ジミーのひとり言

アウトドアとスポーツの好きなジミーのひとり言をお聞き(ご覧)下さい。

八ヶ岳南麓に行ってきました(その2;花の里編)

2016年07月31日 | 花々
 前述の「小海線」でハイブリット車両に乗車した後、富士見高原リゾートの「花の里」に向かいました。この「花の里」は冬季は富士見高原スキー場として営業しており夏季はスキーゲレンデなどに花を植栽して観光客を集客しております。今の時期は紫陽花、ガーベラ、サルビア、百合など沢山の花が咲き誇っています。


「花の里」のパンフレットです。


スキーゲレンデが見事な花畑になっています。斜面を自動運転のカートに乗って周遊しますのでゲレンデの斜面も気になりません。


ゲレンデ斜面では「パラグライダースクール」も開校しています。




ルドベキア・エキナセア等が見頃です。


ゲレンデ斜面の最下部から「白樺エリア」に進むと入り口付近には「紫陽花」が見ごろでした。






「白樺エリア」を進んでゆくと白樺の根元に沢山の「ハイブリット百合」が咲き乱れていました。


「キタリス(狐の手袋)」も咲いています。




ユリも綺麗なのですが「白樺林」の美しさにも目を奪われます。


百合を十分堪能して白樺エリアを後にします。


「アナベル」も見頃をでした。東京と季節感が異なります。


お花畑の斜面を再びカートに乗車し出発地点の周遊カート乗り場に戻り、いろいろの花々に満足して「花の里」を後にし宿に向かいました。

翌日も天候に恵まれました。今日は昨日から一転し、ショッピングに転じます。




「八ヶ岳リゾートアウトレット」でお買い物です。この場所は八ヶ岳麓の斜面を切り開き木立の中にある中規模のアウトレット施設です。ショッピングが好きな方にはたまらない場所のようです。
充分にお買い物をした後、遅めの昼食をとり中央高速の渋滞が始まる前に早めの帰路に着きました。

⇩八ヶ岳富士見高原リゾート「花の里」は八ヶ岳南麓の標高1400mにある下記の場所です。⇩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八ヶ岳南麓に行ってきました(その1;小海線編)

2016年07月31日 | 鉄道
 七月の最終週末の29日(金)~30日(土)の1泊2日で「八ヶ岳南麓」に行ってきました。ぐずついていた天候もようやく夏の空が戻ってきて絶好の旅日和になりました。
 愛車をドライブしてまずはJR線で最も高所にある小海線の「野辺山駅」を目指します。金曜日でしたので渋滞にも合わず順調に目的地の「野辺山駅」に到着しました。


この野辺山駅の標高は1345mだそうです。野辺山駅ではツアーの団体さんが小海線に乗車すべく大勢来場してました。


駅前にはSLの動輪がモニュメントとして展示されていました。


駅前には野辺山駅の標高を示す石碑が建立されています。


私達はこの野辺山駅から小海線に乗車するグループと車を次の清里駅まで回送するドライバーとに分かれます。
この駅も自動改札機が設置されていました。


記念入場券を買い求めました。


冬季降雪エリアのためかホーム横側線には「ラッセル」と「ロータリー車」用のアタッチメントが置かれていました。


ホームの駅名表示。


この旅の目的の一つ日本にはこの小海線しか走行していない「ハイブリット車両(キハE200形気動車)」に乗車することです。小海線を走行するすべての車両がハイブリット化されている訳ではありませんので運を天に任せます。


ラッキーなことに到着した車両は「ハイブリット車」でした。(野辺山駅発 11:56)


このハイブリット車には愛称がつけられており「こうみ」号といいます。


(清里駅着 12:04着)8分間の乗車時間はあっという間に終わり「こうみ」号を見送ります。


清里駅の駅名表示です。


清里駅の時刻表です。1日に21本のダイヤで運行されており約2時間に1本です。12:05発が乗車してきた車両のダイヤです。


清里駅前には「C56」のSLが展示されていました。清里駅でクルマを回送してくれたドライバーと合流し次の目的地「花の里」を目指します。

⇩小海線「野辺山駅」は下図の場所です⇩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「第38回小金井阿波おどり」が開催されました

2016年07月24日 | 阿波おどり
 このところ連日涼しい日が続いています。今日も降雨は無さそうですが最高気温も25度前後で涼しく過ごしやすい日です。
昨夕は中央線の武蔵小金井駅周辺で開催れている「第38回小金井阿波おどり」に出かけました。この阿波踊りは中央沿線の阿波踊りの先陣を切って開催されます。この後、三鷹、高円寺などの阿波踊りが8月後半にかけて開催されます。
 中央線の高架工事も終わり武蔵小金井駅周辺もすっかり整備されました。阿波踊りは駅周辺の4つの会場に別れて開催されました。天候が幸いし、過去に無いくらいの多くの来場者で盛況に開催されました。


阿波踊りはPm6:00からの開催です。開始15分前「嵐?の前の静けさでしょうか」。まだ観客の方も少ないようです。今日は例によってビデをカメラを1脚に据え、ネオ位置を右手片手持ち、AFまかせの両手使いで参戦です。ピンズレフォトはご容赦ください。


いよいよ阿波踊りのスタートです。まず最初は前述の記事でも紹介した「三鷹商工連」さんです。


「三鷹商工連」さんの女踊りです。


同じく「三鷹商工連」さんの男踊りです。


ムサコ通りでの演舞は「江戸の阿波 蛍」蓮さんです。


北口駅前組踊会場の阿波踊りPR看板前での演舞です。


阿波踊りの最後は出場全連参加で組踊りが行われました。


終演間際は踊り手さんや観客の皆さんも参加しての乱舞で幕を閉じました。「小金井阿波おどり」は本日も武蔵小金井周辺でPM6時~9時の間開催されます。お時間のある方お出かけになっては如何でしょう。(二兎を追った為、まとまりのないアップになってしまいました_(._.)_)

↓「第38回小金井阿波おどり」は下図の駅周辺で開催されます↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「三鷹商工連20周年記念感謝祭」が開催されました

2016年07月17日 | 阿波おどり
 毎年この季節になると夏の風物詩の一つに挙げられる「阿波おどり」が各地で開催されます。
昨日は知人が活動している「阿波おどり」の「三鷹商工連」が創立20周年を迎え「記念感謝祭」が開催されるとの報をいただき、ビデオカメラとデジカメ持参で出かけました。会場は三鷹市役所に隣接する「三鷹市公会堂」です。招待連も含めて6連がステージにて演舞します。盛大に「阿波おどり」が演じられます。開演前から楽しみです。


感謝祭はまず「記念式典」が行われ、来賓のご挨拶、主催者挨拶などが行われ、その後いよいよ「舞台演舞」がスタートです。


まず最初の演舞は招待連の「みたか連」の皆さんです。


白地にオレンジの衣装がよく映えます。


次の招待連は地元の「みたか銀座連」さんです。


お子さんも入っての演舞はきれいです。


高円寺の「江戸歌舞伎連」の皆さんの演舞は衣装に特徴があります。


「歌舞伎連」さんの演舞には水戸黄門?まで登場しました。


今回のステージの主催者「三鷹商工連」さんの演舞です。総勢75名での演舞は迫力があります。


朱色の衣装で演舞は一段と華やかです。


お子さんから大人まで揃っての演舞はチームワークの良さを伺えます。


凝った舞台照明での演舞は高円寺「志留波阿連」の皆さんです。


揃った演舞はキャリアの長さを感じます。


演舞最後は高円寺「江戸っ子連」です。


高円寺の連の中でも有名連は風格を感じます。


提灯を持った「男踊り」の迫力に圧倒されます。


「三鷹商工連20周年記念感謝祭」は出演された各「連」の皆さんの「総おどり」で無事終演しました。
三鷹商工連の皆さんの今後の一層のご活躍をお祈りしております。感謝祭開催に当たり多くの方々のご尽力、お骨折りご苦労様でした。

↓「三鷹市公会堂」は三鷹市役所に隣接してあります↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

町田ダリア園に行ってきました

2016年07月14日 | 花々
 連日蒸し暑い日がつづいています。今日も朝から気温が上昇して午前中には30℃超えになったようです。西日本の方面は猛烈な豪雨になっているようですが関東地方の水がめのダムには少雨の為、水不足が心配されています。
 さて、今日は「真夏の花」の一つに挙げられる「ダリア」を「町田ダリア園」(町田市山崎町1213-1)に観に出かけました。場所は鎌倉街道の北側に位置し、住宅街の中にあります。お出かけになる時は地図などで調べてお出かけください。
「ダリア園」は今が見ごろを迎えており、色とりどりのダリアが開花していました。


「町田ダリア園」案内パンフレット


ダリア園入口です。


紫色が鮮やかな「センチメンタル」


赤が目立つ「レッドベル」


「純愛」と名付けられてました


花弁が大きい「夢人」


黄色が綺麗な「イエローサンシャイン」


「カスタネット」


「ラベンダームーン」は紫色が特徴です


大輪の「レイS」


花の直径が20Cm 超の「芙蓉」


花弁が特徴的な「群金魚」


園内の噴水が涼しげです


「セリーネ」


「ペンシルイエロークイーン」


真紅の「チャイナタウン」


「大正浪漫」


この花の名前は?


ダリア紹介のトリは「サマーパラダイス」です


園内を一巡すると汗がこぼれます。熱中症に注意して「町田ダリア園」を後にしました

↓「町田ダリア園」は町田市山崎町1213-1に所在してます↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「朝顔市」が開かれていました

2016年07月03日 | ひとり言
 梅雨の中休みでしょうか?今日も朝から雲間から陽が差し気温がぐんぐんと上昇し午前中のうちに30℃超えになりました。
今日、買い物に出かけた京王線聖蹟桜ヶ丘駅の駅前広場では夏の風物詩ともいえる「せいせき朝顔市」が開催されていました。


「せいせき朝顔市」のPR用チラシです。


近隣の農家の方々が丹精込めて育てられた「朝顔」が所狭しと売られていました。




並んでいる朝顔の中には大輪の花が咲いているものも見受けられます。




PR用の立て看板です。


「朝顔コンクール」も行われていました。


良い「朝顔」を買い求めるには早朝が花の開花が見られて適しているようです。

↓「せいせき朝顔市」が開催されたのは京王線聖蹟桜ヶ丘駅の駅前広場です↓」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加