ジミーのひとり言

アウトドアとスポーツの好きなジミーのひとり言をお聞き(ご覧)下さい。

牡丹が見頃です

2016年04月22日 | 花々
 4月も下旬に入りました。後一週間でGWを迎えます。我が家から見える丘陵の樹々が日増しに若葉から色濃い葉色になって来ました。
 今日はそろそろ見頃を迎えていると思われる牡丹を見るべく「町田ぼたん園」(町田市野津田町)にデジイチ持参で出かけて見ました。鎌倉街道沿いの薬師池公園駐車場に車を停めて徒歩10分程の「町田ぼたん園」に向かいました。


ぼたん園の入り口では早速、開花している牡丹が迎えてくれます。


入園口で500円/大人の入園料を購入し入園します。


すぐに目に留まるのが和傘を指している「牡丹」です。牡丹は直射日光を嫌うようです。


牡丹の定番のような花が咲いています。


花びらがダリヤのようです。ダリヤより大輪ですが。


深紅の牡丹、見事です。


大小2輪の牡丹です。


石楠花も見頃を迎えています。


園内広場には鯉のぼりが泳いでいます。


白藤も白い花が沢山開花していました。


絣の衣装を着た「花摘み」さんが咲き終わった花ガラを摘んでいます。




牡丹の定番、「島錦」です。


紫色の藤も開花していました。


名残の八重桜もまだ見ることが出来ます。


桃色の牡丹も柔らかい感がして綺麗です。


十分い牡丹を堪能し「町田ぼたん園」を後にしました。

↓「町田ぼたん園」は下記の場所です。お車で行かれる方は薬師池公園駐車場に駐車お勧めします↓
コメント

さくら・サクラ・桜(程久保川の八重桜)

2016年04月19日 | 花々
 今日は4月19日(火)です。「何の日」かご存知ですか? 答えは「飼育の日」だそうです。各地の動物園では動物たちの「飼育」に関するイベントが開催された様です。
 話題を本題に戻します。今日は大陸から移動して来た高気圧に覆われ朝から良い天気です。「熊本地震」で被災された皆さんのサポートや行方不明の方々の捜索が進む事を祈念します。
 さて、快晴の天気に誘われウォーキングを兼ねて今シーズン終盤の「桜のお花見」に出かけました。行き先は京王線聖蹟桜ヶ丘駅から多摩川の堤防に出て上流方向へ、途中多摩川右岸に合流する程久保川沿いを「八重桜」を見ながら京王線高幡不動駅を通り目的地は高幡不動尊までのおよそ5Kmのコースです。


聖蹟桜ヶ丘駅から多摩川の右岸堤防に出ます。雲一つない快晴の空が迎えてくれました。


多摩川右岸を上流に進んで支流の程久保川右岸を上流方向を目指すとここから約1Km見事な「八重桜」並木が続きます。


数種類の八重桜が植栽されているようです。樹によって微妙に花色が異なります。


どの八重桜も満開を迎えており見頃のピークでした。


程久保川沿いの遊歩道は桜のトンネルになっています。


遊歩道沿いには「藤の花」も見頃を迎えています。


八重桜と菜の花のコラボも見ることが出来ました。


今日のウォーキングの目的地「高幡不動尊」に到着しました。


「高幡不動尊」の定番ポイントから「五重の塔と枝垂桜」を撮影、残念ながら枝垂桜は花期の終盤でした。

↓程久保川の八重桜は下記の場所周辺で観ることが出来ます↓
コメント

解体ビル工事現場の足場が崩壊

2016年04月17日 | Weblog
 熊本地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。強い余震が続いてるようです。1日も早く終息をお祈りいたします。

 関東地方も今日は早朝から南風が強く雨も降り、大荒れの天気です。ビル風の吹いているところでは歩行が困難の程、強風が吹いています。
 今日、ショッピングに出かけた聖蹟桜ヶ丘駅周辺は警察車両や消防車両が出て騒然としてました。人混み越しに見ると聖蹟桜ヶ丘駅の南側の川崎街道が全面通行止めになっています。理由は「川崎街道」の「聖蹟桜ヶ丘駅東」交差点の南側にあるビル解体工事現場の足場が折からの強風により倒壊・落下し川崎街道を塞いでいます。その為、川崎街道は聖蹟桜ヶ丘駅前交差点から新大栗橋交叉点までの間、内・外通り共に全面通行止めになっています。歩行者や通行中の自動車など被害がなかったか危惧されます。通行止め解除には相当の時間が掛かりそうです。


画像中央が当該ビルです。落下した足場が道路(川崎街道)を塞いでいます。


このビルは9階建てか10階建てでしょうか。ビル上部に崩れかかっている足場が見えます。


日曜日の午後、普段は買い物客の人達で交通量の多い川崎街道ですが、全面通行止めの為、車が見えません。

↓ビル解体工事現場の足場落下・崩壊現場は下記の場所です↓
コメント

さくら・サクラ・桜(多摩森林科学園)

2016年04月13日 | 花々
 4月に入って早2週間が過ぎようとしています。今日は朝から曇り空、夜には降雨があると天気予報がありました。街中の桜はすっかり葉桜になり新芽の影に咲き遅れた花がわずかに残っています。
 今日は「桜シーズン」の最後を見るべく「多摩森林科学園」(八王子市甘里町1833-81)に出かけて見ました。自宅を出る時には弱い雨が降り出し危惧しましたが、電車で移動中に心配した雨もやみどうにか雨具無しで桜を楽しむことが出来ました。科学園には平日にもかかわらず大勢の方が来園されていました。


「多摩森林科学園」はJR中央線高尾駅より徒歩10分の所にあります。


途中の路肩には菜の花が今を盛りに咲いていました。


多摩森林科学園の入園口です。


桜保存林までのアプローチは山深い感じがして好きなロケーションです。


桜保存林エリアに近づくと見頃の桜が迎えてくれます。


園内にはまだまだ沢山の桜が見頃です。


園内には500種類、1400本の桜があるそうです。




遊歩道には大勢の来園者が見えます。


今は八重桜系の桜が開花しているようです。




山の斜面に咲く桜は見事な枝ぶり、開花ぶりです。


園内最奥の「関山ベンチ」はゆっくり座ってお花見が出来るところです。


新緑と桜のコントラストが綺麗です。


どの桜も今が見頃です。


ここからはおまけです。「タチツボスミレ」です。


ワラビ?こごみ?名前が判りません。


「ヤマブキ」も見頃です。


早くも「ヤマツツジ」が開花してました。


途中少しの雨が降りましたが、無事に雨具も着用せず「森の科学館」に戻り帰路に着きました。今シーズンの最後を飾るような「桜」を一杯観ることが出来ました。

↓多摩森林科学園はJR高尾駅北口から10分の所にあります↓




















コメント

さくら・サクラ・桜が満開です

2016年04月06日 | 花々
 桜が最後の見頃です。今年は桜が開花してからスッキリとした晴天がなく、桜が寂しげでした。今日は久し振りに太陽が顔を見せて日中の気温は20℃を超えました。しかし天気予報では明日から天気が崩れ「花散らしの雨」になるようです。今年の桜を映像に残すべくカメラを愛車に乗せて桜を撮りに出かけました。

まず最初に訪れたのは「都立桜ヶ丘公園」(多摩市連光寺5-4)です。桜の名所として知られている場所です。

標高150mの丘陵の上にある公園の為、桜は今が見頃です。


黄色の柱状建築物は聖蹟記念館です。


青空を背景に満開の桜が映えます。


桜の根元には「シャガ」も見頃を迎えていました。




明日の雨でこの桜が散ってしまうのはもったいないと感じます。

次に訪れたのは花の寺として有名な「吉祥院」(多摩市豊ケ丘1丁目51−2)です。

門前の桜と六地蔵が出迎えてくれます。


「都天然記念物 吉祥院のシダレザクラ」は残念ながら見頃を過ぎていました。


鐘楼の前にあるピンクの桜は見頃でした。


ピンクと白色の桜コラボです。

そして最後に訪れたのは「からきだ百本しだれ」(多摩市唐木田1丁目)です。

「からきだ百本しだれ」は「からきだの道」の途中にあります。


この場所の枝垂桜はちょっと変わっていて遠くから見ると霞が掛かっているようです。




枝垂桜は染井吉野に較べて花びらが小さいようです。


満開の桜の下で「お花見」いいですね。


今年のお花見も今日限りでしょうか?「花散らしの雨」は降るのでしょうか?



コメント (2)

桜まつりの阿波おどり

2016年04月04日 | 阿波おどり
 当ブログご愛読の皆様、ご無沙汰しております。3月は私事多忙を極めブログの更新を1か月程お休みしてしまいました。ご心配をおかけし申し訳ございません。4月から従来通り当ブログの掲載をいたしますのでご愛読お願い申しあげます。

 4月に入り最初の日曜日(3日)の昨日、各地で桜が見頃を迎え「桜まつり」が開催されたようです。京王線の聖蹟桜ヶ丘駅周辺でも「第35回せいせき桜まつり」が開催されました。
 当日は日中は私用があり出かけることが出来ませんでしたが午後3時過ぎに時間が出来、「桜まつり」の後半の行事を見るべく出かけました。この桜まつりでは毎年、「高円寺阿波おどり」からひょっとこ連と江戸っ子連の皆さんが出演されており、今年も桜まつり会場各所で演舞が演じられました。最後のVITAホールでの演舞に間に合い観覧することが出来ました。見事な阿波踊りに魅了されたひと時でした。


「第35回せいせき桜まつり」のパンフレットです。


聖蹟桜ヶ丘駅前の桜も満開でした。


江戸っ子連の女踊りの演舞です。


阿波踊りを見ていると一足早く夏の到来を思わせてくれます。


ひょっとこ連の皆さんです。


ひょっとこ連の男踊りです。


華麗な女踊りと男踊りのひょっとこ連の皆さんです。




演舞の最後は江戸っ子連とひょっとこ連の合同演舞で幕を閉じました。


阿波おどり終演後、会場の外は夕暮れが迫っていましたが、満開の桜が見送ってくれました。
コメント