三木正夫 好きです須坂! がんばろう!

信州須坂から徒然なるままに様々なことを書き記してまいります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

意外と知らないナイフやフォーク、ナプキンのマナー

2010年12月18日 | Weblog

意外と知らないナイフやフォーク、ナプキンのマナー(抜粋) 日経電子版101119

○高級店でライスが出されることはあまりないが、ライスをフォークの背に載せて食べるのは避けたほうがいい。ライスはフォークの腹に載せて食べるほうがスマート。フォークは右手に持ち替えても構いません。

○カトラリーは外側から順番に使っていく(例えば、奥側は上から)

○ナプキンは早めに広げる

なかには映画の登場人物を気取って、首にかけるご仁もいるらしい。しかし、これはエレガントではありません。

○ナプキンの置き方

1 二つ折りにして折り目が手前にくるようにひざの上に広げる。口元や手が汚れたときに内側を使って拭く

2 中座の際は軽く畳んでいすの上に。戻る前に、店側が畳み直していすの手すりにかけるか新しい物を用意する。

3 席を立つときは、軽く畳んでテーブルの上に。きちんと畳んでも、店は料理に不満だったとは思わない

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 行政・議会でよく使用する言葉 | トップ | 政治 日経101224 ねじれ議... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事