ジミーのひとり言

アウトドアとスポーツの好きなジミーのひとり言をお聞き(ご覧)下さい。

郷土の森「あじさいまつり」が開催中です

2018年06月13日 | 花々
 今日は梅雨の中休みです。雲は多めですが陽がさしています。
 府中市の郷土の森で「あじさいまつり」が開催中との事、デジイチ持参で出陣しました。


「郷土の森あじさいまつり」のPR用パンフレット。


入園料300円を支払って入園します。


園内のメーンストリートを通って味志エリアに向かいます。


園内のあじさいは今が見頃のピークです。


旧商家 島田薬局前にもあじさいが咲き添えます。




色づき始めたあじさいです。


変ったあじさい。額が無い?


葉が変色しているのが残念です。


ふと、上方を見上げると「ねむの木」に花が咲いています。


小振りなあじさいの揃い咲き。


木漏れ日がスポットライトの様に。


あじさいに埋もれる水車小屋。


古い蔵にあじさいが似合います。


緑のシャワーを浴びる小路は気持ちが良いです。


園内のあじさいMapです。

⇩府中郷土の森あじさいまつりは下図の場所で開催中です⇩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

町田「薬師池公園」の花しょうぶは・・・・・・・

2018年06月09日 | 花々
 梅雨入りしたとはいえ今日(6月8日)は朝から快晴です。車の車外温度計は31℃を指しています。町田の薬師池公園の「花しょうぶ」が見頃を迎えていると聞き出かけて見ました。


駐車場に車を停め「薬師池公園」に入園します。


あじさいも見頃です。


かしわばあじさいも咲いていました。




「花しょうぶ園」に入ります。


しばし「花しょうぶ」をご堪能下さい。




















平日でしたが多くの方が来園しておりました。




蓮の花を見ながら「花しょうぶ園」を後にしました。

⇩花しょうぶが見頃の薬師池公園は下記の場所です⇩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画『OVER DRIVE』観て来ました

2018年06月07日 | 映画
 関東地方も6日(水)に梅雨入りしましたが、今日は徐々に晴れ間が広がり日中はすっかり快晴になりました。
 雨模様のつもりだったので久し振りに映画を見に行く予定を立てていました。その予定は天候に関係なく実行することにしました。

 観に行く映画は『OVER DRIVE』です。自動車ラリーをメインに取り上げています。過去にビギナークラスの自動車ラリーにナビゲーターで参戦していた小生には興味深く観ました。主演の東出昌大、新田真剣佑の好演でストリーが進み、実車のラリーシーンを織り交ぜながらストリーが展開されます。ラリーに興味の無い方でもタイトなコースを猛烈なスピードで疾走するラリーカーの魅力にはまるでしょう。久し振りにラリーを楽しませてくれた面白い映画でした。


映画『OVER DRIVE』のポスター


映画の中で新田真剣佑がドライブする車両はトヨタの輸出名:ヤリス(国内名:ビッツ)です。


主演の東出昌大、新田真剣佑とヤリス。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高幡不動尊の「あじさいまつり」が開催中です

2018年06月04日 | 花々
 今日は朝から快晴です。気温んもぐんぐん上昇し午前中に30℃近くまで上昇しています。今週中頃には「梅雨入り」が報じられています。「梅雨入り」前に高幡不動尊の「あじさいまつり」に出かけて見ました。


高幡不動尊の最寄り駅「高幡不動駅」に降り立つと多摩動物園に向かうラッピング車両が隣のホームに停車していました。


駅構内には「あじさいまつり」のポスターが掲出されていました。


真夏のような日差しの中、高幡不動尊に向かいます。


平日ですが「あじさいまつり」を見にお出での方か、人出が見られます。


境内のあじさいは見頃が始まっています。


額あじさいも見頃です。


ブルーが綺麗なあじさいです。






「かしわばあじさい」も見頃です。


「やまあじさい」も見頃です。


新緑に埋もれる五重塔。


やまあじさい「土佐神楽」。




やまあじさい「くれない」。


「五重の塔とあじさい」この場所でダイヤモンド富士の撮影でお会いする「くにたちI」さんとばったり出会いました。


変わった色の「あじさい」ですが名前は不明です。


山内のあじさいを存分に楽しみ境内の弁天池を最後に帰路に着きました。


帰路の高幡不動駅では9000系・7000系・10ー300型都営地下鉄車両が側線に停車していました。

⇩高幡不動尊は下記の場所です





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花が咲き始めました

2018年06月01日 | 花々
 今日から6月です。来週には東京も梅雨入りするとの予報です。今日は梅雨入り前の貴重な晴天になり、湿度も低く快適な日和となりました。
 我が家のいろ付き庭先には紫陽花が数種類植栽してありますが、開花が始まりました。まだ色付きが薄いようですがこれからが楽しみです。













今年の紫陽花の花はどれも小振りです。開花が進むともう少し大輪になるのでしょうか。楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばら・バラ・薔薇;多摩市立グリーンライブセンター

2018年05月24日 | 花々
 昨晩降った雨も朝にはやみ晴れ間が広がって来ました。しかし天気予報では上空に寒気が入ってくるため午後から雷雨に要注意だそうです。
 この時期各地から花の便りが聞かれますが「バラ」が見頃を迎えているとの報を聞き多摩センター駅南側にある「多摩市立グリーンライブセンター」に出かけて見ました。


「グリーンライブセンター」はパルテノン多摩の東側に隣接した場所にあります。


この施設はピラミッド型の温室を中心にレイアウトされています。


コンパクトな敷地にバラを中心に各種の花が植栽され、今が見頃です。




赤色のバラはバラの定番です。




ピンク色の「ストロベリー・アイス」。食べられそうな名前です。


バラ以外の花もいっぱいあり「アナベル」ももう少しで見頃になりそうです。


寄せ植えされた花達も見頃です。




紫色の「クレマチス」も見頃です。


「フウリンソウ」も見頃です。




黄色いバラは「アトール’99」です。


小振りのバラも綺麗です。




香しいバラや他の花々に見送られて「グリーンライブセンター」を後にしました。

⇩「多摩市立グリーンライブセンター」は下記の場所です。入場無料です⇩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京王ライナーを撮影してきました

2018年05月20日 | 鉄道
 ようやくと天候が安定しカラッとした良い天気になりました。日中の最高気温も20℃前後で過ごしやすい陽気でした。
 京王線の「新型5000系座席指定列車」が営業投入されてから3ケ月になります。好天に誘われて多摩川の京王線橋梁に「新型5000系京王ライナー」を撮影に行って見ました。


撮影を狙う車両は【17:00新宿駅発】京王ライナー1号【17:27聖蹟桜ヶ丘駅着】を待ちます。定刻を過ぎても京王ライナーは現れず、定刻より4分遅れで接近してきます。


ヘッドランプを点灯しての接近です。


前面の運転席周囲が黒色の為、地味な感がします。


側面はほかの車種との相違はピンクとブルーのストライプの位置が異なります。


聖蹟桜ヶ丘駅には4分位の遅着だったようです。JR東線等の事故による影響か?


聖蹟桜ヶ丘駅に到着する直前に上り車両とすれ違いました。次回は座席指定に乗車してみましょう。


「新型5000系座席指定列車」の運行ダイヤ

⇩「新型5000系座席指定列車」京王ライナーを撮影した場所は下図の位置です⇩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「京王フローラルガーデン アンジェ」のバラは

2018年05月15日 | 花々
 今日は朝から快晴です。気温もぐんぐんと上昇し30℃近くまで上昇しました。ちょっと時期が遅れてしまいましたが、「バラ」の花を「京王フローラルガーデン アンジェ」に撮影に出かけました。


夏のような日差しの中「京王フローラルガーデン アンジェに入園します。


園内に入園してまず最初に「モネの池」をイメージした「ウオーターガーデン」に行きます。


今年はもう蓮の花の開花が始まっています。


池の近くには何種類もの草花が花盛りです。


森の中の小路のような遊歩道を通って「ローズガーデン」へ向かいます。


バラのアーチをくぐり抜けて「ローズガーデン」に入ります。


ピンクの華麗な「ボウベルズ」


バラは赤色が主役でしょう。


ピンク色が綺麗です。


陽射しが強くコントラストが出すぎます。




「ローズガーデン」を後にして・・・・・。


園内には春から夏に向けて色々な花々が見頃です。


バラは最盛期を過ぎていましたが他の花々に楽しませてもらいました。


ブラシの花?も見頃です。

⇩「京王フローラルガーデン アンジェ」は京王線京王多摩川駅改札を出て直ぐです⇩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「くまモン」に会って来ました

2018年05月07日 | ひとり言
 GWの連休明け何処かけだるさが漂う月曜日です。連休明けを待っていたかのように西方から大雨が近づいてきています。雨が降る前に欲しいものがあるのを思い出し京王線聖蹟桜ヶ丘駅の京王デパートに出かけました。店内で買い物をしていると一際賑やかに人々が集まっているエリアがありました。GWの集客イベントの一環で「九州・沖縄うまいもの祭り」が催されています。そのフェアの行事としたくまモン」のショウが開催されていました。
(残念ながらカメラを持参してなく携帯電話で撮影しました。)


くまモンが登場しました。思いの外、大きかったです。まずは「熊本地震」の復興支援に感謝の言葉を述べられてました。


くまモンは体が柔らかいところも見せてくれました。お集りの皆さんはしばし「くまモンショウ」を楽しみました。

⇩「くまモンショウ」は下図の京王デパート聖蹟桜ヶ丘店で行われていました⇩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「さよなら189系M51編成ラストラン」出発式に行って来ました

2018年04月27日 | 鉄道
 先日(22日)「さよなら189系M52編成ラストラン」に乗車してきましたが、本日は豊田車両センターに所属する189系の51編成のラストランが行われJR豊田駅に出発式の様子を撮影に行って来ました。)22日に較べ平日だった為、鉄道ファンの方はさほど多くはなかったのですがそれでもホームは混雑していました。


出発時刻(11:08)の10分ほど前に本日の主役「189系M51編成」が豊田車両センターから豊田駅1番線に入線してきます。


在来線の特急として活躍した189系もいよいよ見納めです。




189系が入線して来た1番線ホームは多くの方で賑わっています。


出発式の様子を撮るべく改札を出て南口ロータリ側から撮影します。


出発式の横断幕と駅長さんがスタンバイしています。


南口ロータリ側からはフェンス越しの撮影です。


189系51編成が最後の旅へと出発して行きます。


ラストランの乗客は満席のようです。ラストランの旅を楽しんでください。


本日のラストランの終着駅は長野駅で16:18着です。


189系雄姿の見納めです。長い間」安全運行お疲れ様でした。


出発式で使われた横断幕が寂しげでした。

⇩「さよなら189系M51編成ラストラン」出発式が行われたのはJR豊田駅1番線でした⇩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ダイヤモンド富士』の記事が読売新聞夕刊に掲載されていました。

2018年04月26日 | ダイヤモンド富士
 久し振りに「ダイヤモンド富士」の記事のアップです。
今日(26日)の読売新聞の夕刊に静岡県の田貫湖から「ダイヤモンド富士」の記事が掲載されていました。



この田貫湖からの「ダイヤモンド富士」の撮影は小生も>【2012年4月28日】【2013年4月27日】に撮影に出かけた事があります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「さよなら189系M52編成ラストラン」に乗車してきました

2018年04月23日 | 鉄道
 昨日(22日(日))JR東日本主催の「さよなら189系M52編成ラストラン」に乗車してきました。応募者多数の抽選に運良く当選して参加することが出来ました。
 「189系M51編成」は1975年から旧国鉄の在来線用特急の主力車両で永年多くの乗客に愛されてきた車両です。デビューから40数年を経て老朽化の為今回の運転をもって営業運転を終わります。特にM52編成は2014年12月から「グレードアップあずさ色」に変更され多くの鉄道ファンに親しまれ愛されてきました。
 今回のラストランは豊田駅10:25発⇒甲府駅13:33着、甲府駅発15:34発⇒豊田駅16:50着で運転されます。乗客は事前に抽選販売された300名が乗車します。


189系52編成は豊田駅の3番線に入線してきます。上り下りのホームはラストランの乗客に加え最後の189系の雄姿を写すべく撮り鉄の皆さんでごった返しており異様な感じでした。


グレードアップあずさ色の189系が豊田車両センターから豊田駅に入線してきます。


189系M52編成は6両編成で小生は6号車(先頭車)に乗車しました。


乗車席は6号車8C.8Dです。


発車してしばらくすると「オリジナル掛け紙付きお弁当・お茶」が配布されました。


車窓からは新緑に覆われた甲府盆地が望めます。行き先ざきのホームや見晴らしの良い高台にはびっくりする程の撮り鉄の皆さんが189系の最後の雄姿を撮影していました。


デッキから運転席が見えます。


定刻に甲府駅に到着、乗客はいったん全員降車します。ホームには多くの撮り鉄の皆さんが出迎えていました。


189系は乗客降車後竜王駅方向へ回送されます。


回送される後ろ姿です。


折り返し上り出発までの約2時間はフリータイムになります。


折り返し上り列車はは2番線から15:34発になります。


上り189系52編成の入線です。新旧「あずさ」(E353・189系)のすれ違いです。この構図も最後になります。


189系は最後の営業運転の為に甲府駅2番線ホームに入線です。


2番線ホームは乗客と撮り鉄の皆さんで大混雑でした。


帰路の乗車車両も往路と同じ6号車の8C.8Dです。


この日は晴天に恵まれ甲府では30℃近くになりました。帰路の車中で食した山梨名物の信玄餅アイスクリームは美味しかったです。


帰路の車窓からの景色も新緑が綺麗でした。


定刻の16:50に豊田駅に到着し189系52編成のラストランが終わりました。189系はこの後、多くの鉄道ファンの「ありがとう!」「さようなら!」の歓声に見送られて「豊田車両センター」へ回送されて行きました。
189系はもう1編成残っているM51編成が4月27日(金)にラストラン運転が行われます。1日「撮り鉄・乗り鉄」を堪能した1日でした。

⇩」189系52編成ラストランの乗車券・座席指定券⇩








⇩『さよなら189系52編成』乗車証明書(表・裏)⇩






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥羽と伊勢の旅(その2)

2018年04月18日 | 
 「鳥羽と伊勢の旅」2日目です。今日はいよいよこの旅メインの伊勢神宮に出掛けます。天候も晴れて旅日和になりそうです。


ホテルの5階から朝日を望み見ます。残念ながら日の出が見える方向はガラス越しで窓は開かず、窓ガラスの汚れが残念でした。


朝食のメニュウが手書きイラストで面白いアイデアです。大きなサラダボウルが印象的でした。

宿をチェックアウトし、まず【外宮】を目指します。

写真の〈現在地〉表示の場所から「正宮」を目指します。


参道を正宮に向かう途中には「神馬の御厩」等があります。


参道はうっそうとした樹木に覆われています。


外宮の「正宮」に到着、平日にもかかわらず大勢の参拝客の多さにびっくり、写真を撮るのを失念。(HPより転載)


前回の「遷宮」前の「正宮」跡地。


次に訪れたのが【内宮】です。宇治橋を渡って【内宮】の「正宮」を目指します。


宇治橋上から「五十鈴川」を望みます。


御手洗場より新緑が映える五十鈴川です。


【内宮】の「正宮」に参拝します。自然と厳かな気持ちになります。


【外宮】、【内宮】参拝の後は「おかげ横丁」で「松坂牛のステーキ丼」を美味しく戴きました。


今回の旅の締めくくりは二見が浦の「夫婦岩」を観光しました。この二見が浦から「夫婦岩」越しにダイヤモンド富士が望めるそうです。


今回の旅も無事終了です。近鉄伊勢市駅より往路の逆コースで名古屋駅に向かいます。


新幹線に乗り継ぎ東京に向かいます。今回の「鳥羽と伊勢の旅」はまずまずの天候に恵まれ無事に終わることが出来ました。

⇩「鳥羽と伊勢の旅」は下図参照下さい⇩

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥羽と伊勢の旅(その1)

2018年04月17日 | 
 4月15日~16日に1泊2日で「鳥羽と伊勢」の旅行に行って来ました。15日は午前中は雨風が強かったですが、目的地に着く頃には雨も止み天候は回復してきました。(記事内の写真はコンデジで撮影/トリミングしてます)


旅はまず東京駅から新幹線で名古屋駅に向かいます。


名古屋駅で近鉄線に乗り換え鳥羽駅を目指します。


近鉄線は初乗車です。


鳥羽駅で近鉄を下車して観光開始します。この頃になると雨は止み旅行日和になりました。


まずは昼食です。「ちりめん丼」を美味しく食しました。


最初の観光は「鳥羽水族館」です。大きな生物を選んで紹介します。足を広げると2mオーバーの「タカアシガニ」です。


体長2m程の「ジュゴン」がゆったりと泳いでいます。


重量300Kg超の「セイウチ」のパフォーマンスショウも行われ大人気でした。


次に向かったのが「ミキモト真珠島」です。正面の跨線橋を渡って真珠島に渡ります。


島に渡るとミキモト真珠の生みの親御木本幸吉の銅像が迎えてくれます。


手前の赤い屋根の船は「海女ショウ」の海女さんを乗せています。奥の船は伊勢湾を渡り伊良湖に向かうフェリーです。


3人お海女さんが海に潜ってのショウを見せてくれます。


女性に関心の高い「ミキモト真珠」ショップです。この後は鳥羽より今宵の宿に向かいます。


この日は「旅荘 海の蝶」に宿泊します。

⇩この日の宿「旅荘 海の蝶」は近鉄 鳥羽駅より車で8分位の所です⇓



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜まつりの阿波おどり

2018年04月09日 | 阿波おどり
 昨日(8日)は各所で「桜まつり」が開催されたようです。今年は桜の開花が早かった為、「葉桜まつり」になってしまいましたが好天に恵まれ賑やかに開催されたようです。京王線の聖蹟桜ヶ丘駅周辺でも「第37回せいせき桜まつり」が開催され多くの人出でにぎわいました。種々のイベントの中で「阿波おどり」のイベントを撮影レポしました。


高円寺より「江戸っ子連」と「ひょっとこ連」の皆さんが迫力のある演舞を見せてくれました。まずは「江戸っ子連」のみなさんです。


江戸っ子連の女踊りの皆さんです。


江戸っ子連の勇壮な男踊り。


踊り手さんの笑顔が素敵です。


気合十分の男踊り。フォーメーションが多彩です。


高円寺「ひょっとこ連」の皆さん。


ひょっとこ連女踊り。


春の陽射しに衣装が映えます。


阿波踊りと言えば夏の夜の行事ですが、春の日差しの中で演じられる演舞も良いものです。夏の本番が楽しみです。

⇩「第37回せいせき桜まつり」の阿波おどりは西口のOPA前広場の他3か所で演じられました⇩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加