「須崎の海」

須崎ダイビングセンターの海ログ&生活ログです
スローライフな生活スタイルと同じな
ログアップも気ままですいません。

9/22

2010-09-22 19:18:22 | インポート

東の次は西です。はい。今日は南西強風。
でも、ここ須崎は大丈夫。
西がダメなら東、東がダメなら西へと、ポイントを替えれば潜れます。
(もちろん、どっちもダメな時もたまにはありますが。)

ということで、他ポイント=クローズで流れてきたショップさんは、須崎根へ、
スタッフ+有志のイントラさんとで、落し物を探しに須崎根のすぐ横の、砂地へ、
潜ってきました。

須崎根チームは、群れやアーチや地形や小物と、
大感激で下船。25度&20m近く見えてたとか。
楽しんでもらえてうれしいです。

そして、コッチのチームはというと、
う~ん。。。どこまで行っても砂地。。。
落し物も見つからず、断念。残念でした。

Suna

気を取り直して、午後からはいつもの、九十浜へと行ってきました。

幼魚、続々登場してますね。
トゲチョウチョウウオ、フウライチョウチョウウオ、ミゾレチョウチョウウオ、
キヘリモンガラ、アオサハギ、イソギンチャクエビやコロダイの幼魚。
テンジクダイ科やフエダイ科のチビもあちこち。
(勉強不足で名前は不明
他、夏前に設置したバス停を掃除してたら、ムレハタタテダイが挨拶に

H3

他、砂地や海草等、海を満喫した後、EXしようと帰路へ向かう途中、
何やら青い鋏が砂に。
ん?と掴んでみると、

動いた!
T2

タイワンガザミというカニでした。

最後まで気の抜けない海でした。

T1


台風が発生しています。明日以降の動きにご注意ください。



9/18 秋ナライの須崎

2010-09-18 17:42:21 | インポート

 今朝は予報どおりのナライ(北東)風。  

 それも12mとやや強く。九十浜はおあずけ。

 近所のおじいさんによると「秋ナライって言ってな。

 これが吹くと、どんどん涼しくなる。」そうで暑かった夏も

 終わりみたいです。

 なので、今日も田ノ浦ビーチへ。

 透視度あまり良くなく、3m~7m位。水温は26℃~27℃台。

 エントリーしてすぐ逢えたのは……。

Mino

 ミノカサゴ。 体験ダイビングの方も逢えたそうで。「触らないでね!」

 砂地には…。

Hotate

 ちょっと目が変なホタテウミヘビ。「病気?」

 田ノ浦湾を少し出た所には…。

Nishiki

 九十浜に沢山いたニシキツバメガイ。「こっちも大量発生?」

 次に初めて逢えたのは幼魚のワニゴチ(たぶん?)

Wani

 わかりズライけど……。7cm位。「ここで育ってんだ。」

 田ノ浦の一角に大きなイソギンチャク群があり、そこには…

Iso

 イソギンチャクエビがいたるところに。「ちゃんと撮れよ!」と

 アマモの中には…

Thi

 頬を赤く染めたような、可愛い幼魚たち。「お名前は?」

 そして、最後に………。

Semi

 また逢えた!  セミホウボウ!

 く~っ。かこいい!  「もしかして田ノ浦に住んでる?」

 もうちょっと、透明度がよければなんて言いません。

 「楽しませてくれて。ありがとう!」 感謝!感謝な田ノ浦ビーチでした。


9/17 今日の九十浜

2010-09-17 18:08:10 | インポート

 昨日までナライ(北東)の風が強かった九十浜。

 でも、2日間で収まり、今日は穏やか。

 水温も26℃台と温か。  透視度は8m位

 先日、大量に発生していたニシキツバメガイを見に…。

Nisiki

 居ました。居ました。沢山。   餌、大丈夫かな?

 クロボウズも沢山。

Ei

 お食事中のエイや……。

Iso

 今度は「ちゃんと撮れた?」かカザリイソギンチャクエビ。

Yoguo

 名前わからない?幼魚など。

 ほんとは、ウミテングやカエルアンコウに逢いたかったんだけど、

 逢えず……。  明日は逢えるかな?

 でも、今日嬉しかったのは……。

Ya1

 大きな、大きな八代貝の貝殻をゲットできた事。

Ya3

 九十浜だけじゃなく、他のポイントで見た中でも最大級です。

Ya2

 綺麗に磨いて、ウレタンコートして飾る事にします。


9/15 ナライ(北東)の強風。

2010-09-15 14:51:04 | インポート

 今日は朝から曇り空のうえ、ナライ(北東)の風が強かったです。

 九十浜はクローズ状態。

 遠方からのゲストさんの予約がありました。

 次回はぜひ!「僕ら自慢の九十浜!」にお連れしますんで……。

 なので田ノ浦へ。

Tano

 こんな感じ…。  あんまり良くありません。

 透視度3m~5m。  でも2本目はちょっと回復5m~7m

 でも、湾から出ると10mはありました。

 明るくなったそこで、現れたのが……。

Kasu

 カスザメ。   海況の悪い中、「良かった、君に逢えて。」です。

 お次は……。

Wani

 先日の九十浜に続いて、田ノ浦にも居たワニゴチ。

Hotate

 砂から顔出す、ホタテウミヘビや。

Mino

 色鮮やかなミノカサゴ。

Ei

Naga

 定番のエイやナガサキソラスズメダイなどと。

 田ノ浦の住人です

Kaeru

 カエルアンコウ。

 他には、写真撮らせてくれなかったミナミハコフグyg(もう中学生位)など。

 浅くて、狭いからと、侮れません。ここ田ノ浦。

 九十浜がだめでも、「アマモが自慢な田ノ浦ビーチ」です。

 楽しく、ワクワクな田ノ浦ビーチでした。

 明日もナライ(北東)が強い予報。

 また、田ノ浦潜ろうかな?………。

 


9/13 九十浜

2010-09-13 18:37:19 | インポート

 昨日の夕方。

P9120096

P9120099

 朝の暗い内から出かけていた銭洲へのチャーター船が帰ってきました。

 残念ながら、大物のは出会えなかったけれど、カマスワラサの大群に巻かれたり

 とか、魚影はメチャクチャ濃かったらしいです。さすが銭洲。

 それと船長から……。  おかず貰いました。

Img_1330

 約30cmのシマアジ3匹とカンパチ1匹。

 ダイビングの休憩時間中に入れ喰いだったとか。 さすが銭洲。

 一日冷蔵庫で寝かした今日、シマアジとカンパチを食べ比べます。

 贅沢なおかずです。

 さて、足掛け3日間、格闘していた九十浜エントリー口の流木ゴミ。

 最初が…。

Img_1297

 こんな状態で…。

 昨日の昼で…。

P9120088

 昨日の夕方。…

P9120093

 今日の朝は…。

Img_1343

 でっ!  今日の昼過ぎ……。

P9130106_4

 足掛け3日間、もくもくと作業をこなし撤去終了!

 お疲れさんでした。 もう、来ないでもらいたい。

 でっ!  疲れ切った心を癒しに九十浜1本行ってきました。

 水温は23度台とちょい低め。透明度も7m位とあまり良くありません。

 でも、なんだか楽しい。

Fan

 撤去作業達成した後だからね!

 それで……。

 一の根の横の砂地でウミテング探していると……。

Nisiki 

 ん?見つけたニシキツバメガイ。

 たぶん九十浜では初めて。 喜んでカメラ向けていると?

 ん? あちらこちらに沢山居る。大発生? もう10匹以上確認できました。

 こんなのも……。

Kuro

 これもたぶん初めて、  クロボウズ。

Beni

 ベニシボリガイの卵もあちらこちらに。

Hari

 カジメ林の中で休んでいたのはハリセンボン。 目が可愛いです。

Tou

 短髪なトウシマコケギンポ君や。

Img_1581

 ほんと、もっとちゃんと撮りたいカザリイソギンチャクエビなど。

 流木撤去が終わり、いつもどおりになった九十浜でした。