ジミーのひとり言

アウトドアとスポーツの好きなジミーのひとり言をお聞き(ご覧)下さい。

よみうりランド「ジェエルミネーション」

2018年12月28日 | 
 今年もあと3日あまりになりました。色々なところで「平成最後の・・・・・」という表現が目に付きます。
 ところで友人に誘われて急遽「よみうりランド ジェエルミネーション」に出掛けました。このイルミネーションには数年ぶりの来園です。クリスマスの来園者ピークは過ぎていましたので落ち着いて観賞出来ました。このよみうりランドでは600万球のLEDを使ったイルミネーションをっ見ることが出来ます。急に出かけることになった為、カメラは一眼の充電が間に合わずコンデジ持参で撮影しました。プアな画像ご容赦ください。


光の眩しさにびっくりします。


しばしイルミネーションの雰囲気をお楽しみください。






光のトンネルです。










しばしの間、存分にイルミネーションを楽しみました。

⇩「よみうりランド」は下図の場所です⇩
コメント

「箱根」に行って来ました。

2018年07月29日 | 
 猛暑の連続から一転、台風12号の襲来です。今度の台風はゴルフでいうと何時ものスライス進路と異なり、珍しい超スライス進路です。
 27日(金)~28日(土)に1泊2日の箱根旅行を予定しています。天気予報を見ながら検討の結果、28日(土)は台風の進路を確認しながら早帰りを想定して決行しました.

旅行行程はクルマ組と電車大好き組に分かれて「箱根強羅駅」で落ち合うことにします。
電車組は京王線を利用し小田急線新宿駅を目指します。


京王線新宿駅に降りると隣のホームに7000系車両が停車中です。この車両の下り側の先頭車は車体番号が【7777】のハッピー車体番号の編成です。幸先良い旅をスタートできそうです。


小田急線新宿駅のホームに着くと特急「EXE」の江の島行きが停車しています。我々は10:00発の「スーパーはこね13号」VSEで次発になります。


発車時刻10分前に「スーパーはこね13号」VSEが入線してきました。いよいよ乗車です。このロマンスカーで箱根湯本駅を目指します。


この車両の先頭車と最後尾車に展望席があり、人気です。


箱根湯本駅到着し箱根登山鉄道に乗り継ぎます。


2回ほどスイッチバックを繰り返し強羅駅に到着、昨年もアップしましたが強羅駅に展示されている箱根登山鉄道の車両の大型模型です。

強羅駅でクルマ組と合流しここからの移動はクルマになります。一路元箱根を目指します。元箱根でちょっと遅めの昼食をとります。
昼食後は今日のハイライト芦ノ湖の「海賊船」に乗船します。


「海賊船」は元箱根港~桃源台港~箱根港~元箱根港の周遊コースに乗船乗船時間は約80分位の乗船です。


芦ノ湖には海賊船型の遊覧船が3隻ほど運行されているようです。


海賊船のデッキにはこんな海賊が。


海賊船の操舵室は外観とは異なり最新の装置が装備されているようです。

芦ノ湖の観光を終えた後は「旧東海道」を下り、今日の宿、箱根湯本温泉を目指します。
宿では夕食を楽しみさらっとした湯本温泉で旅の疲れを癒しました。

翌28日(土)、TVが報じる天気予報では台風12号は午後から関東は大雨などの大荒れとなる予報の為、午前中は観光して午後は天気が荒れる前に帰路に着くことにしました。

今日の午前中の観光は宿からも近い「鈴廣 かまぼこの里」に行くことにしました。ここは屋内施設の為、降雨時でも傘が不要です。


まずは「かまぼこ博物館」に入館しました。かまぼこの製造工程などが紹介されています。


展示も工夫され楽しくかまぼこを知ることが出来ます。


かまぼこ製造の体験教室が開催され、子供たちに大人気です。


食した後は捨てられてしまう「かまぼこの板」をキャンバスや彫刻のベースにした美術品が展示されていました。


「鈴廣蒲鉾本店」も「かまぼこの里」にありました。


「かまぼこの里」は箱根登山鉄道の「風祭駅」の目の前にあります。

「かまぼこの里」で見学やお土産を買い台風が接近する前に帰路に着きました。2時過ぎに自宅に帰着しましたが台風の影響を受けずに今回の旅を無事終えました。

⇩今回の旅は「箱根周遊」しました⇩
コメント

鳥羽と伊勢の旅(その2)

2018年04月18日 | 
 「鳥羽と伊勢の旅」2日目です。今日はいよいよこの旅メインの伊勢神宮に出掛けます。天候も晴れて旅日和になりそうです。


ホテルの5階から朝日を望み見ます。残念ながら日の出が見える方向はガラス越しで窓は開かず、窓ガラスの汚れが残念でした。


朝食のメニュウが手書きイラストで面白いアイデアです。大きなサラダボウルが印象的でした。

宿をチェックアウトし、まず【外宮】を目指します。

写真の〈現在地〉表示の場所から「正宮」を目指します。


参道を正宮に向かう途中には「神馬の御厩」等があります。


参道はうっそうとした樹木に覆われています。


外宮の「正宮」に到着、平日にもかかわらず大勢の参拝客の多さにびっくり、写真を撮るのを失念。(HPより転載)


前回の「遷宮」前の「正宮」跡地。


次に訪れたのが【内宮】です。宇治橋を渡って【内宮】の「正宮」を目指します。


宇治橋上から「五十鈴川」を望みます。


御手洗場より新緑が映える五十鈴川です。


【内宮】の「正宮」に参拝します。自然と厳かな気持ちになります。


【外宮】、【内宮】参拝の後は「おかげ横丁」で「松坂牛のステーキ丼」を美味しく戴きました。


今回の旅の締めくくりは二見が浦の「夫婦岩」を観光しました。この二見が浦から「夫婦岩」越しにダイヤモンド富士が望めるそうです。


今回の旅も無事終了です。近鉄伊勢市駅より往路の逆コースで名古屋駅に向かいます。


新幹線に乗り継ぎ東京に向かいます。今回の「鳥羽と伊勢の旅」はまずまずの天候に恵まれ無事に終わることが出来ました。

⇩「鳥羽と伊勢の旅」は下図参照下さい⇩

コメント

鳥羽と伊勢の旅(その1)

2018年04月17日 | 
 4月15日~16日に1泊2日で「鳥羽と伊勢」の旅行に行って来ました。15日は午前中は雨風が強かったですが、目的地に着く頃には雨も止み天候は回復してきました。(記事内の写真はコンデジで撮影/トリミングしてます)


旅はまず東京駅から新幹線で名古屋駅に向かいます。


名古屋駅で近鉄線に乗り換え鳥羽駅を目指します。


近鉄線は初乗車です。


鳥羽駅で近鉄を下車して観光開始します。この頃になると雨は止み旅行日和になりました。


まずは昼食です。「ちりめん丼」を美味しく食しました。


最初の観光は「鳥羽水族館」です。大きな生物を選んで紹介します。足を広げると2mオーバーの「タカアシガニ」です。


体長2m程の「ジュゴン」がゆったりと泳いでいます。


重量300Kg超の「セイウチ」のパフォーマンスショウも行われ大人気でした。


次に向かったのが「ミキモト真珠島」です。正面の跨線橋を渡って真珠島に渡ります。


島に渡るとミキモト真珠の生みの親御木本幸吉の銅像が迎えてくれます。


手前の赤い屋根の船は「海女ショウ」の海女さんを乗せています。奥の船は伊勢湾を渡り伊良湖に向かうフェリーです。


3人お海女さんが海に潜ってのショウを見せてくれます。


女性に関心の高い「ミキモト真珠」ショップです。この後は鳥羽より今宵の宿に向かいます。


この日は「旅荘 海の蝶」に宿泊します。

⇩この日の宿「旅荘 海の蝶」は近鉄 鳥羽駅より車で8分位の所です⇓



コメント