「須崎の海」

須崎ダイビングセンターの海ログ&生活ログです
スローライフな生活スタイルと同じな
ログアップも気ままですいません。

12/31 良いお年を……。

2012-12-31 17:46:12 | インポート

さてさて、もう大晦日です。

今年も今日一日となりました。

U

今日は潜りませんでしたけど、九十浜は良い凪でいた。

Tu

Dsc_3441

今年の爪木崎の水仙は開花が遅れているようです。

寒かった訳ではなく、秋頃まで暑さが長引いたのが原因とか。

Dsc_3425

アロエの花は満開です。

Dsc_3420

今年のおせちは?

Dsc_3407

スーパーで買ったものと、頂いて冷凍保存してあった

伊勢海老などを適当に詰めました。

明日は天気が良く、初日の出が見られそうだとの事です。

数年ぶりに、初日の出を見に行くつもりです。

Yake

これは数日前の朝焼けの様子です。

今年もあと少しで終わります。

来年が皆様にとって良い年でありますように……。


12/26   穏やかですね。 九十浜

2012-12-26 17:53:46 | インポート

昨日は西の爆風が吹き荒れた須崎。

センターも揺れそうなくらいでした。

でも……

穏やかですね~。九十浜。ベタベタです。

当然、潜りましょうと九十浜へ。

Img_0756

穏やかです。

透明度は30m近くありますね。 水温は15.6℃。

昨日より下がりました。

Aoyagara

こんにちは。 アオヤガラさん。 いつもどうも!

エントリーしたロープの所にいつも居ます。

すぐに堤防の壁のダンゴの所へ。

今日もまだ居るかな?

Dan1

いました。いました。

でも、そろそろ産卵・抱卵でしょうかね?

そして、つぶらな瞳の魚達……。

Hime

ヒメギンポに。

Kinu

キヌカジカ。

Kiiro

キイロウミコチョウ撮ってたら視線を感じて……。

Kita1

こっち見てます。 君は誰?

Kita2

キタマクラでした。

Iwa

岩穴ではなく海綿の穴に居たイワアナコケギンポ。

Ha

ついでにハオコゼに…。

Dan2

こちらも立派な体格のダンゴウオ。

Beni

ベニカエルアンコウもいつもの場所に戻ってました。

いつもこうとは行きませんが、本当に観察し易い良い海です。

こんなのにも……。

Tijiwakebori

九十浜ではあまり見かけません。 チジワケボリかと。

Seto

こちらも久しぶりに逢えたウミウシ。  セトミドリガイかと。

最後に……。

Hyou

猛毒持ちのヒョウモンダコ。

そういえば以前(夏頃かな?)に普段は南の海でしか

見られないヒョウモンダコが最近では本州の海にも

生息している。 なんてTVでやってたけど、そんなことは

ありません。

彼らは、づ~っと前からここを住処にしています。

Img_0724

水仙も咲き始めた須崎ですが、海も花盛りです。

 


12/23 アイドル登場! な九十浜

2012-12-23 18:16:34 | インポート

昨日は雨だったせいか、幾らか寒さが和らいだ

今日の須崎でした。

連休ですが、潜る予定も無く、カメラハウジングの

修理なんかしながらセンター業務をこなしてました。

地元のショップさんがゲストさんと来場して「ダンゴ探し」で九十浜へ……。

出かける前にガイドさんが一緒のゲストさんの事を「彼女が来ると必ずダンゴが出る」と

話してました。

冗談まじりで「では必ず見つけてください」なんてやり取りしました。

1本目は見つからず、2本目へ……。

帰ってきて普通なトーンで「ダンゴ居たよ。4つも。」と……。

「4つも?」って、この時期は小さな幼魚は考えづらいので

「親だんご?」らしいのです。

もう、最終エントリーの時間が迫ってましたが、急いで支度して九十浜へ……。 

海況はこんな感じ……。

Img_0714_2

今日はナライ模様だったので、少し揺れていて砂が舞った感じです。

それでも透明度は15m前後。 水温も16.5℃と冷たさは感じません。

早速逢えました。エントリーして1分。  堤防の壁です。

Dan1

まさに「親ダンゴ」ですね。

例年より少し早いですが今シーズンも逢え、いよいよダンゴシーズンです。

さてさて、他の固体は?

最終エキジットまで約30分。 時間がありません。

次の目撃場所に……。

Dan2

居ました。居ました。 やはり大きな「親ダンゴ」です。

Dan3

少し向きを変えたので、真横から取れました。

他の2固体には、残念ながら逢えませんでした。

今年はぜひ、抱卵しているところを観察したいですね。

ダンゴウオもしっかり確認出来ましたが、他にも……。

いつもの

Iwakoke

可愛いイワアナコケギンポや…。

Kiiro

鮮やかなキイロウミコチョウに…。

Yozora

綺麗なヨゾラミドリガイなどのウミウシ達も見られました。

そして…。

Fukuro

大好きな海藻のフクロツナギも見られはじめました。

海藻と魚だけど、フクロツナギとダンゴウオは

同じ頃に九十浜へ現れます。

明日からはクリスマス寒波で、寒くなるそうです。

九十浜は良いコンディションとなる予報です。


12/11 えっ! 大失敗な九十浜

2012-12-11 19:18:05 | インポート

ここのところ、寒くなりましたね。

海に入るのをためらってしまいます。

な~んて、ことはありません。

これからが良い海本番です。

最近の西風続きの須崎では九十浜は好コンディション

続きです。 今日の九十浜もよい感じでした。

ならばと、カメラをセットして早速エントリー。

えっ?何で?………。

潜行して、見えた景色に愕然としました。

見慣れた九十浜のエントリーからの光景があまりにも近いんです。

スッコ~ンンっと抜けてます。

なんと透明度は40m。

エントリー口からガイドロープ張ったときに、計った48m先の

ブイがもう少しで見えるくらいです。

水温は3℃ほど下がり15.3℃。

でも、寒さ、冷たさより、この景色。 滅多にお目にかかれません。

なのに大失敗です。

カメラはバリバリのマクロ設定の一眼レフのみ。

コンデジも置いてきちゃいました。 大失敗です。

いったん、上がって取りに戻ろうかと思ったくらい…。

なのでご紹介できる画像がありません。

でも、ニコニコしながら潜り続けました。 ほんと幸せです。

Koke

天気も良く、いつもは巣穴の中のコケギンポも外へ…。

Kinu

いつもじっとしていて撮りやすい良い子なキヌカジカ。

小さなウミウシを見つけました。

Futa

もう少し大きくならないとハッキリしませんがフタスジミノウミウシかな?

Kuroheri

砂の上をゆっくりと歩くクロヘリアメフラシ。

水温が下がると九十浜では数が激増します。

Gon1

ゴンズイ発見。

逃げ場の無い岩の隙間なので近づいてみました。

Gon2

阪神タイガースファンに喜ばれそうなカラーリング。

Konoha

コノハミドリガイ発見

次に……

Hana

ハナミドリガイ。

そして……

Yozora

綺麗なヨゾラミドリガイとミドリガイ三昧です。

Kurosuji

こちらはクロスジアメフラシ。

他のポイントでは多いようですが、九十浜にはあまり居ません。

ホソスジアメフラシという種もあるらしいですが…。

Kuro2

そうでは無いらしいですね。

気分最高の透明度の中のマクロ三昧も、また楽しいものでした。

明日も期待です。  早速ワイドの用意します。


12/6 九十浜日和りの須崎です。

2012-12-06 19:00:14 | インポート

数日前から西風続きの須崎。

九十浜は穏やかな日が続いております。

しかし、ここ数日は……。

P1010006

P1010004

鮑の稚貝を放流したり……。

ドクターヘリのスタッフとの減圧症の勉強会で

伊豆長岡の順天堂大学病院へと出かけたりと

九十浜をじっくり潜れてませんでした。

昨日も……。

P1010021

P1010024

P1010025

漁師さんに頼まれて、スクリューに絡まった漁具を

外して、そのお礼に頂いた魚を…。

P1010031

P1010034

P1010035_2

急いでさばいて……。

P1010039

P1010041

さて、九十浜へ潜りに行こうと支度をしていると…。

Pc050058

ダイビングセンターのすぐ前で、地元の小学校の

マラソン大会がはじまっちゃいました。

Pc050062

Pc050063

みんな一生懸命に頑張っているので、ついつい

見とれてしまいました。

特に低学年の子供達は可愛いですね。

どのくらいの距離を走るので、こんなペースで。なんて

出来ません。

ゴール前では抜きつ、抜かれずと真剣でした。

そして今日は、西風続きの九十浜日和を満喫してきました。

Pc060069

Pc050066

ちょっと白っぽいものの、揺れは収まり快適でした。

透明度は15mはありました。

水温は18.4℃とちょっと上がった?

Mure

夏過ぎから居るムレハタタテダイが迎えてくれました。

Pc060074

カジメが落ちたこの時期。

ウミウシ探しのマクロ三昧です。

Um1

まずは小さなこのウミウシ。

撮っている時は、よく居るミツイラメリウミウシかと思ってましたが

全然違いますね。 何でしょう?

それとこの子

Shi1

位置的な問題でこれ以上寄れず、ピンきてませんが

何でしょう?フジイロウミウシやアラりウミウシ?

ニシキウミウシの小さな固体はこんなのも居るらしいです。

出来たらシモダイロウミウシだとありがたいですね。

なんせ「ご当地」ですから……。

なんでも尾部分に白い線があるとか。

また逢いたいですね。

まだまだ小さいの続きで……。

Kiiro

九十浜ではポピュラーなキイロウミコチョウや…。

Umi2

アカテンミノウミウシ~。  んっ。 ちょっと違う?

Umi3

ミノの房部分にアカテンが無いですね。

これもなんだろう?

また、新たな悩みですね。

Koibo

こちらは でぶネコ みたいな大きなコイボウミウシ。

Ya1

ヤグルマウミウシ。  綺麗でした。

ウミウシついでに。 同じ目線で……。

Iwa1

可愛いコケギンポ君です。

こちらも九十浜ではポピュラーなイワアナコケギンポ。

彼らはほとんど同じ巣穴に居ます。

場所を覚えていればまた逢えます。

じっと見ていると色々な表情を見せてくれます。

Iwa2

飽きません。

彼らの表情から気持ちをくみとれるようになりたいですね。

西風が続くときは、こんな九十浜ワールドが広がります。

楽しいかぎりです。

追伸。

頂いた魚達

カマスは……。

P1010044

P1010045

P1010048

干物に。

ワラサは刺身分以外は……。

Pc040051

醤油漬けにして、照り焼きで頂ます。

Pc040055

Pc040057

Pc060002

すぐに食べきれない分は真空パックにして冷凍です。