ジミーのひとり言

アウトドアとスポーツの好きなジミーのひとり言をお聞き(ご覧)下さい。

「鉄道フェア」と「鉄道写真展」

2018年08月17日 | 鉄道
 久し振りの投稿です。8月も終盤に入りました。商業施設の夏休みの集客イベントが各地で開催されています。今日、買い物に出かけた「京王デパート聖蹟桜ヶ丘店」では「鉄道フェア」と「鉄道写真展」が開催されていました。


デパート2階のセンターコートでは「鉄道フェア」が開催されていました。


運転手なりきり写真用の井の頭線車両のヘッド部の模型がありました。


こちらは9000系のヘッド部です。


年代物のヘッドマークです。


マニアにはたまらないヘッドマーク。


井の頭線で実際に使われた「ポイント制御盤」。


実車に使われているものと同型の警笛。


小さなお子さんに人気の「プラレール」。


子供達に人気の鉄道関連グッズも一杯あります。




子供達は愚図に目を奪われているようでした。


そしてA館とB館の連絡ブリッジ画廊では「鉄道写真展」が開催されています。


3名の写真家さんが多摩地区を走る鉄道の写真展です。


鉄道と風景のベストショットに感動しました。


素晴らしい作品を見ることにより、我が身の技術の向上の一助にしたいものです。
これらのイベントは8月26日(日)までです。興味のある方お出かけ下さい。

⇩「鉄道フェア」と「鉄道写真展」は京王線聖蹟桜ヶ丘駅より0分の「京王デパート聖蹟桜ヶ丘店」です⇩
コメント

京王ライナーを撮影してきました

2018年05月20日 | 鉄道
 ようやくと天候が安定しカラッとした良い天気になりました。日中の最高気温も20℃前後で過ごしやすい陽気でした。
 京王線の「新型5000系座席指定列車」が営業投入されてから3ケ月になります。好天に誘われて多摩川の京王線橋梁に「新型5000系京王ライナー」を撮影に行って見ました。


撮影を狙う車両は【17:00新宿駅発】京王ライナー1号【17:27聖蹟桜ヶ丘駅着】を待ちます。定刻を過ぎても京王ライナーは現れず、定刻より4分遅れで接近してきます。


ヘッドランプを点灯しての接近です。


前面の運転席周囲が黒色の為、地味な感がします。


側面はほかの車種との相違はピンクとブルーのストライプの位置が異なります。


聖蹟桜ヶ丘駅には4分位の遅着だったようです。JR東線等の事故による影響か?


聖蹟桜ヶ丘駅に到着する直前に上り車両とすれ違いました。次回は座席指定に乗車してみましょう。


「新型5000系座席指定列車」の運行ダイヤ

⇩「新型5000系座席指定列車」京王ライナーを撮影した場所は下図の位置です⇩
コメント

「さよなら189系M51編成ラストラン」出発式に行って来ました

2018年04月27日 | 鉄道
 先日(22日)「さよなら189系M52編成ラストラン」に乗車してきましたが、本日は豊田車両センターに所属する189系の51編成のラストランが行われJR豊田駅に出発式の様子を撮影に行って来ました。)22日に較べ平日だった為、鉄道ファンの方はさほど多くはなかったのですがそれでもホームは混雑していました。


出発時刻(11:08)の10分ほど前に本日の主役「189系M51編成」が豊田車両センターから豊田駅1番線に入線してきます。


在来線の特急として活躍した189系もいよいよ見納めです。




189系が入線して来た1番線ホームは多くの方で賑わっています。


出発式の様子を撮るべく改札を出て南口ロータリ側から撮影します。


出発式の横断幕と駅長さんがスタンバイしています。


南口ロータリ側からはフェンス越しの撮影です。


189系51編成が最後の旅へと出発して行きます。


ラストランの乗客は満席のようです。ラストランの旅を楽しんでください。


本日のラストランの終着駅は長野駅で16:18着です。


189系雄姿の見納めです。長い間」安全運行お疲れ様でした。


出発式で使われた横断幕が寂しげでした。

⇩「さよなら189系M51編成ラストラン」出発式が行われたのはJR豊田駅1番線でした⇩
コメント

「さよなら189系M52編成ラストラン」に乗車してきました

2018年04月23日 | 鉄道
 昨日(22日(日))JR東日本主催の「さよなら189系M52編成ラストラン」に乗車してきました。応募者多数の抽選に運良く当選して参加することが出来ました。
 「189系M51編成」は1975年から旧国鉄の在来線用特急の主力車両で永年多くの乗客に愛されてきた車両です。デビューから40数年を経て老朽化の為今回の運転をもって営業運転を終わります。特にM52編成は2014年12月から「グレードアップあずさ色」に変更され多くの鉄道ファンに親しまれ愛されてきました。
 今回のラストランは豊田駅10:25発⇒甲府駅13:33着、甲府駅発15:34発⇒豊田駅16:50着で運転されます。乗客は事前に抽選販売された300名が乗車します。


189系52編成は豊田駅の3番線に入線してきます。上り下りのホームはラストランの乗客に加え最後の189系の雄姿を写すべく撮り鉄の皆さんでごった返しており異様な感じでした。


グレードアップあずさ色の189系が豊田車両センターから豊田駅に入線してきます。


189系M52編成は6両編成で小生は6号車(先頭車)に乗車しました。


乗車席は6号車8C.8Dです。


発車してしばらくすると「オリジナル掛け紙付きお弁当・お茶」が配布されました。


車窓からは新緑に覆われた甲府盆地が望めます。行き先ざきのホームや見晴らしの良い高台にはびっくりする程の撮り鉄の皆さんが189系の最後の雄姿を撮影していました。


デッキから運転席が見えます。


定刻に甲府駅に到着、乗客はいったん全員降車します。ホームには多くの撮り鉄の皆さんが出迎えていました。


189系は乗客降車後竜王駅方向へ回送されます。


回送される後ろ姿です。


折り返し上り出発までの約2時間はフリータイムになります。


折り返し上り列車はは2番線から15:34発になります。


上り189系52編成の入線です。新旧「あずさ」(E353・189系)のすれ違いです。この構図も最後になります。


189系は最後の営業運転の為に甲府駅2番線ホームに入線です。


2番線ホームは乗客と撮り鉄の皆さんで大混雑でした。


帰路の乗車車両も往路と同じ6号車の8C.8Dです。


この日は晴天に恵まれ甲府では30℃近くになりました。帰路の車中で食した山梨名物の信玄餅アイスクリームは美味しかったです。


帰路の車窓からの景色も新緑が綺麗でした。


定刻の16:50に豊田駅に到着し189系52編成のラストランが終わりました。189系はこの後、多くの鉄道ファンの「ありがとう!」「さようなら!」の歓声に見送られて「豊田車両センター」へ回送されて行きました。
189系はもう1編成残っているM51編成が4月27日(金)にラストラン運転が行われます。1日「撮り鉄・乗り鉄」を堪能した1日でした。

⇩」189系52編成ラストランの乗車券・座席指定券⇩








⇩『さよなら189系52編成』乗車証明書(表・裏)⇩






コメント

京王線 新型5000系車両

2017年11月06日 | 鉄道
 前述の「たちかわ楽市2017」の帰路、多摩モノレール高幡不動駅から京王線高幡不動駅に乗り換えようとしました。ホームに降り立ち何気なく側線方向を見ると何やら車体側面ライン色の位置が異なる車両が停まっています。もしかしてと思いホームを移動して先頭部の見える場所に移動してみると・・・・・。


7000系、8000系、9000系の見慣れた車両とは異なるシルエットの車両が・・・・・・・・。


車両前方の見える位置に移動するとやはり、新型5000系車両でした。


従来の車両より全面形状がスマートな装いです。


来春の座席指定運行に乗車するのが楽しみです。

↓京王線 新型車両は高幡不動駅で見ました↓
コメント

JR東「豊田車両センターまつり」に行って来ました

2017年10月29日 | 鉄道
 8月は雨が多かったですが、10月も雨が多いですね。先週末に続いて今週末も台風22号が襲来です。被害の無いことを願っています。
 さて、昨日(10/28(土))は「豊田車両センターまつり」に出かけました。これはJR東が年に一度、近隣の方々に鉄道を身近に感じて頂くために車両センターを一般開放するものです。心配された雨も時おりぱらつく程度で車両を見学するには支障なくできました。


「豊田車両センターまつり」の会場紹介パンフレットです。


一部イベントは降雨の為、残念ながら中止になっていました。


小雨の中、老若男女の鉄道ファンが列を作って参加していました。


検査車庫に入る前に軌道上にトラックが。これは架線メンテナンスをする一般道路と線路上を走行することが出来る作業車両です。


検査車庫に入っての車両見学です。


普段は駅のホーム上から見ている車両もレールレベルから見ると一段と大きく見えます。


中央線車両の車軸が展示されていました。


シングルアームのパンタグラフが2種類展示されています。最近の車両はほとんどがシングルアームになりました。


旅客車両用の側面にとりついている行き先表示です。


Nゲージのジオラマ展示があり、お子さんを中心に大人気でした。


中央線の通勤車両「E233系」の勢揃いです。


洗車中の左の車両の行き先表示が「富士山」になっています。(見にくいですが)


1編成だけE211系がありました。


新旧3世代の「あずさ」です。一番左が12月から営業投入される「E353系」車両です。


角度を変えてもうワンショットです。大人気の車両の為、人混み越しの撮影です。


牽引車「アント」です。


大勢の撮り鉄さんんがズラッと並んで撮影中です。


帰路に着く前にもう一度「あずさ」3世代を撮影しました。


【番外編】:車両センターで展示車両を撮影中に撮り鉄さん達がざわついています。皆さんののカメラの方向を見ると、なんと中央線の八王子方向へ豪華列車「トランスイート四季島」が走行してきました。残念ながら気が付いた時はカメラの電源が落ちており、急いで立ち上げましたが編成の一部しか撮影できませんでした。

心配した雨も大降りにならず「撮り鉄」を楽しみました。

↓「豊田車両センターまつり」は下記の場所で開催されました。豊田駅より徒歩15分の所です↓
コメント

「せいせき鉄道フェア」開催中

2017年08月26日 | 鉄道
 天候不順だった8月もあと数日で終わります。子供達も残った宿題の片づけに大忙しでしょうか。
 昨日、買い物に出かけた京王線聖蹟桜ヶ丘駅に隣接する京王デパートでは集客イベントとして「せいせき鉄道フェア」が開催されていました。京王線に関連する展示やグッズの販売などが行われていました。


「せいせき鉄道フェア」告知PR用ポスター


「せいせき鉄道フェア」会場を上階から見ると


レールのいろいろな種類の紹介


懐かしい旧駅名表示(ホーロー製)です


昔の多摩動物園のヘッドマーク


会場には今秋デビュー予定の新型5000系のポスターも掲出されていました


何気なく会場で撮影して来た京王線の写真をよくよく見ると「井の頭線1000系と京王線8000系の合成写真」です。見る角度により2種類の車両が見えます。


子供達が運転手気分の写真が撮れる電車の先頭部モックアップ


御岳登山鉄道のミニジオラマ


小さなお子さんに人気のプラレールジオラマ


会場には鉄道関連グッズの出店もありお子さん連れの方はおねだりされそうです


そして7階のA館・B館連絡通路ギャラリーには「京王線写真展」も開催されています


お買い物のついでにお出かけになっては如何でしょう?開催は27日(日)迄です

↓「せいせき鉄道フェア」は京王線聖蹟桜ヶ丘駅の京王デパートにて開催中です↓
コメント

この町は何処でしょう?

2017年08月11日 | 鉄道
 「山の日」の今日ですが、いきなり出題です。
 この町は何処でしょうか?

野球場が見えます。


綺麗に区画されている街並みです。


ここまで見ると答えが分かった事と思います。この街並みは鉄道模型Nゲージのジオラマで架空の町です。

夏休みの集客イベントとしてお子さん達に人気がある鉄道関連イベントして開催されている様子を撮影してみました。
場所は小田急・京王永山駅に隣接する商業施設「グリナ―ド永山」で開催(~8/15(火))されている「鉄道フェア」です。大きな鉄道ジオラマや鉄道関係写真展、ミニ鉄道乗車イベントなどお子さん達に大人気のイベントです。
それではこのイベントの一部をご紹介します。


本物の新幹線と見間違えそうな光景です。


転車台と扇状車庫、車両はディーゼル機関車。


鉄道模型ならではの光景。私鉄各社やJR車両が入り混じって待機中です。


扇状車庫と蒸気機関車、転車台です。扇状車庫と転車台は本来進行方向が一方向に走るのが得意な蒸気機関車用に作られたものです。


お子さん達に大人気のトーマスと仲間達。


JR東とJR西の新幹線が並んで待機してます。これも実車では見られない光景です。


グリナ―ド永山の屋上ではオープン前の試運転中のミニ鉄道。この車両にお子さん達を乗せて走ります。


オープンされるとお子さん達の乗車順待ちの列が出来ていました。

↓このイベントが開催されている「グリナ―ド永山」は下図の場所です↓
コメント

雨中の箱根路

2017年07月31日 | 鉄道
 週末を利用して「箱根」に行って来ました。鉄道組とクルマ組に分かれて目的地を目指します。天候はあいにくの空模様で今にも泣きだしそうです。


鉄道組は新宿駅から小田急線のロマンスカー(VSE)スーパー箱根13号に乗車し箱根湯本駅を目指します。


箱根湯本駅で箱根登山鉄道に乗り換えし、強羅駅を目指します。登山鉄道の乗車時間は約40分。スイッチバックを3回ほど繰り返して終点の強羅に到着。


強羅駅よりケーブルカーに乗り換え、早雲山駅へ、ここよりロープウェイに乗り継ぎ霧の中、大涌谷駅に到着。下車し大涌谷を観光。


沈静化したとはいえ大涌谷の噴出する蒸気音はすさまじい。まだ時おり有害ガスが発生し、ガス濃度によっては強制退去になるとの警告説明がありました。


大涌谷にて鉄道組とクルマ組が合流し、名物「黒たまご」を食しました。「一つ食べると7年長生き」との事。信じる・信じないは別にして皆さんが食している様子が面白い。黒卵を食べている時に場内放送があり「雷雲接近中につき、ロープウェイが間もなく運休する」との報があり、急いで芦ノ湖畔の桃源台駅の向かった。この日の宿は桃源台駅近くのホテルにチェックインした。


翌日、ホテルをチェックアウト後は箱根から40分ほどの「御殿場アウトレット」でショッピングと昼食を済ませ、高速の渋滞発生前に帰路に着いた。予測通り東名は渋滞がなく午後3時前に自宅に到着した。
今回は雨中の旅が予想された為、カメラはコンデジで撮影、天候が悪くカメラ保護の為、シャッターを切る頻度が少なかった。
コメント

八ヶ岳南麓に行ってきました(その1;小海線編)

2016年07月31日 | 鉄道
 七月の最終週末の29日(金)~30日(土)の1泊2日で「八ヶ岳南麓」に行ってきました。ぐずついていた天候もようやく夏の空が戻ってきて絶好の旅日和になりました。
 愛車をドライブしてまずはJR線で最も高所にある小海線の「野辺山駅」を目指します。金曜日でしたので渋滞にも合わず順調に目的地の「野辺山駅」に到着しました。


この野辺山駅の標高は1345mだそうです。野辺山駅ではツアーの団体さんが小海線に乗車すべく大勢来場してました。


駅前にはSLの動輪がモニュメントとして展示されていました。


駅前には野辺山駅の標高を示す石碑が建立されています。


私達はこの野辺山駅から小海線に乗車するグループと車を次の清里駅まで回送するドライバーとに分かれます。
この駅も自動改札機が設置されていました。


記念入場券を買い求めました。


冬季降雪エリアのためかホーム横側線には「ラッセル」と「ロータリー車」用のアタッチメントが置かれていました。


ホームの駅名表示。


この旅の目的の一つ日本にはこの小海線しか走行していない「ハイブリット車両(キハE200形気動車)」に乗車することです。小海線を走行するすべての車両がハイブリット化されている訳ではありませんので運を天に任せます。


ラッキーなことに到着した車両は「ハイブリット車」でした。(野辺山駅発 11:56)


このハイブリット車には愛称がつけられており「こうみ」号といいます。


(清里駅着 12:04着)8分間の乗車時間はあっという間に終わり「こうみ」号を見送ります。


清里駅の駅名表示です。


清里駅の時刻表です。1日に21本のダイヤで運行されており約2時間に1本です。12:05発が乗車してきた車両のダイヤです。


清里駅前には「C56」のSLが展示されていました。清里駅でクルマを回送してくれたドライバーと合流し次の目的地「花の里」を目指します。

⇩小海線「野辺山駅」は下図の場所です⇩
コメント