日刊「NOCUSる」

たとえば5年後、あなたは何を食べている? それは、どこで誰が作る?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カミの御加護(2)

2007-07-19 | 野良から

7月初めに撮った写真です。そして下記は、
きょう発行の「野菜だより」からの転載です。


前々号の記事に、古い友人から
次のような感想が寄せられました。

他の人が「終わった」ため不要になったカモを、これから「はじめる」ため貰うことを何の精神的葛藤もなく公表できる精神力・・・う~ん。見習えませんが、勉強になります。だいたい唯物論者的「カミのご加護」・・・っていったい?

口の悪いのは昔からなので慣れてるけど、
たしかに記事には神サマなんてどこにも
書いてありません。写真で見えているのは
鴨を入れたカゴだし・・・
というわけで、修正しておきます。
タイトルは「カミの御加護」ではなく、
正しくは「カモの御カゴ」でした。
あ、
今号の本題。
上の写真で、田んぼの稲株の間を泳いで
いるのは、うちで飼ってるアイガモ
ではなく、じつは野生のカルガモです。
今年は田んぼの
まわりに網などをめぐらさなかった
ため、飛来しやすくなったようです。
田植えが遅れて
周囲より水面が多く見えることや、
殺虫剤を散布しないのでエサになる
虫が多いことなども飛来の理由かな。
おかげで、
アイガモのヒナなどよりずっと旺盛に
雑草をやっつけてもらうことができました。
もちろん稲にも被害は出るけど、
雑草が一面にはびこってしまう被害
よりは小さくて済みます。
ざっと
8カ所190a以上で、野生ガモによる
有意な除草効果を確認できています。
と、まぁ
日頃の無信心のおかげか、神の御加護
はなくても、天の助けはあるようです。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 不肖作 | トップ | はまやん@テレビ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カモ (はまやん)
2007-07-20 05:15:53
近くの水路で
かわいいカルガモの親子を
見かけますが
同じ種類ですか
でも・・・? (しばらん)
2007-07-20 23:59:37
確か商品名は「れんあい米」だったよね。
「れん」のレンゲの方はよいとして、「あい」の方のアイガモがカルガモ(もしくは「野生ガモ」もしくは「天然ガモ」もしくは「ヒト」…)に変わってしまった今年は、あの商品名は使いにくい、と思いますけど?
援農 (はまやん)
2007-07-23 08:24:17
田の草取りに
送りましょうか

コメントを投稿

野良から」カテゴリの最新記事