ジムニー街乗り

ジムニー9型クロスアドベンチャーをデザイン重視で買ってしまいました。街乗りしかしない私はジムニーを楽しめるのでしょうか。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2014年2月14日大雪のジムニー走行

2014-02-16 19:33:35 | ジムニー

2月14日(金)、都内表参道の雪。

 

 

イチョウ並木が新雪で覆われ、フカフカのモコモコです。テラスに置かれたベンチ、テーブルがキノコの様になってます。

 

 

イチョウ並木。奥の方が降雪に阻まれ、良く見えないですが、とてもきれい。

 

寒さで手が震え、ブレてしまっているのが少し残念。

 

ここから一路、川崎方面に向かいます。

 

世田谷通り沿いにある公衆トイレ前の様子。

 

この時点で、タイヤの高さは積もっている感じです。

 

狛江市に入ったところで撮影。

 

ちょっと屋根の上の雪の積もり方が、都心のレベルではないですね。30センチはありそうな感じです。

 

この時、時間はすでに夜12時。家に帰ろう当初考えていたのですが、何しろこの雪。

 

近所の道路ですらこのレベルの雪。ジムニーで遊ばない手はありません。急遽、八王子駅までドライブする事に決定。(八王子より西は大雪すぎて、流石に危険と判断)。

 

桜ヶ丘カントリークラブの間を抜けていく二車線道路。路上には登り坂を登れなかった多くの車が放棄されていました。

 

無理もありません。ジムニーのバンパー下に掛かるぐらいのレベルで積雪しているのですから。

 

この後、無事八王子駅前に到着後、来た道を戻り帰宅。何故か撮影したはずの写真のデータが全部消えていたので、これ以降は写真がありません。

 

 

 

 

コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京大雪、ジムニーで山中湖へ(2014年2月8日)

2014-02-09 12:39:04 | ジムニー

昨日は東京で20センチ以上の積雪がありました。年に1回あるかないか分からないジムニーの性能を試すチャンス。一路、山中湖に行ってまいりました。

 

車:JB23w9型

タイヤ:ブリザック。出発前に慌てて交換。交換時間は素人の私が車載工具だけ行って30分間程度。

 

道中、東丹沢付近の峠。外気温はマイナス2℃なので、まだそこまで寒くありません。ジムニーでなくても普通の軽自動車で上がって来られている方もいらっしゃいました。

 

ここから山梨に抜ける「道志みち」に向かいました。

 

積雪は15センチ程度でしょうか。この付近ではジムニーを多く見かけました。ただ、それでも普通車や一般的軽自動車も多く走ってました。

 

道志みちは、何箇所か峠があるのですが、この平丸トンネルの勾配はかなりきつく、ここで大半の二輪駆動車は脱落している模様でした。

プレジデントのVIP車に乗った若いお姉ちゃん4人組もこの場所の直前でスタック。県外ナンバーでしたが、無事帰れたのでしょうか?

 

この旅で一番楽しみにしていたのが、道志の湯での雪見風呂でしたが、さすがにこの大雪の為、営業しておらず。この場所には、私のジムニーの他にパジェロが上がってきてました。

 

道の駅どうしにて。この付近までたどり着いたのは軽トラ、本格四輪駆動SUVか、レガシィぐらいでしたでしょうか。スバル恐るべし。

 

しかし、道の駅にはジムニーかパジェロミニしか居ないという・・・。

 

この時点で積雪は20センチを超過。長靴で来なかったことを心底後悔しました。

 

この先、山伏トンネル付近では猛吹雪となり、さらに気温がマイナス8度ぐらい。窓ガラスとワイパーがすぐ凍ってしまい、前が良く見えません。ジムニーシエラのデアイサーがあれば、かなり前方視界が良い事でしょう。

 

このレベルの風雪ですとジムニーの場合、走破性や4輪駆動の性能より、前が見えない事の方が問題となってきます。トンネルのような風雪を避けられる場所で、毎回ワイパーや窓の氷を除去してました。

 

お決まりのディッシュホイール。一応、閉鎖されていない=国が通行を認可している国道を走っただけなのですが、このありさまです。

 

道の駅すばしり。氷点下9度でこの日一番の寒い場所でした。高校生の修学旅行と思われる集団がバスから降りるや否や、雪の中をダッシュでトイレめがけて走っていました。普通なら子供たちは雪で楽しむのがお決まりですが、見ての通りの猛吹雪なので悲鳴しか上がりません。

 

私はここまでの運転で疲れ果て、空腹を満たそうと思ったのですが、レストランは閉鎖。ムゴイ・・・・。

出発前にワイパーの氷を振り払い、エンジン掛けてスタートしようと思ったら、すぐにワイパーが凍って動かなくなりました。もう一度氷を取り除いて動かしたら大丈夫でした。車に乗ったり降りたりで、靴の中も車のフロアも雪だらけです。

 

この後、しばらく走行して除雪車とすれ違ったと思った直後、除雪車が積み上げていた雪の壁が吹雪の向こうから現れ激突、そのまま大きくハンドルがフラれ、対向車線にジムニーが向かおうとする。慌てて体制を立て直そうとしましたが、そのまま半回転スピン。別の雪の壁にぶつかり止まりました。幸い、硬い物に当たったわけではないので、ジムニーは全くの無傷。除雪車とすれ違った後は要注意です。

 

帰りは御殿場インターから東名高速に乗りました。インター乗る直前に川崎ナンバーのWR250Rが居ましたが、雪漕ぎをしながらバイクを押してました。無事帰れただろうか・・・。

 

東名は想像以上にガラガラで、制限速度50キロ規制。途中、除雪車やパトカーが安全の為先導車となっていましたが、その時はメーター読み55キロくらいでコンスタントに走行してました。

 

先導車が居ない間、ずっと私のジムニーを先導車代わりにしてくる車が後ろに居ましたが、ジムニーは高速性能が低いので、ちょっとプレッシャーでした。

 

東京青山通りの様子。雪だけでなく、風も台風並みです。ビニール傘があっちこっち舞う。この時間走っているのはタクシーぐらいですね。

 

ジムニー、一日お疲れ様でした。実に頼りになる車だと思います。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1か月点検

2013-03-10 23:30:34 | ジムニー

ジムニーが納車され3週間目ですが、走行距離が1,000キロを超えましたので、ディーラーに一か月点検をお願いしました。

 

この日は、14時ぐらいから凄まじい砂埃。視界が悪くなったうえ、私自身も外に出た時はくしゃみと鼻水が止まりませんでした。

 

 

ディーラーでの点検を終え、東京都内をお散歩。

 

銀座交差点前。ジムニーで走る人なんて殆どいませんので、優越感がありますね。

 

霞が関は総務省前。(NHKとフジテレビを始めとして余りにも韓国傾倒が過ぎるのですが、どうか、きっちりと締め上げる仕事してくださいねm(__)m)

 

 

国道246号線青山通り。フォグランプが結構いい味を醸しております。

 

 

フィアット500とか、ミニクーパーのようなプレミアムなAセグメントを都内で乗る感覚でジムニーを乗ると結構面白いと思いますし、女性が乗ってもオシャレで良いと思うのですが、そういう使い方をしている人は殆ど居ませんね。

 

 

あてもなく走りまわった後、帰宅。せっかくディーラーで洗車してもらったのに、走り終えたら砂埃まみれになってしまっていました。

 

今週週末は、この砂ぼこりの為、大事を取ってジョギングの練習は行わず(サボっただけですけどね(^ω^))。

 

【今回の走行データ】

走行距離:119.7km

使用燃料:8.17L

燃費   :14.7km/L

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジムニーに乗って10キロマラソンに向かう

2013-03-03 22:07:20 | ジムニー

本日は都内で行われる10キロマラソンに、会社の同僚の女性と参加しました。

 

電車で行くかジムニーで行くか迷ったのですが、駅から会場までかなり遠い事に加え、出場部門の違う2人でスタート時間が3時間以上ずれる為、待機時間を車で移動できるジムニーに利があると判断し、車で現地入りしました。

 

午前中に競技が終わった同僚の女性を乗せ、ジムニーで取りあえず近場のファミレスで食事。続いて駅まで送る事に。ちなみに、私のジムニーにとって初めてのゲストとなりました。

 

午後まで時間がまだ1時間ほどあったので、英語の勉強をジムニーの車内でする事に。とはいえ、走る前というのは中々落ち着かない物で、結局、1つのフレーズも記憶できませんでした。

 

そうこうしている内にようやく時間となったため、有料駐車場に移動する事に。今回は大井競技場が集合場所であったのですが、届いた参加証には「駐車場が少ないので公共機関で出来るだけ来てください」と書いてありました。それを真に受けた私は、かなり遠い場所の空いていた駐車場に車を停める事にしました。しかし、実際は会場間際の駐車場にも余裕があり、遠くに止める必要は全くありませんでした。来年出場する時は、遠慮なく近くの駐車場に停める事にしよう・・・。

 

10キロ走は、これまで参加したミニマラソンの中では最も短い距離でしたが、最近の仕事が残業続きで練習が土日にしか行えない事もあり、不安要素だらけでした。しかし、幸いにも結果は51分でのゴールとなり、まずまずな手ごたえとなりました。コースが平坦であったのに加え、周囲のランナーの速いペースに釣られたため、ダラダラ走る事が殆どなかったのが良かったのでしょう。ちなみに、私自身は健康と体型維持のためだけに走っているので、ほとんど記録にはこだわっていません(完走にはこだわっていますが)。

 

 

 

大会の後、一人お台場に向かう。

 

この海沿いの公園はトイレ、自販機完備なので、自動車でプラプラするにはいい場所です。

 

帰りがてら、首都高大黒ふ頭PAに寄ってみましたが、何やらスポーツカーの盆栽お披露目会が開かれていました。

 

 

 

盆栽として出品されている車は、ソアラ、シルビア、シビックタイプR、RX-7、フェアレディZなど。

 

さすがにジムニーで盆栽している人は居ませんでした。

 

今回の燃費データ

走行距離  :176.4km

燃料消費量:11.91L

燃費     :14.8km/L (5MT)

走行状況  :市街地7割、高速道路3割(ただし、渋滞、アイドリング時間あり)

 

 

( ジムニー 街乗り 盆栽 クロスアドベンチャー 9型 マニュアル 5MT 燃費 高速道路 舗装路 オンロード )

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジムニー(JB9)のユーティリティ

2013-02-17 20:37:34 | ジムニー

ジムニーの内装について色々画像をうpします。

 

 

運転席のドアを開けると、9型クロスアドベンチャー特別装備の「カブロンソフト表皮のシート」。

 

 

 

 

 

この「なんちゃって本革シート」は、なかなか優れもの。ビニールシートにありがちな安っぽさは皆無なのです。

 

 

クロスアドベンチャー特別装備の赤ステッチ入りの本革ステアリング。

 

同じく、シフトノブ。

 

 

この無駄な高級感が、何とも盆栽心を掻き立てます。クロスアドベンチャーに付く主な盆栽的特別インテリア装備品

・カブロンソフトシート

・本革ステアリング+シフトノブ

・ピアノブラックガーニッシュ(インパネセンターとオーナメント)

・メッキドアハンドル

・シートヒータ

・フロアマット

 

 

ちなみに、運転席のシートは、座面も広く、長距離でも疲れにくいしっかりした造りです。しかし、座面は極めて薄く、狭いジムニーの室内を少しでも有効に使えるように設計されております。そのため、身長180センチの私が運転席に座した時でも後ろ座席のスペースはある程度確保されております。

 

 

「ジムニーの後ろ座席は狭すぎる!」と評される事が多いですが、確かにその通り、広くはありません。しかし、大人が後ろに座るという使い方も十分可能ではないかと思います。

 

ちなみに、私が後ろ座席に座るとこんな感じになります。

 

 

あれ?意外といけるかも。これより後ろが狭い車を幾らでも知っている自分にとって、十分OKなレベル。座面も広いし天井も高い、そして、何よりカップホルダーまで付いて、精神的余裕がある後部座席ですね。

 

 

後ろ座席から前を覗き込むとこんな感じ。トーチカに潜った様な視界ですね。ワイルドなので、これはこれでありかと・・・。

 

 

 

 

本日のドライブは市街地8割、高速道路(第三京浜)2割の96.8km。ガソリン消費量は6.63リットル、燃費は14.6km/l(5MT)となりました。

 

( ジムニー 街乗り 盆栽 クロスアドベンチャー 9型 マニュアル 5MT 燃費 高速道路 舗装路 オンロード )

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする