「須崎の海」

須崎ダイビングセンターの海ログ&生活ログです
スローライフな生活スタイルと同じな
ログアップも気ままですいません。

2/28 紅 ジョニー

2013-02-28 16:53:36 | インポート

さてさて2月は今日で終わり。
明日からは3月です。 早いものですね。
今日の九十浜は、昨日の夕方あたりから
出始めたウネリが残った、揺れ模様な海です。
マクロ撮影には不向きかと思いましたが行って来ました。
でも、エントリーしてしまえば快適な海です。

Img_1112
ワカメも揺ら揺らと須崎らしい様子です。

Img_1089
透明度は15m程。  水温は15℃近くありました。
でも……。  やはり……。
スナビクニンの撮影には苦労しました。

Suna
ポツリ、ポツリと出始めたスナビクニンですが
揺れるは、逃げ回るはでご覧の通り……。
今日は諦めましょう。
さて、ダンゴウオの様子を……。とっ。 その前に…。
ダンゴウオが見られる場所のすぐ手前に彼の家が在ります。

Ku
紅(くれない)ジョニーです。
もう、半年以上の付き合いになるイワアナコケギンポです。

Iwa
鮮やかな紅色です。

Iwa2
最近、ダンゴを探す前に必ず見に行きます。
ダンゴと同様でマクロ撮影のターゲットには最適です。
なので……。

Img_1131
彼の家の前に表札を出しておきました。
九十浜にお越しの際は、ぜひ彼も尋ねてください。
さてさて、少し揺れるなかダンゴウオの様子を確認に……。

Da1
まずは小さなこの子。
天使の輪が消えたばかりですね。

Da2

Da4
多少揺れていても赤に緑にと元気そうです。

Da3
やっと近づけたこの子。
海底に腹ばいになり、体を固定しカメラを支えます。
すると……。

Da5
この綺麗な緑のダンゴを撮っている時に、揺れが幸いしました。
ダンゴウオも揺られているせいで、すぐ動くのです。
カメラに背を向けていても、少し待つと……。

Da6
すぐ向きを変えてくれます。

Da8
この子も……。

Da7
良いアングルに向きを変えてくれました。
ベタ凪だと確かに撮影は楽ですが、少し揺れている
くらいの方が良いアングルにめぐり合えます。
それと今年は個体数が多いので撮りやすい固体を選べますね。
贅沢なダンゴウオッチングです。
最後、帰りがけ堤防の壁の。

Seto
このセトミドリガイを撮ってエキジットすると
先に上がっていたスタッフが『堤防の壁に大きな
ダンゴが居た!』と。
詳しく場所を聞くと、このセトミドリガイのすぐ近くだったらしい。
更なる親ダンゴの登場か?
明日以降が楽しみです。




2/21 ダンゴウオ増殖中な九十浜

2013-02-21 16:20:41 | インポート

Img_1050
西風続きで穏やかになった九十浜。
さて、海の中の様子は?ダンゴウオは?と………。
とっ、その前に、今日はまず、作業を始めました。
ブイを付け替えたり、海中に張ってあるロープを回収します。

Img_1059
お手伝いも頼みました。
ブイを付け替えたり……

Img_1056
切れてしまっているロープを回収します。

Img_1064
お洒落なカニを横目にささっと……。
約15分で作業終了しました。
手抜きてはありませんよ。
しっかり事前の計画通り行いました。

Img_1078
回収してきたブイやロープです。

では、早速再び海の中へ…。
その時、エキジットしてきたガイドさんに聞いてみました。
『ダンゴ居ました? 見られました?』
すると……。
『うじゃ、うじゃ居るよ。いっぱい!』
との答えが返って来ました。
どうやら昨日より、増えているようですね。

Img_1076
海況は申し分ありません。
透明度は20m前後。 水温は13.6℃

Img_1068
先日に見つけたヤリイカの卵も観察しながら
ダンゴウオ探し開始です。
すると……。

Da1
居ます。

Da4
居ます。

Da3
居ます。

Da5
居ます。
赤やら緑やら天使の輪やら個体数が多いので
当然バリエーション豊富です。

Da6
その中でも、今日はやはりこんな『天使の輪』の付いた
生まれたての小さなダンゴウオが多いです。

Da2
小さくて撮影は大変ですが、見つけるのは容易です。
揺れもほとんど収まっていたので昨日よりは楽に撮れました。

Da7
定番の海藻エツキイワノカワの上だけでなく、こんな
海藻の上に綺麗な緑のダンゴウオも見られました。

ここ数年来の傾向ですが、出現する場所で、一の根の
南向き斜面にダンゴウオが出ると、その年は個体数が
多いようです。
今日はまさにその、一の根南向き斜面に『うじゃ、うじゃ』でした。
すっかりダンゴウオを満喫した帰り道。

Ho
砂地にホウボウygが。
君のことも忘れてはいないけど、今日は増殖中な
ダンゴウオが気になった九十浜でした。














































2/20 ダンゴに逢いに九十浜へ

2013-02-20 17:13:38 | インポート

昨日までの2日間、寒い雨模様でした。
今朝はナライ(北東)の風が残る須崎。
波の影響で揺れが残る九十浜でしたが
ダンゴに逢いに行ってきました。
とっ、その前に漁師の親方がやって来ました。
これをもって……。

Img_1046
高足ガニです。
実は前日に。  アオリイカ釣り用のエギをあげたのでした。
そのお礼にと……。

Img_1049
九十浜の海底から、潜るたびに拾い集めたエギを
ストックしておいたものです。
アオリイカ用のエギが高足ガニに化けました。
今夜はご馳走です。
さてさて、揺れる九十浜。 ダンゴウオに逢えるか心配でしたが……。

Da1
前回にも逢えた固体かと思われますが、無事再会です。

Da2
こちらも前回に発見したミドリのダンゴウオ。
他のショップさんの情報によりますと、『天使の輪』が
くっきりした固体にも逢えたとか。
しかも一箇所に4固体の情報も……。
日に日に増えてくれると嬉しいですね。
明日から、しばらく西風続きの予報です。
静かな海で思う存分に、ダンゴ観察できそうです。
それと、それと珍しいウミウシにも遭遇。

Go
いつものゴシキミノウミウシを撮っていると、そのすぐ側に……。

To1
このウミウシと遭遇。  キセワタ系のウミウシ。
他のポイントでは判りませんが、九十浜ではレア種です。

To2
見ていると、海藻(エツキイワノカワ)の下に潜り込んでしまいました。
図鑑によるとトウヨウキセワタかと。
ダンゴもウミウシも満載な九十浜です。


2/17 昨日のリベンジ。 九十浜へ。

2013-02-17 17:27:05 | インポート

昨日の夕方。
沖の方にカーテンのような雨雲が……

Kumo1
ブロックのような雨雲を見ていると真ん中の辺に
虹のようなものが……。
急いで望遠レンズで見てみると……。

Niji2
その時は、薄っすらとしてしまいましたが虹雲が…。
もっと近づいて見たかった虹でした。

さて、昨日からの揺れもだいぶ収まった九十浜。
昨日のリベンジで九十浜へ。

Img_1037
透明度15m。  水温は14℃です。
さてさて昨日に現れてくれた緑のダンゴウオyg君。
今日もお目にかかれますでしょうか?

Sui
その場所に向かう前にスイ君を撮りながら集中力を高めます。


そして……。

Dan2
居ました。居ました。
昨日と同じ固体のダンゴウオyg。

Dan4
まだ小さいのに、活発に動きます。

Dan5
色々なポジションでさまざまなポーズをしてくれます。

Dan6
最後はこんな顔されちゃいました。


それと、それと……。

Dan21
別の場所にさらに他の固体を発見です。
こちらの方が、鮮やかな緑ですね。

Dan22
まだ、薄っすらと『天使の輪』の名残がみられます。
他の目撃情報を合わせると今日は
緑が3固体。 赤が4固体。
すべてygの固体のようです。


いよいよダンゴの季節ですね!


2/16 少し揺れてた九十浜、そして……。

2013-02-16 18:27:52 | インポート

数日前から、やっと須崎にある河津桜も咲き始めました。

Dsc_4303_2
九十浜に近くにある河津桜の木。
3日前の様子です。

Dsc_4311
蕾も大きくなり……。

Dsc_4316
ポツポツ咲き始めました。
Dsc_4301
まだまだアロエの花も見頃です。

Dsc_4314
水仙も咲いてます。
陸はすっかり花盛りな須崎。
海の中はどうかな?
とっ。 ゲストと共に九十浜へ。

Img_1024
少し揺れてました。
なので白っぽく透明度は10m前後。
水温は13.5℃。
スイの幼魚に、チャガラ、キヌバリの幼魚などを
見ながらマクロ探し。

Ki
定番のキイロウミコチョウなどが見られました。
他にはコノハミドリガイ、ヨゾラミドリガイや
ハナミドリガイなどとウミウシ達が所々に……。

そして、そしてやっとです。

Dann1
やっと逢えました。
ダンゴウオygです。
最近に数件の目撃情報がありましたが
私が親ダンゴ以外で確認できたのは今シーズン初です。
ノーマルなコンデジと揺れのせいで写真最悪ですが緑ダンゴです。

Dan2

Dan4
明日、さっそくリベンジです。
逢えるかな?
増えていると嬉しいですね。