「須崎の海」

須崎ダイビングセンターの海ログ&生活ログです
スローライフな生活スタイルと同じな
ログアップも気ままですいません。

4/29 まだまだダンゴな九十浜。

2011-04-29 19:11:34 | インポート

さてさて、ゴールデンウィーク始まりました。

でも、始まりは作業からでした。

引き上げられないエビ網の回収です。

探すこと15分

Img_2153

やっと見つかりました。

Img_2158

船で引き上げて、無事終了。ご苦労さんでした。

さて、それでは九十浜へ。

Bu2

いや~、綺麗でした。透明度は15m。水温も15℃。

Bu

九十浜ブルーの復活です。嬉しいかぎり。

潜っていて、実に楽しいです。

まだ、まだ。まだまだ、まだ。ダンゴウオいっぱいです。

Dan3

Dan4

個体差はありますが、だいぶ大きくなりました。

Dan5

今日はミドリ色のダンゴも出現。

でも、さらに驚かされたのは、この子です。

Fujidan1

判ります?

Fujidan2

名ずけて「フジイロダンゴ」

いくら見つかりたくないからって、なんて色してるのアナタ。

ビックリですねぇ~。今まで気がつきませんでした。

ほんと愛くるしいダンゴ達。1年中いて欲しいです。

他には?

Pan

こんなホヤ(パンダホヤ?)も魅力的だったり。

Kosi

コシオリエビがずっとこっち見ていたり。

Tuno

ベニシボリガイ探していたら、出てきたこんなカニも美しい。

ツノナガコブシガニ。

Wa1

ワレカラを見つけました。  判ります?

Wa2_2

判りずらいから出てきてもらいました。

今日、逢えて嬉しかったのは………。

Migi

ミギマキの幼魚です。なんか凛々しい。

さてさてウミウシ達は?

Mukade

ムカデミノウミウシの幼体です。

Midori

小さいけど、いつものミドリアマモウミウシ。

Beni

ベニシボリガイもまだまだ健在。

Fuji

これはフジエラミウミウシかと。小さいし、あまり見かけません。

Hiro

最後はエキジット寸前、水深1.5mの所のヒロウミウシ。

うまく沈めず、変な格好して撮っていたら、「うっ」足つった。

はい、ダイビング終了です。

三者三様なダンゴに逢えたり、盛りだくさんな生物とも遭遇。

もう、すっかり満腹な九十浜でした。

「とんかつ一」行ったみたいに。

「チャリティーダイビングIn須崎」のご案内です。

東日本大震災に被災された方々のために何かできないか?

と考え、当初は募金活動をと思いました。

しかし、ここは更にと、無料で須崎を潜っていただき、その

ダイビングフィーの代わりに、お気持ちを募金していただこうという

チャリティーを実施させていただきます。

日時は

5月14日(土)・15(日)の2日間

内容は2種類。

1.ダイビングライセンス(Cカード)をお持ちの方

 への2ビーチファンダイブ

2.ダイビングライセンスをお持ちでない方

 への体験ダイビング(1回)

のいずれかのダイビングをお楽しみください。

どちらとも

ダイビングガイド料、タンク代、保険料は

すべて参加担当ダイビングショップが負担いたします。

ただし、ご参加は5月14日・15日のいずれか一日となります。

また、施設使用料¥1050.-と昼食代等はご負担ください。

さらに、協力・協賛いただいたダイビング用品メーカーの素敵な商品が

ご参加の方に当たる抽選会も実施いたします。

お申し込み・お問い合わせは、

須崎ダイビングセンター 

 TEL0558-27-3535

 メールsuzaki-div@guitar.ocn.ne.jp   まで。


4/28 みんなのおかげで九十浜(事件付)。

2011-04-28 18:16:58 | インポート

今日の九十浜。

朝から南西の風が強く、水面はバシャバシャでしたが

水の中は穏やかな様子です。

透明度もかなり回復し、12m位に。

九十浜ブルーの復活も近いうちに。水温も16℃位とか。

さて、今日は九十浜ポイントの整備です。

一昨日に、地元ショップが集まり、打ち合わせを行った際に

みんなが手伝ってくれる事になりました。

急遽、GW前にやってしまおうと。

Img_2135

ほんと、皆さん、すいません。助かります。ありがとうございます。

Img_2140

私ひとりでは、4・5日掛かるのに、一気に半日ちょっとで終わります。

Dsc01281

邪魔なモク(海草)刈ったり。

Img_2634

Img_2636

ガイドロープ張り直したり。

Img_2647

新しくなりました。ガイドロープ。

Dsc01274

Dsc01278

ブイを付け替えたりと、みんなでやってくれました。

私の役目はというと、水中作業には参加せずに

Img_2151

この手漕ぎボートでポイントまでブイを運んだり

ロープを回収したり、ロープを固定する土嚢を上から

投入したりと機材運搬係です。

ポイントでは、巧みなオール裁きが要求されます。

そこで事件は起こりました。

先ほども言いましたが、今日は南西の強風でした。

ボートは風でどんどん流されます。

手漕ぎです。エンジンはありません。オールが頼りです。

そのオールが……。

「バキ!」と音がして、オールの水かきが折れてしまいました。

「あ~あっ。」でも、もう一本あります。作業を続けていると……。

またもや「バキ!」と折れてしまいました。

Img_2145

このオフショア(沖への風)の強風の中、オールが

使い物になりません。

どんどん沖に流されます。漂流?海上保安庁のお世話に?

知り合い多いけどなぁ~。

とりあえず携帯は持っているか……。

落ち着け!どうする?

Img_2142

オールはこんな感じです。って写真撮っている場合じゃない。

もう一度、風向きを良く把握して、地形を思い起こしてほとんど

機能しないオールを使って岸を目指します。

駄目なら、半島を換わってから風裏へと向かうか……。

風に対して直角を避け、斜行しながら何とか接岸に成功。ホッとしました。

洒落になりません。

自分で言うのも何ですが、地の利を生かしての退避でした。

ボートを放置して、陸伝いに戻ろうとボートを降りると、

異変に気付いたイントラさんが来てくれました。(ノリさん。すいません。)

Img_2144

曳航されて戻りました。

肝を冷やしたひと時でした。

皆さんのおかげで、九十浜より安全に使いやすく整備されました。

ドラゴンレディさん。

下田ダイバースさん。

トレジャーハントさん。

下田ダイビングさん。

お疲れさまでした。ありがとうございました。助かりました。

 

「チャリティーダイビングIn須崎」のご案内です。

東日本大震災に被災された方々のために何かできないか?

と考え、当初は募金活動をと思いました。

しかし、ここは更にと、無料で須崎を潜っていただき、その

ダイビングフィーの代わりに、お気持ちを募金していただこうという

チャリティーを実施させていただきます。

日時は

5月14日(土)・15(日)の2日間

内容は2種類。

1.ダイビングライセンス(Cカード)をお持ちの方

 への2ビーチファンダイブ

2.ダイビングライセンスをお持ちでない方

 への体験ダイビング(1回)

のいずれかのダイビングをお楽しみください。

どちらとも

ダイビングガイド料、タンク代、保険料は

すべて参加担当ダイビングショップが負担いたします。

ただし、ご参加は5月14日・15日のいずれか一日となります。

また、施設使用料¥1050.-と昼食代等はご負担ください。

さらに、協力・協賛いただいたダイビング用品メーカーの素敵な商品が

ご参加の方に当たる抽選会も実施いたします。

お申し込み・お問い合わせは、

須崎ダイビングセンター 

 TEL0558-27-3535

 メールsuzaki-div@guitar.ocn.ne.jp   まで。


4/27 思いは我の心の中に

2011-04-27 17:15:26 | インポート

今朝の海況チェック。

いつもどおり、散歩しながら……。

Img_2118

散歩のお供は、このウオークマン。

先日、200曲ほどのデータをロストしてしまいました。

残りの曲やラジオを聴きながら。

Img_2078

九十浜は穏やかです。

このまま、連休を迎えてくれればなにより……。

散歩場所にしているのは、九十浜も含まれる

爪木崎のグリーンエリア。

Img_2083

今、満開なのは自生するハマダイコンです。

Img_2080

綺麗です。

Img_2111

植樹されているサツキも咲き始めています。

Img_2106

Hati

朝早くから蜂がすでに働いてます。

Img_2133

もうじき、ウチのレモンも花を咲かせるので、その時は

受粉のお手伝い、よろしく、お願いします。おいしい実がなりますように。

Img_2086

Img_2117

名前は判りませんが、野草の花も綺麗です。

Img_2089

もう、すっかり新緑の時期ですねぇ~。

Img_2095

つい、さっき満開だった桜の木も緑に……。

Img_2097

これはツワブキ。これもふきとして食べられます。

Img_2098

この生え出した、まだ産毛のついている部分。

Img_2102

これは、野生の三つ葉。

ふきも三つ葉も天然ものは香りが強いのが特徴。

Img_2091

これは、イタドリという野草です。

これも食べられます。

一度茹でて、アク抜きして、皮をむいて、油で炒めます。

キンピラみたいに。

こんな野草が食べられるのを教えてくれたのは祖父です。

もう、30年程前に他界してます。

祖父は一流の料理人でした。旅館の料理長を勤めた板前でした。

でも、お正月のおせち料理以外(全部手作りで豪華でした)はまともな物を

食べさせてもらった記憶がありません。

こんな野草とか、魚屋でもらってきたアラとか、川で釣った鮒の甘露煮とか。

でも、今、思い起こせば、素材はチープでも、とても旨かった。

特に鮒の甘露煮はいまだに、それを超えるものには出逢ってません。

いつもイタドリを見ると祖父を思い出します。

死んでしまった祖父が、語りかけたり、見守ってくれていたりする

とは思いません。

今までに、いろんな事を教えてくれた、祖父を思う気持ちが

今後 の私自身に影響を与えてくれるはずです。

近々に、じいちゃんの墓参りにでも行ってくるか……。

しばらく行ってないしね。

なんか今日は凄く為になった、朝の散歩でした。

明日も散歩しよ~っと。   ん、明日は雨か?

追伸

Img_2122_2

山七の干物です。

やっと手に入りました。

ここん所、振られて(売り切れ)ばかりでした。

その日に売り切る分しか作りません。

また、天気が悪いと当然ありません。

なので頼んじゃいました(予約)。

Img_2125

ムロアジと。

Img_2128

アジの干物です。

特に……。

Img_2127

この部分の脂の乗りが重要。

両方とも絶品ですが、ムロアジの方が好きです。

山七の干物を知る人は、間違いなく下田通です。

なので、今日のランチは。

Img_2129

干物定食です~。  もう最高!

Img_2131

黄金のテカリです。

「チャリティーダイビングIn須崎」のご案内です。

東日本大震災に被災された方々のために何かできないか?

と考え、当初は募金活動をと思いました。

しかし、ここは更にと、無料で須崎を潜っていただき、その

ダイビングフィーの代わりに、お気持ちを募金していただこうという

チャリティーを実施させていただきます。

日時は

5月14日(土)・15(日)の2日間

内容は2種類。

1.ダイビングライセンス(Cカード)をお持ちの方

 への2ビーチファンダイブ

2.ダイビングライセンスをお持ちでない方

 への体験ダイビング(1回)

のいずれかのダイビングをお楽しみください。

どちらとも

ダイビングガイド料、タンク代、保険料は

すべて参加担当ダイビングショップが負担いたします。

ただし、ご参加は5月14日・15日のいずれか一日となります。

また、施設使用料¥1050.-と昼食代等はご負担ください。

さらに、協力・協賛いただいたダイビング用品メーカーの素敵な商品が

ご参加の方に当たる抽選会も実施いたします。

お申し込み・お問い合わせは、

須崎ダイビングセンター 

 TEL0558-27-3535

 メールsuzaki-div@guitar.ocn.ne.jp   まで。

  


4/24 段々よくなる九十浜。

2011-04-24 17:40:58 | インポート

今日も南西よりの風。良い天気です。

九十浜は穏やかでしたが、多少、よた(ウネリ)がありました。

でも、時間が進むにつれて、そのよたもとれ更に穏やかに。

水温は16℃近くだったとか。

透明度も徐々に回復。8m位。

それにしても、今日は西も東も海があまり良くない

ようで、お客さんたくさん来ました。大賑わい。

忙しかったけど、嬉しい限りです。

そうそう、数日前にも嬉しかった(物凄くです)事が……。

まだお話できませんが、その思いが形となるよう、これから

奔走したいと思います。準備が出来たら、ご報告します。

それで今日は陸上でフル回転。海には潜れず、海の様子は……。

でしたが、知人のガイドさんが画像を提供してくれました。

(ツッチー、いつもありがとう!)

Beni

まずはベニシボリガイ。

今、砂地のあちらこちらに。

それにしても綺麗ですね。ベニもそうだけど写真が。

いつもの私の写真と大違いです。彼は機材も撮影技術もプロ並です。

Da1

ダンゴウオもまだまだ、多いようでした。

多くのゲストさん達もゲットできたようで、何よりです。

Da2

これも。

Da3

これも。普段とは違う所だとか。

一の根北側のテトラポット付近に。

どうやらいつも同じ場所ではなく、海況によって移動するらしいです。

そういえば、砂かぶってたりすると、まず見られません。

Benituke

これはベニツケギンポ。

Tya

チャガラも美しい。

レアな模様のスナビクニンをゲットしたと……。

Suna

ストライプ柄ですが、正面から見ると。

Biku

こんな模様です。あまり見ませんね。珍しい。

Hana

いつものハナミドリガイや。

Thuno

これはツノヒダミノウミウシ。なんかはエントリー口の

防波堤の壁に住んでます。

その防波堤の上に立って、見渡すとすべて視界に入る

ここ九十浜ビーチポイント。

でも、日々で、いやその時々で常に違う様子を見せる九十浜。

限られた範囲の中の無限大です。

海はそういう場所ですね。 今日も大好きな九十浜でした。

追伸

今日のランチは……。

Img_2070

うちの一番人気の生姜焼き弁当。

ご覧のボリュームで、潜り終わった腹ペコダイバーも大満足。

700円です。

        《  お知らせ  》

「チャリティーダイビングIn須崎」のご案内です。

東日本大震災に被災された方々のために何かできないか?

と考え、当初は募金活動をと思いました。

しかし、ここは更にと、無料で須崎を潜っていただき、その

ダイビングフィーの代わりに、お気持ちを募金していただこうという

チャリティーを実施させていただきます。

日時は

5月14日(土)・15(日)の2日間

内容は2種類。

1.ダイビングライセンス(Cカード)をお持ちの方

 への2ビーチファンダイブ

2.ダイビングライセンスをお持ちでない方

 への体験ダイビング(1回)

のいずれかのダイビングをお楽しみください。

どちらとも

ダイビングガイド料、タンク代、保険料は

すべて参加担当ダイビングショップが負担いたします。

ただし、ご参加は5月14日・15日のいずれか一日となります。

また、施設使用料¥1050.-と昼食代等はご負担ください。

さらに、協力・協賛いただいたダイビング用品メーカーの素敵な商品が

ご参加の方に当たる抽選会も実施いたします。

お申し込み・お問い合わせは、

須崎ダイビングセンター 

 TEL0558-27-3535

 メールsuzaki-div@guitar.ocn.ne.jp   まで。


4/22 上から目線で九十浜。

2011-04-22 17:15:13 | インポート

今日の九十浜。

天気は曇空

透明度、だいたい10m位かと。

水温、判りません。

見ることの出来た生物  カモメ一匹。

Img_1949

様子はこんな感じです。

Img_1931

今日は潜りませんでした。

知人の船の進水式です。中古ですが、しっかりリフォーム済。

Img_1954

Img_1927

車で運んで、シラ(地面の上を移動させる木)を敷いてって、

はい、手漕ぎボートです。

本来、進水式の時には派手に、船べりにシャンパンぶつけて

割ったりするんですが、そんなことは出来ません。穴開いちゃいます。

Img_1939

この辺が三の根の上。

そう今日は水の中からではなく、水の上から九十浜見てます。

Img_1937

ここはその先の尾山です。

Img_1935

この船の親方です。

巧みな操船技術(オール裁き)で船を操ります。

ゴーヘイ・ゴースタンも自由自在。

Img_1932_2

九十浜の堤防もこんな感じで新鮮です。

あの下にダンゴが………。

そうです。これが地元の人や漁師さん達がいつも見ている

九十浜の風景。私達が見慣れている水の中の九十浜は

誰もがが、見ることの出来ない風景なんですね。非日常です。

当たり前では無い事が、当たり前になっている事にあらためて

気がつきました。贅沢で幸せな事です。大切にしなければ…。

「アオウミウシなんか珍しくも無い!」なんて言ってはいけません。

Img_1945

これは対岸の三井の浜。

御用邸側です。これ以上接近すると怒られます。

Img_1943

それにしてもべた凪ですねぇ~。

明日も西よりの風の予報。穏やかな九十浜になりそうです。

天気が心配ですが、海の中、見に行けるかな?

今日はいつもと違って、水の上の九十浜でした。

追伸。

Img_1957

今日のランチは「あおきのカツ丼」でした。

下田市内にある「スーパーあおき」という生鮮品店のお惣菜で

ボリュームがあり、おいしく、値段も安いとファンが多い、地元では

知る人ぞ知るグルメ品です。

都会で「下田の事は良く知ってる」という人がいたら聞いてみてください。

「あおきのカツ丼」を知っていたら、その人はかなりの下田通です。

さらに午後7時を過ぎると半額になることを知っていたら、それはもう

ジモティです。

    《  お知らせ  》

「チャリティーダイビングIn須崎」のご案内です。

東日本大震災に被災された方々のために何かできないか?

と考え、当初は募金活動をと思いました。

しかし、ここは更にと、無料で須崎を潜っていただき、その

ダイビングフィーの代わりに、お気持ちを募金していただこうという

チャリティーを実施させていただきます。

日時は

5月14日(土)・15(日)の2日間

内容は2種類。

1.ダイビングライセンス(Cカード)をお持ちの方

 への2ビーチファンダイブ

2.ダイビングライセンスをお持ちでない方

 への体験ダイビング(1回)

のいずれかのダイビングをお楽しみください。

どちらとも

ダイビングガイド料、タンク代、保険料は

すべて参加担当ダイビングショップが負担いたします。

ただし、ご参加は5月14日・15日のいずれか一日となります。

また、施設使用料¥1050.-と昼食代等はご負担ください。

さらに、協力・協賛いただいたダイビング用品メーカーの素敵な商品が

ご参加の方に当たる抽選会も実施いたします。

お申し込み・お問い合わせは、

須崎ダイビングセンター 

 TEL0558-27-3535

 メールsuzaki-div@guitar.ocn.ne.jp   まで。