山鉄道の車両の大型模型です。

強羅駅でクルマ組と合流しここからの移動はクルマになります。一路元箱根を目指します。元箱根でちょっと遅めの昼食をとります。
昼食後は今日のハイライト芦ノ湖の「海賊船」に乗船します。


「海賊船」は元箱根港~桃源台港~箱根港~元箱根港の周遊コースに乗船乗船時間は約80分位の乗船です。


芦ノ湖には海賊船型の遊覧船が3隻ほど運行されているようです。


海賊船のデッキにはこんな海賊が。


海賊船の操舵室は外観とは異なり最新の装置が装備されているようです。

芦ノ湖の観光を終えた後は「旧東海道」を下り、今日の宿、箱根湯本温泉を目指します。
宿では夕食を楽しみさらっとした湯本温泉で旅の疲れを癒しました。

翌28日(土)、TVが報じる天気予報では台風12号は午後から関東は大雨などの大荒れとなる予報の為、午前中は観光して午後は天気が荒れる前に帰路に着くことにしました。

今日の午前中の観光は宿からも近い「鈴廣 かまぼこの里」に行くことにしました。ここは屋内施設の為、降雨時でも傘が不要です。


まずは「かまぼこ博物館」に入館しました。かまぼこの製造工程などが紹介されています。


展示も工夫され楽しくかまぼこを知ることが出来ます。


かまぼこ製造の体験教室が開催され、子供たちに大人気です。


食した後は捨てられてしまう「かまぼこの板」をキャンバスや彫刻のベースにした美術品が展示されていました。


「鈴廣蒲鉾本店」も「かまぼこの里」にありました。


「かまぼこの里」は箱根登山鉄道の「風祭駅」の目の前にあります。

「かまぼこの里」で見学やお土産を買い台風が接近する前に帰路に着きました。2時過ぎに自宅に帰着しましたが台風の影響を受けずに今回の旅を無事終えました。

⇩今回の旅は「箱根周遊」しました⇩
コメント

[第41回みたか商工まつり]で阿波踊り開催される

2018年07月16日 | 阿波おどり
 連日35℃前後の最高気温が日本列島に襲来しています。豪雨災害を受けた西日本の方々のご苦労が重い忍ばれます。

 さて、一昨日と昨日、三鷹市の市役所にて「第41回みたか商工まつり」が開催されました。市役所周辺には多くの出店がありました。そして三鷹市公会堂ステージでは多くの演目が演じられています。小生の知人が参加している阿波おどりグループ「三鷹商工連」も出演すると聞き、カメラ&ビデオ持参で出かけました。


「みたか商工まつり」は41回を数える歴史ある催しです。


三鷹商工連の阿波踊り演舞は15日(土)の15:30~の出演です。


出演前の最後のミーティングです。


いよいよ演舞スタートです。


女性が女性が踊りを演じる「男踊り」です。


女踊りのフォーメーションです。


男踊りと女踊りのペア演舞です。


舞台演舞は照明も演舞を盛り上げます。


多人数で演じる女踊りは見事です。


舞台いっぱいに演じられる阿波おどりも屋外の路上で演じられる共にそれぞれの良さがあります。


30分の舞台演舞もあっという間に終演です。三鷹商工連の皆さんお暑い中ご苦労様でした。
8月25日(土)・26日(日)の「第51回みたか阿波おどり」が待ち遠しくなります。

⇩「第41回みたか商工まつり」が開催された三鷹市役所は下記の場所です。
コメント

【2018せいせき朝顔市】開催される

2018年07月07日 | 祭り
 今日は七夕ですが、関東地方を除く各地で猛烈な豪雨に見舞われ甚大な被害が出ているようです。心からお見舞い申し上げます。

 東京は昨晩の豪雨も上がり朝から薄曇りです。京王線の聖蹟桜ヶ丘駅周辺では夏の風物詩「せいせき朝顔市」が今日(7日)、明日(8日)の二日間開催されています。カメラ持参で出かけました。


せいせき朝顔市はすっかり地域の夏の風物詩の一つに定着しています。


朝顔市PR用チラシ(表)


朝顔市PR用チラシ(裏) 


出店テントには多くの朝顔の鉢が並べられています。


朝顔の他に地場野菜なども売られています。


皆さん真剣に朝顔を選んでいます。


朝顔を買い求めるにはなるべく早朝が良いでしょう。


朝顔の他にも各種の出店テントが並びます。


朝顔市の片隅の木陰にはパルテノン多摩から出張演奏の「ストリートオルガン」が懐かしい音楽を奏でていました。

⇩【2018せいせき朝顔市】は聖蹟桜ヶ丘駅の駅前広場にて明日まで開催中です⇩
コメント

郷土の森公園「修景池」の蓮が開花してます

2018年06月22日 | 花々
 昨日は「夏至の日」でした。梅雨時期の為、日中の長さはあまり実感しませんが日出4:26、日の入19:00は冬至の頃と比べると大きな差があります。
 先日、「あじさいまつり」のレポートアップした郷土の森博物館に隣接する郷土の森公園の修景家の蓮の花が開花しているとの報を聞き出かけて見ました。


修景池に行って見ると「大賀ハス」を中心に蓮の開花が始まってました。




満開で散り際の蓮の花です。


蓮の花は開花の時「ポンッ」と音がするとか?聞いたことはありませんが。


薄桃色が可憐な感がします。


開花前の蕾もまだたくさんあり暫くは蓮の花を楽しめそうです。

⇩府中郷土の森公園「修景池」の蓮は下図の場所で見ることが出来ます⇩
コメント

郷土の森「あじさいまつり」が開催中です

2018年06月13日 | 花々
 今日は梅雨の中休みです。雲は多めですが陽がさしています。
 府中市の郷土の森で「あじさいまつり」が開催中との事、デジイチ持参で出陣しました。


「郷土の森あじさいまつり」のPR用パンフレット。


入園料300円を支払って入園します。


園内のメーンストリートを通って味志エリアに向かいます。


園内のあじさいは今が見頃のピークです。


旧商家 島田薬局前にもあじさいが咲き添えます。




色づき始めたあじさいです。


変ったあじさい。額が無い?


葉が変色しているのが残念です。


ふと、上方を見上げると「ねむの木」に花が咲いています。


小振りなあじさいの揃い咲き。


木漏れ日がスポットライトの様に。


あじさいに埋もれる水車小屋。


古い蔵にあじさいが似合います。


緑のシャワーを浴びる小路は気持ちが良いです。


園内のあじさいMapです。

⇩府中郷土の森あじさいまつりは下図の場所で開催中です⇩
コメント