「須崎の海」

須崎ダイビングセンターの海ログ&生活ログです
スローライフな生活スタイルと同じな
ログアップも気ままですいません。

12/29 ロープ張りで九十浜

2011-12-29 16:11:48 | インポート

本日も晴天なり。

年の瀬の忙しい中、今日も作業で九十浜。

別に、今やらなきゃならない訳ではないのですが。

前から用意してあったのでガイドロープ張りの作業で九十浜へ。

Img_5788

水底でロープを固定する錘のコンクリートです。

Img_5810

こんな感じです。

それと……。

Img_5792

今日は孤独な作業ではなく、知り合いのイントラさん達が

手伝ってくれました。

Img_5789

大勢いたので30分もかからず作業終了しました。

お疲れさんでした。ありがとうございます。

なので、その後、皆でお散歩へ。

Ata

それと、作業していた砂地では、ご覧のようにイワシの頭と

ウロコが大量に散乱してました。

おそらく、自分達が潜る少しまえに、何者かによる

大フィッシュイーターショウ(魚を食べる魚による狩)が

行われていたのでしょう。

なので、すこし海の中ざわついていました。

U

こんな顔したウツボ達があちこちに……。

Img_5802

魚を食べる貝達も一目散で餌に向かいます。

そんな彼らを尻目に、今日もウミウシ探しです。

Ki1

キイロウミコチョウの数が増えてきましたねぇ。

Ki2

いたる所で逢うことができました。

今日も、またまた新顔の子と逢えました。

Tuno

たぶん、九十浜で私が逢うのが初めてだと思います。

図鑑によると、ツノウミウシかと。

Tuno2

大きさはこんな感じ。  5mm位です。

新しい発見があると嬉しいものですね。

今日も楽しい九十浜でした。

もうすぐお正月ですね。


12/27 師走の九十浜

2011-12-27 18:52:42 | インポート

今日も良い天気に恵まれた一日でした。

もう年の瀬。  師走ですなぁ、世間は。

近所のホームセンターに買物に出かけたところ

凄い混みようでした。 買物もそこそこに退散です。

逃げ帰るように戻り、そのまま九十浜へ。

En

ここのところ、良い海続きの九十浜。

Suna

透明度は15m~20mと良い状態を維持してます。

水温は16.5℃と少し下がりました。

Ami

相変わらず、アミの大群に覆われています。

海も師走。  少しずつ冬に向かってますな。

まぁ~。陸上の慌しさはありませんけど。

Fuku

今シーズン初です。 

冬の海藻。 フクロツナギ。

Kirin

寒いのか? ミノカサゴも縦になって、じっとしてました。

でも、普通のミノカサゴでは無いようで……。

瓜生さんの図鑑によると、どうもキリンミノみたいです。

尾の付け根の横縞がT字型をしている。  とありました。

ウミウシも至るところに……。

Ao

アオウミウシや

Kiiro

キイロウミコチョウ

Hira

これは綺麗なヒラムシ。

Yozora

大好きなヨゾラミドリガイも居ました。

それと、また見たこと無い……。

Umi1

ミノウミウシ系の小さなこの子。

小さくて、まだ特徴がはっきりしないのかな?

Umi2

いったいこの子は、誰でしょう?

誰かおしえて。

さて、今年も、本当に残りあとわずかです。

しっかり、もうひとふん張りですね。

んっ? 何を踏ん張るんだ?

追伸

Img_5692

「なんかに使うか?」といただき、ほったらかしに

していた丸太。

先日、同級生の大工の棟梁に頼んで加工してもらいました。

その時のやり取りの会話がどうも、気に入りません。

同級生 「板に引き割るの?」

 私   「そう。板にしてもらうと助かる。」

同級生 「厚さは? 何寸?」

 私    「何寸?って。一寸って何㎝?」

同級生 「そんなことも知らねぇのか?約3㎝」

 私   (カチン)  「じゃ~、1.5寸でお願い。」

同級生 「なんだ1.5寸てっ? 一寸五分だろ?」

 ちくしょう! 寸だ、尺だって馬鹿にしやがって!

Img_5718

でも、すぐに板になって戻ってきました。

口の悪い同級生だけど、なかなか頼りになります。

これも気心の知れた幼馴染ならではですね。

ありがとさん。


12/23 ざわついてた 九十浜。

2011-12-23 18:40:06 | インポート

今年もとうとう残りわずかとなりました。

世間は師走でいそがしそうですね。

私はと言うと。

先日、田舎のここ須崎にもとうとう、ひかり通信網が整備されたので

早速そのひかり電話に加入いたしました。

これで高速通信が………。

ですが、パソコンが古いのと、ハードディスクの容量不足の為に

サクサクとはいきません。  なので。

ひかりに加入もしたことだし、パソコン改造に乗り出しました。

ここのところ、2、3日はパソコンと格闘中でした。

まずはパソコン部品を手に入れるために三島まで。

ここ下田では手に入りません。

Img_5714

取替え予定の内蔵ハードディスクと。

Img_5716

そのソフトなどを買ってきたのですが、まだ作業終了には至らず。

どうも苦手ですね。この手の仕事は。

説明書などに無い、イレギュラーな事が起こると、もうお手上げです。

まぁ~、焦らずに年内には終えられればと……。

さて、ここ須崎では。

12/20から水仙まつりがスタートしてます。

Hata

Sui1

水仙もボチボチと咲き始めてます。

Tu

まだ人影も疎らですが、もうじき満開の水仙とその香り

がまた楽しめます。

さてさて、今日の九十浜。

朝は穏やかで、晴れて明るく、水色も良好なので

ぜひ覗きに行こうと思ってました。

10時過ぎに支度して九十浜に向かうと……。

Img_5735

小雨も降り出し、風も西よりからナライに変わっていました。

トホホ…。 水面がバシャバシャと…。

Img_5739

でも水の中は良好です。  問題なし。

Img_5750

良い感じです。

Ki

キイロウミコチョウもたくさん見かけます。

Yozo

私の大好きなこの宝石なようなヨゾラミドリガイも

あちらこちらに……。

でも、今日はチョットいつもと様子が違いました。

Suna

雨模様の曇り空なので、明るくは無いのですが

水色は良く、透明度は場所によっては20m以上。

ところが……。  

Ami1

ところによってはこんな感じ。

とくに砂に近い海底部分が白く濁り…。

でも、濁りではありません。

Ami2

水中で層になっているのがわかりますか?

これ全部アミの仲間の大群です。

そう、砂やゴミではなく生物です。

このアミ生物のおかげで、九十浜は幼魚の宝庫

なのだと思われます。

すると、海の中がざわついた感じです。

アミを捕食する魚達がたくさんです。

このアミのおかげ(たぶん)で今日は色々な

魚達に逢う事ができました。

Sui

まずは、この上目つかいスイ君や。

Uba

カジメの茎で、逆立ちしてるウバウオ。

Suzu

青い模様が綺麗なシマウミススメや。

Nan

ミナミハコフグの赤ちゃんも。

Kokuti

海綿にスッポリとはまっているコクチフサカサゴ。

Kinu

瞳が可愛いキヌカジカの赤ちゃんとか。

Yama

最後は妖艶なヤマドリにも逢えました。

みんながみんなアミを餌にしている訳ではありません。

アミを食べにくる魚を狙う、魚も集まります。

食物連鎖の世界です。

明るくは無かったけど、穏やかなのにざわついていた

九十浜でした。

追伸

今朝も金目鯛漁に出かけている漁師さんたちの漁業無線を聞きながら

仕事をしていると、その無線でたくさんの漁師さんの嘆く声が……。

「だめだ。道具が落ってかねぇ~。」

「こっちも途中で止まってまった。」

金目鯛漁は水深300m~500m位の水底に

おもりを付けた、たて延縄(針を50本位付けた仕掛け)を

着底させて、水底付近に居る金目鯛を釣る漁なのですが

ここ数日はサバの大群に邪魔されて、仕事にならないようです。

そう。水底に到達する前に、中層でサバが餌に食いついてしまいます。

「だめだ、サバで落ってかねぇ~。」

「どうすんだ? このサバ!」

はい、期待して包丁研いで待ってました。

Saba1

いただきました。 たくさんのサバ。

Saba2

それを2枚に下ろして。

今夜はサバ味噌煮です。

食べきれない分は、塩して明日干しましょう。

Saba3

新鮮で綺麗な魚体です。

パソコンの部品は手に入りませんが

ここでしか手にできない物ばかりです。


12/18 週末 良い海でした。

2011-12-18 16:00:49 | インポート

この週末。 昨日、今日と明るく、穏やかだった九十浜。

Img_5681_2

今日、早朝の九十浜。

私自身は潜れませんでしたが、透明度は15m~20mと

よく、水温は昨日で17.5℃。  今日は16℃台と少し

下がったようですが良いコンデションでした。

Img_5688

Img_5689

天気も良く、陸上からも透明度の良さは一目瞭然。

水の中は……。

Ki

キイロウミコチョウ    (画像提供 土屋氏)

潜られた方から複数の目撃情報がありました。

固体数も増えて来ているのでしょう。

Pa

パンダホヤ

Ma

マツカサウオや

Chi

チゴミドリガイなど。

他には最近見かけなかったタツノオトシゴの

目撃情報もよせられました。

週末はちょっと忙しかったけど、明日からはまた

静かな平日となるでしょう。

良い海も続きそうなので、のんびりと潜るとします。

Img_5687


12/16 インサイド日和な九十浜

2011-12-16 17:13:05 | インポート

今日も朝から晴天な須崎。

天気は良いのですが、強い西風の為、ざわついてます。

西風でも東風でも影響を受ける須崎。

伊豆半島の先端の南向きに位置する須崎。

ですが、南向きの風以外は風の当たらない裏側ができます。

Ku1

今朝の九十浜。  穏やかです。 天気も良い。

良い海を見ると、やはり潜りたくなります。

今日はインサイドをのんびりと………。

インサイドとは、上の写真の堤防より手前側です。

通常はほとんど堤防の外側を潜りにいきます。

この手前側は浅いんですが、その分光が届き綺麗です。

それとなんと言っても九十浜の特徴の白い砂地が魅了ですね。

En

堤防下のエントリー口はこんな感じ。

Bui

海の中もご覧のとおり。 思ったとおり。

In1

インサイドの景色も予想通り。  素晴らしい。

In2

陸上では雲の隙間から降り注ぐゴットラダーの

ような光が、海の中では海面から砂地に降り注ぐように。

生物は……。

Ha

アカイソハゼや

Yo

ウミウシで、いつもの綺麗なヨゾラミドリガイに

Umi1

2cmほどのカジメの茎にいたこの子を発見。

でも小さすぎて何かわからずです。

Umi2

ミノウミウシ系の赤ちゃんかと思われます。

とっ。 トラブル発生。

やってしまいました。マクロ(小さいもの)設定の

一眼デジカメの電池切れ。

Came

エラー!って出ちゃいました。

なので生物撮影はあえなく終了です。

In3

景色を眺めながら帰ることとしましょう。

Innsuna

この空間に居るだけで楽しい九十浜でした。

週末も良い海が続きそうですね。