「須崎の海」

須崎ダイビングセンターの海ログ&生活ログです
スローライフな生活スタイルと同じな
ログアップも気ままですいません。

5/31  後悔役立たず。  でも。

2011-05-31 18:06:47 | インポート

ここの所、ず~っと、ず~っとナライ続き。

台風の影響もあり、海良くありません。

もう、ふてくされ気味の日々です。

九十浜はしばらくお預けです。 残念。

「あーあ。こんな事なら台風来る前に潜っとけば

良かった。」なんて思っても、後悔役立たず。

いやいや「後悔先に立たず」です。

何とか田ノ浦ビーチが潜れるので、オープンはしました。

しかし、悶々としながら、今週末に迫った、海底清掃の準備

でもしようと、備品のチェックなどをしていると……

やはり時化で漁に出られない漁師さんから作業の依頼です。

ハイハイ  お安い御用です。 そして、「どうせ潜るんなら!」と

急にやる気です。

良いきっかけになりました。ネガティブな気持ちが一遍です。

Img_2719_2

器材より先に、カメラ積んじゃってます。

作業には必要ありません。

港内の作業は15分で終了。 お疲れさんでした。

そのまま田ノ浦へ向かいました。

Img_2746

朝のチェック時より、いい感じになってました。

水温も20.5℃と上がってます。

透明度も5mは見えてます。

Photo

タナゴの稚魚達がアマモの影から見え隠れします。

Photo_2

巣穴に居たタコに近着きすぎて、嫌な顔されちゃいました。

Photo_3

砂地を高速移動していたヒトデ。

近寄ってみたら、その仕組みが判りました。

この足の下にある無数の足(触手)です。

しきりに動かしてました。

1

こんな貝  発見。  ミスガイみたいにウミウシの仲間?

2

なかなか動きません。どうやらヤツシロガイかと。

今日の田ノ浦は少し揺れてました。

やはり台風の影響ですかね。

1_2

そうしているとアオリイカの卵を発見です。

ちぎれてしまって、漂ってましたが、まだ新しい。

なので、アマモの中を探すと……。

Img_2726

ありました。ありました。

アマモに直接、産み付けられたアオリイカの卵です。

今年もはじまりましたね。

そして、今日もせっせとアユカワウミコチョウ探し。

Photo_4

今日も逢えました。 アユカワウミコチョウ。

そして、良く見るとシッポの模様がいろいろと。

Ayu1

以前逢えた固体はこんな模様です。

Ayu

こんなのや。

Ayu_2

こんなのと、固体によって模様はさまざまです。

今日はアユカワウミコチョウの個性を発見できた田ノ浦でした。

次回も楽しみ~。

そして。   やっぱ、潜ると腹減ります。

今日のランチは。

Img_2751

「あおきのカツ丼」です。

それも………。

Img_2748

昨夜ゲットした(半額)ものです。

賞味期限過ぎちゃいましたけど、気にしません。

この安さ、魅力です。


5/25  悪戦苦闘な海でした。

2011-05-25 18:26:45 | インポート

須崎の海、今日も良くありません。

昨日に引き続きクローズです。

海がダメ=暇々となる所なんですが、今日は

事前に依頼されていた作業予定がありました。

なので今日も行ってきました。海の中。

Img_2660

海はこんな感じ。良い天気です。

でっ。潜る海は………。

Img_2658

この櫓が組まれた下のコンクリートの箱の中です。

Img_2662

このピットの中。狭いです。でも、海とつながってます。一応。

今日の作業は、須崎にある日本大学の臨海実験所の

海から海水を汲み上げている海水ポンプの交換です。

海水ポンプと言っても普通のポンプではありません。

Img_2656

これがそのポンプです。重さは約200kg。

専門の設備会社の人たちとの作業です。

まずは、既存のポンプを先に外す作業です。

スペースが無いため、タンクを背負えないので

BCは付けず、タンクにレギュを付けて、それを

抱えてエアーを確保します。かなり不安定。

Img_2674

こんなになっているボルトを外します。

Img_2670

光が入らない暗いピットの中、ライトを照らしながらの作業。

Img_2684

パイプに繋いである、たくさんのボルトや台座に固定

してあるボルトを外し、チェーンブロックで引き上げます。

Img_2691

壊れて動かなかったポンプをやっと引き上げました。

今度はその逆です。

先ほどのポンプを下ろし、パイプに繋ぎ、台座に固定します。

Img_2692

ボルトの固定終了。

Img_2699

Img_2703

悪戦苦闘し、何とか設置終了。お疲れさんでした。

海を楽しむことは出来ないけど、こんな作業も重要です。

追伸。

昨日もクローズでした。

なので、あれやこれやと都会へ買い物に……。

来週末に迫った、海底清掃の備品などを用意するために

下田には無い、大きなホームセンターがある三島・沼津方面へ

天城越えして、おのぼりさんです。

Img_2639

出発の時は雨で寒々でしたが、着いた時には

良い天気な都会のビル群でした。

それで、ふと思いつきで、献血してきました。

今、こんな時なので、何かの役に立てばと。

献血は実に20数年ぶりです。過去に何回か。

Img_2635

沼津の駅前にある献血ルームへ。

久しぶりですが、成分献血とやらを初体験。

Img_2633

検査を終え、いざスタート。

Img_2629

採血開始。

Img_2632

いったん取り出した血液をこの機械の中を循環させ

血小板などの必要な成分だけ取り出し、また、体に

戻します。体への負担は軽減されますが時間がかかります。

約4・50分。その間DVDなど見ながら過ごします。

無事終了し、カードをもらいました。

Img_2643

昔は小さな手帳でしたが、今はそのデータが記録された

カードです。また次の機会も献血しようと思います。

Img_2647

おのぼりさんした買物で、一番欲しかったのはこのチェーンソー。

Img_2650

拾い集めた木材で、椅子でもつくりますか。


5/23 ナライ陽気で………。

2011-05-23 19:01:49 | インポート

今朝、起きて外を見てみると……。

雨は落ちてないようでしたので、まずはお散歩へ。

Azami

アザミが綺麗な花を咲かせてました。

でも、気になっていたのは………。

Monn

ほとんど枯れてしまっているモンステラです。

何とか復活してほしいものです。

さて、今日の九十浜。ナライの強風の為、クローズです。

予想していたといえ、残念。でも。

なぜか昨日から、ちょっと浮ついてました。期待して。

田ノ浦が良い状態になるかと。

ここのところ、潜ってません田ノ浦。

前回は5/9でした。久しぶり。

Tano

予想通り。  良い海です。

ならば、久しぶりにいざ、と田ノ浦へ。

アユカワウミコチョウに逢えるかな?

魚の稚魚増えてるかな?

アマモ場の住人たちは?

Bafunn

エントリー口にはバフンウニが群れてます。

Amo

いつも通りのアマモです。

水温は16.7℃

透視度は8m程です。

Tyaga

そのアマモ林にはたくさんのチャガラの幼魚たち。

Haze

今日目に付いたのは、このハゼ達。

ユリハゼの仲間?かな?調べねば。

また海から?を持ってきました。

ウミウシ達は?

Azu

食事に夢中だったアズキウミウシや。

Ooarimo

すっかり大きくなったオオアリモウミウシや。

Hiramiru

こちらも、大きなヒラミルミドリガイ。栄養豊富なんですね。

Kano

急ぎ足だったカノコセキワタにも。

そして……。

Ayu

今日も逢えました。アユカワウミコチョウ。久しぶりだったのに。

遠くの方で何かゴソゴソと?

Ei

近寄ってみると、こちらもお食事中のアカエイでした。

そして、今日一番見たかったのが……。

Amame_2

アマモの花です。

そう、この時期アマモは花を咲かせます。

Me1

2週間前は、まだつぼみの状態でしたが、もうこんなに。

Me2

すかり咲き落ちて、中には水中を漂って居るのもありました。

また、しっかり根着いて、たくさん増えてほしいものです。

こうして、知っている海の移り代わりを見られ事は幸せです。

できる限り、ず~っと、見つめ続けたいですね。

すっかり長居してエキジット寸前。フィンを外そうと

下を向くと…… ん、怪獣発見。

Meribe_2

メリメウミウシ。

今日も、得るもの多い田ノ浦でした。

     

追伸

前回のブログで自慢した「子ムツの南蛮漬」

Komutu

それと。

Tinntiro

頂き物のチンチロイカ(スルメイカの子供)。 初体験。

Chin

お刺身で。

メチャ旨でした。味が濃くてやわらかい。最高です。

そして、昨日はうずわ(ソウダガズオ)、それも平をもらいました

ソウダガツオには丸ソウダと平ソウダがあり、特に平は美味。

Uzu1

早速たたきにして、野菜に乗せて。

Uzu2

薬味の野菜をたっぷり上に乗せ、ポン酢をかけて出来上がり。

Uzu3

旨っ!  やばっ、この脂の乗り。鰹より上です。


5/20 ついで、ついでで九十浜。

2011-05-20 19:16:03 | インポート

今日の九十浜。

とっ、その前に、週末行われました「チャリティーダイビングIn須崎」

で寄付していただいた募金を、5/17の火曜日に下田にあります

伊豆漁協本所に行き、佐藤組合長に託して来ました。

Img_2510

Img_2579

翌々日の地元紙(伊豆新聞)にもその記事が

掲載されました。

再度、ご参加、ご協力いただいた皆さまにお礼申し上げます。

ありがとうございました。

さて、今日の九十浜。

透明度は近隣のダイビングポイントが思わしくない中

九十浜も、ご他聞にもれず濁ってます。でも8m位

昨日の東エリアは2m程だったとか。 良いほうです。

水温は16.6℃と上がり気味です。

良い天気に誘われ、のびりダイビングと行きたい所ですが

そうは行きません。

やり残しの作業を頑張ってきました。

Img_2567

Img_2572

砂地と漁礁の間の目標ブイ付けたり

Img_2568

体験ダイビング用の水底ロープをしっかり固定したり

新設したガイドロープの所の古いものを撤去したり。

と、古いガイドロープを陸に上げて、びっくりです。

画像はありませんが、物凄い数のワレカラさん達です。

水中では目立ちませんが

ロープに着いて、育った海草にたくさんついてました。

あわてて、海に戻り、海水の中でふるい落としました。

それでも、棲家を奪ってしまった、ワレカラさん達「ゴメンナサイ。」

あとは、既存のブイ掃除したりと、結構たいへんでしたが、なんとか終了。

下田ダイビングの久保田さん。お手伝いいただき、ありがとうございました。

その。ついでのついでのついでに、ちょっとだけ見に行ってきました。

なんか、久しぶりの生物観察です。

まずはお目当ての「フジイロ君」ダンゴウオの棲家に……。

でも、今日は逢えませんでした。

昨日来てくれたショップさんからの目撃情報はあったのに残念。

Hana

でも、その棲家にいた綺麗なハナミドリガイが気になりました。

では、いつもの赤いダンゴちゃんに逢いにいくと……。

Dan1

居ました。逢えました。でも、ちょっとオデブちゃんに。

それに、いつもどおり背中向けたまま無愛想です。

でも、逢えたから良し、良しと帰ろうとすると……。

ぷるっぷるってっ震えるように動きました。

Dann2

ちょっと横向きに。

おかげでメタボなお腹があらわに。でも健康的です。

Uba

こちらは瞳が可愛いウバウオ君。

Kuro

最後はクロヘリアメフラシ。

物凄く小さくて、最初は何か判らず、カメラのファインダー

覗いて、ようやく確認です。それにしてもあんなにたくさん

居たのに、あんなに大きくなってたのに、また、こんな小さな

固体に逢えたのは新鮮でした。

作業に観察にと、3時間以上水の中にいました。

ついで、ついででクタクタな九十浜でした。

Img_2535

今日のランチはカレーでした。

腹ペコな労働者も大満足。

追伸。

ここ数日間、凄くこの「海辺暮らし」のありがたさを実感する事ができました。

贅沢その1    一昨日のガニ

沖から戻った漁師の親方が「ガニ喰うか?」と。

金目鯛漁の副産物。

この辺では、かにではなく、ガニです。

Gani

このカニ。何ガニ?高足ガニほどの大きさです。

Ganini

良く見ると、足が1本ずつ足りないような……。

後で判ったんですが、甲羅の間にありました。小さいですけど。

Yude

高足がにと同じように15分間蒸して出来上がり。

味が濃厚でめちゃ旨でした。

大きなカニを独り占めして、大満足。

贅沢その2

昨日の夕方、とうとう釣れました。今年初です。

Mutu1

子ムツ(アカムツ)です。

そろそろ釣れそうだと思い夕方竿を出してみました。

釣り方は擬似バケを水面近くで素早く、引き動かします。

するとそれに、子ムツがとびつきます。釣果は40匹ほどでした。

ではではと。

Mutu2

これをひとつひとつ、ウロコを落とし、えらわたを外します。

結構大変です。その後、油であげて………。

Nannbann

大好物の「子ムツの南蛮漬け」の完成です。

貰い物の新鮮な人参や新玉葱、掘りたての筍などをたっぷりです。

さらに、味が浸み込むようにと、一晩おいて、今日の昼、食べました。

こうゆうのを、スローフードって言うんですかね?

この時期のご馳走です。しばらく楽しめます。

贅沢その3

今日の夕方(先ほど)。 裏の隠居のお爺さん。

「お~い。今朝なぁ~、イカ着けいって来たから、チンチロイカ喰うか?」と

何イカ?  チンチロイカ? 聞いたこと無い名前。

見てみると……。

Tinntiro

ちょいと小ぶりなイカです。するめイカの子供です。

毎年、黒船祭りの頃(5月中旬、今年は中止)釣れます。

「このイカ喰ったら他のイカ喰われないよ。」と言うほど

旨いらしい。まだ食べたことありません。初体験です。

凄く楽しみです。

これらの物を買ったら?お金に変えたらいくら?

かは判りません。買えませんし、お金では手に入りません。

その場所で、そのタイミングでなければです。

こういった物にあり付けるのはとても幸せなことです。

人に自慢できる唯一の「田舎暮らし」です。


5/15 ベタ凪の中、はじまりました。

2011-05-15 17:04:40 | インポート

今朝の九十浜。

Img_2484

ベタ凪です。

Img_2485

Img_2486

「ここは何湖?」と思うほど、珍しく穏やかです。

Img_2488

天気も問題なし。ギラギラです。

こんな気持ちの良い天候の中、チャリティーダイビング

2日目スタートです。

なんか、ほんとに嬉しい気分です。

Img_2491

今日もたくさんの皆さんがチャリティーの為に

九十浜に潜りに来てくれました。 あり難いです。本当に。

Img_2493

昨日に引き続き、賑わう九十浜エントリー口。

お昼すぎには、無事終了いたしました。

そして、善意の募金は……。

Img_2489

この募金箱に………。

Img_2500

こんなにたくさん集まりました。

二日間の合計で¥207,295.-もです。

ご参加いただいた方は延べ94名の方。

集まった募金は、明日早速、伊豆漁協の本所に出向き

担当者に間違いなく託します。

今回の「チャリティーダイビングin須崎」で募金にご協力

いただいた 皆さまには、この場を借りまして、お礼申し

あげます。 本当に、ありがとうございました。

また、「チャリティーダイビングin須崎」のために協力、奔走

いただいた、各ショップスタッフならびにご関係の方々の

皆さまにも、お礼もうしあげます。

お疲れさまでした。ありがとうございました。

老婆心ではなく、今もなお、被災地で大変な思いを

されている方々の少しでもお役に立てばと願います。

皆さまの願いとともに。