農 家 便 り (ブログ版)

産直ニュースでは書ききれないことや、みんなに早く伝えたいことなどを書いていきたいと思います

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デモ隊

2012年05月20日 | 今日の便り
菱田地区で集会、デモに遭遇?
親娘で生きる事が大変で情けないが現在世間に疎い、少しずつ周りが見えてきた所?
何か、空警のヘリが家の上空あたりにいる?
農作業の合間に用事で家にいったら辺田部落跡のお墓のあたりにデモの部隊がいた?
辺田の坂のあたりに機動隊と私服刑事が、、、
今日、何かあったっけ?
あれ、三里塚勝手連の旗だなと思いながら田んぼの向こうの道を登っていった軽トラに乗っていました。
一緒に行動していない部隊ですが、多分いっても誰も苦情はこないだろうけど?
「ごめん、野菜の苗移植中だったからちょっかいかけられなかった」
デモ隊は横堀部落跡の方へ消えていった。
いろいろ難しい見たいだけど、目的が一緒なんだからいつか一緒に闘えたらいいですね。
三里塚反対同盟農民としては、ぺいぺいすぎて分裂の経過もいきさつもわかりませんが?
「なんせ、じいちゃんも父さんも亡くなり聞けないし」
昔の事聞いても意味ないし。
三里塚、沖縄、福島を戦う者同士わかりあえる時がくると信じています。
「ま、現地に残りがんばっている農民を応援してくれているはずだから」
今度は、みなさんにご挨拶に寄ってみようかな。

農作業が思いの他、送れぎみで娘に休みがやれない。
せめて週1くらいあげたいが半日ずつがやっと、仕事の遅れより精神的にを考えて
休みを考えないといけないと思いながら
中々出来ない、
これから、毎日収穫作業「ズッキーニ、オクラ、きゅうり」が始まり完全な休みは
当分お預け

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 親娘農業 | トップ | 里親募集 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (草加耕助)
2012-05-20 22:52:55
先日、横堀に住む山崎さんの団結小屋について、高裁で強制撤去の命令(仮執行付き)が出ました。
今日はその仮執行を許すな!という緊急行動で、横堀から辺田まで往復デモがあったので、私も参加してきました。
いろいろ問題はあるんでしょうが、山崎さんはとても原則的な方ですし、何より何十年も現地に残って、三里塚闘争一筋に人生を賭けてきたその姿勢には、昨日今日来た人は一言も文句言えないと思う。優しい言葉をかけてもらったこともある。その山崎さんが、もうすぐ家を壊されて追い出されようとしている。怒る人もいるかしれませんが、やっぱり私は黙っていられませんでした。

意外だったのは、デモの最中、その山崎さんがいろいろ現地を解説してくれましたが、あの温厚な山崎さんをして、闘争から離れた農民のことをかなり厳しく言い、まして空港会社の手先みたいになった人にははっきりと指弾の言葉をあびせておられました。さらに農民から取り上げた土地に、空港会社が募集した「農地研修生」がいたのですが、耕している本人を目の前にトラメガで、「あれはパレスチナ人の土地をイスラエル軍が強奪した後に入ってくる入植者みたいな人です」とまでおっしゃっておられました。

そんな山崎さんの言葉や態度に、驚いているデモ参加者もおられましたが、それはやはりタマにしか現地に来ない外の人間の感覚なのであって、ずっとそこに住み、田畑屋敷を虫けらのように強奪され、またこれからされようとしている人間には、それが人として当たり前の感覚なのだと私には思えました。「厳しいこと言うなあ」と目を白黒させている人もおられましたが、この感覚こそ受け止めなくてはと。それを共有できただけでも、今日は行ってよかったと思っています。
Unknown (鈴木加代子)
2012-05-22 16:53:26
山崎さんの怒りは、私達の思いと共通するもの
この地で唯一残る農家としては、
やはり、顔くらい出すべきだったか?
文句がある奴には、言わしておくだけ
そうか、彼「山崎君」も追い出されるのか?
近所に闘争関係者誰もいなくなるのか。
彼の怒り、憤りが多少なりと理解できるだけに
複雑です。

コメントを投稿

今日の便り」カテゴリの最新記事